小林麻央の海老蔵事件に姑問題や子供出産まで!現在乳がんに

女性キャスターの小林麻央は日本テレビ系「恋のから騒ぎ」に元TBSアナの姉・小林麻耶と出演し人気に。セント・フォースに所属し、2003年10月からフジテレビ系「めざましどようび」のお天気キャスターに。2006年10月から日本テレビ系「NEWS ZERO」のサブキャスターに。2010年3月に歌舞伎俳優の市川海老蔵と結婚。2011年7月に長女の麗禾ちゃん、2013年3月に長男の勸玄くんを出産。2016年6月に乳がんを患っていることが分かっています。

小林麻央

Sponsored Links

市川海老蔵の借金20億と養育費は月に100万円

2009年12月24日に結納がされましたが、小林麻央は知らないであろう秘密がいくつか市川家側にはあったようです。

2009年11月21日に交際宣言がされてから、スピード結婚への準備は着々と進んでいた。
しかし、いろいろな問題もたくさんあったようです。
「海老蔵さんの祖母で、成田屋を支えてきた大女将も、物腰の柔らかい、いいお嬢さんねと、人柄には納得していた様子でしたが、親しい後援者には、できれば、もう少しお家柄のいい方の方が・・・と、本音をこぼしていたそうです」(梨園関係者)
祖母が心配していたのには、それなりの理由があった。 

「梨園の妻は、それなりの絶対条件があります。例えば着付け。自分ことはもちろん、他人にも着させることができないといけない。さらに着物の種類やブランドなどの知識も必要。そういった意味でも、幼いことからしつけがゆきとどいているような、和装に慣れ親しんでいるような良家(出身)の方がいいと、大女将もはなされたのでしょう」(別の梨園関係者) 

スピード結婚を反対する声もある中で、一方では賛成する声もあった。
「エビ総さんの一部のタニマチ筋は、まっさきに麻央さんに関する調査を行ったとか。歌舞伎界を仕切る松竹側にしても、麻央さんの父親が大手信託銀行に勤めていることで、結婚に大賛成の流れになったようですよ。やっぱり市川家が背負う借金問題と結婚は、切り離して考えれませんし、銀行の方なら何か手助けになるんじゃないかという打算が・・・」

1990年に不動産事業を営んでいた義父の保証人だった市川團十郎は、約20億円の借金を背負った。
早20年が過ぎようとしていた2009年、返済は出来ていなかったという。
「松竹に対して、1回の公演収入の20%を支払ってきたそうですが、それでもまだ5億円ほど残っているそうです。3億円ともいわれる襲名披露などもあり、借金を減らすのは大変なようです。團十郎さんは、返済はもうすぐ終わるといってますが、白血病を患い、翌年に再発してからは、海老蔵さん頼みになっています」(成田屋関係者) 

海老蔵には借金以外にも多額な支出がある。
「彼には隠し子がいます。2009年当時、年に数回は子供にあっています。養育費は月100万円以上と聞いています。これが成人になるまで続きますから」(成田屋関係者)
このふたつの借金問題・・・麻央の耳には痛い話となりそうだった。

市川海老蔵

小林麻央が花嫁修業中で料理教室に通う

市川海老蔵と婚約が決まった小林麻央が花嫁修行中だった。余程、市川海老蔵のことが好きみたいで、おいしい料理を作るために料理教室まで通う熱の入れようだったようです。

西山喜久恵アナ、大石恵、渡辺満里奈らが結婚間際に駆け込んだ東京・青山にある人気料理教室。
2010年1月、ここに通っていたのが市川海老蔵と当時婚約中だった小林麻央。
「女友達とふたりで、2009年の春頃から通っているみたい。ちょうど海老蔵さんと交際をスタートさせる前後ですよ。海老蔵さんのために頑張っているみたいですよ」(テレビ局関係者) 

テレビの対談で麻央の料理の腕前を聞かれた海老蔵は「健気でぼく、その話聞いた瞬間泣いたんですけど、実は」と前置きし、こんなエピソードを明かした。
「月曜日の朝、会いたいと電話したら、会えないと。後で聞くと、実はその時から毎週月曜日、料理教室に通ってますと、オレ泣いちゃって思わず。うわ~なんだろう、これ・・・ありがたいなぁ~」
海老蔵のために麻央が料理教室に通っていることに深く感激したというのだ。 

「2ヶ月で6回の授業があり、包丁研ぎから魚のおろし方をマスターし、野菜の切り方、煮る、焼く、揚げるなどを学びます。料理も筑前煮、ポテトサラダ、厚焼き卵と家庭的なもの。本当の基本から教えてくれるので、どんな初心者でも料理を覚えれます。婚活中の人に人気があるコースです」(料理教室関係者)
麻央は、この初心者コースをすでに卒業し、最近では中級者コースに進み、こちらも卒業している。
ちなみに麻央が通っている1コース6回の料理教室の料金は12万円だそうだ。
ここまで愛されていたらさすがの海老蔵も浮気はしない?

Sponsored Links

姉・小林麻耶に怒られる!麻央の結婚は周囲から反対されていた

2010年11月25日早朝、海老蔵が顔に怪我をして帰宅。その時に、パニックになり警察に電話をした麻央。飲食中にトラブルになり殴られたという。世間では常識的な行動でも歌舞伎界では批判された行動だったようで、本人も落ち込んでいたという。

そして、これをきっかけに実家に帰りたいといった麻央を周囲がひきとめて、なんとか離婚を止めることができたようですが、小林家は海老蔵との結婚を歓迎していなかったようです。姉と一緒に風呂を入るぐらい仲良しだった麻央が、姉にもかなりきつく怒られたと報じられました。

「海老蔵さんの緊急会見の会場で、麻央さんは立ったまま、ずっと夫の声を聞いていました。彼女の位置からは海老蔵さんの姿は見えませんでしたが、彼女は時折、ハンカチから目をしらに当てているようでした」(ホテル関係者)
夫の緊急会見の翌日、麻央はアンビリバボーの収録を前に、報道陣に頭を下げた。
顔は痩せ、看病疲れが表情に出ていた。 

「収録の時も、麻央さんは出演者やスタッフに、ご迷惑をおかけしてすいませんと謝ってばかりでした。レギュラー陣や草なぎさんや竹内結子さんらがゲスト出演者も気を使って、海老蔵さんのことには触れないようにしていましたね」(番組関係者)
一部の報道では梨園の妻失格とまで書かれた麻央。
これまで彼女の相談役になっていたのが姉の麻耶だったが・・・
「精神的に限界の麻央さんは退院前に麻耶さんに電話で助けを求めたようです。孝俊さんは大丈夫かな?彼が本当に悪くないのかわからないって。だって彼もてをだしたんじゃないかって言われているし。信じてはいるんだけど、このまま歌舞伎の仕事やCMの仕事ができなくなったらどうしようと涙ながらに訴えていたそうですよ」(ふたりの知人) 

妹の弱音を聞いた麻耶は、怒ったという。
「あなたもっと自分の心配をしなさい。もともと周囲は反対していたでしょ。だから言ったじゃない!でも麻央が自分で決めた道なんだからしっかりしなさい!」
結婚報道がでた時に、これからの苦労を考えて、家族は結婚をとめたという。
最後は麻央が選んだ人だからということで了承したという。
夫との間だけでなく、この事件は麻耶との間にもひびをいれてしまった。

小林麻耶

小林麻央が激やつれ!理由は男の子の産み分け

歌舞伎界に嫁いだら、跡取りのために男の子を絶対に産まないといけない。小林麻央は市川海老蔵と結婚し、出産をしましたが女の子でした。そして2人目を作るために産み分け法を勉強していたようです。

「麻央さんは赤ちゃんと一緒に年末に大阪に入り、元旦は家族で一緒に過ごしてましたよ」(歌舞伎関係者)
2012年1月2日に大阪で歌舞伎公演の初日を迎えた市川海老蔵のために麻央がかけつけていた。
しかし、麻央はすぐに出産したばかりの娘・麗禾(れいか)ちゃんと帰京した。 

実母が毎日のように麻央のところに通っているという。
「麻央さんのお母さんをよく見かけますよ。天気のいい日は、お孫さんを抱いて近くの公園を散歩したりしてますね」(近所の主婦)
2012年1月中旬の昼過ぎ、海老蔵宅にタクシーが止まり母が降りてきた。
さらに10分後、麻央と赤ちゃんと母がタクシーに乗りどこへと出掛けていった。
出産直後は、麻央はふっくらとしていたが、この日は、かなりやつれていた。
「彼女は海老蔵夫人として、大きなプレッシャーにさらされているんです。それは成田屋の後継者問題です。後援会の関係者から次は男の子を期待していますと声をかけられるたびに、身のすくむ思いをしているみたいです」(歌舞伎関係者) 

梨園に嫁いだ者の宿命だ。
麻央は男の子を産むために涙ぐましい努力を続けているという。
「これまでも男の子を産んだ経験のある友人たちに話を聞いたりしていましたが、最近では男女産み分け法を産院に相談にも行ってるようです」(城下レポーター)
重圧を感じている麻央をほっておけないということで、母が毎日のように様子を見に来ている。
母のサポートを受けながら麻央は次は男の子を産むことができる?
男の子を産めるまでは気が休まることはないようだ。

小林麻央 

小林麻央が結婚指輪を外した

2011年2月、海老蔵事件でかなりのショックを受けていた小林麻央。海老蔵は自分には非がないことを一生懸命訴えていたようですが、麻央はそれをも疑い始めていたという。好きな人だから信じたい、だから真実を話して欲しいと願う麻央だった。

「海老蔵さんは、裁判が始まることを本当に嫌がっていたといいます。海老蔵さんは暗くなっていたと麻央さんも心配しているそうです」(夫婦の知人)
2010年11月に伊藤リオンから大怪我を負わされた事件。
示談は成立していた。

しかし、被告が刑事告訴された結果、元リーダーは法廷で証言を開始。
海老蔵にとって、世間に知られたくない事件の詳細が公の席で明かされた。
「これまで、海老蔵は事件の当日に初めて暴走族グループと会ったと主張していたが、元リーダーは3年前に紹介され、事件当日もお久しぶりですと挨拶したと証言。さらに海老蔵さんが自分の鼻の下あたりをめがけて何度も頭突きをしてきた。鼻血がでました」と衝撃内容まで飛び出した。
「公判では海老蔵の行動がかなり常識はずれなものでした。そのため、法廷内の空気はリオンよりに変わっていったんです」(社会部記者)

海老蔵にとって裁判はかなりのマイナスイメージになった。
そして裁判の話も家の中ではタブーにしている。
麻央への説明も拒否していたという。
「海老蔵さんは弁護士や捜査関係者が訪ねてきた時だけ仕方なく事件の話をするのですが、その際も麻央さんはリビングから他の部屋に追い出されてしまうそうです。関係者が帰った後も、麻央さんへの説明はいっさいないそうです」(夫婦の知人)

こんな様子から、麻央との生活にもズレが生じ始めていたという。
「海老蔵さんは、麻央さんの仕事に影響を及ぼしてしまったことをとても反省しているそうで、麻央には早く仕事復帰をしてほしいと声をかけたそうです」(知人)

海老蔵の心配とはよそに、麻央は復帰に向けて動き出していた。
当時レギュラー番組のアンビリバボーの収録にでかけていた。
自ら検眼の扉を閉め、待たせていた車に乗り込む彼女の左手には、いつも必ずはめられていた結婚指輪がなかった。

指輪を外した理由について歌舞伎関係者が語る。
「海老蔵さんが心配するよりも、麻央さんはこれからに向かって頑張っています。事件のことをすべてひとりで抱え込み、何も語らない海老蔵さんに対して、麻央さんは本当のことをおしえてほしいとい抗議の意思を示したかったのでしょう」
事件の真相を隠し続ける海老蔵。
麻央に本当のことを語る時は来るのだろうか?

小林麻央

チャイムが恐い!宅配便も受け取り拒否

市川海老蔵暴行事件の一番の被害者は小林麻央だったようですね。
いまでも復讐されるのではないかと麻央はびくびくしていると報じられています。
家も数億円をかけて最近建てたばかりなので売ることもできず・・・。
このままの状態が続けば実家にまた帰りたいと言い出すのではないでしょうか?
調子に乗りすぎたツケが・・・どうする市川海老蔵

2011年2月中旬、市川海老蔵の自宅は静まりかえっていた。
「海老蔵さんも麻央さんも、みかけませんね。海老蔵さんは、たまに車を運転して外出しているようですが、麻央さんは全く姿をみなくなりましたよ」(近所の住民)
この日、午前に海老蔵が行きつけの整形外科に出掛けた後、宅配業者がインターホンを鳴らしていた。
だが、自宅にいるはずの麻央が応答することはなかったという。 

「海老蔵さんは麻央さんがひとりの時は応対しなくていいといっているかも知れませんね。海老蔵さんがいても、近くの路上に長時間路上駐車している車があるとパトカーがきて職務質問してますからね。ふたりともかなりナーバスになっているようです」(近所の住民)

海老蔵がここまで神経質になっているのは、伊藤リオンが起訴されたことが大きいという。
「海老蔵さん夫婦は、裁判で被告から不利な証言がでてくるのではないかと懸念しているようです。海老蔵さんは一方的に殴られたと、自分には非がないと主張しています。裁判で争うことで報復があるのではないかと恐れていることも不安材料のようです」(社会部記者) 

午後2時過ぎ、ひとりで自宅にいる麻央の元へ、彼女の母が訪ねてきた。
ところが、インターホンを押しても応答がない。
母が携帯電話をかけると、2階の窓から麻央が姿をみせた。
母の姿を確認した彼女は、ようやく安心した様子で、玄関を開けた。
「彼女はチャイムを怖がっているみたいですね、そんな娘を気遣って、お母さんは宅配業者から再送品を受け取り、ゴミの掃除などもしていました」(近所の住民)
午後3時、家から母親と出てきた麻央は、腕をからめ歩き出す。
その表情は、久々に外出する嬉しさに輝いていたそうです。

小林麻央

梨園では男の子が望まれるが子供は女の子だった

小林麻央の子供の性別がわかった。女の子だった。梨園では男の子を産まないといけない鉄則がありますが、このことで麻央がプレッシャーにならなければいいのですが・・・。海老蔵は子供ができたら真面目な父親になることができるでしょうか?

「妊娠7ヶ月の麻央ちゃんですが、生まれてくる赤ちゃんの性別がわかったそうですよ。彼女は女の子だといってました」
市川海老蔵との第一子出産を2011年7月に控えている麻央。
市川家に嫁いだ梨園の妻として、跡継ぎの男子を産まなければならない重責を背負っている彼女。
成田屋のことを考えると、男の子の方がよかったのかも知れませんが、彼女は女の子が欲しがっていたので喜んでいました。

だって、彼女自身、女性家族で育ったでしょう。
お姉ちゃんとも仲は良くて、彼女が結婚する時も「結婚はしょうがないけど、家から出て行かないで!」とお姉ちゃんからお願いされたほどです。

一方の海老蔵も出産予定日の2011年7月に歌舞伎の復帰。
夫の危機も乗り越え、いまは夫婦で出産への喜びに浸っているという。
「麻央ちゃんは出産に向けて、出産準備のDVDを見て、いろいろと勉強していますし、産婦人科で教えてもらった妊婦体操も毎日しています。赤ちゃんの名前はまだ決めていないようです。彼女は市川家の両親と相談をして決めたいといっています」

小林麻央

小林麻央の姑問題解決!姑から独立

市川海老蔵が暴行された事件。事件が起きた当初、まっさきに叩かれたのは小林麻央でした。その理由は、歌舞伎役者の妻として夫の健康管理を怠ったため。これが原因で姑問題が勃発していましたが、ようやく麻央の反省が認められ和解したそうです。

2011年7月2日、9ヶ月ぶりとなる舞台復帰だったが、心配されていた顔面への後遺症もなく、歌舞伎十八番の勧進帳では、満員の客から大拍手が送られた、
この日は、麻央は出産間近のため、母・希実子が代わって来客へ挨拶を勤めた。
「麻央さんは1週間ほど前に希実子さんとひいき筋を一件ずつ訪問し、夫の復帰を報告しています。心配された希実子さんとの姑問題もうまくいっているようです」(梨園関係者)

2010年の海老蔵暴行事件で、麻央の嫁としてのいたらさに不満を持っていると報じられた。
「麻央さんは何かあるとすぐ自分の実家に相談するし、海老蔵さんの好む料理も作れないと希実子さんはこぼしていたようです」
そんな麻央だったが、結婚から1年経過し、料理の腕も上げて梨園の妻としての自覚が芽生えてきたという。
そんな麻央を希実子さんも認め始めたようだった。 

「結婚から半年くらいはお母さんが家に来て、麻央ちゃんにいろいろ指示することがあったんだけど、暴行騒動の後は、麻央ちゃんがよくやってくれている。もう大丈夫といってくれたそうです」
それ以降、希実子さんが海老蔵と麻央の住んでいる家に来ることはほとんどなくなったそうだ。

小林麻央

男の赤ちゃんをと決意したデート

2010年11月に暴行事件騒動があってから、自宅前には警察の巡回を要望したりし、外をでることすらあまりなかった市川海老蔵ですが、妻の麻央とも自宅近くで仲良くデートしてる姿が目撃されてたそうです。

2012年3月中旬の午後、都内の自宅から市川海老蔵と小林麻央が出て来た。
海老蔵は黒のパーカーを頭から被り、スウェット姿。
麻央は黒のロングダウンジャケット姿。
久々の夫婦水入らずのツーショット。
ふたりはそのまま歩き出し散歩にでっかえるようだ。
笑顔で話をしていてとても楽しそうだ。
家から少し離れた所に来ると、どちらからともなく寄り添って手を繋いで歩き出した。 

ふたりが自宅に戻ってきたのは、散歩にでてから1時間半後。
家の近くになると、周囲の目が気になるのか?手を離していた。
「その日は、久しぶりに午前中の公演が休みで、2011年7月に生まれた長女・麗禾(れいか)ちゃんを預けて、久しぶりに夫婦の時間がもてたと聞いてます」(歌舞伎関係者)
以前から、海老蔵は散歩をよくしていたが、それは舞台の台詞練習を行うためのものだった。 

このように、妻を気遣い、手をつなぐ姿を見たのは初めてのことだった。
「海老蔵さんは、一部週刊誌でまた夜遊びを再開したと報じられた。しかし、彼はその報道に凄く怒ったそうです。夜遊び?もう今は控えているよ。二度と麻央を泣かせたくないからね・・・と、こんな話を知人に漏らしていたみたいです。さらに、跡継ぎである男の子を作るために子作り宣言もしたそうだ」(城下レポーター)
海老蔵暴行事件は2010年11月、当時、麻央は妊娠がわかったばかりだった。
それなのにあのような事件を起こしてしまって、妊娠をしていた麻央に負担をかけたことに反省したようだ。
「今では時間を見つけては、積極的に育児も行ってるようです。麗禾ちゃんをお風呂に入れたり、おむつ替えなども頑張っているようですよ」(歌舞伎関係者)

市川海老蔵 小林麻央

自宅に僧侶を呼び跡継ぎ祈願

市川海老蔵と結婚をし、無事に第一子の長女を出産しましたが、歌舞伎俳優の海老蔵の後継者は男の子が必要。だからなんとしても男児を産まないといけない小林麻央が、神頼み出産祈願を。

「母子ともに健康なのが第一です。待ち遠しいですね」と嫁の第二子妊娠について答えた市川團十郎。
息子・海老蔵の妻・麻央が妊娠6ヶ月であることを2012年11月18日に報じられた。

その数日後に週刊誌は都内の産婦人科から出てくる麻央の姿を目撃。
この産婦人科は、2011年7月、麗禾ちゃんを出産した病院だ。
長女の出産後、次こそ市川家の跡継ぎをという周囲のプレッシャーがあった。
思いあまって、男女産み分け方法を産院に相談したこともあった。
しかし、麻央の知人によれば、「長女の出産の時は、海老蔵さんとふたりで性別を医師から聞いたそうですが、今回は事前に性別を聞かないで出産するそうです」
「これは成田屋の跡継ぎ問題をどうしても意識してしまいます。海老蔵さんは、相当な重圧を感じている麻央さんを気遣い、性別は気にしなくていいよと、声をかけたそうです。医師にも麻央さんに性別を伝えないように海老蔵さんからお願いをしているそうです」

麻央が帰宅してからほどなく、麻央の母が家から出て来た。
その後、家の前に一代の車が到着し、1人の僧侶が降りてきた。
車は成田ナンバーだった。
どうやら成田山新勝寺のお坊さんのようだ。
「新勝寺と成田屋の縁は300年以上も前。長男を授からず悩んでいた初代・團十郎が新勝寺に祈願し、無事に二代目を授かったとこまでさかのぼります。以来、当代の團十郎まで続く縁にすがって。麻央さんも何度も成田山に祈願に行ったとも聞いています」(芸能リポーター)
麻央は第二子の出産祈願を頼んだのだろう。
1時間ほどで坊さんは帰っていったそうです。

小林麻央

小林麻央が長女・麗禾ちゃんに英才教育も・・・

小林麻央は2013年、長女・麗禾(れいか 1歳)ちゃんをお受験教室に早くも通わせていたそうです。しかし思わぬ事態に・・・

ビルの中から、自分の身体より大きなリックを背負ってでてきた。
市川海老蔵と小林麻央の長女・麗禾ちゃんだ。

「そこは有名な早期育児教育の教室です。先日は海老蔵さんも迎えにいきていましたよ。お子さんと手を繋いで帰っていきました」(近所の住民)
麗禾ちゃんの後ろを歩いているのは麻央の母だった。
2013年7月25日に2歳の誕生日を迎える麗禾ちゃんだが、この教室には1歳の時から通っていた。

「ここでは、0歳児から少人数制のレッスンがあります。1歳からは週に2-3回、知育のためのお絵かきや読み聞きなどが行われます。お受験の準備をしていて、有名幼稚園に多数合格者を出しています。入会金は5間年、レッスン料は1ヶ月で9万円ほどかかります」(同じ教室に子供を通わせる母親)

2013年3月には長男・勧玄(かんげん)くんを出産した麻央。
子育てで多忙の中、ちょっとしたことが起きてしまったようだ。
「涼しい日が続いていましたが、このところ猛暑になりましたが、気温差が激しかったこともあったのでしょう。勧玄くんが体調を崩して入院することになりました。幸い元気になってすぐに退院したようですが」(知人)

この日、海老蔵は2013年8月から始まる自主公演の稽古にでていたが、車で慌てて帰宅。
険しい表情だったが、麻央と話しをして状況を把握し笑顔に。
5分ほどで仕事場へ戻っていった。
長男は海老蔵の跡継ぎだけに心配も人一倍だったのでしょう。

「そんな海老蔵さんですが、勧玄くんが生まれた直後、麻央さんから子供達の進路について相談されて驚いたようです」(歌舞伎関係者)

「麻央さんは勧玄くんを成田屋や音羽屋をはじめ、多くの歌舞伎役者さんが通った都内の有名私立学校に通わせたい。そのためにはまずはお姉ちゃんを先に。その私立の幼稚園に通わせるのがベストと説いたらしいです。海老蔵さんの母と相談した結果だと聞いて納得したようです」
早くも成田屋の英才教育が始まっているようだった。

しかし、2016年6月に夫・市川海老蔵が小林麻央さんが乳がんのため1年8か月前から闘病していることを公表。2014年10月にに人間ドックで麻央さんのがんが判明したという。

進行性乳がんで、麻央さんは同年極秘で入院し、抗がん剤治療を受けるため長期間入院していた。現在の状況について、海老蔵が「比較的、深刻ではあります」と明かした。現在も抗がん剤治療を受けているが、最近は通院も可能になったそうで、早く元気になるといいですね。

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ