松井秀喜の奥さんの顔が思わぬ出来事で流出!現在は2人の子供も

ゴジラの愛称で知られる元プロ野球選手の松井秀喜は、石川・星稜時代に甲子園に4度出場。高校通算60本塁打。1992年にドラフト1位で巨人に入団。首位打者1回、本塁打王3回、打点王3回。2002年オフに、FAでヤンキースに移籍。2009年のワールドシリーズMVP。2010年にエンゼルスへ移籍。2011年にはアスレチックスにへ移籍。2012年にはレイズでプレー。同年に引退しています。

松井秀喜

Sponsored Links

松井秀喜の結婚した奥さんの顔公開

2008年3月にひと目惚れ婚した松井秀喜。奥さんは当時、富山県在住の25歳で、元運動具メーカーの社長秘書。2006年オフに奥さんと知人の紹介で出会い、松井秀は「ずっと一緒にいたいと感じさせてくれる女性」と結婚を決意。同年にニューヨーク市内で親族だけの挙式を済ませた。奥さんは女優の長澤まさみ似の癒やし系美人と言われています。

松井秀喜

謎に包まれていた奥さんの顔が思わぬ出来事でTVに流出

2008年5月のシアトル・マリナーズ戦にヤンキース松井選手の試合観戦に来てた時に、偶然中継カメラがヤンキースベンチを写した時に、後方の観客席まで写り込んでしまい、この時に、奥さんがテレビに写ってしまいました。選手が家族を招待する席で試合観戦をしています。噂通りの美女でした。

松井秀喜 奥さん

松井秀喜 奥さん

Sponsored Links

松井はヤンキース時代に2006年に左手首骨折、2007年には右ひざ痛の故障に悩んだ。また2007年からはヤンキースからのトレードでの放出の噂が絶えず、肉体的、精神的に苦しい中をで現在の奥さんの存在が必要だった。

そして、2013年3月には長男が誕生。同年に国民栄誉賞を長嶋茂雄氏と同時に受賞。2014年2月に巨人の春季キャンプで臨時コーチを務めた。その後、ヤンキースのスプリングトレーニングでゲストコーチを務めた。2015年から2016年にはヤンキースGM特別アドバイザーとして活動。2017年1月には次男が誕生したことを公表しています。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ