内田恭子の夫・木本公敏氏と結婚しフリー転身後の今は子供2人と豪邸に

ウッチーの愛称で知られるフリーアナウンサーの内田恭子は、父の仕事の関係で2歳までドイツ、小5から高2までアメリカで過ごした。1999年にフジテレビへ入社。同局の看板アナウンサーとして活躍。2006年3月に同局を退社しフリーに。同年7月に吉本興業社員の木本公敏氏と結婚。2010年4月に第1子となる男児を、2013年1月には第2子となる男児の2人の子供を出産しています。

内田恭子

Sponsored Links

内田恭子アナ妊娠発覚でCM打ち切り・・・

2009年10月26日に自身のブログで妊娠を公表した元フジテレビアナウンサーの内田恭子。2006年にダウンタウンの浜田雅功の元マネージャー木本公敏氏と結婚しフリーに。独立後も順調に仕事を増やしてCMにも出演。勝ち組の女性アナウンサーだった。

「特にカップ麺のCMは、全裸をイメージさせるきわどい演出のため、1億円近いギャラが出たと言われています。ほかにも5000万円ほどなのでCMだけでは2億円は稼いでいるでしょうね」(スポーツ紙記者)
だが、そのCMが思わぬ波紋を呼んでいた。

「妊娠報道が出た後で、CMでビールをガバ飲みし、妊娠の服用に注意が必要な風邪薬を紹介する内田を見て、これってどうなのって思っちゃいました。撮影時には妊娠していなくても、ちょっと無神経のようで」(視聴者)

さすがに、契約中の起業もそのあたりは神経質になっていた様子。
下手をするとCMの打ち切りもありそうだった。
「ビールと風邪薬、それに低カロリーがうりのカップ麺だけに、妊娠させた内田を出演させていいのかという話が出ていたのは事実です。クライアントに妊娠報告する際もかなりもめたと聞いています」(大手広告代理店) 

そこで起業に直接あたってみると。
「もともと、2009年10月21日で契約満了なんです。妊娠したからといっての打ち切りではないです」(キリンビール広報部)
「予定通り続けます。ただ、今後は彼女を起用する可否かを含め、まったくの白紙状態です」(日清食品広報部)
今すぐの放送中止はなさそうだが、内田の妊娠が思わぬトコで波紋を呼んでいた。
勝ち組アナが子供が出来たことによりまさかの転落危機に・・・ 

内田恭子

内田恭子が女優デビューか

大物タレントなどギャラの高い芸能人のリストラが相次ぐなかで、数少ないフリーアナウンサーの勝ち組と言われていたのが内田恭子。
産休明けで2010年7月に仕事復帰するや、さばき切れないほどの出演依頼が殺到していたという。
「まさにテレビ。広告界はウッチーの復活を待ち望んでいた」(人気作家) 

当時、レギュラー番組は「天才をつくるガリレオ総研」などラジオを含め2本しかなかった。
しかし、これからがすごい。
「ウッチーブームが来るのは2010年末から2011年にかけて。特番は古巣のフジをはじめ、日テレ、テレ朝、TBSまで決まっていた。目玉は2011年1月からフジ・日テレ・TBSでバラエティーとトーク番組の司会がある。レギュラー番組は6本にもなる」(関係者)

サプライズは2010年明けには写真集出版が企画され、NHK大河ドラマ「江~戦国の姫たち~」での女優デビューも噂されていた。
ここまで人気が高かったのは、以前アナウンサー部門で30代から50代の男女から高い支持率を受けているからだ。2011年以降、間違いなく内田がテレビでたくさん見かけるようになるようだ。

そして、2014年にNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」に織田信長の妹、お市の方役で出演しています。

Sponsored Links

夫・木本公敏氏が吉本の役員になり年収が2倍にアップ

結婚当初は、内田恭子の方が年収が高いので、夫・木本公敏氏は、ヒモや金目当てや格差婚とまで言われました。しかし、結婚から8年が経過し、夫・木本氏は仕事を頑張り、38歳の若さでよしもとクリエイティブエージェンシーの執行役員になり、そこから年収が一気に2倍にアップしたという。

そして、2人はそれぞれがローンを組み、1億8000万円の豪邸を東京・広尾に建てたそうです。
「内田さんは、2人の子供の子育ての真っ最中ですが、東京・広尾の一等地に豪邸を建ててセレブ生活を満喫しているそうですよ」(フジテレビ関係者)

ダウンタウンのマネージャーを務めた吉本企業の木本公敏氏と2006年7月に結婚し、フジテレビのアナからフリーになった内田恭子。
結婚当初は、内田は、夫と2倍の年収差があるといわれ、格差婚と言われていたが・・・。

木本公敏

「ご主人も負けなかったんです。内田さんとの逆玉婚が功を奏したか、2012年の株主総会で38歳という若さでよしもとクリエイティブエージャンシーの執行役員に抜擢されたんです。同世代ではダントツの出世頭ですよ」(芸能リポーター)
このことにより、夫の年収も2倍に上がっているそうだ。

2人は、豪邸を建てたのは2010年。
3階建ての一戸建てで1階は自動車が2台入る車庫になっている。
125㎡の土地に、218㎡の建物が建っている。
「あの辺りは、坪単価350万円はします。土地建物合わせて1億8000万ぐらいはしますね。商店もない、陸の孤島みたいな不便な街ですが、お金持ちほど広尾に住みたがりますね」(不動産関係者)

登記簿を見ると、夫婦で組んだ住宅ローンは、妻主導になっていた。
「頭金を2000万ぐらい入れたんじゃないでしょうか? 残りをローンにして、内田さんが9500万、夫が6500万を銀行から借りる形になっています。最近の内田さんは仕事をセーブし、子育て中心の生活を送っています。週末は主人が子供の面倒を見ているようです」

2014年1月下旬の昼下がり、長男を手を引き、近所で散歩する内田の姿があった。
ママ友を見つけると駆け寄ってハグをしている。
笑顔で一緒に豪邸内に入っていった。
格差婚といわれた夫婦だが、今では夫の方が年収も多くなったようです。
セレブ生活を満喫しているそうです。

男が年収が低い格差婚は、上手くいかない傾向がありますが、内田夫妻は、夫がかなり頑張って昇進したそうです。これも内田恭子の恩恵を受けているのかも。

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ