夏菜のNHK朝ドラ撮影の苦悩!Jリーガー小川佳純と熱愛も

女優の夏菜は2012年、NHK連続ドラマ小説「純と愛」のヒロインを務めました。朝ドラのオーディションは2005年の「ファイト」、2008年の「瞳」ともに1次選考で不合格。3回目の挑戦で2258名の中から選ばれたという。

夏菜

Sponsored Links

夏菜とJリーガー・小川佳純選手と熱愛発覚

ふたりとも知名度的にはまだまだですが、夏菜は2012年人気急上昇中でした。次期のNHK朝の連ドラマ「純と愛」のヒロインに決まっているのに・・・熱愛が発覚!そして本人は意外にも交際を認めました。

彼女にとって2011年は大転機の年になった。
映画・GANTZ、バラエティー番組・ピカルの定理(2012年3月で卒業している)へ出演。
そして、夏菜は、通算3度目の挑戦でNHK朝の連ドラマ「純と愛」の主役に抜擢された。

「今はショートカットですが、もともとはロングへアでした。歌手の安室奈美恵に憧れ、こだわりをもってのばしていたんです。渡辺夏菜と名前も長かった。2005年のデビュー後しばらくは、ドラマなどに出演していましたが、次第にオファーは減少。大学進学を諦めてオーディションを受けたものの、鳴かず飛ばずの日々が続きました。何かをかえなきゃと、ロングヘアをばっさり切って臨んだのがGANTZだったのです」(制作会社スタッフ)
マネージャーの断髪指令に2時間以上も泣きながら抵抗をした夏菜だったが、無事にオーディションに合格した。
そして名前も夏菜と短くし、その後、映画4本、ドラマ6本、バラエティー、CMに大活躍した年になったのだ。 

寒い夜の日、大通りからスタイルのいい二人組が肩を並べて歩いて来た。
黒いキャップに黒ダウン、マスク姿の夏菜。
隣には長身で、パーカーを頭からかぶった口ヒゲの男性。
ふたりは夏菜のマンションへと入っていった。
この男性は、名古屋グランパスの10番・小川佳純(よしずみ)。
ふたりの接点は一体どこにあったのだろうか? 

本人に聞いてみた。
2012年4月下旬、都内で夏菜にあの夜の出来事を直撃した。

記者:普通に考えたらJリーガーと接点はないですよね?
夏菜:半年くらい前、たまたま彼が東京に帰ってきてた時に、友人の紹介で4人くらいでご飯を食べたのがきっかけですね。

記者:友人は芸能人ですか?
夏菜:一般の人です。3~4回、4人で遊んだり、ご飯を食べたりしました。彼はプライベートに仕事を持ち込まない人だから、そんな面白いエピソードはありませんが、今日のゲームはここが上手くいかなかったから、もっとこうしないといけないと思ったと一度話をしてくれたことがあって、頑張り屋さんだな、ステキだなぁって。それからふたりで会うようになり、付き合い始めたのは2012年1月中旬くらいからです。告白とかはなく自然な流れです。 

過去に雑誌のインタビューで理想のタイプは、「優しくて、話が合う人」「尊敬できる人」「言行一致の人」「前向きに仕事を頑張っていて、女性には紳士的」など。

夏菜:いろいろ言ってますね(笑)。確かに彼と出会うまでは恋愛は全然でしたね・・・。(略)

多忙な夏菜は、名古屋が本拠地の小川選手とは遠距離恋愛。
「3日前に連絡して、ピンポイントで2~3時間会うなんてことがザラ。バレンタインも会ってないですね。チョコ、あげてないです。申し訳ない」との状況だが、彼との交際は両親に報告済みのようだ。

記者:電撃結婚とかありますか?
「まったくそんな話は出てないです。付き合って間もないんで(笑)。女優として自立できるまで結婚は考えられないですね。それに彼とはしばらく合えないと思います。NHKの連ドラの撮影でかなり忙しくなりますから」
最後に、相手のことはヨシくんと呼んでいるそうです。

Sponsored Links

NHK朝ドラ・純と愛のヒロイン夏菜の舞台裏!現場では号泣

NHK朝の連続ドラマ・純と愛のヒロイン夏菜。脚本家は家政婦のミタの人だそうです。NHKの連ドラに出ると、女優として必ず成功が約束されていると言われるほど、人気女優になっていきます。
初回の視聴率は絶好調だったようですが、そこにはテレビではわからない舞台裏があるようです。夏菜は何に苦労をしているのでしょうか? 

「1話目が放送された日の朝、ヒロインの夏菜さんが、緊張して寝れなかったと話ながら局に入ってきました。テーマソングが流れ番組が始まると、夏菜さんは突然、ぎゃーと奇声を発していました」(NHK局員)

NHK連続ドラマ小説・純と愛の初回視聴率は、前作の梅ちゃん先生を超え、19.8%と大成功だった。
「10月10日は18.6% 11日は18.4%と好調で、局内の評判も上々。夏菜さんはこれまでに2回朝ドラのオーディションを受けましたが、書類選考で落選し、私はホントNHKに向いていないと自虐的になっていたほど。ヒロインに決まった時、信じられないと驚いていました」(同上)

ロケは大阪市内で2012年5月下旬から始まった。
「収録中にスタッフからたびたび注意され、涙を流していることが何度もありました。彼女から、一度も褒められたことがないの辛いと泣きながら打ち明けられたこともあります」(ドラマスタッフ)

夏菜にダメだしをしているのは、家政婦のミタでおなじみの脚本家の遊川和彦さんだった。
「今回の朝ドラのプロデューサーは2年越しで遊川さんに脚本を依頼したそうです。遊川さんは、これまでの連ドラ小説ぽくないものを書くが、本当にこれで後悔しないか?と念を押したそうです。さらに演出家にも役者にも口を出しますよと約束を取りつけました。その結果、週に1回は大阪のロケに顔を出して、夏菜さんに何度もダメだしをしていました。そのたびに彼女は泣いていました」(同上)

ダメだしをしているのは嫌がらせではないという。
「俺には純と同じく兄と弟がいる。真ん中の子って一番家庭を見ている。いつも心の底で愛されたいと思っているんだ」と話したという。
主役の純を愛しているからこそ、夏菜にダメだしをしているそうだ。

遊川さんは、夏菜の父親役の武田鉄也にも厳しく接しているという。
「父と娘が激しく喧嘩するシーンがあるのですが、最初は父が娘に向かって口論しますが、遊川さんは、娘が可愛そうに見えない!もっと怖く、憎々しげに!と武田さんにダメだしをしていました」(NHK関係者)

実は、遊川さん自身、愛に対する飢えがあるという。
「遊川さんには父親が小学生の時に事業に失敗し、愛人を作って蒸発した過去があります。あの家政婦のミタの阿須田家は、家族愛に飢える遊川さんの原点でもあったんです」
過去に父に捨てられたことにより、大ヒットを生み出す脚本の原動力になっているようです。

夏菜

NHK連ドラ・純と愛のヒロイン・夏菜がドラマ撮影の苦悩を語る

2013年2月22日に純と愛の撮影が終了し、当時のことを夏菜が振り返っています。

「約1年、純のことを毎日考えていた日々が終わってしまいました。放送が始まってからも、純がなかなか受け入れてもらえなかったりする声がたくさん聞こえてきて、もう何が正解なのかわからなくて、私は崩壊寸前でした。いや、崩壊していました」

NHKの朝ドラ・純と愛が無事にクランクアップした。
その苦しかった胸の内を待田純を演じた夏菜がブログに綴っていた。
精神が崩壊するほと、撮影現場は緊迫した雰囲気だったそうだ。

「撮影は大阪で行われていましたが、家政婦の見たも書いた脚本家・遊川さんは週1で現場に顔を出しては、夏菜さんを説教していました。お前は技術ゼロだ!などと容赦なく罵声を浴びせていました。夏菜さんも負けん気が強く、文句ばかり言うならどこが悪いのか具体的に教えて下さいよと言い返すもんだから、怒鳴り合いになることもありましたよ。今思えば、女優が脚本家に逆キレなんてありえませんから、夏菜さんは崩壊していたんでしょうね・・・」(NHK関係者)

朝ドラの収録といえば、1日15時間の週5で撮影される。
土日はプロモーション活動。
かなりのハードスケジュールになる。

「遊川さんに怒鳴られまくった夏菜さんがトイレに逃げ込み中から出てこなくなってしまったんです。泣いてたみたいで・・・。スタッフが説得してようやく出てきました。いまでもこの事件はトイレ籠城としてスタッフの間では有名になっていますよ(苦笑)」(同上)

そんな夏菜を救ったのは、ドラマの中で純の夫役である風間俊介演じる愛だった。
「風間さんは夏菜さんをいつも気にかけていて、彼女が涙を浮かべると、そっと近づいては慰めていました」(NHK関係者)

夏菜

河村和奈と結婚した風間俊介が純と愛で共演した夏菜と不倫?

NHK朝の連ドラ「純と愛」で共演した風間俊介と夏菜。ドラマが終わって、二人っきりで半年ぶりに密会をした理由とは何だったのでしょうか?ただのお友達?それとも・・・。
風間は、2013年5月に元タレントの河村和奈と結婚をしました。

風間と夏菜の雰囲気はすでに長年付き合っている恋人のようだったと2013年10月に報じられました。

純と愛で共演した風間と夏菜。
ドラマでの役柄は、2人は夫婦役を演じていたが、スタッフの話によれば夏菜と風間は、当時から息が合っていたようだ。
「収録中の2人は本当に夫婦のようでしたよ。その自然な雰囲気に関しては、視聴者からも好評でしたし、2人は現場でも常に密着していましたからね。スタッフはみんな、私生活でも男女の関係なのだろうと思っていましたよ」(番組関係者)

あれから半年、2013年9月の週末の夜10時過ぎ。
夏菜は大きなマスクをして顔を隠しながら、東京・世田谷区の路地を歩いていた。
歩き慣れているらしく、路地の億にある居酒屋までたどり着く。
そして、入り口で立って待っていたのはこの居酒屋の店主。
どうやら、夏菜はここの常連客のようだ。
店員に挨拶をすませ、20人ほども入ればいっぱいになる店の一番奥のテーブル席にニコニコと駆け寄った。
座っていたのは風間だった。

料理が次々と運ばれ食べ尽くしていた。
よっぽどお腹が空いていたのだろう。
気になったのは、この2人の雰囲気だ。
会話などは長年付き合っている恋人にしか思えない。

夏菜は、純と愛が放送されていた頃は、Jリーガー・小川佳純との交際をしていたが、この5月に突然、「残念ながら彼氏はいません」と、自ら報道陣の前で破局を告白していた。
ネットでは、すでに破局の原因は風間では?と噂されていた。

風間の方は、2013年5月に一般女性と結婚をしていたことを発表。
夏菜はこの時、「自分のことのようですごく嬉しいです!温かい家庭になることは間違いないですね!」とコメントをしていた・・・。

冒頭の店に戻って、店主がテーブルに挨拶にやってきた。
夏菜が風間を指さしながら、店主に大声で言い放つ。
「ねぇ、聞いた?ある日、家に帰ったら、家財道具が一切なくなっていたんだって!」
風間の奥さんは早くも家を出て行ったことなのだろうか?

爆弾発言するも、2人はケラケラ笑っている。
「どうやったら痩せられるのかな~」
彼女はそういいながら、風間の二の腕を触り始めた。
イチャイチャをしていた2人だったが、事態が急展開した!

2人の会話が突然切れ、風間が席を立って店主のもとへ。
何やら耳打ちしている。
どうやら、近くの席にいる記者の存在に気づいてしまったようだ。

風間は、席に戻ると突然大声で、「じゃぁ、今度はみんなで会おうよ」と告げる。
さすがは演技派だ。
記者に、自分達は怪しい関係だとはありませんといわんばかりにアピールし、さりげなく彼女を先に帰そうということらしい。
そして夏菜は先に帰っていった。

そして10分後、1人店に残った風間の携帯に連絡が入る。
小声で話していたが聞こえてきた。
「着いた?今日はすれ違いになってごめんね。うん、後で行くから・・・」

純と愛は最終回ですでに終わっているが、2人の関係はまだ続いているようだ!
これが原因で離婚にならなければいいのだが・・・。

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ