前田美波里は年齢を感じさせない美貌!還暦で資生堂CMに起用も

女優の前田美波里はアメリカ人の父と日本人の母の間に生まれたハーフ。18歳の時にミュージカル女優として活動をスタート。資生堂の化粧品キャンペーンガールに選ばれる。1968年にの20歳で俳優のマイク眞木と結婚。7年間続いた結婚生活も1976年に離婚。息子は俳優の真木蔵人。

前田美波里

Sponsored Links

美貌の秘密は顔面体操!還暦で資生堂CMに起用された前田美波里

「宝物のような仕事で人生の1ページを開いてもらいました。この年でまた出演できて幸せです!」
こう語ったのは、前田美波里。60歳以上を対象にした、資生堂の新ブランド・エリクシール プリオール。前田美波里はこの商品で2008年10月、41年ぶりに資生堂CMに出演した。

彼女が太陽に愛されようをキャッチフレーズにキャンペーンガールとして資生堂のCMに出演したのは1966年の18歳の時。
「あのCMのおかげで自分の名前を売っていただいた。恩返しできるような仕事をしたいと思いました」
謙虚ながらも、CMへの出演をこう意気込んでいた前田美波里。驚くべきことに彼女の体形は、CM出演時に還暦を迎えていたが1966年の時とほとんど変わっていなかったという。年齢を重ねても美しさを失わない秘訣を、前田美波里は週刊誌に語った。
「特別な運動というのはしてないのですが、毎日5分鏡の前で顔面体操を心がけていますね

前田美波里

彼女が日々励行しているとCMの発表会でも紹介された顔面体操。やり方はリフトアップを発音しながら唇を上下させたり、あごを動かしたり、と次の通りに表情筋を動かしていくというものだ。

  • 笑顔を作る
  • 唇を横に引く
  • 唇をすぼめて、突き出す
  • 唇を突き出し下あごを引く
  • 口を最大に大きく開ける
  • 唇をすぼめて、突き出す
  • 笑顔のポーズ
Sponsored Links

上記の各ステップを最大の力を入れ、その表情を10秒間づつキープする。これによて表情も豊かになり、顔が引き締まるのだという。
「CM撮影の時、改めて顔体操の指導を受けたのですが、ふだんから舞台でもオーバーなくらい表情豊かに努めているので、簡単にできました。この顔のエクソサイズは本当に手軽にできるので、続けていますよ」
またダイエットメンなど、体のプロポーションを保つために心がけていることについて聞くと
「少し太ったかなぁと感じたら、朝はおかゆ、夜はお鍋を心がけています。起床したてに常温のミネラルウォーターを飲み朝食をしっかり取って食後にヤクルトを飲んでいますね。他にもサウナやお風呂で大量に汗をかいてデトックス(解毒)するようにしています」

2008年10月、41年ぶりの資生堂のCM出演を、家族はどう見ていたのだろうか。
「孫をはじめ、家族はみんな大変喜んでくれました」
そしてCM撮影は終わり、ポスター撮影では、カメラマンに大いに笑わせてもらったという。
「もう魔法の言葉で巧みに笑わせてもらいました。私だけでなく、周りのみんなが笑いっぱなしの楽しい撮影でしたので、
本当の笑顔がでました。やっぱり笑顔を忘れない事って大切なんですね。シワは私たちの歴史ですから。
たとえ笑いジワが出来ても、表現して笑ったほうがステキです。ちょっとしたことでも幸せを感じられるようなポジティブな
生き方、お勧めしますよ」
このイキイキとした明るさが美しさの秘訣のようだ。

前田美波里は、68歳になった現在でも、舞台・ミュージカルやテレビドラマに映画、CMなど多方面で活躍しています。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ