華原朋美は元彼氏・竹田恒泰と結婚も考えた!現在は復帰し小室哲哉が作曲

朋ちゃんの愛称で知られる歌手の華原朋美は1994年頃から遠峯ありさなどの名前で活動。1995年4月に華原朋美に改名して同年9月に小室哲哉プロデュースの「keep yourself alive」でデビュー。同年日本レコード大賞新人賞。1996年にリリースしたアルバム「LOVE BRACE」は300万枚超のセールス。趣味は乗馬で松蔭高校時に国体4位。

華原朋美

Sponsored Links

男と薬にはもう依存しない

芸能界休止に追い込まれてから5年近くが経とうとしていた。休止中の時にも、薬の過剰摂取で救急車で運ばれたり、交際していたカレにDVをされたことを告白したり話題になりました。華原は重度の依存症だったようで、中々、薬と男を断ち切ることができませんでしたが、ついに断ち切ったという。

「ちょっと、すっきりしたと思いませんか? 以前にお話をした時よりも3キロ痩せたんですよ」と笑顔で話す華原朋美。
2007年9月から芸能界を休業状態にあった華原を週刊誌が取材をしたのは、2012年7月のこと。
その時は、禁煙をきっかけに8キロ太ってしまったことを告白していた。

それから約2ヶ月、2012年8月17日に38歳の誕生日を迎えたばかりの華原に、ダイエットの経過を聞くと話を聞けたという。
この日、自宅マンションから現れた華原は、2匹の愛犬をカートに乗せて、車で外出するところだった。

記者が声をかけると、
「誕生日は、父が仕事で滞在しているフィリピンへ家族で出かけました。38歳って世間から見ればしっかりした大人の女性の年齢ですよね。以前の私に比べたら少しは自覚が出てきたのかな・・・。前回いったように、ダイエットはしています。岩盤浴を30分、ジムワーク50分、さらにマッサージをしています。調子は凄くいいです」
以前と比べても少しすっきりしている。

「やっと、普通の人間に戻れたような気がします。私って、男ができるとダメになるタイプなんです(笑)」
新しい恋はしていないのだろうか?
「恋愛はしばらく封印ですね。いろいろありましたから・・・。家族や友達はみんな、いま私に彼氏がいないことを心配しています。寂しい時もありますが、男とか薬とか、私には依存しちゃった苦い経験のダメージがまだ残っています。ですので、いまはその根本から断ち切っている所なんです」

2010年に、華原は当時交際をしていた男性からDVが原因で、睡眠薬や精神安定剤などを過剰摂取し、救急搬送されている。
恋愛の不安を解消するために、薬に依存していた。
そんな彼女が男を断つ決意をした。

「一度惚れちゃうと、自分の置かれている立場も忘れてそこしか見えなくなる。恋愛と仕事は別と頭の中でわかっているのに、仕事に影響がでたりするのが悪い癖です。ですから、今は恋愛に全く興味がありません」

そんな彼女は、いま目標にしていることがあるという。
「ヨガのインストラクターになることです。自分の体を磨きながら資格を取れるなんて素敵ですよね。体は硬い方ですけど(笑)。あと、体重は5キロ減らします」
大人の女性として自覚を持ちだした華原が芸能界復帰する日は、そう遠くない状況だった。

華原朋美

華原朋美が小室哲哉への思いを語る

小室哲哉にプロデュースされ歌手として大成功をした華原朋美。さらに、ふたりは親密な関係になり交際をすることになりましたが、華原の度重なる浮気が原因で破局。このことにより華原は精神が不安定になり、長く精神的に苦しむ日々が続きました。

新しい彼氏にはDVを受けたり、薬の多量摂取で救急搬送されたり、仕事もぶっちするようになり、ついに解雇を受ける。そして5年間の芸能活動休業をしようやく復活。そんな華原がこれまでのことなどを語っています。

不祥事が続き2007年6月に所属事務所を解雇されすでに5年半が経過していたが、ようやく復帰することが決まっていた華原朋美。
週刊誌が華原を直撃。

華原:テレビにカムバックですか?う~ん、それについては私の口からはまだ言えません。

記者:前回と比べてずいぶん痩せて、スッキリした印象になりましたね。
華原:いえいえ、まだまだ、でも体調はこの前お話した時より、だいぶ良くなりました。気持ち的にも前向きになってきていると思います。

記者:前向きになれたきっかけは?
華原:う~ん、それはですね。ずっと、歌は変わらずに歌い続けていきたかったんです、それだけをいままで夢見てきて。自身が起こした騒動が、あまりにもひどすぎるし、大きすぎたので。自分を責めたりしてくじけそうになる時もたくさんありました。それでも家族がサポートしてくれたのでがんばれました。

華原は1999年にガス中毒での入院騒ぎを起こしてから、ひっきりなしにトラブルが報じられてきた。
1999年に事務所を移籍した当初から睡眠薬などの薬物依存は深刻で2007年に解雇される直前も、無断で仕事を休んだりした。
本人はこういう過去を悔やんでも悔やみきれず、心から反省する日々だったのだろう。

記者:以前、小室さんの歌で再デビューしたい、そうおっしゃっていましたが、その思いはいまも変わりませんか。
華原:いえ、あの方のことに関しては、私がいま口に出して言ってはいけないというか、失礼にあたると思うので・・・。連絡ですか?とってるわけありませんよ(笑)

記者:ボイスとレニーニングの成果を生かして、新曲はどんな曲を歌いたい?
華原:新曲だなんて。私には、まだまだ考えれない話ですね。

2012年11月現在、まだレコード会社との契約はなかった。
新曲は早くても2013年以降になりそうだった。

今後の豊富については、
「一つはボイストレーニングに通い続けること。もう一つはジムで体を動かすこと。私は太ったり痩せたりが極端なので・・・。体重を保てるように頑張りたいです。タバコをやめて、体を動かしているおかげで昔の歌声が戻ったんですよ」
復帰を前に録音された華原の歌声を聞いた関係者は、当時と全く同じキーだと驚いたそうだ。

Sponsored Links

華原朋美の復帰後の感想と今後の目標

2012年12月に2007年以来の歌手復帰をした華原朋美。心配されていた歌唱力は全盛期とかわらないほどと絶賛でした。そんな彼女の当時の心境や今後の目標などを語っています。

「みなさんが受け入れて下さったことがうれしくて・・・。感動して泣いてしまい申し訳なかったです」
2012年12月24日に7年半ぶりとなるライブ出演をはたし感動の涙を流した。

復帰のステージの反響は思っているより凄かった。
彼女は満面の笑みを浮かべ話し出した。
「びっくりするくらいたくさんのお手紙をいただいたんです。どうやったらもう一度昔みたいに明るく元気になれるんですか?とか、私も朋ちゃんみたいにこれからは頑張れる気がするって。そういう言葉から渡しの方が勇気をもらえました」

復帰をするにあたって、ずっと支えてくれたのは家族だった。
「家族には本当にこれまで迷惑をかけっぱなしだった。長年心を病んできたので、まずは体から治していこうねと、毎回誰かがそう言い出してくれて。こんな私でも見捨てずに、ずっと励ましてくれたことが支えになりました」
彼女の復帰には家族全員が喜んだそうです。

ステージの裏ではこんな交流も。
「FNSで久しぶりに会った相川七瀬ちゃんが、彼女の方から声をかけてくれて、なによ、すごい声出てたじゃんって」
「深田恭子ちゃんに会えたのも嬉しかったですね!彼女、痩せてたなぁって思いました」
深田は華原を憧れて芸能界を目指したという華原の大のファンだそうだ。

今の目標は、
「ボイトレやジム通いを継続して、春先には新曲を出したいです。それに・・・私ももう少し痩せたい。後5キロ減らすのが目的ですね」
最後に真剣な面持ちで決意を語った。
「私にとって2013年は勝負の年。この1年踏ん張れるかどうかで、これからの人生が決まると思うんです」
事務所の社長からも、これが最後のチャンスだと言われているそうです。

華原朋美

華原朋美を支えていた新しい彼氏は明治天皇の玄孫・竹田恒泰氏

2012年12月に歌手として復帰した華原朋美。そんな華原を支えていたのは、新しい彼氏だったと2013年11月、自らインタビューで告白しています。その彼氏は、テレビなどでもたびたび見かけることがある明治天皇の玄孫で慶應義塾大学の講師・竹田恒泰氏だったことが分かった。

「2013年11月、再デビュー(復帰)してから初めてのコンサートがあるんです。2日間を予定していたんですが、嬉しいことに完売になり、25日の追加公演も決まったんですよ」
2012年12月にFNS歌謡祭で復帰した華原朋美は、着実に歌手の道を歩んでいた。

復帰してから10ヶ月が過ぎたが、当時の心境を語ってくれた。
「今はすごく幸せですよ。忙しいとか、仕事が詰まっていて大変とかいうのが嬉しく思える1年でした。お給料が自分の口座に振り込まれ、通帳にお金が入っているということが、すごく嬉しかったです。私は社会人として認められたんだっていう感覚でした。そのお金を卸して購入したお肉のおいしさは忘れられません! でも一番嬉しかったことは、ファンの皆さんが私の復帰を受け入れてくれたことです。薬物依存って、一生抱えていかなければいけないんです。ファン、社長、スタッフの方が受け入れてくれたので、私はここにいることができるんです」

心の奥では今でも薬物との闘いが続いているという。
「薬の恐怖は今もあって、私自身、気が気じゃないです。また繰り返してしまうことが一番恐ろしいので。風邪薬さえ気軽に飲めないんです」

週刊誌がはどうしても聞きたいことがあったという。
掴んだ情報では、2013年夏頃から新恋人・竹田恒泰氏と交際を始めていたということだ。

竹田恒泰

記者:竹田氏と交際をしていますよね?出会いから聞かせてもらえませんか?
「2013年の7月にダウンタウンDXに出演し共演したことがきっかけです。収録日にたまたま隣にいたのが竹田くんでした」

「それまでは全然カレのことを知りませんでした。カレの方から積極的に話をしてきてくれて、番組が終わると名刺と本を持って楽屋を訪れてくれたんです」
そこで連絡先を交換し、華原のLINE上でのハンドルネームが「一蘭大好き」の一蘭がラーメン店と知っていた竹田氏は、「一蘭、僕も大好きですよ。ラーメンでも一緒に食べに行きますか」とデートに進展。
「後日、待ち合わせをすると、私の誕生日が近いからって、サプライズでお誕生日の祝いをしてくれたんです。プレゼントまでいただいて」

記者:何を貰ったんですか?
「昭和天童がご愛用されたブランド・銀座タニザワのバッグでした。誕生日ケーキも用意してもらって、上機嫌でラーメン屋を食べて、じゃあねって別れたんですけど、そこから連絡をいっぱいもらって・・・」

2013年8月17日には、レコード会社や事務所のスタッフなど、親しい人を呼んで、ディズニーランドで彼女の誕生日パーティーを開いた。
そこにも竹田氏が来たそうです。
それからドライブデートなども重ねていったそうです。

そんなデートを4~5回重ねたある日のこと。
「カレから呼び出されていったら、僕は明ちゃんが大好きで仕方ないんです。だから付き合って下さいって言われて。いやぁ、珍しい人だなぁって(笑)。過去はどうでもいいみたいで、他の人は、私をやっぱり魔物的な存在に思うのかなって感じていたんですけど、カレは違いました。私が今までみたこともない新種の男性でした。私のCDも全部持っていて、昔からファンだったようです」

竹田氏から告白された華原は、すぐに事務所のマネージャーに相談し、カレの秘書にも入って貰って、全員で食事会を開くことになった。
「それが9月26日です。カレは育ちもよく、お父さんも素晴らしい方で、私と同じ馬術の障害飛越という競技をされていてオリンピックにもでています。普通は乗馬の話なんてできないわけですよ。だから楽しかったんですけど、やっぱりカレとは価値観が違いすぎるから、お付き合いは無理ですって断りました」

しかし、竹田氏は諦めなかった。
「もう一度チャンスを下さいって何度も何度も。私も素を見せて、マジしつこい!なんて言ってみたりしたんですけど、めげないんですよ。そのうち、この人は死ぬまで支えてくれるんじゃないかみたいな思いに駆られて・・・。だから、もう少しゆっくり貴方のことを見ていきたいから。待っててねなんて言いました・・・」

竹田氏の押しに負けたようです。これまでとは違った男性との恋は上手くいきそう?

華原朋美

華原朋美の7年ぶりのライブに竹田恒泰氏が客として入場

竹田恒泰氏は華原朋美に告白をして断られていたというが、嫌だというような断り方ではなく、脈有りの断り方をしています。交際まであと一歩のところまできている竹田恒泰氏は、7年ぶりに開催された華原朋美のライブもお客として参加したそうです。そのライブ会場で、華原朋美から嬉しい言葉をかけてもらったようです。

「今日、紅白歌合戦の出場発表がありました。力不足で申し訳ありません。今回は落選しました」
2013年11月25日、東京・渋谷のNHKホールで7年ぶりにソロライブを行った華原朋美。会場には3500人が入場していた。

この日は、華原朋美との恋の行方が注目されている竹田恒泰氏も来ていた。
そして、華原は竹田氏の前でこんなビッグニュースを発表した。
「FNS歌謡祭で、今度は小室哲哉さんと一緒にステージで歌わせていただくことが決まりました」
この時、会場は一瞬、微妙な空気が流れた。

小室は華原の元カレだ。華原の長期休養の原因は精神的な問題だったが、その要因となっていたのは小室との破局だった。

会場の空気を感じた華原はさらにこう続けた。
「みなさん、今変な心配してませんか?全然大丈夫です。ちょうど1年前に復活させていただいた番組で小室さんと一緒にステージに立てるなんて、こんなありがたいことはないと思っています!」
この吹っ切れた明るさに客席も和んだ。

すると、今度は竹田氏に話しをしだした。
「今日は竹田くんが見に来てくれているんですよね。本当に今はまだ付き合っていません。でも、私にとってすごく大事な方。支えてくれてますし、私のことも理解してくださって。だから、彼氏になってほしいなと思ったら、彼氏になってと言おうと思っています。でも、今のところはないです。ごめんなさい」

ライブ終了後に竹田氏を週刊誌が直撃。
「彼女のコンサートを見るのは今日が初めて。ステージからいきなりあんな話をされてびっくりです。始まる前に楽屋で頑張ってねと伝えて、終わった後も挨拶をしました。紅白落選は残念でしたが、さっきも2人で紅白に出場する新しい目標ができて良かったねと話をしていました」

クリスマスの予定は、華原朋美からの連絡待ちだったそうです。今もLINEで連絡を取り合ってるとのこと。竹田氏は終始嬉しそうだったようです。しかし、ここまで引っ張っていて振ると言うことはないですよね?

竹田恒泰

小室哲哉と共演が叶った華原朋美の心境と舞台裏

小室哲哉と華原朋美は、1998年に2人は交際をしていました。華原朋美の浮気が原因で別れ、それから華原朋美は精神が不安定な状態になり、立ち直るまで15年もかかりました。そして、またいつか共演をしたいと願い続けた結果、2013年12月4日のFNS歌謡祭で共演することに。小室哲哉が華原朋美と共演を避けてきたのは、妻・KEIKOのこともあったのでしょう。

「lonely くじけそうな姿 窓にうつしてあてもなく歩いた
ひとしれず ため息つく I’m proud こわれそうでくずれそな情熱を つなぎとめる何か いつも探し続けていた」
元恋人同士の2人が選んだ曲は、小室が華原のために創った名曲「I’m proud」だった。

「華原さんは2012年の復帰の時に、小室さんと共演したいという思いがあったんですよ。小室さんもそのことを耳にし、彼女の力になれればとすぐにOKを出したい気持ちだったそうです。しかし悩んだ末の答えはNOでした。2人の間には、あまりにも多くのことがありましたからね」(レコード会社関係者)

華原と小室の出会いは、遠峯ありさの芸名で深夜バラエティー番組やグラドルとして売れない日々が続いた1995年の20歳の頃だった。
小室が奇跡の歌声と彼女を見出し、1995年6月に交際も発覚。
小室の見る目は的中し、「keep yourself alive」でデビューしオリコン8位になり、2作目の「I BELIEVE」がオリコン4位になり、同曲で年末の新人賞を総なめにした。

小室にプロデュースされてからの華原は売れに売れて絶好調だった。
しかし、1998年頃に2人は破局をする。
仕事が大和って帰るのは何も物がない家。大きすぎて、広すぎる家。独りなんだという恐怖感から、何も食べられない日々が続く。体重は36キロまで落ちた。そこからはもう堕ちる一方だった。
その後、新しい彼氏がいたこともあったが、DVをされるなどし、恋も仕事も上手くいかなくなる。
そんな不安定な心を埋めようと精神安定剤に手を出し精神が崩壊していく。
薬の過剰摂取で倒れ救急車でも運ばれた。
結局、芸能活動は休止と復帰を繰り返すことに。

「私ね、あの場面少なくとも10回以上は見た。何回でも、何回でも見ちゃうの」
テレビ局スタッフとの食事会で、寂しげな表情の華原がそんな話しをしていたのは07年5月頃のことだという。
華原がいうあの場面とは、07年1月に放送された細木数子の特番でゲスト出演した小室と妻・KEIKOがI’m proudを熱唱したシーンだった。

このことが華原にとって大きなダメージになったそうです。
自分だけの特等席だったのを失った悲しみと悔しさでいっぱいだったそうです。
華原は仕事のドタキャンなどが続き20、07年6月に所属事務所から契約解除を通告された。
治療に専念をし、精神病院の閉鎖病棟に入院。

華原がここまで回復して立ち直ったのは、もう一度歌いたいという夢のだめだった。
2012年FNS歌謡祭で復帰をし、小室との再会を願ったが叶わなかった。
「華原さんとの間に起こった出来事を思えば、小室さんは簡単には引き受けられなかったということもありますが、一番はKEIKOさんのことを気遣ったんだと思いますよ」(音楽関係者)

2011年10月にKEIKOはくも膜下出血で倒れて以来、公の場に姿を見せていない。
しかし、小室の看病もあり、KEIKOは奇跡的な回復をし、2013年5月には、小室とデートをし、杖もつかずに自分の力で歩いている姿が掲載された。
今なら、KEIKOの体調も安定してるし、余計な心配もかけることもない。
華原の復帰にも華を添えられるという意味で共演を快諾したそうです。

小室哲哉

竹田恒泰氏との将来を真剣に考えています

華原朋美の闘病生活を支えてきた明治天皇の玄孫・竹田恒泰氏。竹田氏は何度もデートに誘い、何度も告白をしていますが、華原朋美は中々OKという返事はだしませんでした。しかし、マスコミや公の場では、「竹田くんのことは好きです」と言っています。竹田氏と交際をすることを決断できなかった理由は、まだ小室哲哉とのことを想っていたからなのでしょうか?

以前のインタビューで。「子供はどうしても欲しい。年齢的なことを考えれば41歳ぐらいには産んでおきたい」と将来の夢を語っていた華原朋美。

2013年12月には、FNS歌謡祭で、芸能界の友達と久しぶりに再会し、数日後、都内のレストランでみんなで食事をしたそうだ。

「みんなもうママになっているので、昼間に集まりました。最近あったことや、年齢を重ねてのぶっちゃけトークをしました。昭和天皇のバッグっていつ使うの?とか、竹田くんと結婚して子供ができると、子供はどういう立場になるの?とかみんな興味津々でした。真剣に相談に乗ってくれました」

竹田氏のことを復活を支えてくれる人と話していた華原だが、その気持ちは今はどうなっているのだろうか?
「すごく気になる存在ではあります。そして、彼のことは好きです。でも彼の家庭のことを考えると、大きな家に生まれていらっしゃるし、私には務まらないかなって・・・自信がないんです」

15年ぶりに共演した小室哲哉のことも話してくれた。
「小室さんで出会って始まって。そして別れがあって、孤独があって、病気があってみたいなね。今考えてみれば本当にたくさんのことがありました。でもそれも、すべてあそこでああして謝り、握手をさせていただいたことで、そのすべてが吹っ切れた気がしたんですよ」

でも、やっぱり小室にはまだ依存してるのでしょうか?
こんなことも話しています。
「FNSの本番直後に、これまでのことに区切りをつけて・・・。新たに何かを発信したい。やっぱり、それは歌。ゆくゆくは小室さんに曲を書いていただけたらいいなと思って、それをお願いしているんです」
小室の返事が気になりますが、進展はなかったようです。

今後は、紅白を目指して頑張って、恋愛では結婚をして家庭を持ちたいそうです。

華原朋美

華原朋美と竹田恒泰氏の関係が完全に終わる

2人は結婚を考えて交際をしているとも報じられ、実際は竹田氏の片想いで華原朋美に猛アタックしている段階でした。しかし、華原朋美は竹田氏のことを大事な人と発言し、お互い両思いでした。華原朋美が竹田氏との気持ちに中々返事ができなかった理由は、竹田氏が明治天皇の玄孫だったためでした。

交際することは間違いないと思われていた2人ですが、華原朋美は竹田氏を完全に振ったそうです。振った理由は、竹田氏が五輪に出場する選手に対して、「メダルは噛むな」などと上から目線で発言したことだったようです。

竹田氏の発言には賛否両論がありましたが、メダルを噛むという行為は下品としてみられてもしょうがないと思います。竹田氏はこれ以外にも、日本代表のオリンピック選手達に上から目線でいろいろ発言し、このことが華原朋美は許せなかったそうです。

「はじめからないです」
2014年3月7日、華原朋美が竹田氏との恋人未満だった関係が終わったことを明かした。

2人は2013年11月に華原からインタビューで竹田氏との関係を告白している。
2013年7月にバラエティー番組で共演し、収録後に華原の楽屋を訪ねた竹田氏がデートに誘った。
「初デートはラーメン屋で、竹田氏は華原の誕生日プレゼントで高級バッグを贈った。その後、竹田氏が交際を申し込むも、華原はもう少し、ゆっくりあなたのことを見たいから、待っててと態度を保留していた」(ワイドショー関係者)

それから、2人の関係がメディアから注目されることになる。
「竹田氏は直撃取材にペラペラしゃべってくれるし、華原もステージでわざわざ、今日は竹田君が来ていると話すなど、明らかにネタになることを意識していました」(同上)

以後半年、2人の不思議な関係が続く中で、竹田氏がツイッターで世間の批判を買うことになる。
「五輪に出場する選手に対して竹田氏は、メダルは噛むな!君が代は聴くのではなく歌えとか、試合に負けた時に、思い出になったとか、楽しかったなどはあり得ない。日本は国費を使って選手を送り出している。選手の思い出作りのために出しているわけではありません。と上から目線で発言したことで炎上しました」(キー局ディレクター)

この発言で一番怒ったのが華原だったという。
「華原は高校時代に乗馬で国体に出場したスポーツ経験者なので、竹田氏の発言が許せなかったのです。華原が竹田氏に怒っても、聞く耳を持たなかったそうです。結局、華原はバレンタインにチョコを渡す際に、竹田君とは考え方が合わないとハッキリ伝えたそうです」(キー局ディレクター)

ある芸能プロ関係者は、初めから華原朋美は計算をしての竹田氏を利用していたと話す。
「華原は薬物依存で長期休業していたので、竹田氏との話題はイメージアップになりました。華原が竹田氏との関係を明かした時期は、7年ぶりの単独ライブ直前でしたし、今回の発言は2014年3月12日にアルバムが発売されるタイミングです。華原にとって竹田氏との関係は最初から最後まで話題作りだったのでしょう」

竹田氏は華原のイメージアップにまんまと使われてしまったようです・・・。

その後、2015年4月に竹田氏は一般女性との結婚。華原は2015年5月に華原が作詞、小室哲哉が作曲した「はじまりのうたが聴こえる」をリリース。同年6月にはベストアルバム「ALL TIME SINGLES BEST」、「ALL TIME SELECTION BEST」をりりーすしています。

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ