真木よう子は夫・片山怜雄と結婚後は長塚圭史と不倫で離婚し子供は

女優の真木よう子は1998年に仲代達矢主宰の「無名塾」入塾。2001年の映画「DRUG」でデビュー。2006年の映画「ベロニカは死ぬことにした」で初主演。2010年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」、2013年のフジテレビ系「最高の離婚」などの多数のドラマにも出演。2008年11月に元俳優の片山怜雄と結婚。子供は、2009年5月に娘が誕生。結婚当初は格差婚といわれ、長く続かないのではといった意見も多かった。そして、2015年9月に離婚しています。

真木よう子

Sponsored Links

真木よう子ができ婚した夫の片山怜雄とは

2008年11月、真木よう子は突然のでき婚により、業界関係者を驚かせた。真木よう子を仕留めた夫・片山怜雄どんな人物なのか。

「ひとそれぞれだと思いますけど、一般的には幸せな結婚じゃないでしょうか」
真木よう子は、あるインタビューで女性の幸せについてこう答えていた。そんな真木よう子が2008年11月15日に電撃発表!妊娠3ヶ月のでき婚を発表した。結婚相手は、出会って3年、1学年年上の一般の社会人だとされていたが、芸能業界にもいたことのある片山怜雄と分かった。

ふたりの出会いは2005年、真木が出演したDVDドラマ「東京フレンズ」。共演していた大塚愛や瑛太らと食事会を開くことになり、瑛太が「WATER BOYS」以来の大親友でもある片山を連れてきたのがきっかけだったという。
「お互い一目惚れだったそうですよ。付きあったり別れたりを繰り返した3年の間に、お互いかけがえのない存在になっていったそうです」(テレビ関係者)

片山はその後、「世にも不思議な物語」「東京タワー」などのドラマに出演しているが、現在は別の道に。
「小説家を目指して、リリー・フランキーさんに弟子入りしたんですよ。でもあれだけのイケメンですから、この春もリリーさん率いるバンドのプロモーションビデオに出演したりもしてました」(音楽関係者)

そんな片山の夢について、映画関係者がこう明かす。
「自分の脚本で映画を作って、その作品に真木ちゃんを出演させることなんですって。めんどくさいよね。なんて真木ちゃんは照れながら笑っていうんですけど、その顔がとっても嬉しそうなんですよ」

インタビューでは自炊はしません(出来ません)と公言する真木だが、夫はかなりの料理上手だそう。
「バーで働いていた経験もあって、あり合わせのもので焼うどんを作ったり、スープを作ったりしてくれるそうです。」
片山が高級マンションに引っ越してくる形で、新婚生活もスタート。2009年年夏には出産予定だった真木。一方では仕事を干されるのではという心配な声も聞かれていた。

片山怜雄

真木よう子が常盤貴子の夫・長塚圭史と不倫

真木よう子といえば、元俳優の片山怜雄と2008年11月にでき婚をし、2009年5月には長女を出産しました。もう夫婦関係に亀裂が生じていたか?常盤貴子の夫・長塚圭史と腕を組んで夜の街に消えていく姿が写真週刊誌にスクープされた。でき婚は離婚率がかなり高いようですが、この夫婦にも離婚の危機が訪れたのか。

泥酔して足もとがおぼつかない彼女は居酒屋を出ると、傍らにいた男性に腕を絡ませ甘えるようにギュッっと体を密着させた。彼も嬉しそうに、彼女の腰に手をまわして応じる。こんなシーンを真木よう子と長塚圭史がフライデーされたのだ。

真木は2012年6月末まで公演していた舞台で主演を務めていたが、この舞台を手掛けていたのが、長塚だった。ふたりは6月22日の公演後、スタッフや共演者と食事に。盛り上がってお開きとなった後に、冒頭のような様子で深夜の街へと消えていった。お互いパートナーを持つ既婚者だけに、夫婦関係に亀裂が生じなければいいのだが・・・。

長塚圭史

2008年11月に元俳優・片山と結婚した真木。2012年初めには、都心にある高級マンションへ引っ越しをしていた。周辺には公園などもあり、子育てをするには絶好の場所。しかし、真木の姿はほとんど見かけられていなかったという。
「家事や子育てのほどんどを旦那さんがしているみたいですよ。いつもお子さんを連れて近所のスーパーに出掛けては、肉、魚、野菜といった食材が入った買い物袋を掲げて帰ってきますから」(近所の主婦)

片山氏は、リリー・フランキーの弟子で小説家見習いのため、自宅での仕事が多いので、このような生活が可能なのだ。このマンションには、片山の親友である瑛太と木村カエラ夫婦も暮らしている。
「瑛太さん夫婦にも、同じような年ごろの子供がいるんですが、お互い困ったことがあった時は、すぐに助け合えるようにと同じマンションにしたようですよ。でも、片山さんのあまりに優秀なイクメンぶりに、瑛太さんたちも頼りっぱなしのようです」(芸能関係者)
真木が夜遊びできるのは、片山のおかげというが、不倫ではなかったのでしょうか?ふたりは深夜のどこに消えていったのか。

Sponsored Links

真木よう子がW不倫で離婚危機に

真木よう子は2012年6月に常盤貴子の夫・長塚圭史との不倫デートが報じられた。その関係がまだ続いていたようです。

真木はドラマや映画で引っ張りだこの人気女優。2012年10月には、生田斗真の主演ドラマ・遅咲きのヒマワリ ボクの人生リニューアルではヒロイン役を演じる。

プライベートでは2008年に片山と結婚をし女児を出産しているが、家庭の方では思わぬ暗雲が垂れ込めていた・・・。常磐はフライデーに2012年6月に常磐の旦那・長塚との不倫デートが報じられて話題になった。ふたりは真木が主演した舞台のプロデュースを長塚が手掛けたことがきっかけで親交を深めた。

「片山さんは若手人気俳優としてドラマなどで活躍するも、真木さんと結婚後は小説家を目指して、リリーフランキーさんに弟子入り。ただ、これといった収入がなくて一家を支えているのは真木さんです。最近はリリーさんの所にも行かず、家事や育児を担当するもっぱら専業主夫状態です」(芸能関係者)

そうした家庭環境もあり、長塚との不倫が話題になったが2012年9月、ふたりは続いていたようである。
「真木さんと長塚さんは、2012年7月中旬にも都内にある某劇場にふたりきりで仲良く舞台を観に来ていました。ふたりは開演ギリギリに来たんですけど、真木さんの方は帽子を目深く被って顔を隠していましたが、長塚さんは変装はしてませんでした。真木さんはスタイルがいいので周りのお客にはすぐに気づかれたようです。それ以外にもふたりの目撃談はあるので親密ぶりは業界では有名ですよ」(舞台関係者)

ふたりの関係が続けば続くほど離婚は時間の問題となりそうだが、片山が収入がないため離婚は回避されているのだろうか?家庭が心配された。

真木よう子

真木よう子が神社で神頼み!夫婦円満に戻りたかったが離婚へ

2014年2月、夫婦仲は順調と思いきや、数年前から2人は離婚危機と報じられてました。そして、夫婦仲は危なくなり、真木よう子は神社で熱心に参拝をしていたという。しかし、2015年9月についに離婚に。

「すっぴんだったので最初は誰かわかりませんでした。でも巫女さんと話ししている声を聴いたら、真木よう子だとわかりました」(参拝客)

2014年2月初旬の昼、東京赤坂にある日枝神社を詣でる、真木よう子、祖母、娘の親子3人の姿があった。
「裏門から入ってきて、まず本殿前に立ち止まると、正式な礼儀作法で、賽銭を投げ入れていました。娘にも100円を渡して、抱っこしながら投げさせていましたよ」(同上)

周囲の参拝客が驚いていっせいに振り向いたのは、次の瞬間だった。
「真木さんが、あのガラガラの鈴を力強く、何度も何度も鳴らしていたんです。真木さんの様子におばあちゃんも娘さんも驚いていましたよ。そして、深刻な表情でかなり長い間、祈っていました。その姿には参拝客もびっくりしていましたよ」(同上)

真木の夫は、元俳優の片山怜雄。現在はリリー・フランキーの元で小説家を目指している。2008年の結婚当初から、2人は格差婚と呼ばれていたが、2013年7月、カンヌ映画際から帰ったばかりの2人の不協和音を目撃している。妻に代わって主夫を務めていた片山が、「俺だって仕事あるしさー。大変なんだよ!」と、真木に詰め寄る場面だ。

結婚6年が経ち、夫婦仲に亀裂が生じていたのだろうか。ここの神社は、縁結びや夫婦円満にも御利益があると評判だそうです。そのため、神様にもすがる思いで参拝していたのだろう。

そして、真木たちは参拝を終えると、古札納所へ。
「紙袋2つ分ものお札を納めていました。どれだけ信心深いんだろうと感心しました」(参拝客)
続いて、娘の御守りや携帯につけるグッズを購入し、その後、巫女さんに、「おみくじを引かせて下さい」とお願いをし、4番の番号がかかれたくじを引いた。4番のおみくじは、吉で、願い事は成就近し。争い事、堂々と勝つべしとあった。

しかし、2015年9月に旦那・片山とついに離婚。円満に離婚が成立ので、双方に慰謝料などは発生しなという。2009年5月に生まれた子供の親権は真木が持つようです。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ