布施博と離婚した元妻・古村比呂にDVは?新妻・井上和子は

俳優の布施博は1984年にドラマ「昨日、非別で」で注目される。1988年の「抱きしめたい!」「君が嘘をついた」などトレンディードラマで活躍。1987年には「私をスキーに連れてって」で映画初出演。1992年に女優の古村比呂と結婚。3人の子宝に恵まれたが2008年に離婚。おしどり夫婦と呼ばれた大物カップルが、16年半続いた結婚生活にピリオドを打ちました。その後、2012年に自らが主宰する劇団の所属女優の井上和子と再婚しています。

布施博

Sponsored Links

家まで売って修復できない状態だった

2008年9月、神奈川県内の高台にある高級マンション。日当たりの良い角部屋にある4LDKの一室。ここは、布施博と古村比呂が長年暮らしていたマンション。

すでにその部屋はもぬけの殻で、4980万円という値がつけれら売りに出されていた。
不動産業者の案内で部屋に入るとクローゼットは、布施のゴルフバッグが残されていた。
そして子供用のグローブが3つ野球シューズも3足置かれたままで急な引っ越しがうががわれた。
2008年9月に入って、急展開を見せていた布施博と古村比呂の離婚話。
結婚16年目、これまでも何度か夫婦問題が報じられていたが、2008年の4月古村はTV局の取材に対し、初めて別居していることを告白した。
「親の介護があって、介護を第一に考えた。一緒にいると、やるべきことがそれぞれ多すぎて、逆に相手を責め合い、ストレスになった。」

古村の父は糖尿病を患い、布施の母は狭心症で介護問題が深刻だとも報じられた。
すでに別居は当時2年に及んでいたというが、そんなふたりがついに離婚を決意。
そこで布施の父親に週刊誌が話を聞いたところこんな内情を語り始めた。
「博に仕事がなくなって、稼ぎが悪くなったから出て行ったのかもな。これまでは古村がうまく計算してやりくりしてたんだけどね。雇ってたお手伝いさんも地元へ帰ったと言ってたけど、本当は経済的に無理になり頼まなくなったんだと思う。だから家も売りに出したんだよ」
古村については、さらに自分の親の問題もあった。
「古村さんにはお姉さんがいて、彼女は数年前に故郷の北海道で先生をやっていたお父さんとお母さんを東京に呼び寄せたんです。そして自宅近くのマンションに住まわせ、頻繁に通っては面倒をみていました。」(古村の知人)

古村比呂

布施博と古村比呂が結婚をして神奈川県に5LDKの一軒家を建てたのは1993年のこと。
そして3人の男の子に恵まれたが、布施の劇団員女優との不倫が発覚。
この頃から夫婦関係がギクシャクし始めたという。
2002年にはせっかく建てた豪邸を手放すこととなるが、時はバブル崩壊で売り値は半額以下、2億以上のローンが残ったとも報じられた。
そして引っ越した先が、上記でお伝えした4LDKのマンション。

「古村さんは、重い糖尿病を患っているお父さんと、それに付きそうお母さんが高齢なこともあり、心配なんだと思います。それでその家に呼んで食事の面倒をみたりしていました。でも疲れて帰ってきた布施さんにしてみれば、義父母がいつもいるんで、夫婦喧嘩になることもあったようです。」(古村の知人)
そんなことに耐えかねて、2006年に古村が3人の息子を連れて家を出て行った。
実際、古村は別居する直前の週刊誌のインタビューで糖尿病対策のため食事に玄米食を取り入れるなど、とれも気を使っている様子を明かしていた。
またその一方で旦那の時間が不規則で、毎晩飲んで帰ってくるので家族一緒に食卓を囲むことはないと不満も語っていた。

布施の父はこんなことも告白した。下町の都営住宅でひとり暮らしをしている。なぜ布施と済まないのか?と訪ねると。
「俺は息子の所で世話になるのがいやでね。博と会うのも1年に1回お正月だけ。お年玉もらいに孫たちを連れてくる。うちの母は、博が一人になってからは逆に食事作ってやったり世話しとるみたいよ。古村さんはきちっとした人で、初めてうちに挨拶に来たときから博と合わないと思っていたよ・・・」

厚生労働省によると、介護を必要とする寝たきり老人や老人性認知症、虚弱高齢者は全国で280万人いるそうだ。全国に布施博と古村比呂と同じ問題に直面する夫婦は増えているようです。

布施博

古村比呂が離婚の慰謝料と養育費を貰えず

おしどり夫婦としても有名だったふたりに何が。2009年4月の離婚報道の当初は、お互いに詳しい詳細は言わないままの離婚となっていましたが、金銭問題で揉めていたようです。

2009年4月17日に正式離婚していたことがわかった女優・古村比呂と俳優で元夫の布施博。
古村は2009年8月17日に出演したテレビ番組で離婚後の決意を語っていた。
「離婚しようと決めるまでにはいろいろ考えまして。でも、やっぱり決めるといまはもうすっきりしています。本当に自分で責任をもっていこうと思ってます」
古村と布施は1992年に結婚、1993年には神奈川県内に5LDKの一軒家を建てるなど評判のおしどり夫婦となった。

ところが、1995年に布施の主宰する劇団所属の女優と布施の不倫が発覚。
2年後には劇団員の別の女性の顔に大怪我をさせ600万円を支払うなどトラブル続きだった。
「古村さんは布施さんの劇団の運営を手伝っていたので、彼の仕事の大変さもだらしなさも見えすぎてしまったんだと思います。この頃から仲が気まずくなってしまったんです」(テレビ局関係者)

2002年にはせっかく建てた家を手放すなど、ふたりの関係にズレが生じ始めた。
そして2006年、ふたりはついに別居する。
「古村さんには重い糖尿病を患っている父親と高齢の母親がいて、ふたりを自宅に引き取ったのです。でも、布施さんからしてみれば、家に帰るといつも義父母がいるんで、夫婦げんかが多くなっていったんです」(布施の知人)

そして2006年に古村は3人の息子を連れて、家を出て行った。
それから2年以上の時が経ち、古村は離婚することを決意した。
ところが!
「別居後、布施さんは離婚の話し合いにまったく応じてくれず逃げ回るばかりで調停にもこない。生活費も送られてこなくて・・・。2008年12月に調停を申し立てたのに、それから4ヶ月も経ってしまったんです。子供が3人もいるので、本当は養育費だけでも話し合いたかったのに、慰謝料どことか養育費まで未定のままなんです」(古村の知人)
布施は、2009年3月の第1回調停には出席せず、2009年4月の調停でようやく姿を見せ、離婚が成立したという。
古村は、会見に応じ経緯を説明したが、本当の離婚の原因となったDVと女性問題については明確に否定することはなかったそうです。

Sponsored Links

古村を激怒させた布施の再婚相手からの手紙

ふたりの離婚の原因はDVではとも報じられましたが、真相はわからず。しかし、布施は浮気をしていた女性と再婚。さらに、布施の売名行為とその再婚相手である浮気女性からある手紙を紹介されたことで古村は激怒していたそうです。

「昨日、夜、ある番組に我が息子たちの写真と映像がひとつのキーワードとなって、オンエアされたと知りました。私も全く知らなかったことなので驚いています。本人たちの了解なくテレビ番組が作られてしまうとは・・・」
2013年3月4日ブログにこのように怒りを綴っていた古村比呂。

ある番組とは行列のできる法律相談所のことだった。
この日のゲストは、2009年に離婚した元夫・布施博。
1992年に結婚したふたりはおしどり夫婦として知られていたが、2006年頃からお互いの両親の介護を理由に別居し2008年4月に古村は離婚を決意するが、布施が認めなかったため離婚調停の末、2009年4月にようやく離婚が成立。泥沼離婚だったのだ。

この日の放送では、布施は2012年に再婚した14歳年下の妻・井上和子を連れて登場した。
井上は、布施が主宰する劇団所属の女優で、同劇団が発足した1994年から在籍をしており、脚本も担当するなど20年近くも布施をサポートしてきた。

古村比呂

当時の布施は、古村との間に授かった3人の息子たちについても言及。
父親として何とか力になりたいと考え、音楽活動をしている長男のライブに証明担当として参加し、裏方として支えたエピソードも話していた。
自分の部屋には3人の息子の写真が飾られていることも明かし、その写真をテレビで公開してしまったのだ。
この行為が古村を怒らせる原因となってしまった・・・。

「古村さんは息子たちの写真が勝手に使われたけど、どうなの?あれって許されるの?写真に目線すら入ってなかったしって怒ってましたね」(古村の知人)
さらに古村は怒り続ける。
「どうやら古村さんは、離婚後、仕事が減っている布施さんが、息子たちを利用して仕事を増やそうとしていると感じたようで、息子が命名行為に使われたこと言っていました」

さらに古村が許せなかった行為が、再婚相手からの手紙だったという。
その文面には、布施への感謝の思いとともに、布施と古村の息子たちへのメッセージも含まれていた。
「3人とも私の本当の子供ではないけど、とても愛おしくまた頼もしいと思っています。子供たちが、いつ泊まりに来てもいいようにと用意している小さな部屋も、ほとんど使ったことはないけど、もう少しこのままにしておきましょう」
この手紙はスタジオや布施の涙を誘ったのだが、古村だけは怒り心頭だった。

「実は古村さんは、布施さんと結婚していた時から、井上さんとの関係を怪しんでいたんですよ。布施さんが仕事だといって、井上さんが夜遅くまで飲みにいっている間。彼女はひとりで3人の息子を育てたわけですからね。それなのにいまになって母子みたいなことを言われたのですから・・・」

親権は古村にあるそうです。
2012年には子宮頸がんを患い、子宮全摘手術も受けている。
その一方でお先にとばかりに再婚をした布施。
「古村さんは、表向きは布施さんの再婚を喜んでいました。けど、実際は布施さんの幸せを耳にして複雑だったのでしょう。それなのに自分に唯一残された子供まで利用されたわけですから・・・」(古村の知人)

布施は現在、母親が認知症を患い妻の井上和子と自宅介護を続けているそうです。

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ