地井武男の生い立ち!ちい散歩で人気も心臓の病気に勝てず

「ちいちい」の愛称で人気だった俳優の地井武男は、1968年に映画「斬る」でデビュー。ドラマでは「太陽にほえろ」「北の国から」などに出演。バラエティー番組では「ちい散歩」が人気に。2012年1月に急に視野が狭くなったため緊急入院。別の検査で心臓への疾患が見つかり芸能活動を休止。2012年6月に70歳で死去されています。

地井武男

Sponsored Links

不景気も関係なし!グッズが売れまくって年収1億円

2009年不景気でテレビ出演が激減する大物タレント達の中、地井武男はサイドビジネスのちいちいバッグの販売が当時大成功!そして、3年3ヶ月で約3億円の収入になっていたという。

「地井さんが本当に上機嫌なんですよ。ご自身いわく、これまでの芸能生活で今が一番稼いでいるといって、胸を張っていらっしゃいました。あの年なのに、本当に凄いですよね」(テレビ局関係者)

「太陽にほえろ!」「北の国から」などの有名ドラマに次々と出演。
役者としても地位を築いてきただけに、今が一番収入が多いというのは信じがたいのだが・・・。
「その理由は、ちい散歩が好調だからですよ。ベテラン俳優さんなのでギャラは1本30万円と割高なのですが、それ以外はほとんどお金のかからない番組なので、費用効率はいいんです。地井さんは健康のためにウォーキングが趣味ということを、プロデューサーが小耳にはさみMCに決めたそうです」
また、この散歩で紹介される観光地などでは、観光客が急増することでも有名に。
中でも栃木市は、観光客が急増し、市長から感謝状をもらっているほどだ。

ギャラが1本30万円で週5回あるので、月にすると600万円、年間にすると7200万円の収入になる。
だが、それ以外にも収入があった。
「実は番組内で地井さんが使っているちいちいバッグがバカ売れしているんです。使いやすいと大評判で、少なくとも10%のロイヤリティーとして本人に入りますから・・・」
それに製造元のバッグメーカーに問い合わせをすると
「すでに24000個以上、出荷させていただいています。この数字はかなりのヒット商品といえます」

一番やすい、ちいちいバッグで19400円という高額だ。
軽く見積もっても4000万円近いお金が地井に入っている計算だ。
また、「ちい散歩」を本にまとめたものがシリーズで5冊出ており、これも25万部のベストセラー。
印税収入もかなり大きな金額になるはずだ。地井の笑いがとまらないのも納得出来た。

地井武男

地井武男が目が見えない謎の病気に

視覚異常で検査入院していたという地井武男が2012年2月に心不全の恐れありと診断され、休養して治療に専念することになった。

「以前はちい散歩について、いつまで続くんだろう?俺がくたばるのが早いか、番組の打ち切りが早いかいい勝負だと冗談を言ってましたが、まさか本当に倒れるなんで・・・。最近は本人が出演しない回もありますし、ロケ中も2度来た場所を忘れたりしていました。現場でも大丈夫か?という声がありました」(テレ朝関係者) 

2012年1月に、視野が狭くなったと目の異常を訴えて入院。
人気番組だったちい散歩などすべての仕事をキャンセルした。
「地井さんは、バストイレ付きで1日61000円の個室に入ってます。患者さんたちは地井さんがいるのを知らないし、芸能人の面会はほとんどないようです」(入院患者)
中高年で視野がせまくなる場合、脳梗塞の前兆の場合もあったという。
地井の体に何が起っているのか? 

「脳をはじめ、体の全体の検査をしています。当初、見えないと報じられた目については、本人はどうってことないとは言ってます。でも実は、まだ病状が判明してないんですよ。今いる病院は二つ目。また別の病院に移って検査をする予定です」(地井と親しい関係者)
この段階ではまだ検査をしても病状がわからなかったそうです。
こうした事態を受けて、ちい散歩の存続を危ぶむ声がでてきた。 

病状が回復しなかれば番組は打ち切りになるという。
「収録済みのものが多くあり、当面は放送に影響ありません。地井さんの診断結果も発表されていないですし、現時点では変更はありません」(テレ朝)
そして、診断結果が2日ほど前に出て、心不全の恐れだという。

Sponsored Links

目が見えない原因は心臓病だった!ちい散歩が打ち切りへ

急に目が見えにくくなりちい散歩を休むことになり、入院をしてましたが、ようやく原因がわかったようです。
しかし、無理をすれば心不全を起こす可能性があるため、ちい散歩復帰は絶望的?

2012年3月、グレーのハンチングにマスク姿の男性が右手で杖をつき、都内の病院の救急口から地井武男がひとりで歩いてでてきた。
目が見えないと訴え、緊急入院したのが2012年1月下旬。
しかし、原因がわからずに病院を転院。
視力は回復したが、「無理をすれば心不全の恐れがある」と診断されたのだ。 

その後、すべての仕事をキャンセルし、治療に専念していた。
この日は、ようやく退院となったようだ。
待っていた車に乗り込むと、自宅へと戻っていった。
1ヶ月半の入院生活を支えたのは妻だった。
「彼女は毎日のように病室を訪れていました。元モデルさんで、目鼻立ちのハッキリした美人。来ると病室が明るくなりましたね。ずっと懸命に看護してましたよ」(地井の知人) 

この日は、夫が帰ってくるのを自宅で待っていた妻。
「もともと地井さんは狭心症の持病があったそうです。目が見えなくなったのは、心臓にできた血栓が、網膜にある毛細血管を詰まらせたと考えれます。通常は14日で退院できますが、地井さんの場合は手術せずに薬を使って治療したので長引いたようです。今後はしばらく自宅療養をして経過をみます」(病院関係者)
まだ本格的な退院ではないそうです。
仕事の復帰についても、医師からドクターストップがかかっているようです。
脳梗塞の疑いもあったようですが、心臓病だった。
そして、2012年5月に惜しまれつつ打ち切りとなってしまいました。

地井武男

地井武男が余命宣告されていた!お墓は前妻と同じお墓に

2012年6月29日に心不全のため亡くなった地井武男。当初は目の視界不調を訴えて、病院で検査をしたけど原因不明。そしてついに心臓病と発覚。無理をすれば心不全を起こす可能性があるためちい散歩を休止(降板)。この判断は決して間違ってませんでした。降板の理由は、どうやらもう回復しないほど重い状態になっていたという。お墓には前妻と同じ墓に入ることが決まった。

千葉県にある霊園には8人兄弟の末っ子とあって、地井家代々の墓には入れないということから、生前、地井武男自身が建てた墓がある。
この墓には、2001年に乳がんで死去した元女優である前妻・佐和子さんが眠っている。

地井の密葬は2012年7月1日に50人ほどの親族のみで行われた。
妻の三樹子さんは気丈に振る舞いながらも、納骨の日を見据え、大事に遺骨を抱えていた。

地井は高校卒業後に俳優座養成所に入所。
家賃4000円、風呂無し3畳のアパートに下宿しながら稽古に励んだ。
下積み時代を経て70年に映画沖縄に出演すると人気俳優の仲間入りをする。
ちょうど、そのころ、ドラマの共演で出会った、佐和子さんとの交際をスタートし1974年に結婚した。
結婚後、妻は芸能界を引退し、長女をもうけた。
一方の地井は、太陽にほえろで順調に俳優として活躍していった。

1995年にはバラエティー番組に進出し、全国的な知名度になる。
ダウンタウンの名付けた「ちいちい」の愛称でよばれるようになり、人気に火がついた。
しかし、ちょうどその頃、妻が乳がんを発症したのだ。
手術をして回復したかに見えたが、がんは肝臓や肺、リンパ節にまで転移していた。
そんなある日、地井に北の国から2002遺言の台本が届く。
その台本には、妻ががんに侵されていることを告白し、亡きむせぶ夫のシーンが書かれていた。
「これは妻に見せられないな。参ったなぁ・・・」と地井さんは思い、出演を悩み、台本を隠していたという。
だが佐和子さんはその台本を見つけ読んでしまった。
「いい話じゃない。この回はあなたが主役なのね?いつからなの?」
と佐和子さんの後押しもあり出演を決めた。
しかし、その台本が来てから3ヶ月後、撮影が始まる1ヶ月前に01年6月に佐和子さんは亡くなった。

佐和子さんが亡くなってから、地井は抜け殻のようになった。
「家は荒れ放題で、毎日遺影の前に座りながら涙を流していたそうです。一時は奥さんの後を追うのじゃないかというほど心配されてました」(当時を知る芸能関係者)
しかし、2年後の2004年に、地井は元モデルで12歳年下の三樹子さんと再婚した。
「実は三樹子さんは佐和子さんの友人だったんですよ。佐和子さんの闘病中には、手紙のやりとりをしていましたから、三樹子さんは三樹子さんの心の支えにもなっていたと思います。自分が亡くなった後の地井さんの心配をしてましたから、三樹子さんに言付けをしていたのかも知れませんね」(地井家を知る知人)

佐和子さんの死後、地井を励ます手紙を送ったことでふたりは再会。
三樹子さんもバツイチで連れ子もいたが、佐和子さんの三回忌を終えて再婚した。
その時の地井のプロポーズは「助けて下さい」だったという。

幸せな再婚生活を送っていたが、地井にも病魔の闇が迫っていた。
2012年1月30日、視野が狭くなったと緊急入院をした。
検査の結果、心臓疾患が判明した。
報道では報じられなかったが、地井の親友らは、すぐに深刻の事態だとわかったと話す。
「アメリカで仕事をしている娘さんもすぐに帰ってきました。三樹子さんも長い髪をばっさりきって一緒に看病を始めました。今思い返してみると、そこで余命何ヶ月とはっきり言われていたんだと思います。実は7月半ばに武男くんに講演会の依頼をしていたんですが、その検査後、おれ、それには出られないわと断ってきたんです。もうすこし様子を見ようと説得しても、頑になって断っていました。覚悟があったんでしょうね」(地井の親友)

地井は生前に建てていた千葉県にあるお墓に埋葬されることになった。
三樹子さんにとっては、前妻の元に愛する夫を返すようなもの。
友人とはいえ、複雑な気持ちだったかもしれない。

地井武男

地井武男の一周忌に予定されていた記念館の設立に反対

2013年7月、地井さんの一周忌に合わせて、地井さんが育った地元では、地井記念館をオープン予定だったのですが、地井さんの兄嫁に反対を食らったそうです。

地井武男さんの死から1年、彼の思いとは裏腹に、様々な不協和音が生じていた。
房総半島の九十九里浜にほど近い千葉県匝瑳市。
地井さんが生まれ育った場所だ。
地元商工会が中心となってある計画が進められていた。

「2012年の10月頃、地元の友人や商工会の人たちが、地井さんの奥さんと娘さんに地井さんの記念館を作りたいと持ちかけたんです。急な話だったので、奥さんも娘さんもどうしようかと戸惑っていましたが、地元の多くの人達が地井さんを悼む場所がほしいと言っていますと懇願され、ふたりとも3年間限定でOKしたんです。3年間というのは、いつかお客が来なくなってしまって寂しい記念館になってしまうのが心配だからということでした」(芸能関係者)

そして、市も加わり、実行委員会を立ち上げ、設立資金は市と商工会が出し合うことで記念館の設立計画がスタートしました。
地井さんゆかりの品々を展示することさえできればと、当初の委員会メンバーはそう考えていた。
地井さんの後妻・三樹子さんと娘から記念館のアイデアが次々と出されていった。
そして、現段階で決まったのが、「散歩をテーマにした地井さんが愛した匝瑳市の名所やお祭りを見ながら、地井さんの小さい頃から今に至るまでの写真や私物が見られるように展示したり、絵が好きだった地井さんの自宅アトリエの再現も予定しています」(実行委員会関係者)

地井さんの一周忌当日の2013年6月29日にオープン予定だったが間に合わなかった。
開催することができなかった理由を、地井家の知人が話す。
「権利問題もありましたが、どこに記念館を作るのかというのが大きな問題となったんです。最初はずっと空き家になっていた地井さんの実家にしようと、実行委員会は考えていたんですが、その近くに住む、地井さんの兄の奥さんが猛反対したんです」

地井は生前、姉たちについてはいろいろ語ったが、兄については、あまり語ることはなかった。
「もう何十年も前のことですが、お兄さんが40歳ぐらいで白血病で亡くなったんです。長男だったので、実家近くにある地井家代々のお墓に入ったんですが、奥さんがある宗教の熱心な信者だったんです。その宗教に従って、葬儀もしなければ、線香もあげないという奥さんに、地井さんは理解できない部分が多く、兄嫁が嫁いだ実家とは過疎になっていったんです」(地井家の知人)

2001年6月、地井さんの前妻である佐知子さんを乳がんで亡くす。
「実家とは過疎になっていましたから、代々の墓と同じお寺に佐知子さんのお墓を作ることはできず、地井さんは東京の自宅と実家の墓との間にある千葉県内の公園墓地に佐知子さんのお墓を建てたんです。地井さんは月に一度は帰ってきて実家の墓と佐知子さんの墓をまわていましたね」(同上)
そんな地井さんも亡くなり、実家の墓を世話する人はいなくなってしまった。

「地井さんの遺骨は、2012年10月に三樹子さんの手によって、前妻が眠るお墓に納骨されました。また地井さんが実家のお墓を大切にしていたことは、三樹子さんは誰よりも理解していましたから、当然なんかできたらと思っているはずですよ。このままでは無縁仏になってしまいますからね。でも兄嫁と夫の遺恨は知っているし、面識もないので困っているでしょう」(同上)

義理の姉妹ながら、ほとんど面識もない三樹子さんと兄嫁は思わぬ形で対立することになる。
「実は空き家となっていますが、実家の所有権は兄嫁なんです。ですから実家に記念館を作るためには、兄嫁の許可が必要なんです。三樹子さんは実行委員会の人達と一緒に兄嫁の元を訪ねたんですが、門前払いを食らったそうです」(同上)

2013年7月25日に実家近くにある空き家の店舗を改修し、地井ゆかりの品を集めた記念館「地井武男ふれあい記念館 ちいちい茶屋」がオープンしています。

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ