ものまね歌手・荒牧陽子は芸能活動休養も結婚していた!

ものまねシンガーの荒牧陽子は子どもの頃から歌手を目指し、1997年に「NHKのど自慢」でチャンピオンとなり、1998年に同番組のチャンピオン大会にも出場。20歳で上京し様々なオーディションを受けるも合格せず、カラオケのガイドボーカルの仕事で生計を立てていた。その頃、歌声が本人そっくりと話題になり、テレビ等で大反響を呼び、ものまねシンガーとしてブレイクした。

荒牧陽子

Sponsored Links

ものまね芸人・荒牧陽子に熱愛発覚!お相手は誰?

2012年、ものまね芸人としてブレイクをした荒牧陽子に彼氏がいることが報じられました。相手は年上で一般人のようです。すでに一緒に生活をしているそうです。近々結婚?

レディー・ガガ、倖田來未、坂本冬美といった歌姫の激似ものまねをし一気にブレイクした荒牧陽子。
2012年、彼女が出演する番組は高視聴率を連発。
ディーナーショップのチケットは即日完売の大人気だった。

そんな彼女だが、成功までの道のりは大変険しかった。
高校を卒業後、アルバイトを経て、歌手を目指し上京。
受けるオーディションは落選ばかり。
生計を立てるためにカラオケのガイドボーカルやスタジオミュージシャンとしての仕事を始め、歌唱力を磨いた。
その歌唱力が徐々に認められ、KinKi Kidsなどのバックコーラスを務めたこともある。
そんな彼女の転機は30歳の時に出演した「スター ドラフト会議」だった。

2012年、売れっ子になった彼女は多忙だった。
しかし、2012年5月上旬にデートをしている現場をキャッチした。
最近引っ越したばかりの都内の高級マンションでのこと。
午後10時過ぎ、大きな黒いサングラスで顔を隠した荒牧が、エントランスから手をつないでいたのは30代後半の上田晋也似の男性。
向かった先は自宅近くのコンビニだ。
買い物を済ませたふたりは再びマンションへ戻ると、彼が鍵を取り出し彼女をエスコートするように消えていった。
「彼は30代後半でアパレル関係の仕事をしています。すでに借りた新居で一緒に暮らしているみたいですよ。荒牧さんがテレビの仕事をする前に友人の紹介で知り合ったそうです。売れない彼女を彼は支えてあげていたみたいです」
荒牧も彼の存在を認めているそうです。

Sponsored Links

荒牧陽子の芸能界休業の理由は事務所への不満?

モノマネ女王・荒牧陽子は2013年1月に休業宣言をしました。ブログでは、ずっと悩んでいた末の決断だと報告をしています。表向きはストレスが原因で体調が悪かったと説明していますが、原因は別にあるようです。事務所への不満が原因ではないかと報じられています。もしかすると、このまま芸能界からフェードアウトも?

2013年1月から突然休業することを発表した。
2011年、バラエティー番組で倖田來未や大黒摩季や坂本冬美らのモノマネを披露し、完成度の高いことから一気に有名になった。
その荒牧が「モノマネ」をするために喉をつぶし、歌を歌えなくなる恐怖から精神的なストレスにより体調もよくありませんでしたと休業を宣言した。

ある芸能プロ関係者は、「荒牧が言っている体調不良は本当かはわかりませんが、ここ数ヶ月はタレントとしての方向性や売り方などで事務所と揉めていましたね」と言う。
揉めていたのは、モノマネという世界観での違いだ。

「荒牧は歌手としても才能がある。そのプライドでしょう。荒牧にとってモノマネのステージは、コロッケみたいにバックバンドを引き連れて大きなホールで歌うということだった。ドサ周り的な、100人ちょっとを前にしてカラオケでモノマネをする仕事はしたくないというのが本音のようで、その手の仕事を多く入れてくる事務所に対してかなり不信感を抱いていました」(同上)

しかし、そんなコロッケのような仕事は、実績を積んでいるからできること。
事務所もこのことを何度も本人に話したそうだが、聞き入れてくれなかったそうです。
自分の力を過大評価したのか、事務所が荒牧の実力を過小評価したのか、それは分からない。
荒牧にとっては苦渋の決断だったことは間違いない。

荒牧陽子

ものまね女王・荒牧陽子が結婚していた

2012年5月に一般男性と同棲をしているところが報じられた荒牧陽子。この男性と結婚をするのだろうと思っていましたが破局。そして、バラエティー番組を担当していた元プロデューサーと結婚をしていたそうです。幸せと思いきや、この結婚は不倫略奪婚で、夫の元妻から訴えられていてすでに3回も裁判の審理に。荒牧夫婦側は、夫の元妻とは、荒牧と出会う前から結婚生活は破綻をしていたので、無罪だと主張しているようです。泥沼化の裁判になっていたようです。

2013年元旦から芸能活動を休止していた荒牧陽子。
2011年7月にタレント発掘番組でデビューすると、倖田來未や平原綾香のものまねであっという間に人気絶頂になった。
しかし、活動期間わずか1年半で芸能活動は休止。
その休養中の2013年5月に荒牧は結婚をしていた。
しかし、その結婚が裁判になるほど、大きなトラブルになっていたのだ!

結婚相手は、荒牧が出演したこともあるバラエティー番組の元プロデューサーA氏。
くりぃむしちゅー上田似の敏腕だ。
そんなA氏は、2012年5月まで女性Bさんを妻に持つ妻帯者だった。
A氏とBさんが結婚をしたのは、2011年8月です。
それは荒牧が芸能ブレイクしてわざか1ヶ月後だった。

2人の結婚披露宴には、A氏の招待で荒牧も参加している。
「ブレイクしたての荒牧さんは、新婦を差し置いて、私、荒牧陽子の応援をよろしくお願いしますと宣伝をしていました。披露宴では、B子さんが妊娠していることも発表され盛り上がっていました」(招待客)
しかし、その後、わずか9ヶ月後にA氏とBさん夫婦は離婚することになる。

「その原因が、A氏と荒牧さんの不倫だったんです。昨年いっぱいでの休養を発表したのも、A氏との不倫をめぐるトラブルが大きく影響していたんです」(テレビ局関係者)
荒牧の結婚は略奪婚だったのだ!

関係者によると、A氏と荒牧の不倫が始まったのは、披露宴に呼ばれてわずか4ヶ月後の2011年12月ごろでした。
そして、Bさんが長男を出産したのが、2012年2月です。
(難産でかなり苦労をして出産し、Bさんは容体もあまりよくないそうです)

Bさんが夫の浮気に気付いたのは、退院して自宅に戻った時だった。
部屋でつけまつげを発見したのだ。
「Bさんは、A氏の携帯電話を確認したそうです。すると不倫をにおわせる怪しいメールが次々に・・・。その相手が荒牧さんだったのです」(テレビ局関係者)

出産2日後の2月5日には、荒牧からA氏にこんなメールが送られている。
「午前10時21分 今日はありがとう。でももう少しだけ一緒にいたかったな」
「午前10時38分 火曜戻ります。さすがに奥さんは帰ってきてますよね。最悪、ホテルに泊まります」
荒牧はメールでA氏をダーリンと呼んでいた。
Bさんが病院で出産で苦しんでいる時に、A氏は自宅に荒牧を連れ込んでいたのだ!
(A氏と荒牧のツイッターを確認すると、2012年2月17日にも2人は北海道にいることをツイートしている)

そして、2012年3月23日、Bさんと彼女の両親の3人の前で、A氏は荒牧との不貞を告白したという。
「2人はすぐに別居したのですが、5月にA氏と荒牧さんのツーショット写真が週刊誌に掲載されました。離婚が成立したのは、その直後の5月18日。でも慰謝料が折り合わず、家裁での調停も不成立となったので、2013年6月にB子さんが提訴。精神的苦痛などでA氏と荒牧の2人を相手に6000万円の損害賠償を請求しました」(テレビ局関係者)

2013年11月、東京地裁で3回の審理を終え、年内には4回目がある。
両者の主張は真っ向から対立している。
A氏は、離婚の原因は不倫ではなく、婚姻関係はその前から破綻していたと主張。
荒牧は、A氏と付き合いはじめた12月の段階で、A氏とBさんは離婚していると思っていたと主張している。
「だったら、あのメールの文面は何なんですかね!Bさんは現在、長男を保育園に預け、職場復帰は果たしましたが、長男は眠っている間に突然死する乳幼児突然死症候群の疑いがあると診断され、精神的にもギリギリの生活をしています」(Bさんの知人)

2013年、荒牧とA氏は都内の高級マンションで暮らしていた。
11月上旬の夜10時頃、A氏がマンションを出てくる姿を目撃。
荒牧の携帯に電話をするが、留守電になったので伝言を残したがかかってくることはなかった。
そのため、A氏の携帯に週刊誌が電話をした。

記者:荒牧さんと再婚しましたよね?
A氏:・・・はっ?!

記者:不貞行為は事実ですか?
A氏:それは事実ではないと思いますよ。弁護士に任せているのですいません。

裁判は泥沼化し続いていたようです。その後、2014年夏頃よりディナーショー等営業中心に活動を再開しています。

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ