飯島直子は前田亘輝と離婚後ホストと破局!会社経営者と再婚

タレントの飯島直子は1988年に深夜番組「11PM」のカバーガールで芸能界デビュー。1991年にドラマ「マスカット・ムーン」で女優デビュー。同年、深夜番組「DAISUKI!」のレギュラーや、1992年のバラエティ番組「スーパーJOCKEY」のレギュラーになり注目を集める。1997年にTUBEの前田亘輝と結婚も、2001年に離婚。2012年に1つ年上の会社経営者の男性と再婚しています。

飯島直子

Sponsored Links

飯島直子がホストのOnly優と破局!新しい彼氏とデート

人気歌手のTUBEのボーカル前田亘輝と1997年に結婚した飯島直子。しかし2001年、ふたりは離婚しました。次に飯島と交際が噂されたのは歌舞伎町NO1のホスト・only優。六本木ヒルズで同棲をしていたようですが破局して、新しい彼氏がまたできたと2011年6月に報じられました。

飯島は4年の交際を実らせて前田と1997年に結婚。
しかし、価値観の違いが原因で2001年に離婚している。
2005年8月には、飯島と歌舞伎町のカリスマホストonly優との熱愛が発覚。
その後、only優はホストをやめてデザインの専門学校に通っていた。
しかし、only優とも破局していたのだ。

「直ちゃんは結婚まで考えていたようですが、周囲の反対もあってうまくいかず、1年以上前に別れてしまったようです」(飯島の知人)
そんな時でも信頼する相談相手のひとりが元夫の前田だという。
「直ちゃんは情が深くて、なかなか縁を切れない人。前田さんともいまでも食事に行く仲ですよ」(音楽関係者) 

2011年2月下旬に、飯島の姿を週刊誌は目撃していた。
「都内のブランドショップで飯島さんを見かけました。すっごくスタイルがよくてすぐにわかりましたよ。彼へのプレゼントを探しているという話が聞こえました。ニット帽子を買っていました」(目撃した客)
さらに2011年4月下旬の午前5時ころ、都内のカラオケ店から出てきた飯島と3人の男性。
ふたりの男性と別れた飯島は、スーツ姿の男性と手をつなぎ歩き出した。
この男性がニット帽をプレゼントした男性なのだろうか?

Sponsored Links

飯島直子が会社経営者の男性とクリスマス再婚

TUBEの前田亘輝と2001年に離婚をしてもう11年が経とうとしていた。その間も、ホストの男性と同棲をしてるとも報じられた飯島直子。再婚相手に選んだ男性は会社経営者A氏。一体どんな男性なのでしょうか?

飯島の熱愛は2012年6月に報じられていた。
A氏の特徴をひと言でいうなら「ごく普通」。
飯島より1つ年上で、ちょい悪おやじではなく、短い黒髪にタイトなスーツが似合う爽やか系だという。
知人の紹介で知り合い交際は3年近くになっていた。

ふたりを知る関係者によると、
「コソコソと隠れてるわけでもなく、オープン交際をしてきました。夏には一緒にハワイ旅行にも行っています。共通に趣味であるゴルフを満喫したんだろう」

また友人らと都内の大手カラオケ店に連日出没し、朝まで大盛り上がりしていたこともあったという。
「ノリノリの飯島がAKBを歌って踊っていたこともありますよ」(同上)

前田と離婚後、年下のホストにイレあげたりと派手な恋愛遍歴で騒がれてきた飯島。
オールナイトでカラオケとは庶民的になったもんだ。
その背景には、親友の小泉今日子の影響があった。
飯島は小泉主催の飲み会の常連。
芸能プロ幹部が話す。
「ただぶっちゃけトークする会ですが、みんな飲んでいるうちに小泉さんの飾らない生き様に感化されるみたい。彼女は好きに生きてますからね。飯島さんの恋愛相談にも乗っていたようで、大丈夫とアドバイスを受けて楽になったんでしょうね」
小泉の助言でA氏との結婚を決めたそうです。

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ