梓真悠子は夫と離婚し父・加山雄三は借金も!息子や現在は

料理研究家でタレントの梓真悠子は俳優の加山雄三の長女として知られる。大学在学中にスカウトされタレントデビュー。1997年にNHK大河ドラマ「毛利元就」に出演。1998年にNHK「ハイビジョンフラッシュ」に出演。1999年に8才年上の百貨店勤務の男性と結婚。2人の息子をもうけるも、2011年に離婚しています。

梓真悠子

Sponsored Links

加山雄三の長女で料理研究家・梓真悠子が離婚

加山雄三の長女・梓真悠子が2011末に離婚をしています。離婚の原因は、父にもあるのでしょうか?加山雄三といえば、大物俳優で、金を持っているイメージがありますが、実は事業に失敗をしていて、数十億円の借金を抱えたそうです。

さらに、他の事業も失敗をしており、豪邸も売却。経済事情は苦しかったのですが、長女だけは生活レベルが変わらずセレブな暮らしをしていたという。結婚相手の男性は、サラリーマンをしている一般男性だったので、価値観のズレがあったのかも知れません。

2012年6月に亡くなった俳優の地井武雄の人気番組・ちい散歩。
2012年5月に加山雄三が後任役として受け継いだ。
ゆうゆう散歩だが、早くも暗雲が立ちこめていた。
地井さんの時は、午前中にもかかわらず5%の視聴率を超えていたが、加山になってからは3%台になることも。(現在は2015年9月で番組終了)

さらに悩みが長女・梓真悠子だった。
「2011年末にようやく離婚が成立したようです。いろいろ価値観の違いも大きくて、ずっとスレ違いの夫婦でしたから・・・」(梓の知人)

加山は相談は受けていたというが、離婚の理由については「そりが合わない、価値観の違いでしょう。人間同士だから難しい」とコメントしていた。

加山雄三

加山を父に持ち、母は女優の松本めぐみで、祖父母も俳優。
そんな超芸能人一家の中で生まれた。
結婚は1999年、お相手は8歳年上の百貨店勤務のAさんだった。
女優として活動しながら、都心の高級住宅街に一軒家を構え、料理教室も主宰していた。
その様子をテレビ番組で紹介したこともあった。

「ふたりの息子がいますが、都内でも超難関といわれている有名私立小学校に通わせていますし、とにかくセレブな生活をされています。でもご主人は普通の家庭で育ったサラリーマンでしょ?お父さんも借金で大変だったというのに、なぜあのようなセレブ生活ができていたのか不思議でした」(近所住民)

加山は1970年にホテル経営で失敗し、23億円の借金を抱える。
さらに総工費1000億円ともいわれるスキー場も2011年に閉鎖・・・。
東京・成城にあった4億円の豪邸も売却し当時、その豪邸を借家にしてもらい借りて住んでいる状況だった。

Sponsored Links

そんな父の状況を知っているはずなのに、梓はセレブ生活を続けていたという。
ルイ・ヴィトンを我が家のファミリーブランドと公言し、夜は勉強と称して夜の街に出かける。
またブログには、神田うの、とよた真帆、松本志のぶらが友達として登場。
ドレスアップしてはパーティーへ繰り出す日々が書かれている。

「主人とは喧嘩も多かったそうです。仕事から帰ったらと思ったら、奥さんは夕食だけ作っていなくなってしまう。それで朝帰り・・・。それでも子供のために我慢してたみたいですが、住む世界が違い過ぎてだめになったようです。梓さんは、結婚も出産も子育ても、なんでも私生活をブログで語ってきましたが、離婚だけは隠していたようですね。彼女にとって、セレブ生活とは、理解ある夫がいてくれてこそだった考えがあったようです」(梓の知人)
2012年7月の誕生日には、高級料理店で合同のバースデー・パーティーを開催したことを報告していた。

加山雄三ファミリーは言わずと知れた芸能一家。妻は元女優の松本めぐみ、次女は女優の池端えみ、長男は映画作家の池端信宏、次男は俳優の山下徹大、祖父は俳優の上原謙、祖母は女優の小桜葉子という筋金入りです。

そして2012年10月に、梓はセレブ生活という報道に2人の子供を必死で育ててます。何がセレブですか、全然セレブじゃないと否定。現在は料理教室として、クッキングサロンの主宰とギャラリーのオーナーとして活動しているそうです。

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ