仁科亜希子の再婚に娘の仁科仁美は!旦那と離婚し4度目のがんに

女優の仁科亜季子は1972年にNHKドラマ「白鳥の歌なんか聞えない」でデビュー。1979年に俳優の松方弘樹と結婚。長男で俳優の仁科克基と長女でタレントの仁科仁美の2人の子供をもうけた。1991年に子宮頸がんを発病。1998年12月に松方と離婚。2011年2月に広告代理店勤務のと再婚するも、2013年2月に離婚。2014年10月に大腸がんのため手術を受けている。

仁科亜希子

Sponsored Links

仁科亜希子の熟女再婚に娘はどう思っていたのか

「母を見ていると第二の青春しているなぁという感じですね。きらきら輝いています」(仁科仁美)
2011年1月13日に発表した母の57歳での再婚という事実を、我が子とのように喜んでいたようだ。
お相手は同じ57歳でに勤務するAさん。約1年前に知人の紹介で知り合い交際をしてきた。
2010年8月に「父の墓の隣が空いてるんだけど、買ってもいいかな?」とAさんからプロポーズされ快諾。
2010年末からはすでに同居生活もしていたようだ。

結婚発表の前日、2011年1月11日には、長男で俳優の仁科克基が女優の多岐川華子と入籍している。
仁科家にとっては母子Wでのおめでたとなった。
娘として再婚をどのように思っているのか仁美に聞いた。
「うちの家族はさっくばらんな関係で、母から、頼れる方ができたのよという話しを2010年ごろから聞かされていました。その後、母とAさんが一緒に生活するようになって、これはきっと再婚するんだなぁと思っていたんです。私も2010年末に独立しましたし、兄も別に生活しています。母はひとりでしたから・・・。母が若くて楽しそうにしているのは娘からみてもいいことですね」
女を幸せを娘として心から祝福していることがわかる。

2010年、仁科は癌体験にまつわる母としての胸中を語っている。
「ガン告知を受けて最初に思ったのは、このままじゃ死ねない!ということでした」
ふたりの子供はまだ小学校だったから。
「闘病中に支えになったのは、子供の存在。子供がいなければもっと投げやりになっていたと思います」
そして子育てを卒業し57歳となったいま、再び女性として幸せを選ぶタイミングが訪れたのだ。
「これが10年前だったら、私はまだ高校生だし、母親に育てられている身ですよね。中学校時代は反抗期もあって喧嘩もよくしてました。こんな時に再婚の話があればきっと親子の関係は崩れていったと思います」(仁美)
再婚相手のAさんも母の子宮頸がん呼ぼう啓発活動にも理解を示し応援してくれていたようだ。

しかし、結局サラリーマンでは物足りなかったのか2013年2月に離婚。

その後、2014年10月に大腸がんが判明し、仁科にとって4度目のがんに。腹腔鏡手術を受け大腸の一部を切除した。仁科は1991年に子宮頸がんを患って子宮や卵巣、リンパ節を切除。1999年には胃がんで胃の3分の1と脾臓を切除。2008年には大腸に悪性腫瘍が見つかり、切除手術を受けている。

仁科仁美

仁科亜希子が娘の仁科仁美に結婚をするように命令

仁科亜希子と松方弘樹の娘の仁科仁美が2014年6月、結婚秒読みだった。兄は浮気ばかりして世間を騒がせている仁科克基ですが、仁科仁美は金持ちを狙っての玉の輿婚をしようとしていた。

お相手は年商150億円の株式会社エーピーカンパニーの米山久氏。この男性と結婚をしようと母と娘が協力をし狩りをしている思わせる感じだった。

2014年6月中旬のとある夜、仁科はある男性と人通りの多い六本木を歩いていた。しばらくすると手を繋ぎ仁科はとても幸せそうな笑顔を浮かべていた。

一緒に歩いていた男性は塚田農場や四十八漁場などの居酒屋を全国に展開し、年商150億円もある米山久氏だ。

2人の出会いはいつ?
「2人は2014年はじめころに共通の友人の紹介で知り合いました。その時、仁美ちゃんはお付き合いしていた会社経営者と別れたばかりでした。もう2人は結婚秒読みの関係なんですよ」(芸能関係者)

Sponsored Links

2014年はじめころに知り合ったということは、まだ交際半年未満のはずなのに、すでに結婚秒読みだったという。
その裏には、仁美の母である仁科亜希子が娘の玉の輿婚に導こうとしているそうです。
「亜希子さんは、克基は男だから仕方ないけど、仁美には結婚に失敗してもらいたくないという思いが強いんです。これまで男性には苦労してきたし、借金トラブルもありましたから。仁美さんはここ数年付き合い男性は、いつも結婚を意識して選んでいたそうです」(テレビ局関係者)

仁美は元カレとも結婚の約束をしていたそうだ。
「仁美さんは恋人ができるとすぐに亜希子さんに会わせるんです。それで亜希子さんも一緒に食事に行ったりするなかで、結婚の話を持ち出す。そうすることによって彼の方は逃げれないって思うようになる。それがあの母娘の作戦なんですよ」(同上)

前彼では婚約までいったけど、この作戦は失敗して逃げられてしまいましたが、米山氏とも結婚秒読みだそうです。
「米山さんは仁美さんと一緒に暮らす新居を建てているんですが、1人暮らしの亜希子さんを思って二世帯住宅にしているんです。米山さんは亜希子さんのことが大好きみたいなんですよね」(芸能関係者)

そして仁美は2015年2月に第1子を妊娠していると報じられた。同年6月に第1子男児を出産。子供の父親である米山久氏とは結婚していないが、同棲はしており、子供は共に育てていくそうです。

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ