綾瀬はるかのダイエット法は?年収4億超えも大河ドラマ低迷

女優の綾瀬はるかは、2000年ホリプロスカウトキャラバン審査員特別賞を受賞し芸能界入り。2001年の日テレ系ドラマ「金田一少年の事件簿」で女優デビュー。2004年のTBS系ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」で脚光を浴びる。映画は2008年の「僕の彼女はサイボーグ」「ICHI」、2009年の「おっぱいバレー」、2012年の「ホタルノヒカリ」などに主演。2013年にはNHK大河ドラマ「八重の桜」に主演。同年のNHK紅白歌合戦司会も担当しています。

綾瀬はるか

Sponsored Links

綾瀬はるかがダイエット大成功

外に出れば仕事は出来るが、休みの日は「恋愛よりごろ寝にビール」というぐうたらな生活を過ごす物干し女。
この夏、一番の視聴率ドラマ・ホタルノヒカリ2で、彼女はそんなヒロイン役を演じている。
いまもっとも輝いている綾瀬だが、ブレイクするまでにはかなりの困難があった。

1985年広島で生まれ、実家は枝豆、トマト、なす、きゅうりなどの野菜を作っている専業農家だ。
「テレビのまんまの天然キャラで、いつもニコニコしている明るくて裏表のない性格でした。みんなで遊んでいる時に、いきなりコマネチを披露してましたね(笑)運動神経も抜群ででした。いつもはぽわ~んとしているのに、試合になると負けず嫌いでしたね」(同級生のひとり)
2000年の高校1年の時、友人につきあって応募した、第25回ホリプロスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞して芸能界入りした。 

芸能界に入ったはいいが、ブレイクするまでに時間かかった。
その原因は食いしん坊だったことだ。
その大食い伝説を一部紹介すると。
・中学までは、食べることが好きじゃけぇ、栄養士になるという夢を持っていた。

・友人の家に泊まりにいった時に、食べ物がないといわれて、残り物の味噌汁を御飯にかけて何杯もおかわり。

・回転寿司では20皿、ケーキバイキングでは13個をひとりでペロリ。

・ミニストップのソフトクリームが大好きで、夜中の3時、4時に変装して買いにいく。

そんな生活なゆえ、当然のように体はふっくらと・・・。
当時バラエティー番組で共演していた品川庄司からもデブキャラとしていじめられたぐらいだ。

「番組の企画で与えられたのが、週に2~3回、90分走って、その後に90分泳ぐというかなり過酷なトレーニングメニュー。食事も朝はコンニャクふた口、昼夜はサプリメントで解かしたドリンクのみ。最後には水さえ我慢するほどでした」(テレビ局関係者)
一度はダイエットに失敗して、和田アキ子に叱責されたが、2回目の挑戦で1ヶ月で7キロを落とした。
そして、2004年に巡ってきたのが、映画で大ヒットした世界の中心で、愛をさけぶのドラマ版のヒロイン。
700人以上集まった中から勝ち取ったチャンスだった。

しかし、ここでも再びダイエッとの苦難が・・・。
「白血病で最後は亡くなってしまうヒロインを演じるために、青汁と卵とヨーグルトだけを食べるダイエット法で10キロの減量をしたんです」
2度の過酷なダイエットを乗り越え、綾瀬はブレイクしている。3度目の激太りはもう大丈夫?

Sponsored Links

綾瀬はるかがNO1女優に!年収は4億円超え

綾瀬はるかの快進撃がとまりません。俳優の大沢たかおとの熱愛発覚で人気は下がると思いきや、ドラマの影響もありうなぎ登りで上昇中のようで、2010年だけで4億は稼いでるそうです。彼女の人気とは一体どこからきてるのでしょうか?

女優の綾瀬はるかが所属事務所のホリプロの稼ぎ頭になったそうだ。
「平成23年3月の決算で綾瀬が1番になった」(芸能プロ関係者)
この事務所には大先輩の和田アキ子もいる。
綾瀬といえば、大沢たかおとの熱愛騒動だ。
ドラマ・ZINに共演し、視聴率NO1女優になった矢先、2010年5月中旬、綾瀬が都内にある大沢のマンションに出入りしていることが報じられた。

「綾瀬は事務所のスタッフの運転で大沢の自宅にいったそうです、デートの合間、スタッフが周辺をパトロールしていたのにフライデーされてしまった」(芸能関係者)
交際発覚で焦ったのは綾瀬だった。
「ようやく稼げる女優になった一番大事な時期でしたからね」(事情通)
結局、事務所同士が話し合い、綾瀬の今後の女優活動を考え別れたという。 

綾瀬のギャラの話だが、すでにトップクラス。
1回の出演のギャラは推定200万年。
2010年はドラマを2本こなし、約5000万円。
CMも1本5000万円で6本にでたので3億円。
映画、写真集のギャラを合わせると軽く4億円を超えた。
いまがピークなのは間違いないですが、芸能界はすごいとこですね!

綾瀬はるか

見た目5歳も若返り!その秘密は酢ダイエット

最近、芸能人のダイエットブームなのでしょうか?綾瀬はるかも役作りのためにダイエットに挑戦し見事に成功したそうです。一体どのような方法で若返ったのでしょうか?

「最初、ひみつのアッコちゃん実写版のオファーにあたり、綾瀬さんは正直、かなり悩んだそうです。22歳という設定のため、実年齢より若く見せるためにいろいろ努力したそうです」(映画関係者)

ひみつのアッコちゃん役を演じる綾瀬はるか。
今回の映画は、小学校5年生のアッコちゃんが魔法のコンパクトで心は10歳のまま、22歳の女性に変身するという役柄で、変身後のアッコちゃんを綾瀬が演じている。

そのため、役作りのため苦労したようだ。
「当然、あのミニスカート姿ですから。2011年出演を決断してからは脚のストレッチや風呂上がりのマッサージは欠かさずするようになったと聞いてます」(別の映画関係者)

「綾瀬さんは25歳を過ぎてから体調の変化を強く感じるようになり風邪をひきやすくなったそうです。そこで免疫力を高めるために、まずは酢を取り入れた食生活を心がけたそうです。最近は、黒酢やワインビネガーなど数種類の酢を揃え、食生活に取り入れているそうです。疲れを感じた時には、オニオンスライスにかつお節をのせてポン酢をかけて食べているそうです」

クリニックの専門家は次のように話す。
「人間の体は粘液、粘膜でできていて、唾や涙や胃酸を作る必要があります。それを短鎖脂肪酸のひとつが、お酢です。お酢には雑菌作用もあり、腸で善玉菌を増殖させるので免疫力あっぷにもなります。さらには、血液をさらさらにし、ストレスを和らげる効果もあります」

綾瀬はお酢を取り入れる食事方法以外にも、帰宅後にはウォーキングをし、さらに腕立て伏せや腹筋などもしているそうです。
お酢ダイエットと適度の運動が若返りを成功させたようです。

綾瀬はるか

NHK大河ドラマ・八重の桜で奮闘!高倉健からプレゼントを貰う

男性に大人気の綾瀬はるかですが、その一番の魅力は容姿ですが、女優としても完全に開花したといえるほど大物女優に成長しました。そんな綾瀬は2013年のNHK大河ドラマ・八重の桜の主演に抜擢されました。

「大河のロケ現場では、着物の上にダウンベストを着ている綾瀬さんの姿をよく見ます。実はそのダウンですが、高倉健さんから贈られたものだそうです」(NHK関係者)

NHK大河ドラマ・八重の桜の初回完成試写会で綾瀬は次のように挨拶をした。
「ようやく1話が完成して、いよいよ始まるんだなと胸が高まっています。八重役を全身全霊で演じ、頑張っていきたいと思います」
着物姿で挨拶を終えた綾瀬は、報道陣から痩せたんじゃない?体が引き締まった感じがするねといった声が聞かれた。

「稽古は2012年8月下旬からスタートしました。会津弁でのセリフも綾瀬さんにとって初体験でした。広島出身の彼女にすれば会津弁はまるで外国語。1ヶ月の特訓の後もずっと方言指導を受けています。八重は会津弁藩砲術師範の娘で、鉄砲は男性が持って走ると汗だくになるほど重いので、大変だったと思います」(番組スタッフ)

今回の大河ドラマは、同じ所属事務所の松山ケンイチが平清盛で低視聴率で大失敗をしたので、同い年の彼女に対して、周囲の期待は大きいという。
「NHKとしては八重の桜を成功させるためにスタッフも盤石の布陣で挑んでいます。脚本は朝ドラ・ゲゲゲの女房をヒットさせた山本むつみ。制作統括は大河・天地人を担当した内藤慎介です」(NHK関係者)
それだけこのドラマにかかっている期待は大きい。

重い銃を持ったり、ハードな撮影をこなすために体力強化や筋トレにも励んでいる。
「片手をパイプ椅子に、もう片手を床について、ヒザをつきながらですが腕立て伏せを左右それぞれ30回、さらに腹筋、ストレッチなどもしてますね。会津ロケで、桜の大木に登るシーンがありますが、彼女は人の手を借りず、するすると登って驚かせたようです」(別の番組スタッフ)

そんな肉体改造を頑張っている綾瀬は、実家からもサポートがあるそうだ。
長丁場のため、食生活にも気を配っている。
「最近の彼女の食事は野菜と鶏肉が中心のメニューです。綾瀬さんの実家は広島で専業農家です。だから野菜を実家から送ってもらっているそうです」

綾瀬の大河撮影を気にかけているのは高倉健もだ。
ふたりは2012年夏に公開された高倉健の主演映画・あなたへで初共演している。
綾瀬は高倉にこんな相談もしている。
「綾瀬さんに大河では、会津弁を話すんですけど、どうやったら上手くなるでしょうか?と聞かれた健さんは、その土地の人たちとたくさん話して、方言を学びなさいと助言を受けたそうです」(映画関係者)
福島入りした綾瀬は土産物の店に入っては、会津弁で話しかけていたという。
綾瀬は八重の桜を見事に咲かせることができるだろうか?

綾瀬はるか

八重の桜が低迷!主演の綾瀬はるかの今後にひびくかも

テレビ離れが加速?それとNHK大河ドラマがつまらないのでしょうか?前回の平清盛では視聴率ワースト記録を作るなど最悪でしたが、それだけに今回の八重の桜に期待をしている人は多かったようです。初回は視聴率21%超えとまずまずのスタートを切りましたが、徐々に視聴率が下がっていたようで、このままでは、松山ケンイチの二の舞になるのではないかと、綾瀬はるかを心配する声があるようです。

八重の桜が、いよいよ崖っぷちになってきた。
初回視聴率21.4%から下降し14話では11.7%と一桁目前にまで下がった。
そこから少し盛り返し、16話では13.8%だ。
さらに下がれば、2012年の平清盛に続くことになってしまう。

「裏番組にWBCフィギュアスケート世界選手権があって仕方がなかった面もありますが、そういう注目番組がなくても再浮上できていませんからね。話題になった西島秀俊の肉体美をもう1回見せても、次もまた見せないと視聴率は落ちるから意味がない」(芸能プロ関係者)

そして主演の綾瀬はるかは、この結果によっては今後の女優人生も左右することになりかねない。
「2011年に江~姫たちの戦国で主演した上野樹里。大河で散々な結果になり、それ以降、上野はトラウマを抱えてしまっているんですよ」(同上)

当時鳴り物入りで大河主演まで決めた上野だったが、つたない演技に批判が殺到し、視聴率は過去10年でワースト3の平均視聴率17.7%となった。
上野を知る人物がその後の上野のことを語る。
「大河が終わったと、上野は周囲に休みたいと繰り返し、1人で海外旅行に行っているんですよ。だからといってショックを払拭できるはずなく、それ以降、女優としてぱっとしなくなりました」

「大河ドラマには国民的な支持がある。そこで軽視されると、女優としての器はそこまでなのかと悩んでしまう。八重の桜がこのまま低迷をすると上野のように自信を無くすことも考えられる」とテレビ関係者は心配をしている。

西島の肉体美で盛り上がりましたが、あまり視聴率はよくなかった。結局、平均視聴率は14.6%に留まってしまったようです。

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ