荒川静香のフィギアスケート引退後から医師の夫と結婚まで

プロフィギュアスケーターの荒川静香は5歳でスケートを始め、1998年の長野五輪13位。2004年の世界選手権で日本人3人目の優勝。2006年トリノ五輪では日本フィギュア界初の金メダル。その後、プロスケーターに転向。趣味はバイクで2011年11月に大型二輪免許を取得。2012年10月から日本スケート連盟理事に就任。2013年12月に一般男性の医師と結婚しています。

荒川静香

Sponsored Links

フィギアスケート引退後に低迷していた荒川静香が指揮者に挑戦

トリノ五輪で金メダルをとって人気が爆発した荒川静香ですが、フィギアスケート引退後の活躍はいまいち。レポーターやキャスターなどに挑戦するも評判はあまりよくない。そんなことが原因なのか?今度は指揮者に挑戦したようだ。

2009年3月24日から29日までロサンゼルスで行われたフィギアスケートの世界選手権。
荒川は現地からテレビ放送の解説を務めたが激やせが話題になってました。

実は彼女が激痩をしていたのはもっと早くからであったみたいで、
「2008年12月12日から韓国で行われたグランプリファイナルの時も、変ったねと噂していたんですが、2009年1月17日に代々木体育館で行われたアイスショーで見たときは驚きました」と、あるフィギア関係者が言う。
「細くなりすぎて以前と全然雰囲気が違い、顔つきも変わり、アゴのしゃくれもなくなっていた。病気じゃない?と話していました。よほど辛いことがあったんでしょう」

荒川の所属事務所は、
「アマチュア時代は午前と午後練習し、陸上トレーニングも行いましたが、プロ転向後は午前に練習、午後にそれ以外の仕事をするため筋肉のつき方や脂肪とのバランスが変わり、スリムに映るのかもしれません」と言うが、先の関係者は彼女の心理面を指摘する。

「五輪金メダリストは普通、年に3億~5億を得ます。1回の滑りで何万ドルも得られ、世界で年200回もショーをこなせば収入は莫大ですが、トリノ五輪以前は周囲の反応が低かった荒川は金メダル後も周囲の反応が悪く、マスコミの反応もすぐに浅田真央に移り、活躍の場が得られず、クール・ビューティーで売るしか無くなった」

解説についても
「冷たいんです。世界選手権で失敗した真央ちゃんに、メダルは五輪でとればいいとか、励ましてあげればいいのに、このミスのせいで等々・・・技術面を細かく指摘するばかり」

フィギアで稼げなくなった荒川が今度挑むのが、指揮だという。
それは2009年7月29日の東京国際フォーラムで行われる「フィギアスケート名曲コンサート」で、「指揮に挑戦するのみでなく、フィギアスケートと音楽の親密密接な関係について話させていただきます」と事務所は言う。

また共演するのが、経歴詐称疑惑と金銭トラブルを報じたのだめピアニストなので、事務所が仕事は慎重に選んであげなければという声も多い。
フィギアスケート後の荒川静香の活躍の場がいまだに決まっていなかった。

Sponsored Links

荒川静香が闘病中の父のために二世帯住宅建設と婚活中

荒川静香はフィギュア界でもトップクラスの美形ですが、ようやく医師と電撃結婚かと報じられました。ィギュアスケート引退後、CMやTVでよく見かけていましたが、最近は露出が少なくなってきた?公式サイトの予定を見ていると、ラジオ、雑誌、アイスショー(スケート)の仕事が多いようです。

そんな荒川ですが、父が闘病中のようです。元気なうちに子供をみせておきたいのでしょうか?本気で婚活モードの入ったと2012年11月に報じられました。

「静香さんの結婚報道について、お父さんも知っていました。でも相手がどんな男性かと聞かれても、私は全く心あたりがないんですと困惑していました」(父・晃市60の友人)

一部週刊誌でイケメン医師との電撃結婚の話が浮上したと報じられた。
トリノ五輪から6年、荒川は目黒区内で、両親と3匹の犬たちと暮らしていた。
父の友人は続ける。
「お父さんは、持病の糖尿病と闘っています。だから、正直な気持ち、静香には早く結婚をしてもらいたい。孫の顔も早くみたいそうです」
そんな事情もあって、荒川の結婚報道に父も喜んでいたそうだ。

荒川は闘病中の父のためにも本気で婚活している。
「お父さんは先日も静香さんとお酒を飲みながら、合コンでもなんでもいいから、積極敵に外に出て、いい男性をみつけてこい!と言ったそうです。静香さんは神妙な顔で話を聞いていたそうです」

さらに、荒川家では、2012年現在新しい自宅を建設中。
二世帯住宅を予定しているそうだ。
ここに荒川の旦那になる男性も一緒に住むことになりそうだ。
「晃市さんは、本人の希望が優先だけど、将来も結婚した静香と一緒に暮らせたらいいよねと言っています。そのためにも、早くいい男性を見つけないと!と静香さんの婚活を応援していました。建設中の二世帯住宅には、そんな父の意をくんだ、静香さんの親孝行の思いもあるのでしょうね」
病気の父を安心させることが荒川の最優先目標だ!

荒川静香

荒川静香が婚約者の医者と結婚へ

荒川静香に初のスキャンダルだった。相手の男性は医者。さらに両親にも紹介済みで結婚秒読みという。毎週あつ~いデートを重ねていた。2013年3月に路上キス現場が報じられ、同年12月ついに結婚しました。

腕を組んで歩くふたり!さらにマスクをしている荒川だが、スタイルが良すぎて余計に目立っていた(笑)
2006年トリノ五輪で女子フィギュアで金メダルを獲得し、その後、プロに転向し解説者やキャスターとして活躍していたが、ひそかに愛を育んでいた。

彼女は男の首に両腕を巻きつけ、ぶら下がるようにカレの顔を引き寄せては激しいキスを繰り返す。
お返しにカレは彼女の腰を抱き、キス・・・。
まるでイナバウアーのようだった。

夜の路上で2分以上もキスの演技を見せつけていたのは荒川静香。
荒川はこれまでスケート関係者との恋の噂が報じられた程度だったが、総合病院に勤務する外科医A氏に夢中だ。
カレは東京慈恵会医大を卒業したエリートで愛車は白のポルシェでオープンカー。
ルックスも身長180㎝で、趣味はアウトドアのスポーツマンタイプ。
ふたりは週末にデートを重ねて愛を育んできたようだ。

冒頭のシーンから1ヶ月ほど前。
荒川は、冬季国体開始式のエキシビションに出場していた。
会場の代々第一体育館から白いベンツのワゴンが出てきたのが午後4時。
車には彼女の両親が乗っていて、運転は父がしていた。
ベンツが向かった先は、新宿区内の高級マンションだった。
ここはA氏の自宅である。
荒川だけが車を降りて去っていく。
どうやら両親公認の仲のようだ。

そして2013年3月3日、日曜夜に東京目黒区内にある荒川の実家前に白いポルシェが停車した。
運転席にはA氏、助手席には荒川が座っていた。
しかし、車はそのまま動かない・・・5分、10分・・・。
ようやく助手席のドアが開き、白いマスクにロングコートの荒川が出てきた。
しかし、車はまだ動かない・・・。
何度も窓から車を覗き込む荒川。
そのたびに車のブレーキランプが点滅する。
別れのキスをしていたのだろうか?
そして車はようやく走り去っていった。

荒川はテレビで恋愛についてこう語っている。
「好きになると何かしてあげたいと思う。何かされたいんじゃなくて、自分が何かしたい」
荒川がA氏に尽くすのはまさに本望だろう。

冒頭の日に戻り、この日は、ふたりで自由が丘駅近くの和食店Dの個室で食事をしていた。
食事を終えたふたりは、荒川の実家方面に歩き出すと、路地を曲がってたどりついたのは、ブルーシートで覆われた建設中の一軒家の前だった。
実はここは、荒川が巨額を投じて建設中の家なのだ。
実家から徒歩5分の距離で敷地は70坪で地下1階地上3階建てだ。
そして彼女名義の豪邸なのだ。

結婚後はここにふたりで住むのだろうか?
そして実家の前に到着すると、荒川は冒頭のシーンで紹介したようにキスをしたのだ。ふたりは結婚を考えたお付き合いをしていた。

そして、2013年12月に結婚を発表。知人の紹介で知り合ってから交際2年あまりでのゴールインという。2014年4月には妊娠3カ月であることを発表し、同年11月に第1子となる女児を出産しています。

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ