小雪は旦那・松山ケンイチと結婚し3人の子供!韓国で出産も

女優の小雪は1995年にファッション誌「non-no」の専属モデルに。1998年にドラマ「恋はあせらず」で女優デビュー。2000年に「ケイゾク」、2003年に「スパイ・ゾルゲ」、2005年に「ALWAYS 三丁目の夕日」などの映画に出演。2003年にはハリウッド映画「ラストサムライ」に出演。2011年4月に俳優の松山ケンイチと結婚し、子供が3人いる。

小雪

Sponsored Links

松山ケンイチとラブラブインフルエンザ予防デート

年上男性としか交際はNGだった小雪が、年下男性・松山ケンイチと交際していた。2009年10月、ふたり仲良くインフルエンザの予防デートに。

「私が待合室にいたら、色白ですごくスタイルのいい女性が入ってきたんです。すぐに女優の小雪さんだって、気付きました。マスクで顔を隠すこともなく堂々としていました」(居合わせた客)
2009年10月中旬のとある日、都内にある有名クリニックに小雪の姿があった。
この病院は都内でも一等地といわれる場所にあるため、芸能人も多数来院。
さらに、アンチエイジングなどの美容でも有名だ。 

「小雪さんはインフルエンザ予防のため、注射を打ってくれるよう言ってました。ここはビタミン剤やアミノ酸、ニンニクなどを注射して病気を予防することで評判なんです」(患者)
だが、この話には続きがあった。
「実は小雪さんが帰られた後、入れ替わるように松山ケンイチさんが入って来たんですよ。彼はこの病院が初めてだったようですちょっと戸惑っているような感じでしたが、とても気さくに看護師さんと話をしていましたよ」(患者) 

どうやら小雪がこのクリニックを松山に紹介したようだ。
ふたりの年齢差は8歳、当初は小雪の遊び相手かと思われた交際だが、ラブラブな状態が続いていた。

松山ケンイチ

小雪の誕生日は松山ケンイチの自宅で

12月18日が小雪の誕生日だったようです。男性にしてみれば、誕生日とクリスマスが近いというのは・・・。誕生日は家でゆっくりしてクリスマスはお出かけするのでしょうか?ふたりの交際は結婚まで発展しそうな予感が。

2009年12月18日、この日は女優・小雪の33歳の誕生日だった。
都内の閑静な住宅街にある小雪のマンション前に迎車のサインを出した、1台のタクシーが停車した。
まもなく「K」と書かれた黒いキャップを目深にかぶった長身の男性が、マンションから出てきた。
うつむき加減に携帯電話をいじりながら、タクシニーに乗り込む。
その男性は俳優・松山ケンイチ。 

ウイスキーのCMに出演し、2009年のハイボール・ブーム役にもなった小雪。
ウイスキーが似合う、大人の女性のイメージだ。
そんな彼女が選んだのは、映画「カムイ外伝」での共演を機に知り合った、9歳年下の松山。
交際が報じられたのは2009年4月頃、当初は小雪の遊び相手だと思われていたが。
その後も2人がすき焼き店にいった、肉食デートや小雪の自宅に通い詰める松山の姿が報じられてきた。
「今も順調に愛を育んでいますよ。麻布十番のSOYS CAFEにもよくふたりできていますね。朝早くから小雪さんは仕事だったので、松山さんが送り出したんでしょうね」(テレビ局関係者) 

タクシーに乗り込んでからも松山はじっと携帯電話を見つめたままだったが、表情は穏やかだった。
昨晩は、小雪の自宅で過ごしたようだ。
一番最初に「お誕生日おめでとう」を伝え、モーニングコーヒーで彼女を送り出したのかも?

Sponsored Links

小雪と松山ケンイチが同棲解消

2010年12月、松山ケンイチの勢いが止まらなかった。
主演映画ノルウェイの森は現在までに世界50ヶ国の地域での公開が決定。
さらに2011年には映画・GANTZ、2012年にはNHK大河ドラマ・平清盛の主演なども含め、4作品での主演が決まっていた。
まさに世界に羽ばたこうとしているのだ。
そんな松山ケンイチだが、小雪との交際が明らかなになって久しかった。
ふたりは2009年に公開された映画・カムイ外伝をきっかけに熱愛に発展。
撮影中は小雪が手作り弁当を松山に仕入れたこともあった。 

2010年1月頃には、小雪は自宅マンションを引き払い、松山が住んでいるマンションへ引っ越し同棲をスタートさせた。
このマンションの別室には小雪の両親も住んでいて、松ケンの婿入り同棲だった。
それから約1年・・・
「小雪さんは松山さんを残して、同棲しているマンションを出たんです。別のマンションを借りて、そこでひとりで暮らしているんです」(ふたりの親しい関係者)
同棲していたマンションから車で30分のとこにある高級マンションに移り住んでいるようだ。
「小雪さんの姿は見かけますけど、松山さんは見たことないですね・・・。だから別れちゃったのかなぁって思ってました」(マンション住民) 

破局をしたのだろうか?
小雪の父に週刊誌が話しを聞いた。

記者:破局したんですか?
父:へ?何いってるんですか(笑)

記者:小雪さんは、松山さんと別のマンションで生活してますよね。
父:はい。

記者:なぜ、松山さんは残っているのですか?
父:そのことについては、一切関与してないのでお答えすることではないと思ってます。

同棲解消は認めたが、理由についてはわからないままだった。
小雪の知人がこう話す。
「松山さんはいま数多くの作品を抱えていて、それぞれ性格が違うキャラクターを演じなければならないため、役作りも一苦労なんです。だから役者としてひとりになる時間も必要なんです。女優である小雪さんもその気持ちは理解しています。だから、ひとりになりたい時は彼が出ていく形じゃなくて、自分が出て別に暮らして、会いたいときに会うという形のほうが、彼の負担にならないと考えたみたいですよ」

また小雪は、彼は私といるようになって、凄く成長したといっており、松ケンを育てたのは自分だと思っているという。2010年12月19日の小雪の誕生日の翌日には、ふたり仲良く松ケンがクラスマンションから出てきたことも確認されている。

誕生日は一緒に過ごしたようだ。破局したと思われていたふたりだが、松ケンの成長のために小雪がマンションを出たのが真相だったようだった。

matsuyama0515

早く結婚して子供がほしい

2011年1月、松山ケンイチとの同棲を解消し、破局説が流れた小雪。一方では松山ケンイチの役作りのために別居をしたとも報じられていましたが、真相はどうだったのか?

「小雪さんは撮影の間ずっと、大きな腹を笑顔で触りながら、ほんとに赤ちゃんができたらこれくらいなのかなぁって嬉しそうに呟いていました」(映画関係者)
2011年1月末から始まった映画・ALWAYS 3丁目の夕日64。
小雪は今回は、妊婦役を演じるという。

「この映画の舞台となるのは、昔の昭和時代です。だけど、スタッフの中には小雪さんからは昭和の匂いがしない。この映画の雰囲気に合っていないのではという人もいました。だけど、今回の小雪さんは違いました。昭和の時代にというより、役柄にはまり過ぎているんです。初の妊婦役なのに、子供の出産を待ちわびる母親の気持ちを上手に表現していますね。よっぽど彼との関係がうまくいっているのではないでしょうか」(映画スタッフ)

その彼とは松山ケンイチのことだ。
小雪の両親が住む同じマンションの別の部屋に同棲をしていたが、2010年末には同棲は解消された。
小雪にとって松山との同棲解消は彼の将来を考えての決断だったといわれている。
「撮影中、小雪さんは時間ができると、子供のいる男性スタッフをつかまえては妊婦さんは大変なの?奥さんを見ててどうでした?なんて質問していましたね。そんな彼女を見ていると、私も早くママになりたいという思いが伝わってきました」
小雪は当時34歳。本気で子供がほしくなってきていたのではないでしょうか。

小雪

小雪と松山ケンイチが結婚

結婚秒読みと報じられ2011年4月、ついに結婚をしたふたり。ふたりはお互い役作りのために別居をして、すぐに結婚をしました。

2011年7月上旬、山梨県にある乗馬クラブに、松山ケンイチがトレーニングのために訪れていた。
「松山さんは、頻繁に乗馬の練習をしています。2012年の秋のNHK大河ドラマ・平清盛の主演ですからね。ドラマの撮影はお盆あたりからですが、それまでに乗馬と肉体改造をしてるようです」(NHK関係者)
その松山を見守るのは、入籍したばかりの小雪だった。
足下には愛犬のミニチュア・シュナウザーがいる。 

この日は2レッスン合わせて90分。
その間、自分の練習に付き合う新妻があきないように、とても気遣っていた。
小雪も馬歴3年ほどだが、なぜかこの日は見学に徹し、運動を避けている。
また、暑い日にもかかわらず、腰にはおなかを守るような厚手のジャケット。
パンツにスニーカーという小雪にしては珍しいファッションだ。
そして同伴する妻を気遣い、時折いたわるような様子のマツケン。

「清盛役ということもあって、松山は10キロ近く体重をふたしています。大河は1年を通して撮影になるので体力的なことも考え、肉体改造をしているようです。小雪さんの手料理の力も大きいです」(芸能関係者)
夏前までは、映画3本の撮影で多忙だった小雪だが、現在は新婚生活を満喫中だ。
「結婚を発表してから、小雪さんは仕事をセーブしているようです。料理の勉強もしているようですし、彼のバックアップに専念するみたいです」
松山も「これからもっと頑張らないといけないね」と意味深発言と思われる発言もあった。

松山ケンイチ

小雪が妊娠7ヶ月

妊娠が発表され仕事も休養中だった小雪。妊娠は7ヶ月目でお腹もかなりでてきていた。松山ケンイチはいいお父さんになることができるでしょうか。

2011年10月17日の夕方、小雪が愛犬を連れてマンションから出てきた。
この日は小雪がイメージキャラクターを務める化粧品の新CM発表会があった。
もちろん小雪は欠席でビデオレターでコメントを寄せていた。
妊娠7ヶ月でキャップを深くかぶり、ラフな格好に靴はスニーカーというリラックスファッション。
そして、お腹もバストも一回りも大きくなっていた。 

そのお腹を支えるように、妊婦歩きでゆっくりと坂道を上がっていく。
運動を兼ねての犬の散歩なのか、1時間かけて歩く小雪。
距離にして2キロの長い散歩だった。
帰宅してから再び外出し、今度は女友達と待ち合わせていたようだ。
「店内に入ってすぐに帽子をとったので小雪さんだとわかりました。ガールズトークで盛り上がっていました。アサリのパスタと氷なしのリンゴジュースを飲んでいました」
約1時間のディナー後に、近くのスーパーへ向かった。
日用品や野菜などをじっくり選んで購入していた。
その姿はもう完全に主婦の貫禄である。 

小雪は、太りやすい松山ケンイチのために、カロリー計算をした食事を心がけていたようだ。
どんなに松山が撮影で早い朝も、先に起きて食事を作り支えている。
妊娠中もしっかりと夫を支えているようです。

小雪

育児ストレスで子供がかわいく思えない

育児ノイローゼになる人も多い子育て。そのことにより子供を虐待する母親が増えていますが、小雪も育児ノイローゼにかかっていたのでしょうか?当時、子供がかわいく見えなかったそうです。

「出産直後の小雪さんは、初めての育児に戸惑い、心身の疲れたひどかったようです。赤ちゃんの夜泣きのたびに起きるから睡眠時間もほとんどとれなくて、ストレスは溜まるばかりだったといいます」(芸能関係者)

2012年1月に長男を出産した小雪。
初めての母の日を目前に2012年5月上旬の昼過ぎ、友人らしき女性と一緒に都内の自宅から姿を見せた。
目深く被った黒のキャップに、白の七分丈パンツにスニーカーの小雪は、出産前よりふっくらしていた。
友人とは近所のカフェに行き、談笑を楽しんでいた。

「夫の松山さんがいる時は、子供の面倒を見てくれるようです。小雪さんは私が育児に追われているのを見かねて手伝ってくれるようになったの。大河の撮影で忙しいのに、積極的に手伝ってくれて助かるといってました」(小雪の知人)
産後は子育てがしんどくて、育児ブルーになっていた小雪だが、長男も4ヶ月になり、少しは余裕が生まれてきたようだ。

女優復帰も遠くないと思われているが、予定はどうなのだろうか?
「一時は、育児うつで、イベントで、子供が可愛く思えなかったと本音を漏らしていました。その最悪な状態は脱したようです。自分ひとりの時間を早く持ちたいという思いもあって、女優復帰は早めにしたい意向のようです」(別の芸能関係者)
復帰にはもうすこし時間がかかりそうだった。

小雪

早くも第二子出産も計算通り!子供は15歳で海外へ

2012年に入って出産したばかりの小雪。2012年9月に第二子を妊娠したことを発表しました。すべてここまで計算通りの人生計画のようです。松山ケンイチの方は、ドラマが絶不調で心配されていましたが、夫婦仲はよかったようです。

「2013年の冬に新しい家族を迎えることになりました。妊娠5ヶ月に入り、夫ともども、新しい命と出会える日を楽しみにしております」と2012年9月6日に小雪が第二子妊娠を発表した。
2012年1月に長男が生まれたばかりだけに、松山ケンイチも大喜びしていた。

2013年春に小雪は、「子供が可愛いと思えなかった」と語り、育児うつとも思える状態だった。
彼女自身も雑誌のインタビューで、「やっぱり疲れますよ」と育児の本音を漏らす一方でリフレッシュ方法も考えていた。

「自分のしたいことに子供を付き合わせちゃうんですよ。今は抱っこして一緒にバスタブに。さすがに粗塩入りは刺激が強いので、塩なしですけど。パックする時は息子の肌にもちょっと載せてあげて一緒に楽しんでいます」とバスタイムを癒しの時間にし、育児鬱を乗り越えた。

松山の育児の協力にも助かったようだ。
「出産後、彼女が実家に戻っていた間も、彼はドラマの撮影の合間を縫って、週に2回は顔を出して抱っこをしていたそうです。休みの日にはおむつを替えたり、お風呂にいれたり育児を手伝っていました」(ドラマ関係者)

知人によれば、結婚以前から35歳ぐらいで子供が欲しいと思い描いていた小雪。
我が子の将来については、雑誌の中で、こんなことを話している。
「私たちは子供が15~16歳になったら、どこかの国に出そうと考えている。世界は広く、富める国も乏しい国もあり、文化も宗教も違う。そんな現実を自分の足で歩き回って見て欲しい」
松山と話し合い、50歳までの人生設計をすでに考えているそうだ。

「彼女の理想の家族像は、夫婦も子供もお互いに自立しあっていて、かつ楽しい時間が過ごせる関係だそうです。当時、息子を預けるために公立保育園に申し込み、空きを待っている最中だった」
小雪は、2012年末スペシャルドラマ・女信長で1年ぶりに女優復帰し、また出産のため休む予定だった。

小雪

小雪が韓国で第二子出産

2012年12月、小雪が韓国で第二子を出産した。
「小雪さんは2012年の12月から韓国入りをしていました。夫の松山さんと長男、母も同伴したそうです。万全の態勢で出産に臨んだようです」(韓国紙記者)
無事に2012年12月10日、第二子となる女児を出産した。

以前から産後院に強い興味があり、現地での出産を選んだようだ。
「産後院とは、出産後の母のケアを目的とする施設。韓国の病院では一般的に産後2~3日しか入院できないため、ここ数年で注目されるようになりました。24時間態勢で専門スタッフがついてくれるので、母親は体力回復につとめることができます。費用は1泊2万円から。多くの場合は2週間は滞在することになるので、総額は40万円以上かかります。そのため韓国ではセレブの特権のようなものともいわれています」(同上)

小雪が入院した場所は、ソウルにある高級産後院。
「産婦人科と小児科が併設されており、費用は1泊5万円前後。産院後の中でも最高クラスで、多くのセレブたちが訪れているそうです。料理もロッテホテルの元総料理長が有機栽培野菜を使ったレシピで提供してくれるなど、高級ホテルのようなサービスです」

小雪は、2012年の紀行番組・アナザースカイで韓国を訪れ、産後院と出会った。
それ以来、この施設のとりこになっていた。
小雪は初産時のトラウマもあったそうだ。
「彼女は、もう退院するの?と思ったほど体が動かず、辛い状態で退院したそうです。その後も、乳腺炎を患い高熱を発症。フラフラになりながらも子育てをしてきたため、一時は育児ノイローゼ寸前まで陥っていた」(芸能関係者)
こういう経験があり、出産後も万全のケアをしてくれる韓国の産後院での出産となったようです。

小雪

韓国で子供を生んだ産後院の実情

小雪が韓国で出産したことについて、ワイドショーなどでは特集を組んで報じられました。産後院は、子供を出産してもしばらく入院ができ、しかも24時間看護師が世話をしてくれる態勢。そのことにより、出産後も心配をしないで体力回復に集中できるので安心といったような報道がありますが、一方では危ない実情もあるようです。

4人部屋で、2時間おきに授乳とおむつの交代に追われ眠れない。
これが日本の産婦人科では当たり前の出産直後の光景だ。
小雪は、番組がきっかけで知った韓国の産後院を知り感動し第二子の出産を韓国に決めた。

小雪が出産に神経質になっていたのは、第一子の出産に原因がある。
「小雪さんは、長男出産後に40度の高熱が3日間痛続き、産後2週間で乳腺炎を患い、フラフラの状態で授乳やおむつの世話に終われました。おかげで、出産後の会見では、最初は疲れがひどくて子供がかわいいと思えなかったと話したほど。日本には産後の母体をケアする場所がないとしきりに嘆いていました。それで韓国の産後院が天国に見えたんです」(芸能関係者)

日本では産後、5~6日入院して家に戻るのが一般的で、入院中の授乳や入浴は母親がひとりでこなさなければならないため、休む暇がないのだ。
とはいえ、アメリカの産婦人科では、母子の入院期間は1~2日、オーストラリアも3日程度と比べると日本は長い方だ。
さらに、妊娠婦死亡率は0.007%、新生児死亡率0.1%と世界一の安産国だ。

小雪のように韓国で出産する場合、保険などはどうなるのだろうか?
日本での出産では、通常分娩が保険適用外、帝王切開が保険適応となる。
通常分娩は平均42万円。
ただ、子供を生むと、加入している保険組合から出産一時金として一律42万円が支給されるため、トータルの負担は減る。
一方で日本人が韓国で出産すると、通常分娩も帝王切開も保険適用外で全額負担。

「費用は病院によって違いますが、通常分娩は平均170万ウォン(14万円)、帝王切開は平均230万ウォン(19万円)です。外国で産んでも出産一時金は支給されるので、韓国で産んだ方が安くなります」(韓国人ジャーナリスト)
上記は滞在費や旅費などは含まれていません。

ここまでみると、産後院はお得に見えるかもしれない。
しかし、まず言葉の壁が生じる。
小雪のような超高級セレブ向け産後院には日本語が話せるスタッフがいるが、多くの産後院では日本語は通じない。
さらに、産後院によって、衛生面に不安があるという。
2006年には、新生児11人が集団で腸炎にかかる院内感染があり、死亡事故も発生し訴訟問題に発展もしている。

さらに、「韓国では産後院の口コミサイトが山ほどありますが、あちこちで、あそこは保育室の雑菌消毒がイマイチだったといった書き込みが見られます。生まれたばかりの赤ちゃんは、母体から免疫力をもらっていますが、長期間集団生活をすると、感染症の危険も大きいです」(韓国のある産婦人科医)
産後院のサービスは至れり尽くせりだが、こうした危ない実情もあるということを忘れないでほしいとのこと。

小雪

産後院夜逃げの詳細!セレブ待遇をされなかったから

韓国で出産はしたけど、その後、小雪がお金を払わないで夜逃げをし、金銭問題で当時揉めていたという。当初は訴える予定でしたが、こちらの方は和解に。小雪側がお金を払ったことが予想されますが、なぜ夜逃げをしたのでしょうか?そこには、小雪のプライドがあったようです。

「トラブルの現場となったのは2008年開院の業界トップといわれる超セレブ産後院De RAMA(ドラマ)。韓国や中国の財閥の子息や、チャン・ドンゴンの妻コ・ソヨン、キム・ヒソンなども顧客です。最高級の個室の入院費用は2週間で1千200万ウォン(約101万円)だそうです」(現地記者)

2013年1月10日、韓国の有名産後院La madre(ラマドレ)で第二子の長女を出産した小雪。
しかし、吉報の影で韓国メディアが小雪の転院と告訴トラブルを報じていた。
現地報道によると、小雪は1月7日にDe RAMAに入院。
ところが、その日の深夜0時何の相談もないまま”抜け出し、La madreへ転院したというのだ。

この時点で小雪は費用170万ウォン(約14万円)が未納であり、夜逃げを助けた女性ふたりが不法侵入したと警察に通報される。
そして、所轄警察署が身元不詳の女性ふたりを不法侵入容疑で告訴する問題に発展する。
その後、小雪が支払いを済ませ、双方の誤解がトラブルの原因だったと和解。
しかし、誤解とは一体何だったのか?

「小雪さんは2012年12月にソウル入りすると、短期滞在型のレジデンスを借りて、出産に備えていたそうです。DeRAMAには、日本の利用者はほとんどいなく、院長は小雪さんのことをあまり知らなかったようです。以前、入院していた日本人といえば歌手のキム・ジョンミンの妻・ルミコくらいだそうです。院長は、おそらく、小雪さんはミルコさんの紹介だったのかも知れませんねと私に話をしていました」(韓国の記者)

ルミコとは、1999年デビューした、ハロープロジェクトのアイドル歌手。
当時は三佳千夏という芸名で活動し、2004年、谷ミルコ名で再デビューし2006年に結婚し韓国に嫁ぐ。

週刊誌の調べではルミコと小雪の接点の確認はとれなかったという。
院長の思い込みだったのだろうか?
産後院を担当したことがある記者は業界の事情にも詳しい。
「一般的にセレブ産後院への入院は競争率が高く、入院の半年くらい前には予約が必要ですが、小雪さんは1月7日に入院した際、産後院側から各種の説明を受けたそうです。問題が起きたのは、その席でした。協賛(芸能人割引)はありませんと言われました。小雪さんはそれが納得できない様子だったそうです。そして小雪さんはその日の0時に行動に出て夜逃げをし、Lamadreに転院したのです」

小雪は、ラストサムライに出演しハリウッド女優でもある。
理想の出産を願ってセレブ産後院を選んだのに、思わぬ幻滅を味わうことに・・・。
「小雪さんとしては金額が問題ではなく、一流有名人として認識されなかったことが許せなかったようです」(韓国記者)
小雪にとって屈辱だったのだろう。
我慢できずに夜逃げを結構した。

「どの産後院も、予約時に入院費の5~7割を内金として受け取ることもあって、小雪さんのように転院するケースは聞いたことがありません。しかし、今回、De RAMA側は芸能人である小雪さんを信じて、内金を受け取らなかったそうなんです」(キム記者)

彼女を有名人待遇していたと主張するDe RAMA側。
別の韓国紙記者は言う。
「小雪さんの前代未聞の転院劇が業界トップのDe RAMAブランドに傷をつけたと院長が激怒し話し合いで済まずに警察沙汰に発展してしまったようです。De RAMA側は警察に捜査を求めましたが結局、小雪さんと産後院の間で和解が成立しました」

小雪は日本なら知名度はありますが、さすがに韓国では知名度はないので無理もないですね。

小雪

我が子を3つの保育園に入所申請も空き待ち状態

児童待機問題が社会問題になっていますが、芸能人である小雪(36)もまんざらではないようです。
まだ保育園に入所させる年齢ではないですが、すでに保育園に入所する活動をしないと入れないほど児童待機問題は深刻のようです。

2013年5月上旬昼過ぎ、サングラスにロングヘアを後ろに束ねた小雪が、自宅マンションから出てきた。
2013年1月10日に第2子となる長女を出産してから4ヶ月。
スタイルも出産前に戻っているように見えた。

ふたりの子供は、松山ケンイチが面倒を見ているのか、自宅前で迎えの車に乗り込むと都内のクリニックへと向かった。
ここは長男を出産した後にも通ったいた産後ケアに定評があるクリニックだ。
30分ほどでクリニックを終えると、今度は区役所へ行った。

「小雪さんは2012年長男を出産してからずっと公立保育園を探しています。3つの保育園を同時に申し込み、空き待ちのいわゆる待機児童状態なんです。だから定期的に自ら区役所に足を運んで情報を収入しているようです」(ファッション関係者)

最近は、妊娠中から申請をしても保育園に入れないほど、待機児童問題は深刻になっている。
公立保育園の場合は、各自治体が、その家庭がどれだけ保育園に入る必要性があるかを判断。
その必要性が高い家庭から入所が認められていくのだ。

「芸能人夫婦なので、お金をかけた育児をしていると思われがちですが、小雪さんは子供たちを一般家庭と同じように育て、普通のお母さんでありたいと思っています。小雪さんは、すでにドラマで現場復帰し仕事をしています。そのため、入所を認められやすいと聞きますし、これからも保活に力を入れると思います」(同上)
夫の松山は、仕事の合間を縫って育児に奮闘しているようだが、2014年6月公開の映画・春を背負っての長期ロケが4月から始まっている。
保育園に入所できるのはまだ先になりそうのようです。

小雪

小雪の長男が公立保育園に入れず

最近の芸能人は子供を英才教育するために有名私立に通わせる傾向が強いですが、小雪は、長男を普通の人と同じように公立保育園に通わせる計画だったようですが、待機児童問題で入園することがかなわかなったそうです。

そして、選んだのが英語で授業をする、月に8万のインターナショナルプリスクールだそうです。
これからは国際化社会が強くなっていくので、子供に英語を教えることは、子供の将来のためにもいいことだと思います。

都内のインターナショナル・プリスクールに小雪の姿があった。
事務所関係者が運転する車から長男を抱き抱えて降りてきた。
長男は小雪と離れたくないのだろうか寂しげな表情。
そんな我が子を励ますように、小雪は優しく声をかけ、先生に預けると、車で自宅へと帰っていった。

どうやら小雪はここに長男を入園させたようだ。
芸能関係者が話す。
「小雪さんは長男を一般家庭と同じように育てたいという思いを持っていて、ずっと公立保育園への入園を希望していたんですが、どれだけ探しても待機児童状態が長く続き、入園はできなかったんです。そんな時に今のプリスクールと出会い入園することを決めたそうです」

小雪の長男が通っているプリスクールは2歳から受け入れ可能で、入学金は約20万で、保育料は月に約8万で、その他にイベントごとに費用がかかる。

小雪の選んだプリスクールは1日のうち4時間は、外国講師が英語でアートや音楽や算数などを教えてくれるそうです。

実は小雪は自著「生きていく力」で子供の教育についてこんなことを書いている。
「子供が15か16歳になったら、どこかの国に出そうと考えている」

さらに、プリスクールへ入園させた最終選択は夫の松山ケンイチも賛同したそうだ。
「松山さんは2013年1月に長女が生まれた後に、オーストラリアに渡っていた。1ヶ月の旅から帰国した彼は、離れたとこで、より家族を大切に思えるようになったと。そして旅のなかで語学力や人との交流の大事さを実感したそうです。そんな体験からプルスクールには協力的で、小雪さんが仕事で忙しい時は送迎を行っているようです」(芸能関係者)

小雪が長男をプリスクールに送った翌日は松山が車を運転し送迎をしていた。
松山は育児も積極的に手伝っているようです。

普通の家庭のように公立保育園に入園させる予定が結果的に英才教育する形になったみたいです。

その後、2015年3月に第3子の妊娠を発表。同年7月に第3子を出産しています。

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ