ギャル曽根は彼氏が交通事故死の過去!現在は結婚し夫と子供も

大食いタレントのギャル曽根(本名・曽根菜津子)は高校卒業後、アパレル関連の会社に就職。仕事をしながらテレビの大食い番組に出演。2006年にテレビ東京系「元祖大食い王決定戦」の女王決定戦で優勝し、ギャル曽根の愛称で人気に。2011年7月に9歳年上のテレビディレクターの名城ラリータ氏と結婚し、夫との間に子供が2人。

ギャル曽根

Sponsored Links

ギャル曽根の彼氏が交通事故死

ギャル曽根の高校時代の同級生Aさん(享年23歳)が、2008年11月に交通事故で亡くなっていた。事故は乗用車とトレーラーが正面衝突し、乗用車に乗っていた3人の男性のうち2人が死亡。亡くなった2人はともにギャル曽根と高校の同級生で、その一人が特に親しく、彼女とは高校3年間付き合っていたAさんだった。

ギャル曽根

「ギャル曽根さんは、息子の事故のあった翌日に京都府舞鶴市まで飛んで帰ってきてくれました」
四十九日が過ぎ、やっと落ち着きを取り戻した父親が、ギャル曽根への感謝の言葉を語った。ギャル曽根が亡くなった息子の同級生であることを知ったのは2007年頃だという。
「それまでは よく食べるコだなという印象だけで。テレビでギャル曽根さんが自分の田舎を訪ねる番組で、ギャル曽根さんが京都府舞鶴市出身だと知ったんです。息子は口が数が少なくて。ギャル曽根さんのこともその番組に息子が出ていて、高校のころギャル曽根さんが付き合っていたのが息子だって・・・ほんとびっくりしましたよ。」

「息子に聞くと、当時、息子がギャル曽根さんの家に遊びにいったり、あちらがウチに遊びに来たり親友以上のお付き合いでした。夕食にハンバーグを8つも食べさせられて、もうあの家の夕食には行きたくない!て。あんなに食べる子がガールフレンドなんて、本当にびっくりしました」

ギャル曽根はAさんが亡くなった2008年冬から、仕事場でも沈んだ様子だったと、テレビ局関係者は語る。
「楽屋の隅で一人考えをしたり、ときどきハンカチで目をぬぐってみたりして、タレントたちの間でも話題になっていたんです。」

2人の間では、ギャル曽根が舞鶴を離れてからも心の交流は続いていたのだろう。
「高校を卒業して、ギャル曽根さんは舞鶴を出てしまったので、その後のことはわかりませんが・・・。息子は地元で就職し、やっとね、やっと仕事を覚えたところだったのに・・・」

2009年当初、ギャル曽根が元気がなかったのは、高校の時に付き合っていた彼氏が亡くなったからだった。

Sponsored Links

イケメンディレクター・名城ラリータ氏と結婚

2011年7月、ギャル曽根はイケメンディレクターの名城ラリータ氏と結婚。お相手はフジテレビ「もしもツアーズ」など、人気バラエティ番組を手掛ける9歳年上のテレビディレクターで、超イケメンのハーフ。

名城ラリータ

2人の出会いは2005年。当時、名城ラリータ氏がディレクターを担当したいた番組にタレントになる前のギャル曽根が出演。ギャラが支払えないほどの低予算番組だった為、ギャル曽根と名城ラリータ氏は「ご飯を好きなだけ食べていい」という約束を交わし、このことがキッカケで仲良しになったという。

ギャル曽根が芸能界へ入る決断する時も名城ラリータ氏に相談するなど友人関係が続いていたが、2009年の年末頃に真剣交際に発展し、2011年7月にめでたくゴールインに至った。

そして、2012年11月に男児を出産。2015年9月に第2子妊娠を公表。2016年1月に第2子となる女児を出産。現在はテレビ静岡のバラエティ番組「くさデカ」に準レギュラーとして出演しています。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ