坂本勇人のモデル・里海と交際や連日女性お持ち帰り!彼女は

プロ野球選手の坂本勇人は青森・光星学院3年時に選抜で甲子園出場。2006年に高校生ドラフト1巡目で巨人へ入団。2年目に遊撃手の守備位置を獲得しレギュラーに。今季の成績は打率2割6分9厘、12本塁打、68打点。年俸2億2000万円。2014年3月に元体操選手でロンドン五輪に出場した田中理恵と熱愛も同年7月に破局。これまでの恋愛遍歴は。

坂本勇人

Sponsored Links

坂本勇人と人気雑誌モデル・里海との交際発覚

2008年ブレイクして、2009年は首位打者も狙える位置にいた読売巨人軍の坂本勇人選手と、女性誌で活躍するモデル・里海との交際が2009年7月に報じられました。モデルだけあって里海のファッションはおしゃれなのに対して、プロ野球選手はファッションセンスがないと言われているように、坂本選手のファッションは、キャップ帽に前面に大きく般若の顔のようなものが描かれたTシャツとGパンで少し残念な恰好のようです。

2009年6月某日、坂本選手が都内のマンションから姿を現したのは、午後6時過ぎ。
その後ろから白いワンピース姿の女性がつかず離れず一緒に歩いて行く。
身長184CMの坂本に見劣りしないすらりとした体形の美女は女性誌「with」のモデル・里海である。
里海といえば、2009年5月22日号のフライデーで溝端順平を自宅マンションにお持ち帰りしちゃったあの美女である。
もしや年下キラーの肉食女子?

その里海のマンションから出てきたのがゴールボーイの坂本選手ってワケだ。
「坂本選手との接点は、2009年5月に行われた「with」の対談記事で知り合い、彼女が携帯電話の番号を教えて交際が始まったそうです」(里海の知人)
出会って1ヵ月で年上美女の部屋を訪れる坂本はダテではない。

マンションを出たふたりは、最初は距離を保ちながら歩いていたが、すぐにぴったりと里海の方から横に並んだ。
坂本は照れくさいのか?周りの目が気になるのか?終始うつむき加減だ。
やがてふたりはタクシーに乗り込み、六本木にある豚シャブ店に。
2時間後、店から姿を現したのは里海。
ひとり、所在無げにガードレールに腰掛けている。
どうやら、店の出口付近で坂本がファンらしき客に話しかけられているらしく、気をきかしていたようだ。

数分後、ようやく坂本が姿を現すと、彼女はパッと笑顔になり、彼の元に駆け寄って体を密着させて、とてもいい感じ。
その後、ふたりはタクシーで再び里海のマンションに戻ると、仲良く部屋の中に消えた。
このままお泊りか?と思いきや、2時間後の夜11時に坂本はマンションから出てきた。
酒が入っているため、運転代行業者の人に自身の車を運転してもらい、門限のある寮へと帰っていった。
この日の坂本はブログに「イロイロとなんだか変化が起きてきたよぉ~」と交際を漂わせる書き込みをしていた!
「あの日豚シャブデートを機に、ふたりは本格的にお付き合いを始めたらしいです。もっとも彼女は、彼は凄くモテる人だから、長くは続かないかも知れないと不安がってましたけどね」(里海の知人)
当時、ふたりは注目されていました。

Sponsored Links

坂本勇人が連日の女性お持ち帰り!彼女は誰

読売巨人軍の若手で中心メンバーに育った坂本勇人選手が、連日六本木で女性をお持ち帰りし、遊び回っている姿が2013年10月に報じられました。坂本といえば、楽天・田中将大投手と同級生であることでも有名ですが、まだ24歳と若く、遊び盛りのようです。

2013年10月8日、女性ファンからの声援が飛び交う中、坂本勇人が球場を後にしたのは午後10時過ぎ。
さすがに疲れたのだろう、自宅マンションへと直行した。

坂本は、2013年シーズン打率265、HR12、打点54と前年度と比べて平凡な成績に終わった。
クライマックスシリーズに向けて、体を休めると思いきや、帰宅してから20分後に送迎車で外出をする。
向かった先は六本木にある高級クラブだった。

「あの店は、AKB48の創設者の1人である会社社長がオーナーを務める高級会員制のクラブですよ。多くの芸能人や著名人が通うことでも有名ですよ」(同業経営者)

午前2時半過ぎ、店から客がどっとでてきた。
その中にホステスと思わしき女性と方を組むご機嫌な坂本の姿があった。
坂本は大声笑いながら、美女の腰に手を回し、路上でキスをするなどやりたい放題。
女性も嫌がる様子はなく喜んでいる。

「羽振りもルックスもいい坂本はお店の女の子に人気ですよ。むしろ彼女たちが坂本を狙った争奪戦を繰り広げています」(クラブの店員)

坂本は、24歳で年俸は1億8000万円。
巨人の若きスターから誘いを断る女性はそうはいないだろう。
さらに、坂本はキスをした美女の隣にいた女性もターゲットのようだ。
坂本は両腕で2人の女性の肩を抱きながら3人でタクシーに乗り込んだ。
車内では坂本はベタベタ美女の体を触り、ハーレム状態のようだ。
そして、そのまま道玄坂にあるラブホテルに3人で入っていった。

坂本がお持ち帰りをしたのは、この日だけではない。
2013年9月中旬の夜11時過ぎ、坂本は代官山にあるレンタルビデオ店にタクシーで乗りつけた。
店に入っていく坂本の後ろをミニスカート姿の美女が追って入っていく。
六本木で目撃した女性とは別人で、20歳半ばくらいの女性だった。

坂本はDVDを借りると女性と時間差で店を後にする。
バス通りでタクシーを拾う時も、彼女とは一定の距離を保つ坂本。
そのままタクシーに乗り込み、2人一緒に坂本の自宅に到着し、女性が慣れた様子で先にエントランスに向かう。
坂本も距離を取りながら入っていった。
この日も自宅に美女をお持ち帰りをしていたのだ。
モテモテの坂本の夜の打率は10割だった!

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ