西島秀俊が結婚した彼女とは!俳優人生と筋トレの私生活

俳優の西島秀俊は1992年にデビュー。フジテレビ「あすなろ白書」「ストロベリーナイト」、NHK大河ドラマ「八重の桜」やTBSドラマ「MOZU」などで活躍。また多数のCMにも出演。2014年11月に3年間の交際を経て、16歳下の元会社員の一般女性と結婚しています。

西島秀俊

Sponsored Links

八重の桜で西島秀俊の人気が急上昇!これまでの俳優人生

2013年のNHK大河ドラマ・八重の桜で注目されだした西島秀俊。なかなか売れず苦労人だったようです。過去には役作りで1ヶ月で15キロも減量したこともあるようです。

「めちゃくちゃいい体!今日の八重の桜は西島さんの向き向きの胸板しか見てなかった」などと、八重の桜を見た女性たちが悲鳴を上げている。
西島の肉体美に魅了されファンが急増しているのだ。

一見、細身に見える西島だが、その筋肉のすごさは以前から囁かれていたという。
西島が通う都内の高級スポーツクラブについて、芸能関係者が語る。

「トレーナーがマンツーマンで指導してくれることが売りで、プロアスリートや芸能人など多くのセレブが利用しています。料金は入会時に5万円程度、それ以降も5万円以上かかります。」
10年公開の映画・サヨナライツカでは役作りのため体重を13キロ増やし、その後1ヶ月で15キロの減量もしたことがあるという。

昔から映画好きで、映画に関わる仕事に就きたいと漏らしていたという。
「高校時代はバスケ部で運動神経はかなりよかったですね。背も高くてイケメンでしたが、男子校なので硬派で通っていました。いまと違って当時は色白で丸顔でしたよ。卒業後1度だけ電話したことがありましたが、俳優に挑戦していると言っていました。そしたらあすなろ白書に出ていたのでびっくりしました」

高校卒業後、横浜国立大学に入学。
先輩の勧めで芸能界デビューすると、1993年にあすなろ白書に出演し人気ものに。だが、実は1997年から2002年の間は、テレビドラマ出演0という挫折も経験している。

「当時の彼は、アイドル路線で露出に納得できず、トレンディー俳優としての成功を捨て芸術性の高い独立系映画に出演する道を選んだようです。路線変更したことで長らく人気が低迷しました。その経験があって今のストイックな役作りを支えているのでしょう」(映画関係者)
41歳にしてようやく実現した理想の役でのドラマ出演。

Sponsored Links

西島秀俊は高校時代バスケ部で厳しい指導を受けていた

高校生の体育会系の部活動で体罰問題が話題になることが多いですが、西島秀俊も高校時代に厳しくしかられたそうです。しかし今ではその先生に感謝をしているそうです。

最後まで武士道を貫き、徳川幕府のために命を懸けた会津藩の武士たちは、その夜、現世に蘇り、宴を催していた。
「オレの切腹シーンがカットされてたんだよ!」
一緒にいた仲間は大爆笑し、宴は盛り上がっていた。

2013年2月上旬、都内の焼肉屋に集まったのはNHK大河ドラマ・八重の桜で会津藩の武士を演じる俳優。
綾野剛、玉山鉄二、池内博之、斎藤工、西島秀俊。
初回視聴率21.4%を記録し、その後も高視聴率を続けている。
人気の要因となっているのが西島の存在だ。
ムキムキボディーは視聴者の女性の心を掴んだ。

西島は学生時代にバスケットボールをしていた。
「中1から高3までバスケ部に所属していましたよ。当時、バスケ部はめちゃくちゃ厳しくて、40人いた同期は、高3の時には西島を含めふたりしか残りませんでした」(同級生)

やめていったバスケ部員たちが恐れていたのが、全国大会優勝の経験を持つ顧問のA先生の存在だった。
「A先生はとにかくスパルタで怖い先生でした。西島もよく怒鳴られていました」(同上)

しかし、西島にとってA先生は厳しいながらも、大きな存在だった。
かつてのインタビューでは、
「オレ、いつも怒鳴られてて、それで反抗したこともありましたよ。オレの精神面について指導してくれたのは先生ぐらいだったし、尊敬できる人だったんです」

高校時代の西島は、バスケ部の他にバンドもしていた。
成績のよく、部活にバンドと青春を謳歌した西島だったが、大きな悩みを抱えていた。
将来の夢が見つけられずにいたのだ。
「もっと自分がのめり込めるものがあるんじゃないか?」
そんな思いを抱えながら、一浪して横浜国立大学工学部へ進学。
そして、大学に入った直後に、A先生が突然亡くなったのだ。

西島は高校を卒業しても何かあるとA先生の元に足を運び、怒鳴られることで、励まされたという。
インタビューでは、当時をこう振り返っている。
「先生の死は、あいつが真剣に人生を考えるきっかけになったみたいで、その後は、本当にやりたいことは何だろうって、それまで以上に真剣に考えていましたね」(別の同級生)

A先生の死は、西島の人生を変えるきっかけを与えることになった。
葬儀で偶然再会したバスケ部の先輩からオーディションを受けることを進められたのだ。
それが西島の転機となり、役者の道へ進むことになった。
A先生との出会いがなければ、西島の役者人生は無かっただろう。

西島秀俊

女性に大人気の俳優・西島秀俊の私生活

西島秀俊は俳優なので体を鍛えてるのは当然ですが、その鍛え方が半端ではないようです。寝ているとき以外は、ほとんど筋トレをしているようです。

八重の桜での西島のナイスボディーは、すっかり女性のハートを掴んだ。
そんな西島のオフの姿を週刊誌が目撃。

2013年4月上旬の昼下がり、都内にある高級事務から出てきた。
帽子を目深く被り、ぴたっとした黒のパーカーにデニム姿。
服の上からでも筋肉が浮かび上がっていた。
止めてあるロードバイクに乗るとジムを後にした。

「パーソナルトレーナーと1回につき3時間前後のハードトレーニングをしているようです。大河の撮影の合間に時間を見つけてはジムに通いつめていて、オフの日もほとんど筋トレに集中しているようです。移動も車はできるだけ使わず自転車で動くようにしてますね」(芸能関係者)

ジムを出てから、途中コンビニに立ち寄り、500の缶ビールを7本とつまみを購入。
そして、再び自転車を走らせた。
信号で止まるたびに、総重量6キロほどあるコンビニ袋を片手で持ち上げ、ダンベルのように上下運動をさせている。
西島は、ジムの帰りですら筋トレに励んでいた。
さらに、この日は都内にある別のジムでも目撃されていた。

「夕方頃、西島さんはジムに併設されているショップを訪れていました。彼がジムをはしごしていた目的は、オリジナルのプロテインやアミノ酸を買うため。一回分の分量で600円ほどする高級品ばかりなので、こだわりがあるようですね」(目撃者)
オフの日も、女っ気もなくひとり黙々と身体を鍛えているようだ。
本人も休日はジムばかり通っているのでモテないと話しているそうです。

西島秀俊

西島秀俊に彼女がいた!車会社に勤めるコンパニン女性と同棲中

これまで彼女はいないと思われていた西島秀俊ですが、ついに彼女がいることが分かりました。そして、すでに同棲をしており、いつ結婚をしてもおかしくない状態という。

2014年3月下旬の夜、西島秀俊の自宅には明かりが灯っていた。
普段なら飾り気のない窓辺に、この日は鮮やかな色の風船のようなものが揺れていた。

ほどなくして、西島のマンションの前に1台のワンボックスカーが停車する。降りてきたのは西島だった。
実は翌日は西島の誕生日なのだ。
つまり記念日前日に、自宅で西島の誕生日祝いの準備をしている人物がいたことになる。

大手芸能関係者が話す。
「西島は1992年に俳優としてキャリアをスタートさせた。芸歴は20年を超えますが、これまで熱愛の話はありませんでした。女性に興味がないのではと噂されたこともありましたがそんなことはありません!彼は超がつくほど肉食系で、数年前までは頻繁に合コンに行っていましたよ。ただ、業界関係の女性より、素人っぽい素朴な女性とひっそり付き合う方が性に合っているようです。だからあまり注目されなかったんでしょうね」

2014年4月、西島は女性と半同棲生活を送っているのである。
名前をMさんとしておこう。
年齢は西島と16歳差の26歳で、自動車メーカーのコンパニオンをしており、小雪似の美女だ。
コンパニオンは派手なイメージだが、Mさんの仕事ぶりは堅実だ。
ギャラリーを訪れる客に、車の説明をする仕事だ。

2人は2年前から交際をしているそうです。
「付き合いは2年ほど前からだと思います。Mさんが彼の事を同僚に相談することもあるようですね。彼女曰く、彼がストイックで大変らしいですよ。なんでもあの肉体を維持するために、食材選びから調理まで徹底して彼女が料理しているんです」(Mさんの知人)

2人の出会いはのきっかけは不明のようですが、コンパで出会ったかも知れませんね。
お互い多忙で、デートの時間もないので、半同棲という形で交際をしているとのこと。

西島秀俊

西島秀俊の体に異変が!消化器系にポリープが発見される

人一倍、食生活と体を鍛えることで健康を管理してきた西島秀俊の体に異変が起きたそうです。消化器系の臓器にポリープが見つかったようです。ポリープは特に大腸や胃などにできる突起物で、良性と悪性があり悪性のものはがんへと変わるそうです。

西島秀俊さんはコンパニオン女性と同棲をし、ずっと彼女が食事管理をして支えてきました。そんな中でのポリープ発見にショックを受けているそうです。

2014年8月上旬に都心にある大学病院に西島秀俊が訪れていた。
病院内で待っていた医師に連れられて彼が向かったのは感染症診療室だった。

西島が感染症にでもなったのだろうか?
一体何がおきている?
「西島さんはストイックなまでに体を鍛えて、健康にも気を使っていますから、まさかの異変にショックを受けたようです」(芸能関係者)

西島は多忙の中で週に4日ほどスポーツジムに通い、トレーナーからマンツーマンで指導を受けている。
私生活では16歳年下のコンパニオンをしている女性と2年交際をしており、半同棲生活をしている。
「彼女と交際をして2年になりますが、彼女はずっと西島さんの食事管理をしてきました。それだけに今回のできごとは彼女はかなりショックを受けたかも知れませんね」(同上)

西島の体の異変は2014年の人間ドッグでわかったそうだ。
「消化器系の臓器にポリープがあることがわかったんです。内視鏡で細胞を取って診断することができない臓器のため、CTや超音波でポリープなのか、がんなのか判断することになったそうです」(同上)

判断基準は大きさや形で、10㎜を超えるものの25%はがんが認められるそうだ。
そんな西島の不安な気持ちに、ドラマ「チーム・バチスタ」シリーズの医療監修をしているA氏が力を貸したそうだ。

そのA氏が西島に紹介をしたのが冒頭の大学病院だった。
「Aさんは日本でトップクラスの医師を紹介したそうです。そして、西島さんが診察の時に気を使わなくていいように、あまり人目につかない感染症診療室での診察もお願いしてくれたそうです」(同上)

この医師はがん治療においてとても有名な人だそうです。
そして、診察は240分にも及んだ。
診断結果はどうなったのだろうか?
「良性のものだったそうです。しかし今後、数ヶ月に一度は経過観察が必要みたいです。成人男性の10人に1人は持っているといわれていますから、特に過剰な心配をする必要はないようです」(同上)

ポリープの検査結果は良性だったようでよかったですね。

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ