歌手UAは自宅全焼の危機を旦那と乗り越え現在は!息子は村上虹郎

歌手のUAは1995年「HORIZON」でデビュー。1996年の「情熱」、1997年の「甘い運命」、1998年の「ミルクティー」などがヒット。1996年に俳優の村上淳と結婚し、長男で現在俳優の村上虹郎をもうけるも2006年に離婚。2008年9月に元モデルでマルチクリエイターだった長谷川琵修氏と再婚。デキ婚で同年8月に長女を出産。2011年8月には第3子、2016年に第4子を出産し、4人の子供がいる。

UA

Sponsored Links

UAの自宅が全焼

「夜中に彼女がいきなり山から下りてきて、消化器を貸して下さい!と。自宅に備え付けていたものを渡すと急いで駆け上がっていきました・・・。小さなボヤぐらいだと思って見上げると、あっというまに火柱が立って全焼してしまいました。どうやら使っていた薪ストーブが原因のようです」(近所の住民)
2010年9月25日、都心から車で1時間ほどにある神奈川県相模原市にあるUAの自宅が全焼した。
一軒家には、元モデル兼カメラマンで当時、無職だった夫の長谷川琵修氏と、UAの離婚した前夫で俳優の村上淳との長男で現在俳優の村上虹郎、長女の4人暮らし。
この日は、たまたま長男の友人2人も泊まりに来ていたが、全員無事だったという。

UA

近所の住民によると、一家が引っ越してきたのは2008年ごろのことだった。
ここは相模湖近くの森に囲まれた場所にあり、一家は野菜を作り山羊を飼うというエコライフを送っていた。
火災の原因は無職の夫が薪ストーブをつけたまま寝てしまったことだった。
惨劇から一夜明けてUA本人から、近所を頭を下げてまわったという。
「申し訳ないですと恐縮していました。彼女は煙にやられてしまったようで、声がほとんどでなくなっていました。元に戻るまで時間がかかるでしょうね。飼っていた山羊も煙を吸い込んだのでしょうか?フラフラになってしまったといってました」

当時、車で10分ほどにあるUAの母親宅に一時避難していたようだ。
焼け跡にいってみると、ハーフのような男性が、残ったゴミを袋に入れて車で運び出すところだった。
当時無職だった夫だった。
週刊誌が声をかけてみると
「ちょっと!こっちに来ないで下さい!みんな無事でようやく落ち着いてきたところなんです。僕たちだって安全だと思って薪ストーブを使ってましたよ。でもこんなことになってしまった・・・。消防が2ヶ月後に原因を発表するので私もそれを待っているところですよ」
火事ですべてを失ってしまったUA。
これを期に夫との仲がぎくしゃくしなければいいのだが・・・。

Sponsored Links

UAの旦那は無職であると報じられ切れる

薪ストーブが原因で自宅が全焼してしまったUA。2010年11月、火事のあった家を皆で後片付けをしながら、自宅近くにある母親のいる実家に家族5人で暮らしていた。

「今になって思いますが、もし山の木に燃え移っていたら、それこそ山火事になっていたわけでしょ。本当に不幸中の幸いでした」(近所の住民)
2010年9月25日、UAの自宅が全焼した。
2008年9月にできちゃった再婚した10歳年下の元モデル兼カメラマンの夫・長谷川琵修氏と、長男、長女の4人で暮らしていたが、幸い家族は全員無事だった。

自宅を全焼してから2ヶ月が経過し、週刊誌が再び現場を訪れた。
焼け残った柱が立ち残ったままだった。
放し飼いされた犬が週刊誌記者に吠えかかってくる。
UAの夫は延焼を免れた脇のスタジオで、焼け跡の材木処理をしていた。
「僕のことを以前、無職だと書きましたよね。迷惑ですよ!」

UA

一家の取材に来たことを告げると、
「火災の後片付けを家族みんなでやっているわけですよ。家族ができることを、それぞれがやっている。みんなに迷惑かけてしまったのだから・・・」
旦那の火の後始末が原因で薪ストーブの火が飛び火したこの火事。
出火元としての責任を夫は痛感しいたようだったという。

現場から3キロ離れたところに、かつてUAが住んでいた家がある。
家事の前にはUAの母がひとりで住んでいたという。
今は母のいる元の家に一家で戻り、5人で生活をしている様子。
「UAさんは、犬の散歩でよく会いますよ。あれから時間がたって、家族にも元気が戻ったようです」(近所の住民)
今回の家事で家族が一致団結をして、困難を乗り越えているところだった。

UAは2011年4月に沖縄に移住。長男の村上虹郎は同年に母親UAと沖縄に移住後、カナダの高校に留学。その後帰国し、父・村上淳の事務所ディケイドに所属し俳優の道へ。2014年7月に映画「2つ目の窓」に初主演。2015年2月ドラマ「天使のナイフ」に初出演。2016年7月には「日曜劇場 仰げば尊し」に出演。

2011年8月には第3子を出産しているUA。同年3月11日の東日本大震災を機に、2012年に「ティダノワ」という放射性物質による食物の汚染を考える団体を設立し、環境問題や平和を願う活動に力を注ぎ、イベントなどを行う。2016年には第4子となる男児を出産。そして、歌手として2016年5月に7年ぶりとなるアルバム「JaPo」をリリースしています。

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ