反町隆史と松嶋菜々子の現在の夫婦仲は!ドーベルマン訴訟も

俳優の反町隆史は1997年から1998年にかけてドラマ「バージンロード」、「ビーチボーイズ」、「GTO」などのドラマに出演し人気俳優に。1997年にシングル「FOREVER」で歌手としてもデビュー。同曲が「ビーチボーイズ」の主題歌としてヒット。女優の松嶋菜々子と「GTO」の共演をキッカケに、1999年11月に交際スタートし、2001年2月に結婚しています。

反町隆史

Sponsored Links

反町隆史の実生活と子育て

反町が松嶋菜々子と結婚したのは2001年2月21日。結婚10周年を迎えた。子供は2004年に長女、2007年には二女が生まれている。ママタレントがブログで子育てを公開する風潮の中で、反町と松嶋夫婦は一貫してほとんどプライベートを公開していない。かつては松嶋と同じステージにたつこともあったが、結婚発表後は夫婦でメディの前にでたことは一度もないのだ。

「メディアに対して、子供達のことをできるだけ隠したいというのが、僕達にはあるんです。事件に巻き込まれかねないということもありますし。以前、ある俳優さんから、お子さんが誘拐された事件の話を聞いて、涙がとまりませんでした。当時、その方は、生まれて間もないお子さんを捜して裸足で駆けずり回ったそうで衝撃でした。そういう話を聞くと、守るべきものは守らないという気持ちがどうしても強くなるんです」

出演したドラマを家族でみたりはしますよ。
でも子供が小さいので、見るものは限られています。
正直な話、うちはあまりテレビをつけないんです。
あえて見せていないというか、意図的にそうしているわけではないんですが。
ドキュメンタリー番組とか、ニュースはわりとみてますね。
子供達はなんとなくテレビに両親がでているのはわかっているようです。
役者であることを隠す必要もありませんが、家では言っていません。 

娘達の教育には、父親としてかなり気をつかっているようだ。
長女は2011年4月から小学生になった。2010年秋にはお受験も経験している。
「最近は、受験者の数も増えているから、厳しいみたいですね。お受験対策は全然わかりません(笑)。僕も経験したことないですから・・・。そういう意味では全部妻に任せています。僕は子供の精神的なケアだけです。僕は生まれが埼玉県ですから、小さい時は外で遊んで学んだことが多かった。だから子供に対しても、自然の中で遊ばせたい、学ばせたいという思いがあるんです。自然の中で遊ぶと、うまくいかないことも多いじゃないですか。キャンプをしていて突然雨がふってきたり、寒かったり、いろいろ不自由だからこそ学ものがあったり、友達同士のチームワークがうまれたりすると思うんです」 

「男の子なら自分の生き方を基準にアドバイスできますが、女の子は微妙に違いますから難しいですね。怒るときもありますよ。ダメな時はダメとか、人として大切なことは伝えていきたいと思っているんです。ただ、やはり子育てでは母親に勝てない部分もありますね。女の子は父親に目を向けると聞きますが、うちは僕より母親ですね。今回のドラマでは、子供は母親じゃなくて父親の方を向いている。そういう意味では、実生活と正反対ですね」
結婚当初から、反町がプライベートのことを隠していましたが、誘拐など危険を回避するために隠しているようですね。

Sponsored Links

反町隆史と松嶋菜々子夫妻のドーベルマン訴訟が示談で解決

反町隆史、松嶋菜々子夫妻が飼っているドーベルマンの騒音被害が報じられました。被害を受けた隣の部屋の住民とは示談で解決したのですが、その部屋のオーナーから訴えられていたという。しかも5000万以上の損害賠償・・・。裁判の結果はどうなったのでしょうか? 

都心部有数の高級住宅街にあるマンション。
それぞれの部屋は2階建てのメゾネットタイプで、広さは200㎡を超える。
このマンションに反町と松嶋と長女が住み始めたのは2011年春のこと。
長女の受験のために移り住んだ。(長女は名門私立小学校に合格している)
松嶋と反町は犬好きで、長女が産まれる前からドーベルマンを飼っている。 

2011年の6月中旬、このマンションに引っ越し業者の大型トラックが止ると大量の段ボールが次々に運びこまれていった。
持ち主は、世界的にも有名なデザイナーA氏。
同マンションには、妻、息子の3人で6年間住んでおり、さらにむこう2年間の契約まで済ませていた。
それにもかかわらずA氏は突然引っ越しをしていったのだ。
その原因といわれているのが、反町と松嶋の愛犬だと言われている。 

引っ越し直前にはこのような事件があった。
「引っ越しの1ヶ月ほど前のこと。松嶋たちが飼っているドーベルマンがA氏の妻をかんでしまったのだ。家族が散歩させようと玄関から連れ出したところ、ちょうどA氏の妻とはちあわせに・・・」
もともと、このマンションの使用規則には小動物を除く動物の飼育が禁止されている。
松嶋たちはオーナーに頼んで飼育することが認められていたのだ。
条件は、マンション管理組合に犬1匹3万円の管理費を支払っていた。 

このドーベルマンは、日本警察犬教会の訓練試験にも合格している。
理由もなく、噛みつくことは考えにくいのだが・・・。
訴えに寄れば、「松嶋の犬は隣の家の扉が開き、出てきたA氏の息子に驚いて噛みつこうとした。とっさにAしの妻がかばったところ、太ももを噛みつかれてしまった」
松嶋を知る芸能関係者が話す。
「病院には松嶋さんも一緒に付き添われたし、その後も、Aさんの奥さんが通院する時も一緒に行くこともありました。良好な関係だったんですが・・・」

反町隆史

ドーベルマン訴訟で5000万円以上の損害賠償を求められる

ドーベルマン訴訟はその後、両者の間で示談が成立した。だが結局はA氏一家はマンションを引っ越した。それとともに、松嶋と反町は5000万円以上もの損害賠償を求められて訴えられることになった。
ドーベルマンの一件から4ヶ月後の2011年10月28日、A氏夫婦が住んでいた部屋の不動産仲介業者が反町と松嶋を訴えた!
A氏は2年間住む契約をしていたが、引っ越しをしたため、不動産仲介業者に支払われるはずの賃料がなくなってしまったというのが主張だ。 

原告側によれば、賠償金の内訳は、家賃175万円の27ヶ月分の4725万円。
さらに部屋を管理維持をするために必要な経費、電気、水道などの基本料金27ヶ月分と弁護士費用で合計5220万円。
さらに主張はマンションの使用規則違反であることも主張している(小動物以外飼育禁止)
これに対して、反町と松嶋側も反論している。
・マンションのオーナーに事前にドーベルマンを飼うことについて相談し了承されている。

・夫婦の子供がドーベルマンを散歩に連れ出した際、事務所関係者が一緒にいた。

・A氏の妻が病院に運ばれる際には松嶋も同行し、その後の通院にも付き添った。示談も円満に終わりA氏との関係は良好だ。

裁判は今でも係争中だ。
現在ペットを世帯は30%を超えると言われている。
そのためいろいろなトラブルがあるようだ。
過去の判例を見ると、95年東京地裁で争われた裁判は、閑静な住宅街で4匹の犬を飼っていた飼い主が、向かいの共同住宅の持ち主と居住者から1098万円の損害賠償をされた。
「飼い主は充分なしつけを怠ったとして、居住者にそれぞれ30万円、所有者に別途32万円の賠償が認められた」
また、ペット禁止マンションでも住民の3/4の賛同を得ればペット可に改正できる可能性がある。 

反町と松嶋の場合は、住んでいたA氏との示談は済んでいるので、これ以上の請求はないようです。
もし訴訟されていたら数百万円の賠償金命令がでてた可能性が高いようです。(怪我をさせているため)
後は、不動産仲介業者との問題が残っているようですが、これも芸能人のイメージもあるので、最終的には示談で和解という形になるのではないでしょうか?

松嶋菜々子

反町隆史と松嶋菜々子の仲の良さは本物

夫の不振(仕事減少)により、子育てより女優復帰をしたとも噂される松嶋菜々子。
家政婦のミタで歴史的な高視聴率を叩き出し大成功しましたが、そんななかで、反町とは上手くいっていなくて離婚危機なども報じられましたが2012年10月、フライデーがふたりのツーショットを報じています。心配されていた夫婦仲は大丈夫?

2012年10月初旬の週末の夜8時過ぎ、反町と松嶋を発見した。

「今現場終わったところなんですが、路地を曲がったらいきなり目の前に松嶋菜々子が現れて・・・。その後ろから反町隆史も現れました」

「ふたりとも普段着で松嶋はジーパン、反町もTシャツにサンダルでした。子供ふたりも一緒で、1人の子は柔道着みたいなのを着てキックボードに乗ってて、もう1人は自転車に乗っていましたよ」

しかし、それにしても、このふたりはよく見かけるな。
この間の、織田裕二夫婦を招いての琵琶湖豪華別荘バカンスの時もそうだったけど。
キムタク夫婦にはめったに目撃しないけど、この夫婦はよく遭遇する。
夫婦仲がかなりよさそうだとのこと。
反町だけは、冬でも半袖を着ているそうですが、写真も反町だけは夏の格好でした。
夫の仕事が不調でも妻が絶好調なので上手くいっているようです。

反町隆史 松嶋菜々子 sorimachi0819

ドーベルマン噛みつき裁判で385万円の支払い命令

反町隆史と松嶋菜々子夫婦マンションで飼っているドーベルマンが隣に住んでいる女性を噛んで怪我をさせてしまった件。訴えたのは、噛まれた女性ではなく、マンションの管理会社でした。地裁の判決は、反町夫婦に385万円の支払いを命じる判決。この判決には納得していないようで、控訴する予定だそうです。この件で、愛犬のドーベルマンは手放したそうです。

2011年5月、反町夫婦の飼い犬であるドーベルマンが、同マンションの隣人だった世界的有名デザイナーA氏の妻を噛んでしまった。
すぐに彼女は救急車で病院に運ばれ、それに松嶋も付き添ったという。

この件は、示談が成立し、事件後も両家は良好な関係を続けたものの、A氏一家は、住み続けるのは怖いということでこのマンションから引っ越していった。
そして、2011年10月、マンションの不動産管理会社が約5220万円の損害賠償を求めて、反町夫婦を訴えたのだ。

A氏が突然退去したため、同社に入るはずだった賃料などが入らなくなってしまったという主張だった。
これに対して、反町側も、マンションオーナーに事前にドーベルマンを飼う了承を得ている。
A氏とは示談が成立しているため、A氏の退去は自分達とは関係ないと反論していた。

しかし、1年半にも及ぶ裁判で、東京地裁は、385万円の支払いを命じた。
この件について、反町と親しい芸能関係者は、
「反町さん夫婦は、結局、このマンションを出て行きました。愛犬のドーベルマンも手放しているんです。被害者の方とも示談が成立していますから、正直、判決には納得いかないみたいで、控訴も考えているようです」
裁判はまだ続きそうだ・・・。

でも、この件は、反町夫婦のドーベルマンが噛んだことで、隣の住民が出て行ったので、賠償金払うのが当然だという意見が多かった。

反町隆史

反町隆史の仕事激減で松嶋菜々子との夫婦仲もピンチで離婚危機?

子育て後、松嶋菜々子は2013年、家政婦のミタで高視聴率を叩き出し、ギャラも大幅にアップ。ドラマ救命病棟24時にも出演。さらにドラマのオファーが殺到。一方の反町は、仕事がほとんどない状態で、同年12月に映画に出演するものの脇役のみで、俳優としての評価も下げていて、松嶋とは対照的になっています。

ドラマで次々に高視聴率を連発する松嶋と反町の広がる収入格差で離婚危機が囁かれている。
ビーチボーイズやGTOでブレークした反町は、GTOで共演した松嶋と2001年に入籍し2女をもうけた。

「松嶋と結婚後、反町の仕事は激減した。殺しも主演は2013年2月にい放送されたフジテレビの金曜プレステージ・捜査一課・澤村慶司の単発のみ。2013年12月には映画・カノジョは嘘を愛しすぎてるが公開されますが、主演は佐藤健で反町は脇役。反町は視聴率が取れないこともさることながら、現場での態度が横柄で共演者やスタッフから敬遠されているんですよ」(制作会社プロデューサー)

一方の松嶋は、家政婦のミタで再ブレイクした。
2013年7月からは、低視聴率にあえぐフジテレビの威信をかけたドラマ・救命病棟24時に出演し健闘をしている。
「松嶋は、シリーズの顔だった江口洋介が出演しない中でのこの視聴率ですから、今後もオファーは殺到すると思いますよ」(フジのドラマ関係者)

さらに反町との収入格差が広がりそうだ・・・。
今は子供の夏休みだけに、主夫業をしているのかと思いきやどうやら違うようだ。
「仕事がない反町は、孫の顔を見たさに自宅にやってくる松嶋の両親と顔を合わせたくないようで、別荘がある琵琶湖にブラックバスを釣りに行って家にいません。これには松嶋も呆れています。このままの状態が続けば夫婦に亀裂が入り離婚危機にも・・・」(同上)
松嶋に愛想を尽かされなければいいが・・・。

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ