山田親太朗は木下優樹菜と熱愛の過去!理想のタイプの彼女は

俳優の山田親太朗はタレントの山田優の弟。2006年7月に「MEN’S NON-NO」と「POPEYE」のモデルとして芸能界デビュー。2007年7月にドラマ「山田太郎ものがたり」で俳優デビュー。その後、森公平、松岡卓弥とユニット「サーターアンダギー」を結成し、2010年2月にシングル「ヤンバルクイナが飛んだ」でCDを出しています。

山田親太朗

Sponsored Links

山田親太朗が木下優樹菜と交際

山田親太朗とタレント木下優樹菜の仲の良い関係が2009年5月に報じられました。ふたりで仲良くデートし、肩まで組んでいた。

深夜11時すぎ、都心のある幹線道路沿いにあるガソリンスタンドに、1台の四駆が滑り込んだ。
給油機の脇に止めた車の助手席から顔を出したのは木下優樹菜だった。
ピンクのワンピースに薄紫のロングパーカー。
隣にいた男性は、俳優の山田親太朗、山田優の弟である。
給油を終えて精算をする親太朗の横を、木下は何を思ったのか?スタンドの隅へと小走りで駆けていく。

すると、置いてあった白いヘルメットをかぶり、脇にある消化器を手に持ち、親太朗に向かって敬礼。
「消防士ごっこでもしていたのかな、すごい楽しそうでした。消化器が重かったみたいで両手でふんbって持ち上げていました。まったく周囲が目に入らない様子で大はしゃぎしていました」(目撃した人)

木下と親太朗が知り合ったのは2007年頃だったという。
「木下と付き合っていた上地雄輔くんがきっかけだったそうです。上地くんがお姉さんの優ちゃんの元に遊びに行ったときに親太朗くんと知り合って、その縁で仲良くなったそうです。上地と木下が交際している時に、彼女の相談役になっていたのが親太朗くんだったそうですよ」(テレビ局関係者)

その後、木下と親太朗は2008年8月に「ほんとうにあった怖い話」で共演。
「このころ、木下は激ヤセして恋愛に悩んでいたそうなんですけど、親太朗くんがいつも相談に乗っていて、彼女がすごい頼っている感じでした。以来、これまで以上に親しくなったそうです」(別のテレビ局関係者)

しかし、木下には別の本命の男性がいた。
「お笑い芸人FUJIWARAの藤本敏史さんと交際を始めたそうなんです。先日のトーク番組で相思相愛の好きな人がいると話してましたけど、それが藤本さんのことだというんです。親太朗くんは、どうするのですかね・・・?」(テレビ局関係者)
2009年4月には「クイズ!ヘキサゴンⅡ」で!木下と共に藤本、親太朗、上地の3人の共演もあった。結局、2010年8月に木下は藤本敏史と結婚しています。

Sponsored Links

山田親太朗の理想のタイプの女性とは

「親太朗!めーごーさーするぞ!って子供の頃おばあちゃんによく怒られていました。沖縄の方言でゲンコツするって意味です」と語るのは、山田優の弟の親太朗。
「僕のおばあちゃんって基本的にあまり怒らない人なんです。でも僕が学校から帰るのが遅くなると叱られました。夢中で遊び過ぎて心配するから暗くなる前には帰ってこいよって口酸っぱく言われていることを忘れていますんです。たまにロウソクのロウを垂らされてお仕置きされました(笑)」

仕事が忙しい両親に代わって育ててくれた祖母。
「僕は小学校6年ぐらいまでおばあちゃんの家で育ちました。だから昔はお母さんってよんでました。あの頃は家に帰ったら風呂が用意されていて、食事もあって、母親はそういうことをまったくしない人だったので、なんでもおばあちゃんはしてくれました」
だから親太朗の好きなタイプの女性はおばあちゃんみたいな女性になったという。

「俺のワガママかな?でも頑固なおじいちゃんに尽くしながら家をしっかり守っているおばあちゃんみたいな女性がいいです」
「おばあちゃんは人に対する思いやりや優しさを教えてもらいました。これからはおばあちゃんが自慢できる孫になれるように頑張りたいって思うんです」と理想の彼女についてコメントしています。

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ