東国原英夫は元妻・かとうかず子と離婚し政治家転身!子供は

タレントで政治家の東国原英夫は、1981年にそのまんま東の芸名でビートたけしの一番弟子として芸能界入り。1985年にタレントの片平夏貴と結婚も1989年に離婚。1990年3月に女優・かとうかず子と再婚。子供1男1女をもうるも、2006年2月に離婚。2004年に早稲田大学第二文学部卒業。2007年~2011年まで宮崎県知事を務めた。2011年4月に東京都知事選に出馬するも落選。2014年9月に20歳年下の一般女性と再々婚しています。

東国原英夫

Sponsored Links

東国原英夫の合コン美女に口説きメール入手

東国原英夫といえば、元妻が女優・かとうかず子だったことが有名ですが、風俗で相手の女性が18歳未満だったことで事情聴取されたことがネットで叩かれ、信用されない原因になっていました。そのため女性にだらしないイメージが強いようです。

「宮崎で鳥インフルエンザや口蹄疫などの危険に直面してきた経験を生かし、この国難を乗り越え、元気、勇気、活気を提供していく日本を作り直していこうではありませんか」
2011年4月10日に投開票を迎える東京都知事選に力強く語っていた。
しかし、その東国原氏が別の所では、こんな訴えをしていたという。
その女性A子さんは2011年2月中旬に六本木の東国原氏の友人宅で開かれた合コンで東国原氏と知り合った。 

当日は、東国原氏の友人の手配でなるべく胸の大きい女性が集められたという。
参加した女性のひとりがこう話す。
「その時の東さんは感じのとてもいい人で、女の子が料理を取り分けようとすると、自分でやるから大丈夫。女の子にそんなことまでさせられない。紳士的な対応でした。しかし、何フェチ?みたいな話になった時に、膝から下のふくらはぎが好きみたいな軽いシモネタに」
紳士的な東国原氏が開場を後にした時に豹変したという。
「東さんは女の子全員と連絡先を交換していましたね。そして彼は一番お気に入りだったA子ちゃんにその日のうちに電話して、これからホテルに来るか?と誘ったそうなんです。さすがに彼女も断りましたが」

しかし、東国原氏の彼女への猛アタックは終わらなかった。
それから毎日のように「一緒に泊まる?」「ホテルとる?」といった内容の口説きメールを何度も送られてきたという。

以下、Aさんと東国原氏のやり取りである

A子:どうなっている感じ?もし食事だけでは嫌というならそういってね。
東国原氏:出来れば食事だけじゃない方がいいけど。

A子:あたしは基本的に初回は寝ないんだけど。
東国原氏:ジンクスはやぶるものだ。

A子さんは最後まで東国原氏を受け入れることはなかった。
「驚いたのが、A子ちゃんが簡単に落ちないとわかると、他の女の子を紹介してくれってお願いしているんですよ・・・。しかも軽い女の子のほうがいいかもとかリクエストまでして」(前出の女性)
この件について、東国原氏の事務所に話しを聞いたが「折り返します」というまま、返事はなかった。
2011年4月、東京都知事選に向けてアピールをしているのに、女性問題で大火傷をしかねないようなプライベートでした。
女癖が悪いというより、女が大好きなんですね。

Sponsored Links

東国原英夫前知事の大震災チャリティーの日給のギャラは200万円

東日本大震災で各地で多数のチャリティー(復興)イベントが開催されています。
2011年の夏、問題となっているたのが電力問題。
計画停電を東京23区以外で行うことが発表され、東京周辺の都道府県の住民から、なぜ東京は計画停電しないのかと反発。
そんな中で、たくさんの電気と生活していくのに必要性のないパチンコを規制して電力を確保しろという意見が多数あるようです。
そんな中、東京都知事選に敗れ、収入が途絶えてしまった東国原英夫前知事がパチンコ屋で震災チャリティーをしたようです。
問題になっているのは、チャリティーなのに、実態は営業でギャラは200万!

「東国原前知事がパチンコ店を訪れたのは2011年5月7日です。集まったのは50~60人ぐらいだそうです」(永田町関係者)
東国原英夫前知事が訪れたのは、大阪府下などに4店舗を持つチェーンのパチンコ店。
東日本大震災のチャリティーイベントというふれこみだったが、実態は客集めの営業だったという。
「真っ当な政治家が表向きは慈善活動とはいえ、パチンコ店で営業するなんて聞いたことがありません。しかも今は、節電問題でパチンコ店は問題になっている状態ですからね」(永田町関係者) 

東京都知事選で敗れはしたが、169万票を集めた。
次の衆院選への出馬にも意欲を見せている。
さらに、東国原英夫前知事は、2011年5月21日にも群馬県伊勢崎市にあるパチンコ店でも営業をしていた。
金銭的にもかなり苦しいのだろうか?
「4月の都知事選のために、永田町にオフィスを構えましたが、スタッフの給料とか活動資金などで、準備したお金は底をついてしまったようですよ」(別の永田町関係者) 

さらに政治資金とは別にふたりの子供の養育費の支払いもあるという。
「さらに逆風となっているのは、景気の低迷です。これまで定期的にあった地方での講演依頼がかなり減ってしまいましたから」(永田町関係者)

パチンコのイベントはそんなに儲かるのか?
「パチンコ店の営業というのは、芸能人の間では、実入りがいい仕事とされているんです。1回の営業のギャラは200万を超えることもあります」(広告業界関係者)

東国原英夫前知事の事務所は、ギャラについて、
「交通費程度。お車代ですね」と回答した。
ちなみに、東国原英夫前知事の講演料は1回で70万~100万といわれている。
「東国原英夫前知事のパチンコ店の営業のギャラは日給にして200万だと聞いてます」(広告業界関係者)

政治家としてのモラルが今後問題になるかも知れない。
都知事選は敗れましたが、人気は抜群なので、衆院選にでれば当選するのではないでしょうか?

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ