赤西仁の黒木メイサとの結婚の代償!KAT-TUN脱退し海外で活動も現在は

歌手の赤西仁は2001年に「KAT-TUN」を結成。2005年に日本テレビ系ドラマ「ごくせん」に出演し、俳優としても活躍。2006年に「REAL FACE」でCDデビュー。2010年1月に映画「BANDAGE」に初主演。2010年7月にグループを脱退し、2011年3月にソロデビュー。2012年2月に女優の黒木メイサと結婚し同年9月に娘が誕生している。

赤西仁

Sponsored Links

黒木メイサとのデキ婚は痛すぎた代償

2012年2月に黒木メイサとデキ婚をしてから、赤西への制裁が続いいたという。好き勝手してきた代償の大きさに本人はようやく気付き始めていた。

2012年3月26日、黒木メイサがデキ婚騒動後、初めて公の席に立った。
これまで伝えられているとおりであれば、黒木はすでに妊娠4ヶ月になるが、この日は明言を避けた。
2012年5月に朗読劇に出演予定の黒木だが、赤西は2012年4~5月に開催予定だったツアーが中止になった。
この中止は、黒木側の事務所に対しての誠意であり、赤西への制裁の意味もある。
コンサート中止で発生する負債は赤西が払うことになるとの発表もあった。 

「今回のツアーは、2012年3月7日に発売したソロアルバムを引っ堤げ、全国5都市で7万人を動員する予定だった。通常アリーナのキャンセル料は100~200万円程度。赤西は会場のキャンセル料金だけでも数千万円程度を負担することになります。チケットが発売されていないのが不幸中の幸いでした」(芸能関係者)

しかし、代償はこれだけではない。
「タレントの収入源はコンサート出演などがベースになりますが、それは決して多くないんです。ですから個々人としてはCM出演料などが大きな収入源になります。でも赤西の場合は、今回に限らず前々からいろいろと騒動がありましたからスポンサーはなかなかつかない状態でしょう。それから実際のコンサートではグッズ売り上げも大きな収入ですが、ツアーが無くなりましたから・・・」(芸能関係者)
赤西はこんな状態でどうやって負債を払っていくのでしょうか?
こんな状態でも黒木との結婚は幸せだったのでしょうか?

黒木メイサ

赤西仁がジャニーズを辞めたのは海外で活動するため

赤西仁が。KAT-TUNを脱退したのは2010年7月20日でした。理由は、自分のやりたいことがしたい。KAT-TUNの活動は、赤西が目指す方向性ではなかったという。それからソロ活動をし、アメリカで全米ツアーをしました。

現地では無料チケットが配られるなどし、客入りはよくない結果に終わりましたが、赤西はこの全米でのライブで何かを感じたようです。そして、ジャニーズ事務所を辞めた理由がわかりませんでしたが、アメリカで活動するためだったようです。ロサンゼルスでの新居探しをしており、黒木メイサとは別居してた。家庭より夢を追うことにしたのでしょうか?

2013年12月のとある夜、東京港区のダイニングバーで赤西が仲間と飲んでいる時のことだった。
「もう決まってるから」「3月からは自由だ!」
赤西は声をあげては酒をあおり、午前3時過ぎまで店にいた。
この時、赤西が話していたのはジャニーズ事務所を辞めることについてだった。

2014年2月28日に契約期間満了に伴い、ジャニーズ事務所と契約更新をしないことに合意をした。
そして、子供の頃から夢だった海外での活動をしていくとのことだった。

赤西は昔から海外志向が強かった。
KAT-TUNとしてCDデビューした直後、人気絶頂の2006年10月に芸能活動を無期限休止し、アメリカ・ロサンゼルスに留学した。
その後、KAT-TUNに復帰をしたが、ロスで単独ライブを成功させて、やはりKAT-TUNとは方向性が違うということで、2010年7月にKAT-TUNを脱退した。

赤西仁

その後、全米デビューシングル(2011年11月)は、iTunesダンスチャート部門で1位を獲得し、俳優として、キアヌ・リーブスと47RONINを共演した。
赤西の気持ちは完全に海外へと向いていたのだ。

「赤西は米国の活動だけでなく、韓流絡みのビジネスも始めています。曲を提供したりしていると聴いています」(音楽関係者)

ジャニーズ事務所を退社したことについて、妻・黒木メイサは一切コメントしていない。
夫婦仲については上手くいっているのだろうか?
「赤西くんは、事務所だけでなく、メイサさんともスレ違い続けているそうです」(芸能関係者)

赤西とメイサが子供のために選んだ新居は、都内の高級住宅地にある低層マンション。
3LDKで150㎡あり家賃は60万円ほどする。
ここで家族3人が過ごす日は数えるほどしかないという。
「産後も変わらず仕事が入ってくるメイサさんにしてみれば、赤西くんには代わりに子供の面倒をちゃんと見てほしいところですが、彼は仲間との時間を大事にしている。それで喧嘩することが多いようです」(同上)

赤西は2014年ロスでも活動準備をしていたという。
「年明けぐらいに、赤西くんはロスでの新居探しをしていました。本格的に拠点を移すのでしょう。海沿いの大豪邸で気に入った物件があって絞り込んでいるようです。奥さんと子供はどうするの?と聞いたら、行ったり来たりだって言っていました」(赤西夫婦の知人)

一方のメイサの方は、仕事で多忙だ。
2014年4月スタートのドラマ「ブラック・プレジデント」の出演が決まり、その後も映画やドラマなどのオファーが殺到していた。
「赤西くんがロスの家を決めたら、メイサさんとは別居生活が始まることになります」(同上)

家庭より夢を選んだ赤西仁の選択はどのような結果になるでしょうか?

Sponsored Links

ロサンゼルスでクラブを経営することに!黒木メイサも呆れ気味

2014年2月28日でジャニーズ事務所を退社した赤西仁。自分が目指す方向性と違うために自ら事務所を退社しましたが、ファンの間では心配の声が多かった。そんな赤西は、妻・黒木メイサと幼い子供がいるにもかかわらず、自身の夢のためにロサンゼルスで活動することに決めた。

すでにロスでも新居探しを始めており、アーティストとして活動していく予定。そして、貯金を使ってクラブやバーを経営するとも言っているそうです。これには黒木メイサも呆れており、もしかすると離婚の可能性も?

「実は1ヶ月ほど前から、赤西がジャニーズ事務所との契約更新をしないという情報は流れていました。そんな彼に興味を示すプロダクションがいくつもあったようですが、結局、個人的な付き合いがあった制作会社が受け入れのための準備を進めているようです」(テレビ局関係者)

音楽関係者によると、すでに次の所属先が決定しているという話もあった。
自身のフェイスブックにはこれまで以上に海外での活動を取り組むと赤西は書いている。
赤西はジャニーズ事務所の支援がない状態での海外活動は大丈夫なのだろうか?
「周囲はかなり心配していますが、赤西くんは貯金があるから大丈夫と楽観的です。2011年に全米デビューシングがiTunesのダンスチャートで1位を獲得したことに自信を持っていたし、2006年にロスに留学した時に人脈もできたようです。しかし、当時のシングルの売り上げのほとんどは日本のファンが支えたものなので・・・」(音楽関係者)

そんな周囲の心配をよそに、赤西はすでに計画を立てていた。
「アメリカではアーティストとして活動していきたいのはもちろんですが、現地のミュージシャンとコラボして曲を作りたいそうです。さらにロスで友達も集まれるバーやクラブも経営したいと漏らしているようです」(道場)

アメリカで活動するとなれば、黒木メイサや子供とは別居になるのだが、メイサはどう思っているのだろうか?
「黒木さんは自分の収入があるので過度に取り乱したりはしていませんが、さすがに夫の無軌道ぶりには呆れているようです。メイサさんは年内はスケジュールで埋まってますから、もし米国で暮らすとなれば女優活動も考えないといけませんからね。そのため簡単には賛成できません。今度こそは、赤西くんが本気で説得するか、愛想をつかされるのかどちらかになるでしょうね」(芸能関係者)

家庭より、夢を追いかける赤西に対して妻であるメイサはどういう結論を出すのだろうか。

黒木メイサ

赤西仁が転居届を出しアメリカへ移住計画

赤西仁が黒木メイサと別居をしてまでアメリカ・ロサンゼルスに移住を決意したのには強い決意があったようです。ただ単にロスに憧れて行くのではなくて、俳優として仕事を成功させてる強い意志があるようです。そんな赤西をメイサは支える覚悟はあるのでしょうか?

赤西仁は2014年2月末のジャニーズ事務所脱退以来、公の場から姿を消している。
マスコミも追いかけているがみつけれない状態だ。

表に出てこない赤西仁の近況を芸能リポーターが話す。
「赤西くんが、もし、俺がグラミー賞にノミネートされたら、みんなを見返してやれるんだけどなぁ・・・と周囲に漏らしていると聞きましたね。アメリカでの成功を目指している彼は、名誉がほしいのだと思います。目標を叶えるために有能なマネージャーを探していますよ。最初はただ働きだけど、俺と一緒にやってくれないか?と口説きまくっているが、苦戦しているようです」

2014年3月下旬の昼過ぎ週刊誌が、赤西を発見。
メイサと暮らすマンションに、なぜか、外国人男性が運転する車で帰宅してきた赤西。
そして、すぐに弟・礼保(レオ 26)の運転する車に乗って外出。
赤西は高級外車のアストンマーチンを乗っていたのだが、この日は国産車に乗っていた。
すでに愛車は売ってしまったようだ。

赤西が向かった先は地元の区役所だった。
わずか5分で出てきたが、一体何をしにいったのだろうか?
「5分程度ということは、何か必要な書類をもらって、すぐに出てきたんでしょう。今の彼の状況から考えると、海外転出届ではないでしょうか?」(芸能関係者)

区役所からでてきた赤西を直撃。

記者:区役所では何の用事で?
赤西:ごめんなさい。お話しできないんです。

記者:海外で活動される動向もあるとか、ファンも今後のことを心配しています。
赤西:ああ、そうですよね。心配して下さってるのは、とても嬉しいです。でも、本当は今は何もお話しできないんですよ・・・。とにかく頑張ります。決まったらちゃんとお話しをするので待っていて下さい!

最後に記者に笑顔を見せ、赤西は礼儀正しく頭を下げて車へと返っていった。
考えるよりすぐに行動するところは素晴らしい赤西だけど、メイサはどこまでついていけるのでしょうか。

赤西は、その後帰国し、現在は日本で2015年6月にアルバム「Me」を発表。全国ツアー「LIVE TOUR 2015 -Me-」でを開催。テレビ出演などはなく、アーティスト活動を中心に活動しています。2016年の6月にアルバム「Audio Fashion」を発売しています。

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ