元柔道金メダル・石井慧は女子大生に林明日香と2度の離婚!現在は

格闘家の石井慧(さとし)は国士舘大時代の2006年に柔道全日本選手権で19歳4カ月の史上最年少で優勝。2008年の北京五輪に出場時し、男子100キロ超級で金メダルを獲得。2008年11月にプロの総合格闘家に転向。2009年大みそかのDynamite!!吉田秀彦戦でデビューしたが判定負け。その後、米ロサンゼルスに生活拠点を移し、格闘家の修業を続けている。

石井慧

Sponsored Links

女子大生と結婚も9ヶ月で離婚

格闘家となりハワイで修行中に女子大生に一目惚れ、交際3ヶ月でスピード結婚していた石井慧でしたが離婚に。そこには若さ故の理由が・・・

「結婚直後から徐々に奥さんとうまくいかなくなり、ついに離婚したそうです。ブルーな気分を変えようと合コンをし始めたそうです。僕は寂しいと女性に話していたと聞いています」(石井の知人)
石井は、2010年1月にハワイに練習に来ていた際、当時19歳だった女子大生に一目惚れし約3ヶ月後の2010年4月8日に婚姻届けを提出するスピード結婚したが、その5ヶ月後には、テレビ番組で石井は早くも恐妻家を公言していた。

「結婚直後、彼がロスで浮気したと勘違いした奥さんが食器を壁に叩きつけたことがあったそうだ。喧嘩の際には彼の愛車にジャムの瓶を投げつけたり、クーラーのリモコンも2台壊したと話してました」(番組関係者)
そんな妻とは
「2011年に入って、正式に離婚が成立したと聞いています。」(別の知人)

石井慧

離婚の真相を都内で週刊誌が石に直撃。

記者:離婚されたというのは本当?
石井:2011年1月中旬に、離婚届けを提出しました。2010年10月ごろまでは日本で一緒に住んでいましたが、僕がこういう仕事をしていますので、ロスに住民票を移して移住していましたし、住んでいた所も違いますからね・・・。

記者:なぜ離婚したんですか?
石井:彼女は家事ができないのを一生懸命頑張ってくれました。僕は練習以外の自分の時間を大切にしたいというスタンスだったのですが、そのあたりの性格の不一致でしたね。このままずるずるいっても悪いなぁと。当人同士で話し合って円満に離婚しました。

記者:思い描いていた結婚生活とは違った?
石井:結婚したら格闘技も順調にいって、よき昭和の日本の家庭のようなものを思い描いていましたが、映画とは違いましたね・・・。砂糖とか塩とかって舐めてみないと味がわからないじゃないですか。それと一緒ですね。
結婚は浅はかでした。

若い奥さんに期待しすぎてしまったのが性格の不一致になったようです。当時19歳、家事も体調管理のための食事もきついでしょうね。

Sponsored Links

歌手の林明日香と電撃再婚!子供をもうけるもまた離婚

2013年7月に石井は歌手の林明日香と電撃再婚。林のファンだったという石井は2012年8月に知人の紹介で知り合い2013年1月から交際開始。2013年3月末にプロポーズしたという。

石井慧 林明日香

妻の林明日香は2003年1月にシングル「ake-kaze」でデビュー。2004年に日本ゴールドディスク大賞の新人賞。2006年のNHK連続テレビ小説「芋たこなんきん」では挿入歌「心のままに」を担当。ドラマにも出演して女優デビューもしている。

しかし、2015年2月には妻の林明日香が第1子となる男児を出産するも、2016年4月に二人は離婚したことが明らかになった。昨年生まれた子供の親権は林明日香が持ち、石井が養育費を負担するという。

そして、石井は2015年暮れの格闘技イベント「RIZINファイティングワールドGP」で、日本代表として出場したが1回戦KO負け。2016年現在は米国総合格闘技団体ベラトールを主戦場にしています。

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ