紫吹淳・湖月わたる・貴城けい・彩輝なおが語る宝塚の秘密や結婚について

元宝塚トップスターの紫吹淳(2004年3月退団)、湖月わたる(2006年11月退団)、貴城けい(2007年2月退団)、彩輝なお(2005年5月退団)は、2009年にミュージカル「愛と青春の宝塚」から出来た元宝塚トップスターの期間限定のユニット「T4」のメンバーで、2008年12月に「恋よりも生命よりも」CDでデビューしています。

紫吹淳

Sponsored Links

元宝塚トップスターが語る宝塚の秘密

元宝塚トップスター紫吹淳、湖月わたる、貴城けい、彩輝なお。みなさんにとって宝塚とはどんなところでした?
湖月:私はあこがれて宝塚に入りましたけど、入ってみて音楽学校の厳しさにびっくりしました。
貴城:そうですね。覚えなきゃいけないこと、やらなきゃいけないことが山ほどあって。湖月:それに寮生活もあるし。
彩輝:何もかもはじめての体験ばかりで。その衝撃で1週間ほど泣き過ごした記憶があります(笑)
湖月:お稽古場の床を紙やすりをかけて磨くのも、みんな素足で踊りますから。とげが刺さらないようにするとか、すべてに意味があるんですね。
紫吹:まじめな子ばかりじゃなくて、なかにはお掃除をしながら居眠りしていた子もいたわよ(笑)
朝の6時に起床して6時50分からお掃除だから。
貴城:夜もけっこう遅かったですね。授業のあとお稽古とかあって。
紫吹:私は、冬でも水で髪の毛とか洗ったことが何度もあった。お風呂に入れなくて。
貴城:お風呂は下級生から入りますから。上級生の時間になってしますと、もう入れないんですね。
彩輝:下級生が入ったあとのお風呂って、ものすごくきれいで。髪の毛は絶対に落ちてないし、脱衣所の床も濡れた跡がまったくなかって。
湖月:お風呂のお湯は、湯船に入ったときにあふれないように「ここまで」とかきちんときめられていた。

湖月わたる

湖月:たいへんだったのは予科の1年間でしたけど、あの時の経験は大きいと思う。
紫吹:入ってまず最初に同期愛を学ばされるのね。
彩輝:同期のコが失敗をして、上級生からしかられているのをボーッと見てると「あなたたち、なぜかばわないの!」ってしかられるんです。
そういうなかから同期愛というか、連帯感のようなものが生まれてくるんですね。
紫吹:理不尽的なことをされたり、言われたこともあったけど(笑)、上級生はみなさんよくしてくれたと思う。
紫吹:歌劇団には、花・月・雪・星・宙と5つの組があるけど、トップになる条件は何だと思います?
今回の舞台の台本には「一に体力・二に才能・三に運」とありますけど。
湖月:そのとおりだと思います。あれだけの舞台をこなすには、まず体力がないと。
彩輝:みんなを束ねて、引っ張っていく精神力も必要だと思います。それに包容力も。
紫吹:宝塚には独特の序列がありまして。歌劇団に入って、1年目、3年目、5年目に試験があって、5年目の成績で同期における生涯の序列が決まるのね。
だから、必ずしも組のトップ、イコール成績もトップとは限らないの(笑)
彩輝:すいません(爆笑)。私は、本当に下から数えたほうが早かったんです。
紫吹:5年目の試験には、スター性というか、将来の期待度みたいなものが加味されるけど・・・。
紫吹:私は、実技の点はたいしたことなかったみたいだけど「君は、将来の期待度で席次がアップした」って、あとで先制に言われた(笑)

Sponsored Links

湖月:私の同期はだいぶやめて、数が少なかったんです。
紫吹:挫折や結婚したりで、5年目で同期が半分ぐらいになるケースもあるものね。
貴城:悪かったです。組の中に同期男役が5人いたとしたら、3番目か4番目でしたから。
紫吹:次のトップは君だよってある日突然言われることもあるのね。
彩輝:そうですね。なんの予告もなく呼び出されて。
紫吹:みなさんの愛と青春の宝塚ですけど恋愛は御法度ではなかったよね。
湖月:でも、タカラジェンヌとしての自覚は、みんなにあったと思います。
彩輝:男役が、ふだん外出するときもスカートをはかないのと同じ感覚じゃないですか。紫吹:4人ともみこんですけど、結婚についてはどうですか?
貴城:「この人だ!」と思う人が現れたら、ぜひ結婚したいと思います。
彩輝:私も、行く先々でご縁があればと思うんですけど・・・(笑)
湖月:私の場合、舞台の役と一体化しちゃうところがあって。今回も劇中で恋をしいるじゃないですか。
紫吹:それだけで満足しちゃうの?
湖月:いまは、舞台に恋している部分がすごく多いですね。舞台大好きですから。
紫吹:私は、みなさんより都市を取ってますから。みなさんより先に結婚したいと思っています(笑)

そして、2013年1月に貴城けいは新派俳優・二代目の喜多村緑郎と結婚。2015年2月に挙式を行っています。

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ