高岡奏輔は元妻・宮崎あおいの岡田准一と不倫で離婚!鈴木亜美と熱愛も

俳優の高岡奏輔は1999年ドラマ「天国のKiss」でデビュー。2005年の映画「パッチギ!」に出演。その後、映画「クローズZERO」、「十三人の刺客」などに出演。2007年6月に女優の宮崎あおいと結婚も、2011年12月に離婚。一時芸名を蒼甫にしたが、2011年に蒼佑に戻した。2013年に奏輔への再改名しています。

高岡蒼甫

Sponsored Links

高岡蒼甫がツイッター問題を謝罪

2011年7月、高岡蒼甫のツイッターでのフジテレビの韓流ごり押しを非難するつぶやきがどんどん大きくなり、ついにはお台場でデモまで開催されました。しかし、ここまで大きくなるとは思っていなかったのでしょう。高岡は疲れたのでしばらくブログを休止宣言をしました。ついに世間を騒がせてしまったことに対して謝罪をしました。

「高岡さんの騒動で飛び火することを恐れたスポンサーや広告代理店は、妻の宮崎さんの所属事務所に、彼と離婚しないと、CM契約は更新しないと迫ったそうです。慌てて事務所も本人のその旨を話したといいます」(広告代理店関係者) 

高岡は2011年7月21日から、舞台出演のためニューヨークへ行っていた。
2011年7月24日に終わった後も現地に滞在をし、8月の5日に帰国した。
実は、高岡のツイッター問題で、夫婦の仲は危なかったようだ。
高岡はツイッターで「彼女は彼女の道を行けばいいのさ。もう1週間近くも連絡がこない。オレはオレの道を行くだけだよ」とつぶやいていた。
夫婦間の溝をうかがわせた。 

そして、ついにこの問題が、宮崎のCM契約まで及んできたのだ。
「彼女は所属事務所の稼ぎ頭ですからね。大きな収入源であるCM契約を減らすわけにはいきません。しかし、今回もし旦那との決別宣言をしなければ、契約打ち切りもありうる。宮崎さんはいま女優を選ぶのか夫を選ぶのか窮地に立たされています」(芸能関係者)
宮崎の親族が初めて夫婦のいまを語ってくれた。
「父親には、あおいからは相談はないようです。父親もこれからのことはふたりで決めればいいと言っているのですが、心配でしょうね。高岡くんは周りの影響をすぐに受けやすい性格なんです。だから前日に聞いた話をすぐにブログなどに書いたりするんです」
高岡のブログでは進展があり、謝罪をしました。その背景には、このように妻にまで圧力をかけてきたスポンサーの影があったようです。しかし、報道の自由があるはずなのに、マスコミに都合の悪いことは報じない日本。

宮崎あおい

高岡蒼甫が宮崎あおいの不倫調査を探偵に依頼

2011年12月、ついに離婚が決まった宮崎あおいと高岡蒼甫。そして、離婚が決定した直後にでてきた宮崎と岡田准一の不倫騒動。高岡も過去に不倫をしてるだけあって、この時、すでに夫婦の仲は修復不能だったのかも知れません。フジテレビ(韓流)批判をし、嫁に迷惑をかけたケジメとして離婚になった形ですが、不倫発覚には騙されたという気持ちが強かったようです。

「2011年8月に高岡くんがアメリカから帰国した時、すでに宮崎本人は自宅を出ていました。ふたりは2匹の犬を飼っていたのですが、それも彼女が連れて行ってしまいました。以降、ふたりがあったのは、たったの2回ほどで離婚しました」(高岡の知人)
「2011年12月21日の映画賞受賞式に出席した際、宮崎さんの左手薬指には指輪がありましたが、あれは結婚指輪ではありません。実は2011年9月、彼女は高岡くんの元に結婚指輪を置いていったそうなんです」(同上) 

離婚のきっかけは、2009年2月に高岡がグラドルとお泊まりが報じられたことから。
この時は、高岡が宮崎に必死に謝罪をし離婚問題は終息した。
騒動について高岡はこのように語っていた。
「もう嫁さんにも同じ思いをさせたくないし、自分も同じことは繰り返したくない。嫁さんの前で、ごめんなさい。お酒は飲みませんって誓いました」
そして、離婚の大きな原因になってしまったのが、2011年7月に起きたツイッター騒動だ。
高岡が米国で舞台公演中に、ツイッターで「フジテレビは韓流偏向」と批判し、その波紋が宮崎にも広がってしまった。 

「自分だけのことなら我慢すればすむけど、事務所の後輩の仕事にまで影響が出始めていた。そのため、高岡は事務所を辞めた」
結婚当時、「どんなことがあっても最後の日まで一緒にいたい」と言っていた妻の言葉を信じた高岡。
「帰国後、高岡さんはふたりの自宅に帰ったが、そこには妻の姿はありませんでした」(芸能関係者)
自宅を出た宮崎は、母親のいる実家マンションで暮らすようになる。
妻にも出て行かれ、事務所も辞めてしまった高岡だった。

Sponsored Links

宮崎あおいの不倫が許せなかった

「2人が最後に会ったのは2011年11月下旬です。彼は彼女に迷惑をかけたことを詫び、俺にとってすごく優しく強い菩薩(ぼさつ)のような存在に変わりないと彼女の気持ちを翻意させようとしたのですが・・・。すでに宮崎さんの気持ちは固まっており離婚という言葉がでたそうです」(映画関係者)
高岡は離婚を回避すべく行動に出たという。
そこには、妻の心が離れてしまったのは別の理由があるのではと考えたからである。 

「離婚の話が出たころに、高岡くんの耳に聞こえてきたのが、彼女が不倫しているという噂でした。11月に会った時に、彼は宮崎さんに、俺を裏切ってないよね?と問い詰めたらずっと無言だったそうです。そのため、彼は探偵業者を使って彼女の浮気調査をしました。また携帯電話の履歴をチェックし、彼女の動向を調べたようです」(高岡の知人)
これが一部メディアでは、高岡がストーカー行為をしていると報じられた原因?世論操作だったようですね。 

2011年12月には、週刊誌で宮崎と岡田准一が不倫をしていると報じた。
「岡田くんは、あおいちゃんの親友・蒼井優ちゃんと熱愛があった人、そんな人と熱愛関係になるとは思えません。今回、高岡くんのサイドが自分に有利になる情報をリークしたと聞きました。離婚問題は周囲を巻き込み泥沼状態になっていきました」(ふたりの知人)
そして、ついに離婚の時が来た。
「2011年12月9日に離婚合意する直前、宮崎さんの母と弁護士が彼の元へやってきたそうです。17日までに自宅の荷物をまとめてほしいという通告でした」(芸能関係者) 

そして3日後に高岡はマスコミの前に姿を現し離婚へのインタビューを受けた。
ツイッターが原因で離婚になったことについては、
「正直、こういうふうになることなんて想像できなくて・・・。一番大切なものを守れなかったというのが、彼女のことをまず第一に考えていなかったかな・・・浅薄でした。一生懸命10年支えてくれたんで、感謝の気持ちしかないです」
そして、高岡は自身で事務所を立ち上げていましたが、芸能界復帰は絶望的のようです。
もんじゃ焼きの店主になるべきプロデュースに力を入れているとのこと。
スポンサー(メディア)の圧力によって離婚させられたふたりでした。

高岡蒼甫

岡田准一が不倫がばれて高岡蒼甫に芸能界を引退すると謝罪

宮崎あおいと岡田准一が不倫疑惑ですが、黒だったようです。宮崎あおいの携帯電話の履歴の明細を調べ、相手を特定したら岡田だったという。この不倫問題について高岡は母にも相談していたようです。

2011年12月28日についに離婚をしたふたり。
「中華料理店での話し合いでは、やり直したいという高岡くんに対して、宮崎さんは結婚生活を続けるのは無理だからと一歩も譲らなかったそうです」(芸能関係者)
そんな高岡が離婚に同意したのはV6・岡田准一との不倫が発覚したからだ。 

高岡が宮崎の携帯電話の明細を確認したところ、彼女がある特定の番号に頻繁に連絡していることが判明。
高岡がその相手に連絡を取って、実際に会ってみると、それが岡田だった。
高岡に対して、岡田は「責任をとるために芸能界を引退します」とまでいって謝罪をした。 

真相を聞くために週刊誌が高岡の母を訪ねたという。
「不倫については相談を受けていました。名前は明かさなかったけど、誰かいるみたいだって。どうしたらいいのかわからないと、珍しく弱音をはいていました」
そして、宮崎への思いを母に聞くと、
「まだ籍が入っていてそういうことなら不倫ですよね」
宮崎からの離婚の報告はまだななかった。 

高岡蒼甫

思い出の愛車も処分!友達は誰も助けてくれず孤独状態

宮崎あおいと離婚をした高岡蒼甫。元妻への未練を断ち切るために、ふたりの思い出がある愛車も処分したという。宮崎の方もパスポートなどを新しく取得し、心を入れ替えてたようです。離婚後のふたりの対照的で、宮崎は仕事が順調なのに対して、高岡は仕事も友達も全て失ってしまったそうです。

2012年1月27日から、東京・赤坂で始まった舞台・金閣寺。
その打ち合わせに高岡が現れた。
人目を避けるかのように白いマスクと帽子で顔を隠していた。
以前よりも一回り小さく見えた。
「今、彼は仕事現場に同行してくれるマネージャーもいない状態。宮崎との思い出の結婚記念日3月3日をナンバーにした愛車も手放してしまったみたいです。かつての役者仲間も、彼に手を差し伸べてくれる人はいないようですね」(映画関係者) 

高岡とは対照的なのが宮崎だった。
2012年明けに、映画・北のカナリアたちの撮影も順調。
プライベートでも心機一転しているという。
「彼女は英語の勉強をしています。語学力を身につけて海外にも挑戦するようです。離婚後に新しくパスポートも作り直したようです」(テレビ局関係者)
2012年2月8日に高岡は30歳の誕生日を迎える。
「2011年、大手事務所から独立した後、彼はまったくテレビに出演していません。唯一、11月に映画・専念の愉楽の撮影に参加しただけです。今回の舞台も独立前に決まっていた仕事です。芸能界での仕事はこれで最後になる可能性が高いです」(芸能関係者)
当時もんじゃ焼きの店主へと転職することが発表されましたが、もう芸能界で見ることはなくなるのか。

高岡蒼甫

ツイッターで宮崎あおいの不倫をつぶやいた理由

高岡蒼甫(現在、高岡蒼佑)のフジテレビ批判が韓流批判とされ、テレビから圧力をかけられ、干され、芸能界引退をし、さらには妻を失い離婚。その妻がV6・岡田准一との不倫をしていたことが報じられましたが、宮崎あおいはCM降板などはなく、いままでのように仕事を続けています。そんな元妻に、高岡は反撃にでたのでしょうか?またツイッターでつぶやいた。

高岡と宮崎は2011年12月、結婚生活のピリオドを打った。
夫婦関係に亀裂が生じたのは、2011年7月の高岡のツイッター騒動だった。
フジテレビが韓流偏向だと批判したことがきっかけだった。
それが元になり、フジテレビでは1万人を超えるデモが起こったが、テレビメディアは一切報じなかった。 

その後も、高岡はツイッターは更新されなくなり、2012年3月25日に突然更新された。
「誰でも見ることのできた以前のものとは違い、高岡さんが承認した人しかアクセスできないようになっています」(芸能関係者)
だが、ネット上で無断で転載され、彼のつぶやきがまた世間を騒がせていた。
「なんであんな阿保共を庇わなきゃいけない?」「悪者になる覚悟もあったけど、その後の対応がお粗末すぎた・・・(略)だから戦う」「旦那が海外に行っている最中に人妻に手を出す不倫男もいる」
このように、内容は告発ともいえるもので、ある人を標的にしていると話題になっている。 

それは2011年12月に報じられたV6・岡田准一とのことだ。
記事の内容は、海外公演から帰ってきた高岡が、宮崎の携帯電話を確認したところ、彼女が特定の電話番号に頻繁に電話をしていたことが判明。
高岡が相手に連絡をとって実際にあってみると岡田だったというもの。
当事者は誰もこれについてコメントを出していたかったので真偽は不明だった。
なぜ、3ヶ月経ってからつぶやきだしたのだろうか?
「2012年9月公演の天地明祭の宮崎の夫役は、岡田くんなんです。これが高岡さんにとってはおもしろくないんです。だから、この問題を再燃させて不倫相手と元妻に痛い思いをさせたいと考えているのかもしれません。高岡さんはフェイスブックもやっているそうですよ。お前らに俺の気持ちがわかるはずないとコメントをしたこともあったようです」(芸能関係者)
離婚が決まってから不倫をされたことは根にもってるみたいです。

高岡蒼甫

高岡蒼佑と鈴木亜美と熱愛も破局

2012年6月に高岡蒼佑と鈴木亜美の熱愛が報じられた。それから1年、ふたりの交際は順調に続いていて、さらに進展していたという。2013年7月に沖縄での結婚式場探しのデートが報じられました。

沖縄名護市にあるビーチから近い焼肉店。
絶品のアグー豚を求めて、赤西や黒木、小栗や山田らも訪れたことがあるという。
2013年5月上旬にこの店を高岡と鈴木も訪れた。

「夜の8時過ぎに来て、お座敷に座ってね。変装もしていなかったので、多の客もみんな気づいていましたよ。亜美さんが高岡さんにお酌をしていて、まるで夫婦みたいでした。お店の店員さんがサインをお願いしていましたが、嫌な顔をせずふたりでサインをしていましたよ」(居合わせた客)

ふたりの熱愛が報じられたのは、2012年6月だった。
高岡の自宅に鈴木が連日泊まる様子が報じられた。
宮崎おあいとの離婚が成立してわずか半年後のことだった。
さらに、高岡と鈴木は出会ってから1ヶ月で交際へと発展した。
すでに高岡と鈴木は同棲をしており、高岡は愛車で鈴木の送り迎えなどをしている。

それから1年・・・この恋はゴールイン目前のところまで来ていたようだ。
焼肉店での会話の続き。
「高岡さんが、やっぱり結婚は沖縄でやろうぜ!って熱く話始めたんです。亜美さんも早く式場を探さないとね!なんて嬉しそうに笑ってました。後、ふたりの薬指にはお揃いの指輪が光っていましたよ!」

高岡は当時、湘南エリアに引っ越したことを明かしていた。
この家をふたりの新婚生活を送る愛の巣にしようと考えていたのかも知れなかった。

その後 ふたりは2015年1月に破局したことを告白。鈴木は2016年7月に7歳年下の一般人男性の会社員と結婚。高岡は2016年1月に東京都世田谷区の三軒茶屋駅近くの路上で20代の男性の顔を殴ったり、腹を蹴るなど怪我を負わせし傷害の疑いで逮捕。その後、示談が成立し不起訴処分となったが、現在は芸能界復帰は難しい状況かもしれません。

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ