田島寧子は水泳五輪銀メダル獲得し芸能界入りも現在は普通のOLに

元水泳選手の田島寧子は1984年に喘息の体質改善のため3歳から水泳を始める。日体大へ進学し、1997年から2000年の日本選手権で400メートル個人メドレーで4連覇。2000年のシドニー五輪に出場し、同種目で銀メダルを獲得。試合後のインタビューの「めっちゃ悔しぃ!」、「金がいいですぅ!」のコメントが流行語に。2001年7月に現役を引退し、タレントへ転身。2007年3月に芸能活動を引退しています。

田島寧子

Sponsored Links

シドニーオリンピック銀メダリストの田島寧子の現在は

まだ記憶に残ってる人は多いと思います。シドニー五輪水泳400メートル自由形で銀メダルを取得。銀メダル取得後のインタビューで「めっちゃ悔しい!」と言い、日本のお茶の間に言葉を印象付け、2000年暮れの流行語大賞にまでなった田島寧子。

若干19歳(2000年)での銀メダル獲得、脚光あびた事はいいけど、すっかり舞い上がってしまい、2001年に成績不振。何を勘違いしたのか女優への道を目指したいという強い思いで同年に水泳を現役引退。

稽古などの結果などもあって2003年にはNHK『連続テレビ小説 てるてる家族』に出演。
その後も、何度かTVでのお仕事があるがレギュラー番組にはありつけず、いつの間にかTVから消えました。

シドニー五輪出場時から彼女を追っていたスポーツライターが解説する。
やはり演技では素人っぽさが抜けず出演依頼は激減。
結局女優としてあまり目立った活躍ができないまま、2006年末に事務所と話し合って、芸能活動を一時休業しました。

彼女は3歳から水泳一辺倒で、シドニー五輪後は芸能生活ですから普通の社会生活を送ったことがなかったので、そこで社会経験を積むため、一般企業に就職したんです。
就職先は大手派遣会社で2008年7月、彼女はそこの社員として働いてるはずです。

さらに彼女を良く知る芸能関係者によると休業ではなくて、芸能界からは完全に引退しているという情報もあった。

Sponsored Links

そこで都内にある田島さんの実家へ週刊誌が行ってみたという。
本人は不在だったが母親が応対をしてくれる。

記者:田島寧子さんはいらっしゃいますか?
母:今仕事でいないんですよ。

記者:女優業は引退したのでしょうか?
母:もうとっくに辞めましたよ。やっぱり合わなかったようで、今は普通に仕事をしています。

記者:結婚はされているのでしょうか?
母:いえしておりません。今は仕事で一生懸命なので見守っていて下さい。

記者:ではもう芸能界復帰はないのですか?
母:はいそうです(きっぱりと)

だがやっぱり人目でも本人に会いたい。
普段通勤で利用してる駅で記者が待っていると、黒の細見のパンツスーツに身を固めた田島さんが改札口がでてきたのだ。

ヒール靴で今やデキル女を雰囲気を感じさせるOL風。
パーマがかかった長い髪を後ろで束ね、黄色の太いスレームのオシャレメガネが印象的であった。
ほっそりとはしているが、かつて鍛えた筋肉は隠すことは出来ず、勤め帰りの人が行きかう駅前でもよく目立っていた。

水泳選手引退後は、女優(タレント)活動。その後、タレント業引退後は、水泳コーチ。そして、水泳関係の仕事も一切辞め現在は派遣社員などのOLとして頑張ってるそうです。

Sponsored Links

One Response to “田島寧子は水泳五輪銀メダル獲得し芸能界入りも現在は普通のOLに”

  1. 名無し より:

    田島の記事、事実をどこまで誰が調べたのか分からないが、ずいぶんと誇張歪曲されてるなー。

コメントを残す

このページの先頭へ