矢口真里の梅田賢三との再婚は!家で引きこもり激太りも復帰へ

タレントで元モーニング娘。の矢口真里は、2011年5月に俳優中村昌也と結婚。2013年2月に自宅にて元モデルの梅田賢三と不倫中に、旦那の中村が帰宅し自宅で鉢合わせに。同年5月に中村と離婚。同年10月に無期限の芸能活動の休止に。2014年10月に「情報ライブ ミヤネ屋」に生出演し、芸能活動を再開した。

矢口真里

Sponsored Links

矢口真里が家で引きこもり状態に

2013年7月、別居中に住んでいたマンションに戻り、普通の生活をし芸能復帰する方向で動き出していた矢口真里。しかし、不倫の代償はあまりにも大きすぎたようで、人間不信にまで陥っていたという。

「矢口さんは実家近くのマンションにいるのですが、外出もせずにずっと引きこもっていますよ」(芸能関係者)
2013年5月30日に旦那・中村昌也と離婚した矢口は、公の場からずっと姿を消していた。

「騒動の詳細が明らかになったことで、彼女は誰も信用できない。人目が怖い・・・と疑心暗鬼になっているそうです。また先日、美川憲一さんが電話したそうですが、彼女は号泣していたそうです」(同上)

騒動前は売れっ子だった矢口だが、テレビ局のプロデューサーからは、もうキャスティングができないとの声が噴出していたようだ。
「彼女は1日中、スマホでLINEゲームをしているようです。このゲームは、高得点を叩き出すとLINEで登録している同じグループの知人に通知されるのですが、最近そこに彼女の名前があがったそうです」(矢口の知人)

矢口真里

離婚から約1ヶ月過ぎた頃、雲隠れしている矢口を週刊誌が初めて目撃。小雨が降る7月4日の午後3時前、都内にある矢口の実家から年配の女性が一人で出てきた。矢口の母親だった。手にはバッグを下げて、娘への差し入れでも持っているのだろうか?
「お母さんは、毎日彼女の自宅へ行き、身の回りの世話をしているみたいです。でも、かなり憔悴しているようですね。先日も取材にきたマスコミに母が激怒し、警察を呼び騒動になりました」(近所の住民)

いつもは実家から歩いて矢口のマンションへと入っていく母だが、この日は、住宅街の細い路地を歩き回りながら、何度も足と止めては振り返るという警戒ぶりだった。そして自宅と別方向へと去っていった。5分後にタイミングを見計らったかのように、マンションへ一台の車が入ってきた。助手席には先ほどの母が乗っていて、運転していたのは矢口の父だった。どうやら周囲がいないことを確認し合流したようだ。

そして車がエントランスに停車すると、突然マンションから矢口が出てきた。帽子を目深くかぶり、ロングスカートをなびかせ猛ダッシュで出てきた。後部座席へ乗り込むと車はどこかへと走り去っていった。

不倫発覚の前日に矢口からメールをもらった友人・小森純は、彼女の様子について話す。
「彼女も自粛中ですが、元気ないですよ。私はがんばりなよと励ますくらいで、後は本人が立ち直るのを待つしかありません」

芸能リポーターは矢口の今後をこう話す。
「所属事務所は、後半年もすれば芸能界での矢口の居場所はなくなると危機感を抱いているようです。そのため、水面下で復帰に向けて動き始めています。大御所の番組でうまく使ってもらおうと考えているようです」
矢口は芸能界に復帰しても、これまで支持をしてくれていた主婦には反感を買うだろうし、かなり険しい道になりそうですね。

矢口真里

家で連日のゲームと飲み食いで激太りに

浮気がばれてから、2013年5月30日に離婚し、その後はマスコミの目を避けるため、逃亡生活をしていた矢口真里。そして、事務所の人の説得などもあり、逃亡生活から1ヶ月半が経ち、別居中の家に帰宅。別居中の家に帰宅し約1ヶ月が経過していたが、矢口は公の場に出てくることはなかった。

2013年8月上旬の諸語過ぎ、都内のマンションに入っていく女性がいた。手にはハンバーガーショップの紙袋がさげられている。この女性は矢口の母親だ。離婚してから対人恐怖症と謹慎生活で外出もままならない娘の代わりに、生活用品の買い物を母親がしていたという。

その2時間後、マンションから出てきた母親は、また近くの店で買い物をし、1時間ほどで戻ってきた。今度は総菜のパックと一緒に、糖質ゼロの発泡酒やビールの缶が5本入っているのが透けて見えた。

「矢口さんは一歩も外に出られないストレスから、過食と極度のゲーム依存で激太りしているようです。彼女はもともと太りやすい体質。そのため、数ヶ月で体重は激増。今はジャージ姿で過ごしているそうです」(芸能リポーター)

翌日の夕方、マンションから出てきた母の手には、ゴミ袋が4つも握られていた。中には、20本以上の空き缶が・・・。いくら糖質ゼロでも飲み過ぎでは?

「お母さんは、何があっても娘を私が守るという強い気持ちがあります。そのため献身的に通っています。マスコミの姿を見つければ、自分から声をかけて追い払うこともありますよ。甘やかしすぎにならなければいいのですが・・・」(芸能関係者)

ゴミ出しをした、母はまた買い物にでかけ、いつものように手にはノンアルコールの缶ビールが・・・。どうやら矢口はゲームと酒浸りの生活になっていたようだ。

所属事務所はどうにかして復帰をさせたいのですが、矢口は不倫騒動の会見を開きたくないといって拒んでいたそうです。スポンサーなどに迷惑をかけたので、こればかりは避けて通れなかったようです。

水面下で進んでいた復帰の話も、
「実は体調はかなり回復しています。ただ、メディアの前に出るのがどうしても心の問題でできない。スポンサーへの挨拶回りもまだ無理です」(プロダクション関係者)

いつかはけじめをつけて謝罪会見をしないといけない矢口だったが、まだまだ無理だった。

Sponsored Links

矢口真里の姿にびっくり!なんと激太りと新型うつの可能性も

梅田賢三と自宅での不倫がばれ、中村昌也と離婚してから、公の場から姿を消していた矢口真里。当初はホテルを転々とし逃亡生活をしていましたが、周囲の説得によりようやく別居中に移り住んだマンションへ帰宅。そのマンションでは、連日のように矢口の母が買いだしに行く姿が。矢口は部屋に引きこもりゲームと暴飲暴食で激太りをしていたという。

都内のマンションにタクシーで母と妹と一緒に帰宅した矢口。カットソーとパンツ、サングラスに帽子を被り、ほぼすっぴんだった。しかし、二重アゴが目立ち、体全体も明らかに丸くなっていた。

矢口の出演交渉をしたキー局の情報番組スタッフが話す。
「所属事務所からは、お断りの理由として、仕事復帰の話をするといつも本人が泣き出して最後には号泣していまう。そこから一歩も進めないと言われました」

不倫が報じられて以降、矢口は人間不信に陥り、引きこもりの日々を送っていた。この日、タクシーから降りた矢口は、無印良品の袋をいくつも抱え、家族と買い物を楽しんでいるようだった。

マンションに向かう矢口に駆け寄ったが、記者とは目を合わせようともせず、首を横に振ってみせた。すかさず、母も矢口をかばう動きを見せた。矢口は、母の後ろに隠れるようにマンションのドアを開け、無言で足を進める。
記者が、もう元気になられたんですが?ファンにひと言でもと呼びかけた。
すると、矢口は立ち止まり、「大丈夫です。元気です。ご心配をかけてすいません」と答えたのだった。
矢口の表情にはかすかに笑みが浮かんでいた。

家族といると明るい表情で外出する矢口と、仕事の話になると号泣するという矢口。一体どっちが本当の矢口なのだろうか?東京の某クリニックの院長は話す。
「矢口さんは新型うつ病の可能性があります。従来のうつ病に比べて、過食や過眠の症状が特徴的で、他人からの忠告などには、泣きわめくなど拒絶する反応を見せる反面、好きなことをする時は、うつ症状が消えて様変わりしたようなに行動的になります。今の彼女はまさにその状態です。改善するには、食生活と睡眠を改善し、夜遅くまでのゲームなどをやめて規則正しい生活リズムを取り戻すことが元気になる第一歩です」

元気に見えた矢口だが、仕事になると鬱になるようです。新型うつについては、甘えだという批判の声も多いですが。芸能界復帰にはまだまだ時間がかかりそうだった。

矢口真里

梅田賢三のためにエステ開店資金を全額支援

矢口真里と梅田賢三の愛は本物なのか?それとも梅田賢三は矢口のヒモ?梅田は、モデルの他にエステ店でアルバイトをしていた。アルバイトでは指名数は1番で店の顔でしたが、矢口との不倫が報じられてから一度も店には現れてなかったという。

「モー娘の保田圭さんが2014年の挙式に矢口さんを招待したそうです。保田さんとしては彼女の気分転換になればと思ったそうですが、矢口さんからの返事はないみたいです」(芸能関係者)

梅田賢三との不倫騒動で離婚し、2013年10月に芸能活動無期限休止を発表した矢口真里。活動再開の目処は立っていなかった。それなのに2013年11月には梅田との半同棲が報じられた。懲りない矢口だが、梅田との再生愛計画を進めていた!

「実は矢口さんが梅田さんのためにエステ店をオープンさせようとしているそうなんです。彼はモデルの他にエステ店でアルバイトをしていたのですが、不倫騒動で出勤できなくなりました。もともと指名客も入るほどの人気でしたから、彼もこのまま辞めるのではなく、新店オープンで再起をしたいと考えていたようです。そこで矢口さんは、それなら私が資金を出して上げるとひらめき、さっそくお店のオーナーと連絡を取り始めているようです。オーナーとしても無料で新店オープンに関わることができるので、話しは順調に進んでいるようです」(芸能関係者)

さらに、矢口は梅田との再婚も考えているそうです!
「矢口さんは梅田さんとの再婚を真剣に考えていますよ。今回の出資もその決意の表れ。それに再婚でゴールインできれば、不倫というより本気だったとアピールできるためという読みもあるようです。この事業で梅田さんが軌道に乗れば再婚まで一気にいくのではないでしょうか」

所属事務所は梅田と別れるように説得をしているようですが、矢口は梅田と一緒に生きていく道を選んだようです。この選択の結果は吉とでるか?凶とでるか?

梅田賢三

矢口真里は梅田賢三と本気で再婚を考えているのか

元夫・中村昌也が仕事で出張にいっている間に、梅田賢三を連れ込んでいたことが原因で離婚をしたのが2013年5月30日。それから矢口真里はひと目を避け、ホテルなどを転々とし、公の場から姿を消す生活をしていた。自宅に戻ってきても、一人では外出できないほど世間の目が気になり、矢口は部屋に引きこもり、母親が生活の面倒を見る生活をしていた。そして、徐々に精神状態も安定してきたのか、外出する姿が多くなってきていた。

2014年2月11日、川崎駅に隣接するショッピングモールで矢口真里を週刊誌が発見。黒縁眼鏡に大きなマスクとニット帽を被り変装をしていた矢口は、母と妹・美樹と3人で買い物に来ていたようだ。この日は、家族水入らずの休日を過ごしていたようだったという。引きこもり生活で激太りだったが、この日はその時より、スリムになった印象。

矢口は仕事復帰に向けて順調に頑張っているのだろうか?ショッピングモールでは、ピーチジョンに入り、ど派手な下着を真剣に選んでいた。下着勝負を選んでいるように見えたという。その後、一行はモール内にある洋服店を次々とハシゴしていく。ひとつ店を出るたびに紙袋が増えていた。

矢口真里

そして、矢口が最後に選んだのは、メンズ用Lサイズの真っ白なシャツだった。矢口のショッピングは、3日後に近づいたバレンタインデーを恋人と過ごすための準備だったのでは?矢口は、地下にある食品売り場に向かうと、バレンタイン用のチョコレートが並ぶケースをのぞき込み物色をしていた。しかし、ここではチョコを購入せずにショッピングモールを後にした。

東京方面へ電車に乗り込んだ3人は、「お皿にクッキングシートを敷くの?」と聞く矢口に、母が「オープンの下段に入れて・・・」とアドバイスをしていた。どうやら手作りチョコを作るようだ。

電車を降りて一行は、矢口だけ1人でタクシーに乗り込んだ。ワンメーターほど乗り降りた先は、都内の高級住宅地の一角。騒動後に引きこもっていた実家近くのマンションとは全く違う場所だ。

タクシーを降りた矢口は警戒するように、後ろを何度も振り返りながら、全力でダッシュをし、駆け込んだ先は、外観のおしゃれなデザイナーズマンションだった。ここは50㎡ほどのワンルームマンションで、家賃は20万ほどだという。どうやら、マスコミにばれないように、矢口はここに引っ越しをしたようだ。ここで、バレンタインデーに梅田と過ごす予定なのだろう。

この行動に矢口を昔から知るテレビ関係者が話す。
「離婚から半年が過ぎ、民法上では再婚することが可能になりました。でも不倫発覚以降、心配するファンに対して彼女は何ひとつ話しをしていません。また迷惑をかけた仕事関係者のためにも、今は復帰の準備をしなければいけない時期でしょう。体形は戻っても、バレンタインに恋人に贈るプレゼントを熱心に選んでいるようでは、復帰そっちのけで、彼のために綺麗になろうとしただけじゃないかと思ってしまいますね」

矢口は、2013年末に梅田が計画しているエステ店オープン計画のための資金を出そうとしていた。
「真剣に梅田との再婚を考えている矢口が、決意を見せるためにひと肌脱ごうとしているんです」(芸能関係者)

この日も、梅田のために本気愛を見せていた矢口。間違いなく再婚に向けて突き進んでいるようだった。

その後、2014年10月に「情報ライブ ミヤネ屋」に生出演。約1年5か月ぶりに芸能活動を再開した。2017年5月には、矢口が交際中の元モデルが6月に結婚すると一部週刊誌が報じた。矢口は自身のブログを更新し、一部で報じられた再婚について「はっきりと言います。本当にございません」と完全否定した。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ