ケミストリー堂珍嘉邦は妻と別居で離婚問題に5人の子供は

ミュージシャンの堂珍嘉邦は2001年にテレビ番組「ASAYAN」の企画「男子ボーカリストオーディション」で選ばれ、川畑要とCHEMISTRYを結成。シングル「PIECES OF A DREAM」でデビュー。2004年6月にモデルの敦子さんと結婚し、同年12月に長男、2007年11月に次男、2009年6月に男女の双子、2015年4月に第5子が誕生しています。

堂珍嘉邦

Sponsored Links

堂珍嘉邦が妻と別居し離婚か?

2012年4月にケミストリーとしての活動休止宣言。そしてソロ活動に専念し頑張っていくようです。しかし、堂珍嘉邦は妻と4人の子供と別居をしていたことが報じられてました。ひとりぼっちになってしまった堂珍・・・芸能界でソロ活動は大丈夫なんでしょうか?

堂珍嘉邦は、ケミストリーが人気絶頂の2004年に、モデルの敦子さんとでき婚。
2012年現在、長男、次男、双子で男女の4人の子供がいた。
そして、子育てをしながらカリスマモデルとしても活躍している。
そんな、一家の住まいは都内にある。
地上2階、地下1階で周囲を掘りで囲まれた大豪邸だ。
車庫にはいつも2台、妻と堂珍の車が止まっていた。
堂珍のことを敦子さんはこのように言っていた。
「夫は忙しくて、ほとんど家にいることはありません。私もそれを夫に期待していない。それは何もあきらめているわけではなく、大事な部分はそこじゃないと思っている」 

堂珍敦子

そんな一家に異変が起きたのは、2011年末のことだった。
「堂珍さんの姿をまったくみかけなくなったんですよ。それに車庫から彼の車がなくなって、いつも奥さんの車が1台止まっているだけになった。そして2012年3月になって、敦子さんが引っ越しすることになったんですってひとりで挨拶に来て・・・。奥さんに引っ越しの理由を聞いても、はぐらかすばかりで凄く寂しそうでした」(近所の住民)
豪邸は2億円で売りに出された。
引っ越し先については、敦子さんが近隣の人に話した新居ともうひとつ、豪邸に出入りしている人達が説明する場所のふたつがあった。
「別居?」「離婚でしょう?」
そんな話があっという間に近所に広がった。 

Sponsored Links

敦子さんは親しい人だけに次のように話をしていた。
「長く話し合ったんですけどね。主人と距離を置こうと思って・・・」
子供4人を連れて家を出ることになったようだ。
敦子さんが選んだ新生活の場所は、前の豪邸から10キロほど離れた場所にある2階建ての家。
彼女の所属事務所は、「別居は事実無根で、その新居で堂珍さんも一緒に暮らすと聞いている」という。
しかし、この点には疑問も多いのだ。
前住んでいた家より、広さは一回りも小さく、さらに車を止めるスペースは1台しかない。 

「亭主元気で留守がいいとはいいますけど、堂珍さんはあまりにも家庭にいなかった。いてほしい時にいつもいないから、イライラするばかり。だったら、いっそ距離を置いた方がいいと思ったようです」(敦子さんの知人)

その後、2013年12月に敦子さんが第5子を妊娠。その時に敦子さんから離婚を切り出され2014年1月に堂珍が自宅を出たという。そして敦子はさんは2014年2月に第5子を出産。

どうやら離婚秒読み段階のようです。でき婚でも子供5人もいるのに・・・でき婚は離婚の確率が高いですね。

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ