岡田美里は堺正章や柳沼則夫と結婚も離婚!娘や事実婚の夫は

タレントの岡田美里は1984年からスポーツキャスターとして活動。1989年にタレントの堺正章と結婚。2女をもうけたが2001年に離婚。2003年3月にスポーツインストラクターの柳沼則夫と再婚するも、2008年3月に離婚。2010年4月に会社員男性と事実婚している。2006年に紅茶コーディネーターの資格取得。長女・栗原菊乃、次女・小春は女優。

岡田美里

Sponsored Links

カリスマ主婦・岡田美里が離婚した原因

2009年10月上旬のある夕方、都内の高級住宅街にある一軒の家に、この家の主である女性が車で帰ってきた。
しばらくすると女子高生くらいの女の子数人が「お邪魔しま~す」と家の中へ。
そのひとりの女の子が女性の娘らしい。
娘達に料理を振る舞っている女性こそ、岡田美里だ。
タレントと活動する一方で、実業家として成功を収めた彼女は、いまやカリスマ主婦と呼ばれていた。
しかし、その岡田の生活は大きな変化が訪れていた。
4歳年上の夫でスポーツインストラクターの柳沼則夫と2008年3月に離婚していたことを明かしたのだ。 

2001年に堺正章と離婚した岡田は、2002年秋、母校・聖心女子大学の先輩の紹介でスポーツインストラクターの柳沼則夫とお見合いをし、2003年3月に結婚した。
しかし、結婚生活が続くにあたって、岡田にはかなりのストレスがあったようだ。
離婚の理由については、価値観のずれと柳沼則夫に小さな嘘があったという岡田。
離婚成立は2008年3月だが、最近までその事実を公表していなかった。
バツ2になった照れ以上に、堺との離婚の時にバッシングを浴びて会社を解散させてしまったので、また公表することで、自身の会社の社員を路頭に迷わせたくなかったからだと語っていた。
岡田は2009年、社員約40名を抱える会社の女性経営者。
紅茶ショップ、アクセサリーブランドなど、手掛ける事業はいずれも順調で、この不況下にあっても、2009年9月には銀座のデパートに新店舗を開店させたほど。
経営者としての能力は高い。 

そんな岡田が2007年頃、東京渋谷区のイタリアンレストランでこんなシーンがあったという。
「岡田さんが彼に、こんなことじゃ困るといって、きつい調子で説教していたんですよ。夫婦喧嘩というよりは明らかに仕事の話で揉めているという雰囲気でした。でも彼は何を言われても黙っているだけでした・・・あ~こういう感じなんだと思いました」(飲食店関係者) 

岡田美里

そしてもうひとつ離婚の原因とされているのが、子連れ再婚の難しさである。
「ふたりの結びつきと周りのサポート、子供達のキャラクターといった全部の歯車が合っていないと難しい」
「いきなり4人の子供の母となって、仕事もある。外から見ると大丈夫?って感じじゃないですか。けれどAさんのお子さんの母になることはまったく心配していなかった。学校の面談とかも行っていたけれど、難しい年頃の男の子の母になるということにも、彼女らしく非常にあっけらかんとしていた。彼女はあくまでAさんと結婚したという気持ちが強くて、彼らの母になるっていう意識は薄かったんでしょうね」(岡田の知人) 

こうして少しづつ亀裂の入っていった岡田とA氏の結婚生活。
岡田をよく知る芸能関係者はこう明かす。
「岡田さんは堺さんと離婚した時に、普通の家庭生活がほしかったと望んで、一般の人と再婚しました。始めはAさんの世話をすることができて楽しいと喜んでもいました。しかし自ら実業家として次々と成功し、会社の規模も大きくなっていく中で、ご主人に物足りなさを感じていったんじゃないでしょうか。彼女の事業は女性客中心で彼としても中々口を挟みづらい。そのためますます彼の存在感は薄れていった・・・。結局、彼女のほうが、彼のことをを見切ったということでしょう」 

岡田は、バツ2となる今回の離婚を、直前まで迷ったと伝えられる。
日に日に募るストレスで夜中に歯ぎしりをしすぎて、前歯が根っこから折れてしまったこともあったという。
そして5年間の結婚生活にピリオドを打った。
事業の成功がまさかの離婚への始まりだった・・・。

Sponsored Links

岡田美里が元彼と3度目の再婚?事実婚宣言

堺正章の元妻でタレント・岡田美里が2010年4月に3度目の再婚をした。再婚といっても籍は入れない事実婚でしたが、岡田美里といえば、これまでの旦那と離婚する時も、自身のわがままで離婚をしましたが、今度は上手くいくのでしょうか?3度目の事実婚相手は一体だれなのでしょうか?

「えっと、ふたりでお家を建てることにしまして・・・う、うれじがった~
「ハイ、ホワイトデーともらったハート型のどら焼き(笑)」
「びゅー太郎とのスレ違いは、ホントに長かったです~」
ブログでまるで女子高生のように、びゅー太郎と呼ぶ新恋人へのラブ思いを綴りまくっているのは岡田美里。
週刊誌が、2010年1月にびゅー太郎とのドライブデートを報じた。
実は彼は岡田の元カレでもある。 

岡田が18歳の時に青山のドーナツ店でアルバイトをしている時に出会った。
その後、交際に発展し結婚を意識する仲に。
岡田は以前、週刊誌の取材で
「昔プロポーズされたんです。でもそのときは仕事があったりで・・・私、振られてるんです」
2009年12月に偶然再会したふたりの思いは一気に高まり、再び交際に発展した。
ところが結婚という形はとらないという。

岡田はブログで
「ゴクミ式?デンマーク式?」
「結婚してる聞かれたら、普通の会社員の人とフランス婚してるの~」って答えようかな。と綴っている。
元F-1ドライバーと子供をもうけながら、いまなお入籍していない後藤久美子式の事実婚だというのだ。 

幸せいっぱいに見える岡田。
「でも岡田さんは、初婚の堺正章さんとは、普通の家庭生活がしたかったといって離婚。次のインストラクターの旦那とは、初めは相手が一般人ということもあって居心地の良さを感じてたみたいなんですけど、自分の仕事が軌道に乗ったとこで、彼に物足りなさを感じるようになって離婚。こんなはずじゃなかったってなっちゃうんですよ」(芸能関係者)
今回は一般の男性との3度目の事実婚ですが、3度目の正直となるのでしょうか?

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ