藤川優里は岩手県議員と不倫騒動!元後援会長に結婚を迫られるも現在は

政治家の藤川優里は2007年に元八戸市議の父親が県議選で2度目の落選をした直後、八戸市議選に初挑戦。史上最多の6962票を集めトップで当選。地元のテレビ局の出演をキッカケに注目され、2008年には週刊誌のグラビアに登場。地元の観光案内のDVDで水着姿を披露するなど「美人すぎる市議」として有名に。現在、八戸市議会議員3期目。

藤川優里

Sponsored Links

世界一美しい市議・藤川優里の昔を同級生が暴露

2009年、ネットの組織投票で世界で一番美しい市議に選ばれた藤川優里。将来は国会議員になる目標もあると言われていますが、そんな藤川優里市議の過去を同級生が暴露した!そして父が明かした結婚相手の条件とは?

2008年、水着写真集やDVDを発売したかと思えば、元後援会長から公選法違反で刑事告訴された。
そして2009年、写真週刊誌に地元若手議員らしき人物と親しくする姿をキャッチされていた。
そんな彼女のモテモテの過去を母校・八戸東高校時代の友人が週刊誌に語っている。
「女子校だったから、浮いた噂はなかったと思います。でも、八戸には珍しいくらいの美少女だったので、文化祭には他校の男子生徒が彼女目当てに大勢押しかけました。当時はそんな状況にとまどっているウブな子でしたよ」

それが垢抜けてきたのが、上京し帝京大学に入学してからだった。
「典型的な大学デビューです。夏休みに帰ってくるたびに髪や服が派手になって、サークルで男の子と遊びにいったりとか、クラブでパーティーをしたなんて話をするようになりました。帰省時に自分が載った雑誌を自慢げに見せに来たこともある」(別の高校時代の友人)

大学時代の知人もこのようにいう。
「彼女は、いわゆるイベント系サークルにはいってました。テニスやスキーはもちろん、合コンもしょっちゅう。当時ファッション誌で読者モデルをつとめたり、TV番組に出演しています。恋愛も盛んなサークルでした。彼女も人気があって、付き合っていたと話す男子学生は2.3人いましたね」

そんな彼女も結婚適齢期。
彼女の本命は誰なのか?週刊誌が自宅に直撃。
父が応対をしてくれたという。
記者:世界地の称号を得た感想を。
父:実は僕も娘もそのネット投票の詳細を知らないんです。
記者:ところで、若手男性市議と親しくされていると報じられましたが。
父:いやぁ、あれは地元議員と開いている勉強会のメンバーのことだと思いますよ。
記者:地元若手議員は結婚相手としてはうってつけなのでは?
父:いやぁ・・・それがねぇ。娘は長女でしょ?議員っていうと長男が多いでしょう。地元議員と一緒になっても選挙基盤を離れちゃうわけだしね。娘がどっかにいっちゃうってのはねぇ・・・。
どうやら結婚はまだ先のようだ。
父が子離れする方が先かも知れない。

藤川優里

藤川優里と工藤大輔の不倫騒動の真相

2009年8月、議員なのに、アイドル級の人気がある藤川優里の不倫騒動の真相と、タイプの男性などについて報じられました。また元・後援会長である佐々木氏は公職選挙法違反で告発した問題が、係争中だったことも報じられてました。

2009年7月31日のフライデーにまさかの不倫密会疑惑が浮上した。
年上で妻子持ちの男性とホテルから一緒に出てくる、決定的瞬間をキャッチされてしまったというのだ。
「気にある相手は、民主党の工藤大輔岩手県議」
藤川優里に彼氏がいてもなんの問題もないが、工藤県議は既婚者。
不倫が事実ならちょっとまずい気もするが・・・。

「当日は、ふたりが所属している北東北若手議員の会の会合のあと、グループでビジネスホテルに宿泊したとのこと。藤川市議は、出てくるのが、たまたま一緒になっただけで、男女の関係は全くございませんと、不倫疑惑を完全否定しています」(芸能記者)
しかし、一方ではこんな目撃情報も。
「ホテルを出た後、藤川市議は、工藤県議の愛車で市役所まで送ってもらっています。2008年末にも工藤県議の来るまで、八戸市議会の忘年会場まで送ってもらった藤川市議が、別れ際に、車中の工藤氏に名残惜しそうに手をふる場面がキャッチされています。仲がよすぎるという印象は否めませんね」(地元記者)

2008年12月に、公職選挙法違反で告発し当時、係争中の後援会長・佐々木氏は、その関係はかぎりなく黒に近いグレーだと推察。
「一緒に仕事をしてきた私の目から見て、藤川市議は、イケメンにはコロっと引っかかるタイプ。工藤県議は、彼女好みのイケメンタイプだと思います。いずれにせよ軽率のそしりは免れません」(佐々木氏)

真相は疑惑のままだが、スキャンダルが炸裂したことによって、かえって彼女の知名度がアップしたことだけは間違いないだろう。
「あれだけの美しさがあれば、どんな男だって、劣情を刺激されるというもの。本命彼氏の存在をほのめかす発言もしていますし、今後の展開に要注目ですね」(芸能記者)

そして、あまりの人気ぶりに、こんな噂まで。
将来のキャスター転身、国政への出馬の噂も浮上しています。
「確かに美しすぎるとは思いますが、地方にいるからこそ、ソソる存在であるともいえます。市議のまま輝き続けてくれるのが一番いいのではないでしょうか?」
藤川市議がここまで注目されるのは美しすぎるがゆえ、今後さらにスキャンダルを狙われることは間違いなかった。

Sponsored Links

藤川優里の元後援会長・佐々木氏が結婚を迫っていた

2010年2月、元・後援会長・佐々木氏が名誉を傷つけられたとして、訴えを起こしていた。佐々木氏は、藤川優里に結婚を迫っていたらしいです。佐々木氏といえば、藤川優里の後援会長として有名になりましたが、俺が育ててやったから有名になれたみたいな言動もちらほらありました。

2010年、夏の参議院選挙に向けて、自民党の隠し球として注目を集めていた藤川ゆりは、報道陣に対して「市議の立場で誠意努力すると決めておりますので」と語り、参院戦への出馬を否定するが、役者がいない自民党にとっては、いまや彼女は選挙の顔だ。
その藤川議員を巡って、地元八戸市である騒動が起こっていた。 

藤川議員が、青森地方裁判所八戸支部から、ある民事訴訟の証人としての呼び出しを受け、2010年2月19日に裁判所に出廷しなければならない事態に陥っていた。
地元の記者がこう話す。
「この裁判は、藤川議員の後援会長だった佐々木聡氏が、八戸の市政について論評するブログ(はちのへ今昔)の主宰者を名誉毀損で訴えたものです。ブログには、佐々木氏を中傷する記事や、佐々木氏が藤川議員に結婚を迫ったといったセクハラを匂わす記事があるということで、事実確認のために藤川議員が証人として呼び出されたのです」 

この呼び出しには、藤川議員は、裁判所への出廷をなんとか避けようとしているようだ。
実際、藤川議員は2010年2月上旬、原告(佐々木氏)の弁護士に対して、次のような文面の書類を送り、出廷が難しいと伝えている。
「八戸市議会の定例化2月14~3月19の直前で、質問準備のため多忙である。自民党から、会合や講演会への出席を急に要請されることが考えられ、今後の日程が読めないことなどから、応じることは困難かと存じます」

この件について、佐々木氏に週刊誌が取材すると、呆れた様子で次のように話す。
「証人尋問の時間は、20分しか予定してませんし、準備もそれほどかからないはずです。自分に問題がないのだから、堂々と出廷すればいいと思うのですが・・・。市議という公的な立場にある者が、理屈をつけて出廷を避けようとする姿勢には疑問を感じますね」
と、佐々木氏は持論を展開していたという。

その後、藤川議員は2011年4月の八戸市議会議員選挙に自由民主党公認で立候補し、トップ当選で再選。2015年4月にまたもトップで三回目の当選。現在は青森県八戸市議会議員として3期目を務めながら、医療法人十和田第一病院理事なども務めています。

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ