水谷豊の及川光博に寺脇康文と共演した相棒から見える性格は

俳優の水谷豊は1968年にドラマ「バンパイヤ」に初主演。1974年に「傷だらけの天使」、1978年に「熱中時代」に出演。歌手としても1979年の「カリフォルニア・コネクション」がヒット。1989年に女優の伊藤蘭と結婚。2000年からスタートした「相棒」シリーズが大ヒットしドラマは14シーズンを数える。

水谷豊

Sponsored Links

水谷豊が相棒の視聴率がいいことに天狗になる

2008年8月、薫役の寺脇康文がシリーズから卒業してから新しい相棒には及川光博になりました。すでに交代してから時もたっていたのですが、及川光博の相棒役にはしっくりこない人もいたようです。
ドラマでの視聴率が悪いのか?それとも及川に頑張れという意味ではっぱをかけたのか、水谷豊が及川に相棒失格発言をしたという。しかし、そこには高視聴率で天狗になった水谷豊の姿があった!

「局内でも主演の水谷さんは殿と呼ばれ、キャスティングや演出の決定にも水谷さんが大きな力を持っています。彼に意見すれば現場から外されることもある。2011年10月から新シリーズが始まるのですが、殿の言葉に現場が凍るひと幕がありました」(テレビ局関係者)
2011年3月まで放送されていた相棒・シーズン9は平均視聴率20.4%で大人気だった。 

水谷の相棒役はシーズン7の途中から及川光博に代わった。
しかし、シーズン10で及川との相棒役に待ったがかかっている。
「実は及川さんが降板するのではないかと囁かれている。理由は水谷さんが了承しなかった監督やプロデューサーの意見に及川さんが賛同したからだそうです。それが逆鱗にふれたようです」(テレビ局関係者)
「ミッチーは相棒失格だね」
そんな水谷の冷徹な本音に現場は冷や冷やしているようだ。 

「実は水谷さんのこのようは発言は、前の寺脇さんの時もそうでした。シーズン6の撮影中、演出プランに水谷さんがNGを出したのに、寺脇さんが異を唱えたことがありました、その後、水谷さんが突然、ドラマを新しい展開にもっていくために相棒を代えたいとプロデューサーに直談したんです。寺脇さんはかなり困惑していました。8年間もコンビを組んでいましたから」
次回の10シーズンは相手がみつからなかったので及川で決定しているようですが、11シーズンは降板する可能性が高いと報じられています。
結局、前の相棒役だった寺脇康文も水谷豊に賛同しなかったからおろされたようですね。天狗になっていたようです。

水谷豊

水谷豊が及川光博に冷たい視線!ふたりの仲は

相棒の撮影現場で水谷豊に反対の意見をいってしまったことで、相棒として失格と言いったという。このときから、ふたりの関係は冷え消えってしまっていたようです。撮影でも、水谷は及川に冷たい視線をおくっていて現場の空気は悪かったようです。

「及川さんの誕生日の2011年10月24日は茨城で相棒のロケがありました。その現場でスタッフから誕生祝をしてもらった及川さんでしたが、冴えない表情でしたね」(番組関係者)
人気ドラマ・相棒シーズン10に出演中の及川光博。
初回2時間スペシャルでは19.7%とシリーズ初回では最高の視聴率をたたき出した。 

それなのに及川はまったく元気がなかった。
「今の現場の雰囲気は前シーズンとすっかり変わっています。本番以外は、及川さんが水谷さんと話すことがなくなってしまったからです。撮影の合間は及川さんはひとりでイスに座りさびしそうに煙草を吸っています。水谷さんの及川さんへの態度は冷たくなりましたね」(同上)
水谷が及川に冷たくなったのは、檀れいと結婚したばかりなのに、不倫関係は否定したものの、美女とデートをしていたからだという。
この行動に対して、水谷が不快感を示しているのだ。 

「以前は、水谷さんと及川さんとの間では、さまざまなトークが繰り広げられていました。主に社会情勢などの話題です。今期はどのトークがまったくないんです。水谷さんはとても現場の雰囲気を大事にする人です。今回の作品は視聴率もよくて、現場の士気も上がってきたところです。なのに、彼の軽率な行動で水を差されたと思っているようです」

及川の不倫デートは檀れいも激怒していることが報じられている。
水谷といえば、伊藤蘭とのおしどり夫婦で知られている。
「水谷さんは蘭さんとは結婚以来、奥様一筋です。自分は芸能人だから、ちょっとした行為でも妻に誤解を与えてしまうと細心の注意を払ってきました。そんな水谷さんだからこそ、今回の及川の軽率な行動が許せなったのでしょう」(番組関係者)現場の重い空気に及川は・・・

Sponsored Links

水谷豊が及川光博に贈った言葉とは

2012年3月、相棒シーズン10で及川光博の卒業が決まった。卒業の原因は、及川のスキャンダルによる相棒の話題潰しで水谷が激怒。水谷に反論をするとクビをきられるため、誰も水谷の意向には反対できず。そのため、ふたりの仲介役をかったでた人もいないまま、不仲のままでの卒業となった。

「最終回は2012年3月14日ですが、最後の撮影は2月末でした。相変わらず水谷さんとミッチーの会話はありませんでしたね。ミッチーはひとりで寂しそうにしてました」(ドラマ関係者)
2012年3月初旬の夜7時から、東京丸の内の宴会場で相棒の打ち上げが行われた。

六角精児や鈴木杏樹やレギュラー陣が続々会場入りするなか、研ナオコらのゲストも入っていく。
20分ほど遅れて、水谷と及川の相棒コンビも到着した。
会場は恒例のビンゴ大会も行われ大盛り上がり。
しかし、注目を集めていたのは、ミッチーと水谷の様子だった・・・。 

打ち上げでもふたりは一緒にいることはなく、それぞれスタッフや共演者と話しをしていた。
結局、ふたりが一緒になったのは最後の挨拶を行った時だけだった。
先に壇上に上がった水谷は、「相棒は長く続いているだけに、プレッシャーになってました。しかし、幸いにも相棒は視聴率がいいので、杉下右京から水谷豊に相棒を続けなさいと言われている気がします。それがある限り、相棒は永遠に続きます」と事実上のシーズン11続行宣言をした。
水谷のスピーチは15分も続いた。そして、今日はミッチー最後の日だ。
水谷はドラマへの愛情は語っていたが、3年感一緒に苦楽を共にしたミッチーのことは完全にスルーだった。 

そして次にミッチーが壇上にあがった。
「水谷豊さん、3年感、あなたと一緒に芝居したことは今後決して忘れることはないでしょう。(後ろにいる)水谷さんを見ると泣いちゃうので、顔は見ないでこのまま話します。豊さん、話したいことはあとでメールでします。お疲れ様でした!」
目を真っ赤に、半泣き状態で水谷に駆け寄りハグをする及川。
水谷に及川の気持ちは伝わったのだろうか?
周囲は切ない卒業式と感じたかも・・・。

及川光博

映画・相棒で水谷豊と及川光博が共演

水谷豊を怒らせてしまい、最後は左遷されコンビ解散となりました。現場でもふたりは会話をすることもないくらい不仲になっていたようですが、相棒卒業から2ヶ月、映画・相棒の新作で及川光博の名前がキャストの中にあるそうです。

「2012年6月から相棒のスピンオフ映画第2弾の製作に入ります。台本が配られた時は目を疑いましたよ。卒業したばかりの及川さんの名前があったんですから」(テレビ朝日関係者)
及川といえば、水谷を怒らせて降板させられてしまったはずなのだが・・・。

「高視聴率をキープしている相棒ですが、水谷さんがキャスティングの採集決定権を握ってます。彼がノーと言えば無理なんです」(ドラマ関係者)
2012年3月に行われた相棒の打ち上げでは、及川は目を真っ赤にしながら水谷に駆け寄りハグをし、相棒に掛けてきた思いを語った。
その涙の卒業からわずか2ヶ月で及川の復活が決まったのだ。

「撮影は2012年6月13日から7月下旬までの予定です。台本は5月中旬にできあがり、現時点では準備中ということですが、及川さんの名前は確かにあります。しかし、水谷さんと絡むシーンではありません。特別、及川さんを登場しなければならない必然性もないんですが。にもかかわらず、彼のシーンを意図的に入れたとすると、今後も折に触れ、及川さんが関わる可能性もあるのではないでしょうか」(テレ朝関係者)

次回作の11からは、新しい相棒役に成宮寛貴が決まった。
「映画より11の方が先に放送されますから、映画公開を睨んで、ほっとしたら及川さんが本編の方にも戻ってくるかもと、現場のスタッフの間で話題になってます」(別のテレ朝関係者)
左遷された及川の復活は?

水谷豊

寺脇康文が相棒降板をした本当の理由は

水谷豊の相棒を2000年6月から9年もしてきた寺脇康文ですが、ついつい天狗な発言をしてしまったことが、水谷の耳に入り逆鱗に触れてしまい、降板(卒業)になったとも報じられました。そんなドラマ・相棒がシリーズの同窓会のような披露宴を開きましたが、そこには寺脇の姿は無し。しかし、降板の理由は別なことにあったようです。

2012年10月29日、松本幸四郎の長女松本紀保と相棒で出演している川原和久の結婚披露宴には超豪華な有名人達が出席をした。
水谷豊が伊藤蘭と媒酌人を務め、岸辺一徳や大谷亮介や山中祟史ら出演者が勢揃いした。
さらに、及川光博、檀れい、成宮寛貴といった歴代相棒も顔を揃えた。
しかし、この会場に寺脇の姿はなかった。
「やっぱり・・・会いたくないんでしょうね・・・」
出席者の中からは、そんな声も聞こえてきた。

寺脇は水谷に憧れ芸能界に入ったという。
ふたりは1991年放送の刑事貴族2で共演し、その時の感想をこう語っている。
「夢が叶ってどうしようって感じでしたよ。初対面の挨拶ではもうカチカチになって汗がでて・・・」
そして2000年6月に相棒がスタートすると、相棒の亀山役に抜擢された。

しかし、シリーズを重ねるにつれて、ふたりの距離は開いていったそうだ。
寺脇には、相棒を人気シリーズにしたのには、少なからず自分が貢献しているという自負があり、撮影現場で意見することも多くなったという。
水谷が考えた演出プランと違うプランを出すこともあったそうだ。

「寺脇さんではなく、水谷さんが目立ってこその相棒です。寺脇さんの意見は、水谷さんやプロデューサーと違うことが多く、周囲から主役を立てないで自分が目立とうとしていると囁かれるようになってしまったのです。次第に水谷さんとの関係もぎくしゃくするようになっていったんです」
やがて、恒例だったリハーサル前の打ち合わせも行われなくなり、寺脇が意見を言っても、撮影に取り入れられないことが増えていった。

寺脇は仲間の芸人に次のようなことをいったようだ。
「結局、水谷さんには気持ちが届かなかったのかもしれない」「水谷さんとは空気が違うのかなって思ったんだよね・・・」
この時ばかりは、寺脇も落ち込んでいたそうだ。
そして、寺脇は決心をしたかのように、「水谷さんから卒業する時期なのかも知れない」と言った。
それからまもなく、寺脇の相棒卒業が発表されたのだ。

寺脇は当時、パーフェクト・ブルーのに出演。
その関係で披露宴には出席できなかったそうです。
代わりにビデオメッセージを送ったそうです。
しかし、これは言い訳にしかならない?
他の相棒の共演者達も忙しい合間を縫って駆けつけている。
しかも、招待状はかなり前の段階で届いてるはずで、スケジュール調整はできたはずだ。
やはりそれだけ水谷への恩讐が深いのかもしれない。
「寺脇さんは相棒を卒業して3年が経ち、ようやく相棒のイメージも薄れてきた。式に出席して水谷さんとかかわることで、また元相棒と言われるのが嫌だったのではないでしょうか?それに自分が出席することで気まずい雰囲気になることを避けたのかも」いまでも水谷のことを避けているという。

寺脇康文

及川光博が相棒に復活!水谷豊と和解

相棒で水谷豊の2代目の相棒としてドラマ出演をしていた及川光博ですが、度重なる女性スキャンダルで水谷を激怒させ、相棒を降板になりました。不仲というよりは、水谷が及川のことを嫌っているのですが、そんなふたりが久しぶりに相棒で共演することに!しかし、なんとふたりの共演時間はたったの5分だったそうです。

「水谷さんから出演の話をもらった時、及川さんはとても喜んでいたそうです」(映画スタッフ)
人気シリーズ・相棒の劇場版最新作に出演することが明らかになった及川。

及川といえば、2011年に檀れいと結婚した2ヶ月後、美女との相合い傘デートが報じられた。
当時、ドラマ・相棒シーズン10に出演中だった及川に対し、主演の水谷の態度は急変したという。
このシリーズを最後に卒業することになったのも、浮気報道が水谷の逆鱗に触れたのが原因とみられていた。

そんな及川だが、なぜ復活することになったのか?
「水谷さんが及川さんの起用を決めたのは、スピンオフ映画・相棒シリーズX DAYの撮影中でした。相棒卒業以後の及川の俳優としてのがんばりを見ていて、プロデューサーにそろそろ及川を出してあげようかと相談したそうです」(映画スタッフ)

水谷にとって相棒シリーズは自分の顔でもある。
「水谷さんは、この相棒シリーズを10年以上は続けたいようで、とにかく、見てる人が飽きないようにということが最優先。そのため、旬なテーマを題材とした話が多いのも水谷さんの指示なんです。新旧相棒の共演という今回の一件も、その延長線上というわけです」(同上)

撮影現場で久々の再会となった水谷と及川の様子を映画スタッフはこのように話す。
「及川さんが登場するシーンの撮影は2013年6月下旬に行われました。及川さんは、前日に水谷さんに、明日よろしくお願いしますとメールを送ったそうで、特別な挨拶はありませんでしたよ。現相棒の成宮さんと及川さんは面識がなく、ふたりの間に水谷さんが入って、場を仕切っていました」

及川の演じる神戸は5分程度だそうです。
とはいえ、水谷の逆鱗に触れ降板させられたことを考えると、この共演で今後に向けて明るい見通しが開けたことは確かなようです。

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ