ケンドーコバヤシはグラビアアイドルと熱愛も彼女や結婚は

お笑いタレントのケンドーコバヤシは漫才コンビ松口VS小林、モストデンジャラスのコンビを経てピン芸人に。読売テレビ「にけつッ!!」 やテレビ朝日系「アメトーーク」などバラエティ番組で活躍しています。

ケンドーコバヤシ

Sponsored Links

ケンドーコバヤシと青島あきなが真剣交際

「ちょっとウンコがしたいので・・・」週刊誌記者の質問をさえぎって、いきなり下ネタを炸裂させたのは、お笑いタレントのケンコバことケンドーコバヤシ。
この夜のケンコバは、正直ちょっと様子がおかしかった(笑)
自宅マンションに戻ってきた彼に、記者が名刺を差し出す。
すると突然、ケンコバはけげんそうな表情を見せ、自分の鼻の穴に右手を人差し指を突っ込んで、ほじりだした。
さらに、冒頭のような迷言を吐き、記者を置いてそそくさと歩きだす。
どうして彼はこんな不思議な行動にでたのか?

2008年11月のとある夜、東京西麻布の沖縄料理店から出てきたのは、ケンコバとスーツを着た大柄な男性。
続いて一人の美女が現れた。
黒のスタジャンにミニスカ姿、レギンスをはいた美脚の彼女は、ケンコバの後ろにそっと回り、二人連れと立って大通りに向かった。
だが、歩くうちに、ケンコバと美女の距離が急接近。
いつしか手が触れんばかりの恋人の距離にまで近づいていた。
そんな2人に気を利かせたのか、連れの男性がタクシーを停め、ケンコバ達に乗るように催促する。
と、恐縮したように、腰を90度に折って最敬礼するケンコバ。
このあたりが、バラエティー番組で「女性芸能人が選ぶ、抱かれたい芸能人ランキング1位」に輝くゆえんなのだろう。
10分後、ケンコバと美女を乗せたタクシーは、彼の自宅マンション近くで停車。
二人はマンションに向かって歩いていく、だが、彼は美女と一言、二言、言葉を交わし、クルリと踵(きびす)を返して、今きた道を戻り始めた。
残念、ここでお別れか?と思われた瞬間、美女はなんと、ケンコバのマンション内の表玄関へ。一方のケンコバは、マンションの裏口へと向かっていったのだった。

Sponsored Links

マンションの前に来ての別行動は恐らく、一緒に建物に入るのを見られたくない、というケンコバの配慮。
彼女は彼にとって大切な人であるらしい。
気になる女性の正体は、グラビアアイドルの青島あきな。
宮崎県出身の彼女は、東国原英夫知事から宮崎県PR大使に任命され、地元の特産品「宮崎マンゴー」で作った特製水着を着用して話題になった。
ケンコバと青島の接点はいったいどこにあったのか?
「ケンコバさんは2007年の夏、自身が司会を務めるお笑いイベントに出演した青島を脚が素晴らしいと絶賛。2008年4月からは同じラジオ番組に出演していたのですが、共演者の宮川大輔とともに、どっちが青島に告るかと番組内で言い争ってました」(芸能プロ関係者)
そういえば、テレビ番組で彼は「最近、彼女ができた」と公言していたっけ。
これは絶対青島あきなのことに違いない!とケンコバを週刊誌が直撃取材。
ケンコバに迫ると、「いえ、交際はしてないです」
いつものバリトンボイスはちょっと違うボソボソとした声で返す。

記者:テレビで彼女が出来たと公言していましたが。
ケンコバ:いや、それは前の彼女のことです。
記者:では、青島さんとはごく最近?
ケンコバ:ええ、まぁ・・・
記者:すると交際は1ヵ月ぐらい?
ケンコバ:う~ん、そのくらいかな
と、やっと交際の事実を認めたケンコバ。
ところで、彼は雑誌のインタビューやテレビ番組で「女の肉体は好きだけど、女は好きになれない」と話している。
一体、青島のどこに惚れたんだろうか。
記者:女体にしか興味ないそうですが、青島さんに対してもそうなんですか?
ケンコバ:もちろん、すべての女性に対してそうです(きっぱり)
記者:青島さんに対してもそうなんですか?
ケンコバ:・・・・
このツッコミにウッと詰まったケンコバは、無言のままマンションへ消えていくのだった。

沈黙を守るケンコバに代わり、青島の所属する事務所の関係者が二人の交際について答えてくれた。
「仕事の相談をするうちに親しくなり、ケンコバさんの自宅で何度か遊んだりしているそうです。お酒を一緒に飲んだり、ゲームを楽しんでいると聞いてます。ケンコバさんは青島のマジメところを好きになったみたいで、真剣に告白をしたそうですよ。まだYESと返事はしてないハズですが・・・」
青島はケンコバが不在時に、彼の部屋のベランダに立ち、洗濯物を干していた。
また、マンションの駐車場には、ケンコバ乗っているバイクの隣に、青島がブログで公開しているものと同型の自転車が置かれていた。
彼女が事実上のYESを、ケンコバに告げている可能性は高かった

しかし最終的に、本人も事務所も友達関係で付き合ってはいないと否定。青島あきなは2013年3月末で所属事務所を退社し、グラビアアイドルとしての活動をを卒業。芸名を本名の大田明奈に戻して活動しています。

一方、ケンドーコバヤシは2013年に1カ月だけ交際した女性がいたが、その女性からふられたという。ケンコバは結婚を考えていたそうです。

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ