松下奈緒は女優・ピアニストで活躍し2億円の豪邸を!彼氏は

女優の松下奈緒はクラシックピアノを3歳で始め、ピアニストや作曲家、歌手としても活動。2004年4月に日本テレビ「仔犬のワルツ」で女優デビュー。2007年に東京芸術劇場で日本フィルハーモニー交響楽団とモーツァルトのピアノ協奏曲第20番を共演。2010年のNHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」に主演しブレイク。同年の「第61回NHK紅白歌合戦」の司会にも起用されています。

松下奈緒

Sponsored Links

松下奈緒の恋人はマネージャー?

2010年大ブレイクした松下奈緒。週刊誌が松下奈緒のスキャンダルを追いかけて張り込みなどをしていたようですが、恋人とのツーショット写真などは撮れなかったようです。
しかし、松下奈緒と一番親しい関係の人物と長年恋人関係にあるのではと2011年1月に報じられました。

2010年ドラマが大ヒットし国民的女優となった松下奈緒。
紅白で司会を務めるなど2010年は彼女のための1年だった。
しかし、それだけに注目度も高い。
いまだにゴシップ報道がされたこともなく年明けから各週刊誌が彼女の熱愛報道のスクープを狙っている。

「あれほどいい女なのに、いまだに男性の噂が全く無い。過去には島田紳助が松下の大ファンで、自らの番組に特別出演させるなど口説きましたがあえなく断念しました」(出版関係者)
そうした中、ついに男性の存在が?
「実は松下は以前、大手芸能プロに所属していたんですが、男性マネージャーと一緒に独立したんです。そのマネージャーこそが彼氏ではないかと、一部では噂になっているようです」(民放ドラマスタッフ)

一方でこんな声も
「男性マネージャー=彼氏説は、あくまで松下に変な男がつかないための事務所の戦略。実際には長年交際している一般の彼氏がいるとか?ピアニストだけに彼氏の職業も音楽業ではないかと噂だ」(音楽関係者)
誰が彼氏なのか、まだはっきりしていないようですが、そのうち間違いなくスクープされるのではないでしょうか?

Sponsored Links

松下奈緒が2億円の豪邸を建てた

芸能人ってうれたらかなりギャラがいいようですね。2億円の豪邸を父と一緒に購入したらしいです。松下奈緖はマネージャーが彼氏だと噂されたりしました。

都内の閑静な住宅街に、その豪邸はあった。
外から見たらほとんど窓がなく、監視カメラがあちこちについているとこが物々しい雰囲気。

郵便ボックスにはMATSUSHITAの表札。
父と資金を出し合って建てた新居だった。
「あの家は1ヶ月ぐらい前にできあがったばかり。2週間ほど前に中年の五封が荷物を運びこんでいましたけど・・・」(近所の住民)
「これまでは松下さんは、お父さんが働く会社の社宅で、両親と妹の4人で暮らしていたんですが、2010年末に社宅もでました。そして父とふたりで建てた家があの豪邸なんですよ。松下さんは本人は仕事で忙しくなって、家族に迷惑かけないようにひとり暮らしを始めたんですけどね」(親しい関係者)

ちなみに近隣の不動産によれば、この豪邸は土地と家を合わせて2億円は下らないという。
松下は会社員の父とピアノ教師の母の長女として兵庫県で誕生。
母の影響もあり3歳からピアノを始める。
「お母さんは別の先生について指導を受け、時には東京のピアノ教師を兵庫県まで呼んで特別レッスンを受けたりもしてましたね。そういう才能があったから奈緖ちゃんの才能も開花したんでしょうね」(同級生の母)
そして高校卒業後に東京音楽大学ピアノ専攻科に入学し上京。
そして松下が女優になりたいと抱き始めたのは大学在学中のことだった。
「それを知ったお父さんは絶句し、しばらく無言の時間が続いたそうです。でも最終的にやりたいことをやりたいなら、やってみなさいと背中を押してくれたようです」(芸能関係者)
2010年ブレイクし2011年も大忙しだった松下。
2億円の豪邸には中々帰ることができなかったようです。

松下奈緒

フジテレビが松下奈緒からドラマ出演を断られた

フジテレビといえば、おなじみの韓流ゴリ押しにより自滅をしました。そんなフジテレビですが、スポンサーなどの広告枠などでも困っていましたが2014年、ドラマで起用する俳優などからも断られるようになってきたようです。松下奈緒もフジテレビからのドラマ主演依頼を断っていたそうです。

「当初、うちの1月期の金曜夜8時のドラマ枠は、松下奈緒主演で企画が進んでいたようです。しかし、蓋をあけてみれば2014年1月24日から始まるドラマに松下奈緒の名前はありませんでした。実は松下サイドがフジからのオファーを断っていたようです。そして、4月期に放送予定だった泉ピン子らの主演ドラマを前倒しで放送することになりました」(フジテレビ関係者)

2010年のNHK朝の連続ドラマ・ゲゲゲの女房で大ブレイクした松下奈緒だが、これまで出演したドラマはフジが多い。
それなのになぜ断ったのだろうか?
「それは、同じ枠の前期ドラマ・家族の裏事情の視聴率が悪すぎたためでしょう。ゴールデンタイムなのに平均視聴率が4.5%でした。松下サイドは今年デビュー10周年なので失敗したくないのでしょう」(芸能プロ関係者)

フジテレビはここ数年、視聴者離れが加速している。
「数年前では考えられないことですが、日テレやテレ朝と天秤にかけられ、フジの出演が断られることがありますね。フジへの出演を見合わせるタレントは確実に増えていますよ」(フジテレビ関係者)

フジテレビの金曜8時枠は呪われているとも言われている。
「この枠は長くバラエティー枠でしたが、短命に終わることが多かったです。料理の鉄人をリメイクしたアイアンシェフですが、視聴率が低迷し半年で打ち切りです。2013年10月はこの枠を17年ぶりにドラマに戻したのに4.5%という数字を出して大敗北しました」(製作会社ディレクター)

松下もただ断るだけでは、フジテレビとの良好な関係に亀裂が入りかねないので、神戸でフジの開局55周年記念イベントが開催されていますが、そのこオープニングセレモニーの仕事は引き受けたそうです。
呪われたフジテレビ金曜夜8時枠ですが、泉ピン子主演の天誅 闇の仕事人の平均視聴率は7.2%だっようです。

その後、2014年10月に同局系ドラマ「ディア・シスター」に石原さとみとW主演で出演しています。

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ