ローラは彼氏・有田哲平と熱愛も結婚は?幼少期や父と母は

タレントのローラは父がバングラデシュ人、母が日本人とロシア人のクォーター。2007年に「ポップティーン」モデルとして活躍。2008年に「ViVi」の専属モデルに。その後はタレントとしてバラエティ番組に多数出演しています。

ローラ

Sponsored Links

ローラと有田哲平が熱愛!口説く手口は人生相談

有田哲平と言えば、過去にも深田恭子、坂下千里子、安田美沙子などと熱愛が報じられました。そして2012年、ローラとお泊まりを報じられ、ローラは友達であると交際を否定しましたが説得力なく。

「テレビでの言いたい放題キャラとは違い、プライベートでは女性に対してマメで優しいんです。女の子からメールがくれますぐに返信するし、ロケに行くと必ずお土産を女の子ひとりに買ってきてあげるそうですよ」(芸人仲間)

フライデーでお泊まりデートが掲載されたローラと有田哲平。
同誌には、マスクとサングラス姿のローラが有田のマンションに消え、ふたりが部屋から出てくる写真まで掲載されている。
有田はこれまでもいろいろな女性と熱愛が報じられてきた。
なぜ有田はこれほどまでもてるのだろうか?

「彼は飲み会では大騒ぎして場を盛り上げますが、酔っぱらっても気配りを忘れない。グラスが空けば酒をさっと注ぎ、料理も自らシェアしてあげるなどそつがありません。女性とふたりきりになると、聞き上手な男前キャラに変身します。おバカタレントと食事しても、絶対に本人をバカにしません。紳士的に話を聞き、先輩として人生相談にのってあげるため、女の子もコロッとおちるそうです」(芸人仲間)

そんな彼が女性を口説くために最終手段として使っているのが、人生相談だ。
細木数子直伝だという。
「有田は細木と2008年まで4年間、スバリ言うわよ!で共演してきた。有名人が細木に人生相談にのり、人を引きつけていく彼女の姿を見た有田さんはどうすれば相談相手がおちるのかを学んだようです」

その後、2016年に2人は結婚するという一部報道がありましたがローラは否定しています。

有田哲平

ローラの酒癖の悪さにタモリと鶴瓶が激怒

ローラが笑っていいともの打ち上げで酔っぱらって大暴走。過去にも酒癖が悪いことが報じられましたが、筋金入りの酒乱のようです。

「ローラが面白くて面白くて・・・あんまり飲ませちゃだめだね、あれは」
爆笑問題がラジオ番組でそう切り出したのは2012年12月26日に行われた、笑っていいともの忘年会の凄絶な様子だった。
当日は放送終了後に、出演者とスタッフ300人以上が集まった大規模な忘年会が行われた。
その席でローラが大暴れしたという。

異変が起きたのは乾杯の直後だった。
「月曜から金曜までレギュラー陣が順番に挨拶していくんですが、月曜レギュラーの渡辺直美さんが話しているとき、ちょっとあの人、顔でかすぎじゃない?とチャチャを入れるローラさんの大声が響きました。開始早々彼女は酔っぱらってしまったようです」(フジ関係者)

ローラの勢いは止まらず、伊藤修子が挨拶している時には、
「いきなりローラさんが、彼女からマイクを取り上げて、あなたのこと、あたし知らない~なんて叫びだしていました」(同上)

ローラ

さらに暴走は続く
「いろんな席にフラフラ行っては、キャーキャーと意味不明なことをわめきまくりで・・・。ひとしきり暴れた後、席に戻ってきたと思ったら、テーブルの上にいきなりゲロをはき始めたんです・・・」(同上)

これについては、相当ひどかったようで、爆笑問題がラジオで、「あんなゲロの吐き方、見たことないよ」とネタにするほどだった。
「さすがに見かねた鶴瓶さんが、お前、ええかげんにせえよ!って怒って会場の外に連れ出していました」

ローラはこれまでも酒の席で失態をおかしている。
過去には東幹久が、彼女の酒乱ぶりを暴露している。
番組の打ち上げで東と同席したローラは、「その帽子きもい!」と、彼の大切な帽子を取り上げて投げ飛ばしたり、誕生日だったローラのために用意したケーキを東の顔に塗りたくるなど大暴れをしたという。

そんな酒乱ぶりをみせてきたローラはタモリが相手でも・・・。
「タモリさんは各テーブルを回って挨拶していたんですが、ローラが外から戻ってきた時に、タモリさんが彼女の席に座っていたんです。すると泥酔状態のローラさんは、シッシってタモリさんを無理矢理どかしていました。タモリさんは大人の対応で離れていましたが、酔いすぎじゃない?って怒っていました」
また酒癖の悪さがでてしまったようです。

Sponsored Links

ローラの幼少期時代とは!母が逃げ父が逃亡

2013年6月、国民健康保険の海外医療費を騙し取ったとして、国際指名手配になったローラの父・ジュリップ・エイエスエイ・アル。
このような一連の詐欺行為をわかってるだけで1000万円以上騙し取っていることがわかっていました。また、ローラの父が主犯格で芸能活動をしているローラにも影響がでるのではと心配されました。複雑な家庭で育ったローラは、よくぐれずに成長したといってもいいほどの環境で育っています。

1990年に日本で生まれたローラは、1歳の時に父の故郷であるバングラデシュに行き、6歳で帰国。
その後も、たびたび日本とバングラデシュを往復する生活が続いた。
しかし、ローラは日本語がわからず、日本の生活に溶け込めなかった。

インタビューでもこのように話をしている。
「小さい頃、バングラデシュから日本に来た時、日本語がわからなかったから、ジェスチャーで学校の友人と話しをしていたの」
そんな幼い頃のローラを支えてくれるのは母親だったはずなのだが・・・両親は離婚をしていた。

父を知るバングラデシュ人の男性が話す。
「最初の奥さんは、ローラさんを産んだ後に逃げてしまったそうです。小さな子2人を抱えてローラの父は大変だったようです」
日本人とロシア人のハーフであるローラの実母は、記憶に残らない赤ちゃんの時に家を出て行った。

ローラ

その後、父は中国人女性と再婚。
2度目の帰国後の1999年頃には、木造アパートに家族8人で暮らしていた。
ローラは実は双子。
父とローラと双子の弟、そして中国人の継母と、その間に生まれた双子の赤ちゃん。
さらには中国人継母の両親も同居という複雑な家庭環境だった。
(ネットでは、一部、ローラの父と中国人母は偽装結婚だと噂になっていますが、ふたりの間には子供がいるのでこれは違うようですね)

その後、継母の両親以外の一家は、多摩市の都営団地に引っ越し、彼女はここで7年間過ごしたという。
都営住宅は低所得者のための住宅だったそうだ。
団地の住民でローラの出身中学の関係者が話す。
「この団地の間取りは3DKで、家賃は所得に応じて変わります。当時、収入の少ない人は家賃1万円以下でも入れるようになっていました」

一家の経済的苦境には父の度重なる事業失敗があったそうだ。
「父は飲食店を出しては潰すということを繰り返していたそうです。一度、雑貨店を開いたこともありますが、それも失敗していました。苦労している父の姿をずっと近くでローラさんは見てきました」

ローラは継母とはうまくいっていなかった。
「実母がいなくなっただけでも辛いのに、継母は自分が生んだ双子の育児が優先で、連れ子であるローラはあまりかまってもらえなかったそうです。反抗期になると継母に対して何度も喧嘩を繰り返していたそうです。しかし、父はそんな時、ふたりで食事にいったりし、ローラの話を聞いてくれていた。そのためローラは父のことが大好きだった」(ファッション関係者)

そしてローラは働ける年齢になり、父(家庭)を助けるために、ホームセンターでアルバイトし、家計を支えた。
ローラに転機が訪れたのは高校生の頃だった。
渋谷でスカウトされてモデル活動を始めたのだ。
モデルを始めたばかりの少ない収入も父に渡していたそうです。
タレントになってからも父には仕送りなどをしていたそうです。

そんな父はまさかの詐欺容疑で国際手配されるとは、ローラが一番傷ついているのではないだろうか。
いまだにバングラデシュから帰国しない父。
父はこれからどうなるのか?国際犯罪に詳しい弁護士が話す。
「逃亡中の容疑者に送金すれば幇助の罪にあたります。ローラさんも注意が必要です。バングラデシュでは積極的に逮捕されることはないでしょう。時効は日本国内にいる時だけ加算されるので、帰国しない限り時効が成立することはありません」
ローラと父はもう日本では会うことができないようです。

ローラ

父が国際指名手配されローラは傷ついていた

ローラの父・ジュリップ・エイエスエイ・アルが2013年6月に、海外療養費を騙し取ったとして国際指名手配されました。この事件により、ローラの芸能生命の危機も噂されましたが、仕事が減ったなどということはないようです。

「実父が詐欺容疑で国際指名手配されてから2ヶ月がたちましたが、まだ行方をくらましています。当然、ローラさんがイベントに出演すると、父の質問が飛び交うことになり、そのたびにローラさんは傷心しているようです」(芸能関係者)

2013年9月3日に都内で行われたThe Best of Beauty 2013の授賞式に出演したローラ。
この日も報道陣から実父についての質問が飛んだが、彼女は困惑の表情を浮かべるばかりで終始無言だった。
そんな授賞式後のローラの姿を、表参道にある高級ブランド店・CELINEで目撃した。
買い物を終えると、所属事務所の車で向かったのは、なんと堺正章の自宅だった。

「2人が知り合ったきっかけは、堺さんが司会を務める番組・世界一受けたい授業にローラが出演したことだった。そこで堺さんがローラのキャラを気に入り、以来、交流が続いているそうです。彼女は父の件で悩んでいる時も堺さんに相談しているようで、芸能界のパパのような存在なのでしょう」(2人を知る関係者)

ローラ

実際、ローラのブログには、堺夫婦との食事をしたことなどが書かれている。
ローラは慣れた様子で家の中へと入っていった。
「堺さんが自宅に呼ぶのは本当に親しい人だけ。かなり頻繁に遊びにいっているようです。今では奥さんとも打ち解けていて、奥さんもローラのことをかわいがっているようです」(同上)

実は、この日は堺夫人の誕生日を祝うサプライズバースデイを行うことになってたようだ。
この日の買い物は、夫人へのプレゼントだったのだろう。
15分ほどで自宅からでてきた時には、買い物袋はなくなっていた。
そのまま、堺夫婦とローラは、スタッフ10名ほどの連れて横浜へと車を走らす。
着いた先はおしゃれな中華料理店だった。

パーティーは2時間半ほどで終わり、店から出てきたローラは、授賞式の時とは違って、満面の微笑みを浮かべていた。
そんな彼女を見守る堺夫婦の眼差しは、まるで両親のようだったという。

その後、2014年に逮捕されたジュリップ・エイエスエイ・アル。2015年に海外で支払った医療費が還付される制度を悪用して海外療養費計約167万円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた判決公判が東京地裁で開かれた。裁判官は懲役2年6月、執行猶予4年を言い渡しています。

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ