すみれの元彼が亡くなった過去!石田純一や松原千明にも紹介

モデルのすみれは俳優の石田純一と女優の松原千明の長女として知られる。1997年に母・松原とともに7歳でハワイに移住。2006年にモデルとしてデビュー。ファッション雑誌「mina」「25ans」などのに登場。その後「ユニクロ」「TSUBAKI」「爽健美茶」などのCMにも出演。2012年3月の舞台「GOEMON~孤高の戦士~」女優としてデビューしています。

すみれ

Sponsored Links

元カレが23歳という若さで亡くなる!原因はすみれとの破局か

過去に週刊誌でもデートが報じられた石田純一の娘で女優・すみれとアクション俳優だった・玄也さんが自ら命を絶ったと2012年12月に報じられました。すみれとの失恋が原因だったのか?元彼女だったすみれもショックを受けてたようです。

2012年9月のある日のこと、新宿の雑居ビル前に立っていた彼女は目立っていた。
ヒールのあるサンダルを履いており、彼女の身長は180㎝を超えており、日本人離れしたスタイルで行く人の視線を振り返らせていた。

彼女は石田純一と、前妻で女優の松原千明との間の長女・すみれだった。
7歳の時に母とともにハワイに移住し、2009年にアメリカの名門大学に入学したものの2011年夏から休業し、女優とモデルとして活動していた。

すみれ

10分ほどすると彼女が待っていた男性が現れた。
ふたりは腕を組んで近くのイタリアンレストランへと入っていった。
2時間ほどのディナーを終え、ふたりが店を出たのは午後10時過ぎ。
再び腕を組んで近くのコンビニで買い物を済ませると、タクシーを拾って乗り込んだ。
そこから車で20分、すみれの自宅マンション前に到着すると、男性は彼女と一緒に部屋の中へと入っていった。
男性が再び姿を見せたのは、翌朝9時過ぎだった。
それから2ヶ月あまり経った2012年11月22日の朝。その男性は引っ越したばかりの部屋の中で自ら命を絶ったという。

男性はアクション俳優の玄也さん。
当時、劇団EXILEの舞台に出演するなどして活躍をしていた。
たった2ヶ月の間に一体何があったのだろうか?

ふたりの出会いは2012年3月、すみれが俳優の早乙女太一の相手役に抜擢された舞台・GOEMONでの共演だった。
「もともと早乙女さんと玄也さんは親友なんです。すみれさんは時代劇のヒロインという大役は初めてでプレッシャーでした。それをそばで支えてくれていたのが玄也さんだったんですよ。自然の流れで交際が始まったようです」(舞台関係者)

ふたりは交際が始まってからは、すみれの自宅マンションで過ごすこともあったが、多くの時間を玄也さんの自宅マンションで過ごしていたという。
そこで2012年5月から知人から譲り受けた猫をふたりで大切に育てていた。
舞台が終わってから、すみれさんとハワイに6泊の旅行をしています。
すみれさんは、松原にも石田純一にも石田の妻・東尾理子にも紹介していたという。
そんな幸せな日々を送っていた公認カップルだったが、お泊まり直後に破局していた。

「2012年8月くらいからスレ違いが多くなっていったようです」(芸能関係者)
当時のすみれは2012年9月にも舞台のヒロインに抜擢され、朝から晩まで稽古に追われる日々だった。
「別れはすみれさんの方から切り出したそうです。でもお互い納得して別れたので、その後もいい友人関係だったみたいですが・・・」(同上)

Sponsored Links

しかし、事態は急変。
玄也さんが変わり果てた姿で発見されたのは、2012年11月22日の昼過ぎのことだった。
その日朝から彼と連絡が取れないことを心配した早乙女さんが、友人とともに玄也さんの部屋に訪れた時は、すでに息を引き取っていた。
実は、その前日の夜、早乙女は友人たちと一緒に玄也さんと夕食を食べていた。
その席でこんなことがあったようだ。

「玄也さんは、明日で俺死ぬから。朝9時過ぎくらいに警察を呼んで欲しいと言ってきたそうなんです。でもお酒の席だし、誰だって嫌なことがあったら死にたいと一度くらいはいうじゃないですか、だから誰もそれが玄也さんの本心とは思えなかったようで・・・」(早乙女の知人)

玄也さんはすみれと別れて以来、元気がなかったそうだ。
玄也さんは遺書のようなものを残しており、そこには誰にも打ち明けられなかった苦悩と人生に絶望していく様が綴られていたという。
早乙女たちも、もっと話してほしかった、聞いてあげたかったと自分を責めて落ち込んでいたそうだ。

お葬式には、早乙女ら友人など100名以上が集まり、その中にはすみれもいた。
玄也さんの母に週刊誌が話しを聞くと、まだ気持ちの整理ができていないのでノーコメントということだったという。
玄也さんの死は、すみれが関係しているのかどうか聞くと、言葉を選びながら語ってくれた。
「私には何もわからないし、本人にしかわからないこと。誰にもわからないでしょうし、もし何かあるとしても、私がいうことで相手のかたに迷惑がかかっても悪いですし。それは一切お答えできないし、するべきじゃないと思うんです。まぁ男と女、大人ですから・・・」と、話してくれたそうです。

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ