ビッグダディ林下清志は元妻・美奈子と離散し再婚!子供は

ビッグダディの愛称で知られ、タレント活動をしている林下清志は、2006年から32回放送されたテレビ朝日のドキュメンタリー番組「痛快!ビッグダディ」で一躍有名に。1991年に佳美さんと最初の結婚。2011年にタレントの美奈子と結婚したが、2013年4月に離婚。2014年4月に10歳近く年下の一般女性と再婚しています。

林下清志

Sponsored Links

林下清志の真相!ギャラは小豆島まで貰っていない

大家族林下家を長期取材したドキュメンタリー番組「痛快!ビッグダディ」というテレビ番組を知ってる人はかなり多いと思います。大家族で波乱万丈の生活と父のキャラクターなどが人気でした。

ビッグダディこと林下清志。
ビッグダディは2012年1月4日に5時間SPが放送され、15.7%の視聴率をとった。
素人出演の番組としては異例の数字だ。
離婚した元妻の佳美さんとの間にもうけた4男4女と9人暮らしだった。
しかし、近所の高校が廃校になったことをきっかけに、鹿児島県奄美大島に移住。
別の男性との間に三つ子を産んだ佳美さんと一時期復縁し、新たにつむみちゃんを授かった。
しかし、ふたりの生活は長く続かずにまた離婚をした。 

ビッグダディは柔道整体師として出稼ぎに愛知県豊田市で、5人の子供を持つシングルマザーで18歳年下の美奈子さんと出会い、2011年春に電撃再婚をした。
そして、美奈子さんとの間にもれんとちゃんという子供を授かった。
ビッグダディにとってなんと18人目の子供となる。
大人気の男ゆえに、風当たりも強かった。
小豆島への移住を余儀なくされたのも、実際は離婚した上で美奈子さんと交際していたのだが、ネットや週刊誌で不倫と騒がれたのが原因で、奄美大島の住民から信用を失ったのが原因だった。 

実際、小豆島での暮らしがどんなものなのか取材をしてみた。
週刊誌が現地を取材すると、「奥さんがパチンコにはまっているそうや。どこからそんなお金がでるのか」(飲食店関係者)という声もあったが、好意的なものも多かった。
2012年1月8日、広場に子供を連れて野球をしに来たダディ。
フライデーですがと切り出すと、ダディは「あっ講談社だ。講談社から俺の本を出してくれるという話が消えちゃって・・・。スタッフの人にいつ出すのか聞いたら、あれは番組に出すための餌ですよと言われちゃったんだから」と語った。

Sponsored Links

ビッグダディ終了か?テレビ取材を断る予定だと告白

林下清志は「観光客は来るときは1日30人くらい来るよ。俺の手作りの表札なんて、放送の翌日くらいに盗まれたんだから。かといって整骨院も流行っちゃいないけどね。本当は追われるように仕事したいんだけど、地方って身内意識が強いから、違う店に行くのってタブーじゃないですか。ネットで何で働かないんだみたいなこと書かれますが、意外とちゃんと仕事してるんですよ。高松から通ってくる客もいるし」
美奈子さんにも、「生活の不安はないのか」と訪ねたが「別にない」と笑った。 

「今は楽になったよ。番組が始まる前は、本当に食う物がなくて、夜中、子供と一緒に公演のアロエを刈り取ってしのいだこともある。3枚に降ろして細く切るとそうめんみたいになるんですよ。めんつゆに生卵を入れて食べるとおいしい」
これはテレ朝から支払われるギャラのおかげで楽になったのだろうか?
「嘘はつきたくないからいうけど、小豆島の取材から初めてギャラが発生した。俺の人生だけじゃなくて新しい嫁と彼女の家族もオープンにしていくからもらうことにした。今までみたいに偉そうに、一銭ももらってねぇよ、バカヤロウーなんて世間に言えなくなったけど」 

パチンコにはまっているのか聞いてみた。
「放送が始まったら小豆島ではパチンコ屋には入れないからって、3日連続で行ったね。放送されると世間がうるさいの。奄美にいた時、子供を映画館に連れて行って、子供が映画観ている間に打っていたら、知らないおじさんから、子供ほっといて何してんだよって言われて・・・1回行くと100回いったみたいに言われる」
そして、ダディは3月いっぱいでテレビ局の取材を受けるのを止めるつもりだという。
「ぶっちゃけ飽きちゃって。何が面白いかわからないし」とつぶやいた。 

ダディはかなりネットを見て、ネットでの悪評も気にしているようです。
子供の教育などにも悪いから、だから止めるかも知れないみたいなことを言ってるようです。
「街中を歩いていて、この野郎!子供を見せ物にして金儲けしやがって!と胸ぐらをつかまれたこともある。逆に感動しました。頑張ってくださいと言ってもらったこともある。申し訳ないけど、どの反応も興味ないんです」
2012年1月で撮影は断ると言ってますが、たぶんスタッフに説得されてギャラアップで解決するかも?!
貧乏なのにパチンコに行くお金はあるんですね・・・。

林下清志

ビッグダディ・林下清志が接骨院が経営難で閉店!ついに離婚

この番組、どこまでが台本でどこまでが本当だったのでしょう?別れては復縁しての繰り返し・・・今度こそは本当に夫婦の仲は終わったようです。整骨院も閉鎖、離婚、そして故郷・岩手県での再出発をするそうです。嫁の美奈子は九州での再出発だそうです。でも、またどちらかの元嫁と復縁するんでしょうか・・・

2013年3月14日に香川県小豆島にあるビッグダディの整骨院が閉店した。
前妻との間に4男4女のいるビッグダディ。
17歳年下で5人のシングルマザーの美奈子と再婚。
そして2011年に小豆島に移住し、ふたりの間に女児も誕生し賑やかな生活を送っていた。

しかし、ビッグダディが営んでいた島の整骨院が1年5ヶ月で閉店することになった。
その整骨院の2階に現在ビッグダディ一家が住んでいる。
午後の診療時間は人の出入りが多く、閉店時間の7時になっても人足は途絶えない。
テレビ効果なのだろう。
サインを求める客もいるそうだ。

「閉店翌日の15日、ダディと今年春から高校生になる四男のふたりは、ダディの故郷の岩手県に出発しました。小豆島にいるダディの残りの連れ子3人はひとまず留守番しますが、今後は一家で小豆島を出て岩手に生活拠点を移す予定です。盛岡市に引っ越し予定です」(親しい知人)

それにしてもなぜ一家は島を出ることにしたのだろうか?
「本人が接骨院の経営は完敗だと言っていました。島の人の中にはテレビの印象もあって、快く思っていない人もいるそうですが、実際に通えばいい先生でしたから残念です」(患者)
「あまり繁栄してなかったのでは?最近は一日中休みにしている日も多かった」(近所の住民)

運営がうまくいかなかったようだが、ダディの整骨院で町おこしを期待している声もあり、島を出ることに残念という声も多い。

すでに前回放送では、美奈子とダディは別居が発覚していた。
仕事もうまくいかず、夫婦仲もこじれたのだろうか?
ダディは別居の理由について、このように語っている。
「美奈はいいやつだし、全然仲は悪くないですよ。だけども、母親なのに母として機能しない相手に、俺は女としての魅力を感じない・・・」

夫婦仲は悪くないそうだ。
さらに別居はすでに解消し、ラブラブという声もあるが、離婚することにはかわりないようだ。
「籍はまだ抜いていませんが離婚は確定したそうです。ダディが島を出たら、美奈子さんは連れ子と一緒に九州に引っ越す予定だそうです。閉店と引っ越しは子供達の新学期に合わせこの時期になったそうです」(親しい知人)

仕事の合間を縫っては、料理や洗濯をするダディの姿がテレビで報じられてきた。
愛する子供達のためなら母親役もこなすダディ。
一方で美奈子のことが歯がゆくて仕方なかったようだ。
「彼女は家のことをやらないです。いくら子供がたくさんいるからといって、もっと家を掃除したり、洗濯したり、畑の手入れもできるはずなのに・・・。祭りのために、去年の夏に自治会から借りたはっぴだって、今年の2月に催促されるまで返さないし、外からみてても離婚するというのは納得できますね」(近所の住民)

嫁の母としての自覚なさにダディが呆れての離婚のようです。

美奈子

就職活動に失敗をし接骨院をしながら漫画家へ転身

ビッグダディは、整骨院を開業し家族を養ってきましたが、不景気の影響もあったのでしょうか?香川県にある小豆島で整骨院をしてきましたが閉鎖をしました。そして、地元・岩手県へ戻って再出発をするところで、前回の放送は終わっていたと思いますが、岩手県で就職が決まらずに挫折したようです。そして、だした結果は漫画家になること!テレビの知名度を利用して漫画家デビューを企んでいるのでしょうか?

2013年4月6日、岩手県盛岡市内の公営施設では朝10時から私立高校の入学式が行われていた。
そこへ現れたのは、ビッグダディと四男・源志くんだった。
ビッグダディこと林下清志さんは、小豆島から盛岡に移住したのだ。

ダディは、次女・柔美(よしみ)、三女・詩美(うたみ)、四女・都美(ともみ)、四男と盛岡へ。
再婚した妻・美奈子さんは、前夫の子供5人とダディとの間に生まれた娘・蓮々(れんと)ちゃん1歳を連れて宮崎日南市へ。

冒頭に戻り、入学式を終えたダディは、有名人だけあって生徒や保護者に囲まれたり、カメラを向けられるほど人気だった。

2013年4月に引っ越してきたダディ一家は、盛岡駅から近い一軒家に住むことになった。
「約80平方メートルで好立地ながら、家賃は4万円です。最初はもう少し高かったのですが大家さんに交渉して値下げしてもらったそうです」(不動産関係者)

この自宅でダディは接骨院を営むという。
「小豆島では経営が上手くいきませんでした。安定した生活を求めて当初は盛岡で就活していたんですが・・・なかなか決まらず。結局、自宅で整骨院を開業することになったそうです」(林下家の知人)
あれだけの有名人でも就職にはありつけなかったようです。
妻・美奈子さんとは2013年4月2日に離婚が成立したとのことです。

再婚からわずか2年で離婚となったが、整骨院の看板を書いてもらったりと、関係は切れたわけではないようだ。
「仲は悪くないと思いますよ。いまでも美奈子さんから仕事行ってきますってメールが来ますからね。ただ、結婚にはもう懲りたのか、再々婚はする気はないのか聞いたら、無理無理、絶対ありえない!寂しくないし面倒くさいと強い口調で否定をしていました」(同上)
ダディはシングルファザーとして生きていくことを決めたようだ。

この一連の放送は2013年4月に4時間スペシャルとして放送された。
しかし・・・。
「10日の撮影をもって、今回の収録は終わりました。テレビ朝日との6年半に及ぶ契約も基本的に終了となっています」(番組関係者)
ということはついに最終回なのか?

そしてダディに直撃をしてみた。
「まだ番組放送前だから何もお話できないんですよ・・・」と神妙な表情で語り去って行ってしまった。

「本人も子供たちも、テレビはもうおなかいっぱいと話していましたよ。これ以上、テレビにでるつもりはないようです。他局からオファーもあるそうですが、それを受けるぐらいならテレ朝と契約をしているし、他もお断りしているそうです。ただ、新天地に移ってからその後が気になる視聴者がいるかも知れず。そうなるとあと1回くらい、テレ朝からオファーがあるかも知れない。その時に美奈子さんが出ると言えば、ダディも出る気持ちはあるようです」(林下家の知人)

本人は今後についてどう考えているのだろうか?
「本人は執筆と公演活動に興味があるそうです。これまでも年間5回ほどは公演を引き受けていましたが無償でした。その代わり好き勝手に話せて面白い体験だった。ギャラを貰うと責任が伴うから・・・と。
後、絵が得意で、小豆島にいた時も接骨院のチラシに漫画を描いていましたが、本人も4コマの漫画の仕事ができたら・・・と夢があるそうです」(同上)
接骨院をしながら、漫画家の目標を持って生きていくようです。

林下清志

ビッグダディが元妻・美奈子との著書バトル勃発

痛快!ビッグダディがついに完結?をしましたね。テレ朝との契約が今回の放送で終わりました。ビッグダディも次回の出演は、あと1回だけならと言っていますが。テレビと契約が終わって困るのは経済的事情が苦しいお金の問題が浮上するのではないでしょうか?

テレビとの契約が終わることで出演料が入ってこなくなります。そのこともあったのでしょうか?集大成とも言えるべき本の出版をビックダディがしました。2013年4月26日に「ビッグダディの流儀」が発売。それに負けじとなんと美奈子も2013年5月1日に「ハダカの美奈子」の発売。ビックダディより美奈子が発売する本の方が売れ行きがよかったようです。このことでふたりの間に亀裂が生じるのではと心配されています。

ビックダディで人気を呼んだダディと美奈子さん。
そのふたりにまさかの元夫婦逆転劇が起きていた。

ビックダディの主役は、清志さんだが、書籍対決では、美奈子さんの方が発売日前から勢いづいていた。
美奈子さんは2013年4月22日、自身のフェイスブックで本の発売を公表。
すると、わずか1日でアマゾンの書籍総合ランキングで10位になった。
ビッグダディの流儀(18位)をいきなり追い越した。
2013年4月24日午前の時点で、美奈子さんの本は6位、ダディは15位になっている。
ちなみにAKB48・渡辺麻友の写真集は17位だから、このふたりの本が凄いことになっていることがわかる。

「奈美子さんの本は、現在の予約数と過去の売り上げデータを照らし合わせると30万部超えも見えてきました。出版元は予約初日で増刷を決めたようです」(出版関係者)

この快進撃に一番びっくりしているのが奈美子さんだ。
「奈美子さんは、やばい、ダディ超えちゃった!と恐縮しきりですよ。離婚したとはいえ、男を立てる気質の奈美子さんにとってダディ超えは気が引けるようです」(制作関係者)

このままダディも黙ってはいない。
2013年4月27日には都内で初の出版記念イベントを行った。
そこにある仕掛けを考えているのではと言われている。
「負けず嫌いのダディですから、番組を見てわかる通り、ダディはイベント上手。美奈子さんに負けたとあっては恥とばかりに、何か秘策を考えています」(別の出版関係者)
番組が終わっても当分、ダディ人気は続きそうですね。
すでに一般人を超えて売れっ子タレント級の人気に!

美奈子

美奈子と離婚したのは前々妻・佳美の存在が大きかった

痛快!ビッグダディのテレビ放送が終わってからも大人気ですね。そんなダディですが、実はテレビに出演する前には、2ちゃんねるで実体験を元にしているのか?小説を書いていたのかはわかりませんが、これまでの人生を書いていたことがばれたこともありました。そこにはテレビで放送できないような内容がたくさん書かれていましたが・・・。

「離婚を決意した後も、彼女が島を出る前日まで、毎晩腕枕して仲良く寝ていましたよ。子供のこともあるから、今も3日に1度はLINEで連絡をとっている」

2013年4日から故郷である岩手県盛岡市でほねつぎ盛岡屋を開業し、新生活をスタートさせている林下清志さんことビックダディ。
ふたりは、告白本も出し、サイン会も開催し、どちらも来場者数が5000人を超えるほどの大盛況だった。

ダディは、2001年に知人の保証人になったことで1000万円の借金を背負ってしまい、時を同じくして、元妻・佳美さんが別の男性と交際を始め離婚する。
以来、勤め先の接骨院の給料で知恵を絞りながら8人の子供達を食べさせていたダディ。
しかし、2006年2月、長女・愛美さんを通わせるはずだった地元の高校の廃校が決定する。
遠方の高校に通わせることになり、交通費を収入から出すことは不可能でダディは途方に暮れていた。
そんな時に、鹿児島県奄美大島では、通学費補助が付き、生活費も格段に安くなることを知り、一家で移住することに。

この大家族の引っ越しに密着した第一回放送は13%の視聴率を叩き出した。
素人でこれだけの視聴率を出すことは異常だった。
「まさか、あんなにも反響があるとは思わなかったね。本当は出たくなかったんだけど、テレ朝のスタッフから足かけ5年にわたって口説かれたから、根負けした部分もありました」(ダディ)

林下清志

2007年7月には、番組を見た元妻・佳美さんが、離婚後に別の男性との間にもうけた3つ子の姉妹を連れて、奄美大島にやってきて復縁を迫った。
初めは元妻を拒絶していたダディだが、結局復縁することに。
そして、ふたりは、つむみちゃんを授かるが、2011年2月にまた離婚をする。
佳美さんは、3つ子とつむみちゃんを連れて、地元愛知に帰っていった。

そして、同年4月に出稼ぎに行っていた愛知県豊田市で、今度は18歳年下で5人の子供を持つ美奈子さんと出会い、結婚をし、同年12月にはれんとちゃんが生まれる。
これで子供は14人となった。
しかし、美奈子さんと些細なことでの衝突が増え、喧嘩ばかりし、離婚をすることになる。

ダディは4人の子供(他の4人の子供は独立)を連れて盛岡市へと帰ってきた。
美奈子さんは6人の子供を連れて宮崎県日南市へ移住した。

離婚の理由については、番組で詳しく語られなかったが、今回初めてダディが明かしてくれた。
「佳美の存在が大きかったですね。美奈子は彼女の話題を嫌がり、子供らが佳美の話をするだけで泣いて抗議することもあった。そのうち、家族の仲で佳美の話がタブーになり、そのことで家族間の空気が悪くなったんです」

離婚は、決して仲が悪くなったのではなく、この状態を打開するための選択だったとダディは続ける。
「誰も憎まず暮らせれば一番楽じゃないですか。子供らとも面白く暮らしたいし、美奈子のところも楽しく暮らしてもらいたい。そう考えたら、必ずしも一緒にいる必要はないと」

後はお互いの告白本の内容の行き違いや、美奈子さんがグラビアにでた話などを語っていました。

そして、ダディの整骨院は、GWには、地方からたくさんの人が車で来てくれたそうです。
なんと50人以上の人が来たそうです。
さすがに院内の待合室にも入りきらないから、人だかりができて警察を呼ばれたそうです。

整骨院も繁盛!本の売り上げもいい!ということで、経済的には楽になったと思われますが・・・。
しかし、それについては、深刻な表情で話す。
「3月に貯金を差し押さえられました。岩手に家を探しにきていた時に、お金が無くなったんで貯金をおろそうと思ったら、残金が0円・・・。いくらなんでも0円はないだろうと思ったら、サシオサエって印字されていました
これは税金の未払いが2年も続いたことが原因だったそうです。
100万円ほど未払いがあるそうです。
でも、これは本の印税で返せることになるとのこと。
元妻・美奈子さんは、時給750円で夜の酒屋でアルバイトをして生計を立てているそうです。

林下清志

ビッグダディが元妻・美奈子さんへ復縁希望か

ダディと美奈子さんは離婚をしてそれぞれの道を歩き始めました。ふたりとも発売した本の売れ行きが順調のようですが、それでもまだお金には困っているようです。そして、ダディは美奈子さんの住む宮崎県に突然訪問してきたそうです。

「引っ越してから宅配便がよく届くので、またかと思って玄関をあけたら、よっ!と清志さんが立っていたんです」(美奈子)
2013年4月2日に離婚をしてから45日。
4人の子供を連れて岩手県に移住したはずのダディが宮崎県日南市になる美奈子の自宅を訪れていたのだ。

復縁については、「100%ないとは言えない」と言い切っていた彼女だったが・・・。
2013年5月16日のことだ。
「実はその2日前に清志さんから連絡があって、困っていたんです。13日に東京から戻ると自宅の窓が開いていたので、そのことを清志さんに相談したら、心配だから行こうか?と言われて。そもそも取材を受けた時に、しばらくは清志さんとは会わないと言っていましたからね。6人の子供のためにもシングルマザー再出発を応援する意味で本を買って下さった方もいるので、いま彼と会うのは違うと思っていたんです」
結局、行く行かないの言い合いになり、行かないという結論になっていたのに勝手に来たそうです。

その後は、清志さんが美奈子にマッサージをし、ご飯を作り、子供達と遊んだそうです。
滞在時間は5時間だったそうです。
ダディとしては、心配だったのか?それとも復縁を狙っていたのだろうか?

美奈子さんはすでにシングルマザーとしての生活を始めている。
時給750円の居酒屋でアルバイトをしていたが辞めることになったそうだ。
「本当は昼間の仕事をしたいのですが、近くに保育園がなくて預けられなかったんです。それで子供にご飯を作ってお風呂に入れてから、夜にアルバイトをしていたのですが、夜に家を空けて子供だけにするのは不用心だという連絡が市役所からあった。幸い隣町の保育園に5月から入れるようになったので、昼間の仕事を探そうと思い居酒屋を辞めました。まだ次の仕事は決まっていません。だからお金には常に困っています。家賃3万円を含めて1ヶ月の生活費は10万円ほど。今は母子手当で食いつないでいます」

フライデーのグラビア写真の出演料が入ったら中古の車を買うそうです。
田舎生活では車は必須ですからね。
ちなみに業者印税は2000万以上になりそうとのこと。
中古の車を購入する以外は、貯金するそうです。

ダディと離婚したことで慰謝料や養育費の問題はどうなったかの回答です。
「全くないですね(笑)。各自頑張りましょうみたいな感じです。向こうは子供も大きいから学費などお金がかかりますし、でもお互い困った時は連絡を取り合っています。向こうから授業料が足りないといったらお金は貸しますし、こっちも食費が足りないと言えば向こうも助けると言ってくれているので、持ちつ持たれつの関係です」

その後2014年4月、ダディは10歳近く年下の一般女性と再婚。ダディは4回離婚している「バツ4」で、5度目の結婚となるとそうです。

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ