MAX Reina(レイナ)の旦那との結婚の裏話!現在は子供3人出産

女性ボーカルダンスグループ「MAX」のReina(レイナ)は、沖縄アクターズスクール出身。1995年に「安室奈美恵 with SUPER MONKEY’S」のグループ内ユニットとして「MAX」を結成。メンバーはMINA(ミーナ)、NANA(ナナ)、LINA(リナ)との4人組でReinaはメインボーカルを担当。1997年リリース「Give me a Shake」「Shinin’ on – Shinin’ love」、1998年リリース「Ride on time」などがヒット。1997年から2001年まで「NHK紅白歌合戦」に5年連続出場。

Reina

Sponsored Links

REINAのできちゃった婚の裏話

元SUPER MONKEY’Sのメンバーは1997年10月にTRFのダンサー・SAMとの結婚した安室奈美恵がデキ婚(現在は離婚)、2002年に結婚したMINA(ミーナ)もデキ婚と、結婚していたメンバーは3人でした。幸せならデキ婚でもいいと思いますが、デキ婚と言えば離婚率が高いことで有名ですが、Reinaの結婚相手はどんな男性だったのでしょうか。

2011年5月、結婚しているメンバー全員ができ婚というMAX。MAXには誰かが彼氏ができるとメンバー全員に紹介させるルールがあったようです。ようはMAXのメンバーで面接をするということです・・・。MAX全員が納得した彼氏なのででき婚でも離婚の心配はない?

MAX

ブログで男性会社員とのでき婚を発表したREINA。
当時、妊娠5ヶ月で旦那とは交際1年でのゴールインだった。
REINAといえば、芸能界で男女を問わず交友関係が広いことで有名だった。
2005年には、俳優の妻夫木聡との朝帰りを報じられている。 

「ふたりは30人以上集まるバーで貸し切りパーティーで一緒になったんですが、妻夫木くんは、REINAさんの隣に座り話し込んでいました。故郷の博多弁でしゃべり、とてもご機嫌でしたね」(参加者)
朝まで盛り上がったふたりは、仲良くタクシーに乗り込んで帰って行った。
その姿はまるで恋人同士だったという。
「REINAさんはすごく家庭的で、ブログには料理のレシピをアップするなど、メンバーのなかでいちばん結婚に向いてるといわれていましたが、なぜか熱愛報道はそれっきりでした」(芸能関係者) 

Sponsored Links

いままで熱愛が報じられなかった理由に次のようなことが原因ではないかという。
「MAXは全員沖縄出身で、中学生のころからの付き合い。無名時代から家族以上の絆で結ばれているんです。メンバーの誰かに彼氏ができると、他のメンバーに必ず紹介するそうです。そしてメンバーはその彼氏に仕事は何してるの?とか質問攻めをして品定めするそうです。これをクリアしないと正式な彼氏になれないんです」(芸能関係者)
この男性はこれをクリアしたいい男のようだ。

その後REINAは、2011年11月に長男が誕生。2013年2月に長女が誕生。2015年2月には第3子となる男児を出産。現在は産休中。

2016年5月に、行きおくれキャラだったメンバー最年長のNANA(ナナ)が40歳で、昔MAXのバックダンサーを務めていたという6歳年上振付師のCHINOと結婚。LINA(リナ)は彼氏はいたようですが現在も独身のようです。

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ