橘麗美は事務所に騙されたと芸能界引退!突然の復帰も現在は

元グラビアアイドルの橘麗美は日テレジェニック2008にも選ばれ、グラビアアイドルとして活躍。テレビ出演やDVD、写真集を出していましたが、現在は引退しています。

橘麗美

Sponsored Links

橘麗美が事務所に騙されたと突然の芸能界引退

2009年6月、グラドル・橘麗美はオフィシャルブログで芸能界から引退することを発表した。
「突然ですが、私は芸能界をやめます」との引退宣言で始まる橘の告白の内容はかなり衝撃的だった。
ブログによれば、元々歌手希望だった橘は「皆に先に自分の名前を知ってもらおう」と思いから、最初の所属事務所と相談しグラビア活動を開始。2008年には日テレジェニック準グランプリに輝くなどグラドルとしての知名度は着実に上げていった。

橘麗美

そのウラでは「自分の体には自身なんてないし、カメラ嫌いだし、グラビアをやることで親に毎日のように汚らしいとか、エロ本の表紙をやった時には縁を切るとか色々言われました。だけどグラビアをやっているのは歌手のための手段だからって毎日親に言い聞かせてきました」と親からの批判とヤンキーっぽいキャラと実際の性格とのギャップなどさまざまな悩みを抱えていたという。

しかし仕事面では、「やりすぎコージー」への出演など順調に推移していた橘麗美だったが。しかし「日テレジェニックや制コレの期間が終わる間近に、このまま自分が終わると思った」ことから決断した事務所の移籍で一気に歯車が狂い出す。

歌手という夢をかなえるためにもテレビ出演が必要と考えた橘は「事務所はテレビに力がないという事だったので」2008年12月に事務所を移籍。だが移った事務所にもテレビの力がなく、さらに「私はいつの間にか、違う事務所に移されていました」と、信頼していたマネージャーの裏切りにより知らぬ間に事務所を移籍させられていたという。

そんな辛い状況にあった橘の前に「事情を知って助けてくれる大人」が登場する。
この人物に信頼を寄せた橘は、絶対に事務所を見つけてくれるとの条件で再度事務所を辞めるも「私の誕生日の週に事務所を見つけるから大丈夫と言われたので待ちました。

だけどみつからず・・・。その次の週もみつからず」といくら時間が経とうとも事務所は見つからない。結局は「今日まで忙しいというよく解らない理由で」その人物にまで裏切られるはめに。その間も仕事は激減し最悪の状態に陥ってしまい引退発表をした。

Sponsored Links

橘麗美が引退わずか2ヵ月で突然の復帰も

グラビアアイドルとして活躍をしていた橘麗美が突然引退を発表して2ヵ月が経った2009年8月、今度は改名をていきなりの芸能界復帰した。

2009年6月にブログで引退宣言をした、グラドルの橘麗美が芸名を「立花麗美」に変えて、芸能界に復帰することになった。橘麗美は日テレジェニック2008に輝くなど人気グラドルとして活躍していたが、2009年の6月に突然の引退を発表。
「私は芸能界をやめます。これ以上嘘は付けられません」と宣言

もともと歌手志望でグラビア活動があまり好きではなかったことや、事務所をたらい回しにされたこと。
さらに「芸能界のほとんどは使えなければ手ぶらにさせ、それでも駄目ならヌ○ドやA○をやらせて使い捨てる」など芸能界に対して不信感と不満を告白していた。

ブログには「平和に過ごしたい、ちゃんとお給料貰える仕事につきたい」と引退後の夢を記していた。そして、ブログを閉鎖後、個人でブログを立ち上げた。そのブログにはバイトを探す様子を綴るなど普通の女の子を見せていた。だが2209年8月10日に、突然ですが芸能界に復帰します。

「橘麗美」はもういないですが、「立花麗美」として復帰しますと、まさかの復活宣言。復帰の経緯については、本人も事務所も口を閉ざしているが、「活動は雑誌、テレビ、CMなどすべて。歌手としての活動はもちろん、グラビアも行います」と、あれだけ嫌だったグラドルとしても活動するという。

しかし、アイドルに詳しい関係者は「いくら日テレジェニックとはいえ、辞め方が辞め方だし、メジャーは厳しいのではないかな。秋葉原の地下で音楽活動とかは可能だけど」と指摘。本人はゼロからの復帰と思っているようだが、辞め方が辞め方だけに、活躍は険しい道のりに。

その後、2011年6月に再び引退したが、2012年5月に「週刊プレイボーイ」での橘麗美に再改名して復帰。そして現在は芸能界からは引退しており、キャバクラ嬢として働いているという。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ