峯岸みなみは白濱亜嵐と熱愛で丸坊主に!その火遊びを栗原類が的中

みぃちゃんの愛称で知られるAKB48の峯岸みなみは、2005年に「AKB48」1期生オーディションに合格。2008年11月に小嶋陽菜、高橋みなみとユニット「ノースリーブス」を結成しデビュー。総選挙は第1回から16、14、15、14、18、22、19、17位。

峯岸みなみ

Sponsored Links

峯岸みなみの丸坊主に批判殺到!熱愛相手の白濱亜嵐の反応は

2013年1月、峯岸みなみがダンサーの白濱亜嵐とのお泊まりが発覚。AKB48は恋愛禁止のため、これにより峯岸に処分が下ることが決定的に。お泊まりだったらめ、AKBを脱退することになる、福岡に左遷だという意見も多かった中、突然、峯岸が丸坊主にしYOUTUBEで泣きながら謝罪が公開されました。

この行為により、体罰だ、やりすぎだといった意見が殺到しました。結局、処分は研究生に降格し、AKB48として在籍できることになりました。一方で、お泊まりデートが報じられた相手の白濱はどういう心境だったのでしょうか。

白濱亜嵐

白濱は2013年2月4日、、大阪でシングル第2弾「ANIMAL」の発売記念握手会に参加。
冒頭のトークタイムでは、「ライブは痩せるよね。ダイエットしたい方はぜひ。めちゃくちゃ楽しめるライブになります」とPRしたが、くしくも峯岸は今年の目標にダイエットを掲げている。

握手会場では、みねぎしーと声を掛けられたり、峯岸と似ているキャラ・ガチャピンの着ぐるみを着てくるファンの姿もあって笑いが起きていたがトラブルはなかった。

白濱が休憩時の移動の時、報道陣から峯岸の丸坊主の動画はみたかという問いについては完全無視をしていた。
スポーツ紙が握手会の最後尾に並んで直接本人に聞いた。

「峯岸さんに何か言いたいことは?」と言うと、それまでの笑顔は一変し、引きつった顔になっていき、「いや・・・」とひと言。その後、「ちょっと待って下さい・・・」とだけ声をふりしぼった。
その後、本人も丸坊主にするのか質問をしたが、終始無言でうつむくだけだった。

峯岸みなみ

栗原類が峯岸みなみの火遊びを的中

職業がファッションモデルでもありながら、タロット占い師でもある栗原類が占いが当たると人気だった。そして、峯岸みなみの火遊びも的中していたという。しかも、当たるのはネガティブなことばかりで、これには本人も怖いと・・・。

「悪魔のカードは火遊びを表します。2013年1月に火遊びをする・・・」
2013年1月20日放送の笑っていいともで峯岸みなみをタロットで占った栗原類。
その予言通り、峯岸は濱亜嵐とのお泊まりが報じられた。
さらに、謝罪として自ら丸坊主にし、研究生に降格し火遊びが大火傷になってしまった。

2013年2月、栗原のタロット占いがずばり当たり話題になっていた。
「彼がタロット占いを始めたのは2012年11月くらい。師匠はよゐこの濱口の実弟で濱口善幸。栗原さんは猫好きで、イタリア製のホワイトキャッツというカードを愛用していますね」(仕事関係者)

栗原類

栗原は、2013年春に高校を卒業予定だったが、進路はまだ決めていなかった。
今回の的中で、占い師としてのオファーが殺到しそうだという。
「すでにネガティブ占い師として栗原さんをバラエティーに出したいという動きがあります。有名人の未来をマイナス方向に占っても彼ならキャラとして許されますからね。占いタレント枠は空いているので期待されていますうよ」(番組制作スタッフ)

しかし、本人はまだタロット占いを初めて3ヶ月で、大当たりしてしまったので怖いと戸惑っていたそうです。
占いは趣味のひとつとしてとどめておきたいようですが・・・。

Sponsored Links

峯岸みなみが丸坊主にした理由と卒業する時期を語る

恋愛禁止のルールを破ったとして自ら丸刈りにし謝罪動画をYOUTUBEで配信をした峯岸みなみ。AKB48を辞めたくないから丸坊主にして謝罪をしたわけですが、この行為が世界各国から日本が非難を浴びました。

丸刈りから4ヶ月経過し峯岸みなみがなぜ丸坊主をしたのかを2013年6月にスポーツ紙に語っています。

峯岸みなみ

記者:丸刈りにしなければ、あれほど大きな騒動にならなかったかも
峯岸:あの時は、坊主にしなければならないとかはありませんでした。私から運営側にファンへの謝罪をさせてほしいとお願いをしたんです。私はそのための撮影の準備をしていました。

記者:その撮影直前に自ら切ったの?
峯岸:はい、本当は髪がある姿で撮影する予定でした。

記者:丸坊主には誰もが驚きましたが・・・。
峯岸:そうですね・・・。でも、あの時は自分の考えに丸刈りが反省の表れというイメージがあった。気持ちが伝わるのはどうしたらいいかなって・・・。今思えば、もう少し考えていればと思います。AKBのイメージを傷つけてしまいました。

記者:AKBを辞めようと思ったことは?
峯岸:あの時は辞めるという考えはありませんでした。13歳で入ってからずっとAKBでしか生きてこなかったので。他の方法での生き方はなかったというのと、本当に自分勝手ですが、不祥事で辞退することが、今までAKBとしてやってきたなかで、嫌だと思ったんです。ファンの方が何人かでも私の頑張っている姿を認めてくれた時に、卒業できたらいいと思います。

記者:恋愛禁止のルールも議論されたが、その掟は存在するの?
峯岸:アイドルという職業として暗黙のルールがあるというか、そういう意識は根付いていると思います。

記者:髪を切ったのは恋愛禁止を破ったから?
峯岸:自覚のない無責任な行動を取ったことで、AKBのイメージを損ねることをしてしまったことに対するものです。

峯岸:すごく後悔した。
ウィッグをかぶって公演に出たり、私がいることで他のメンバーに迷惑をかけているんじゃないかと思って。かばってくれたメンバーが批判を浴びている自分がいることで関係のない人まで迷惑がかかってしまった。あの時辞めていれば、誰にも迷惑をかけなかったのかなって、そういう後悔があります。

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ