松居一代が株や投資で大儲け!船越英一郎と別居で離婚危機も

女優の松居一代は1979年に「11PM」の司会者としてデビュー。女優として「マルサの女」「夜逃げ屋本舗2」などに出演。1986年にDCブランドの経営者と結婚。しかし1996年に離婚。2001年に俳優の船越英一郎と再婚しています。

松居一代

Sponsored Links

夫・船越英一郎の顔面麻痺の原因はストレス

2010年9月上旬のとある深夜のこと、都内の住宅街にひっそりとたたずむ一軒の居酒屋。
自宅休養中の船越英一郎がその店先から現れた。
「家族で食事だったんでしょうか。奥さんの松居一代さんと息子と一緒に店から出てきました。船越さんは松居さんの手をしっかり握っていて仲良さそうでしたよ」(通りかかった人) 

2010年8月20日に新作ドラマの収録中に違和感を覚え、診察をうけたとこ、末梢性顔面神経まひと診断され、原因は不明だった。
実は2010年2月に妹・平野洋子さんが自ら命を絶ち、7月には母が転移性肺がんで相次いで亡くしたことからくるストレスではないかと報じられた。 

休養中に訪れた居酒屋は、そんな船越の気を許すことが出来る店だった。
「船越さんは家族を連れてよくこの店にきてますよ。ハイボールが好きで、いつもアスパラのニンニク炒めや、しめじ炒めといった野菜料理を中心につまみ飲んでますね。この日は表情が硬かったですけど」

実は、この夫婦酒と同じ日に、神奈川県にある実家にも訪れていた。
「実家は先代から仕える80歳過ぎになるお手伝いさんがいらっしゃるんですよ。連日猛暑が続いているので様子を見に来たんじゃないですか?船越さんが幼稚園に入る前ぐらいからずっと船越家にいるお手伝いさんで、もうひとりのお母さんと言ってもいいほどの存在です」
彼女の存在があったから病気も早く治ったのだろうか?
船越は2週間ほどで現場に復帰し、いまでは元気に収録に取り組んでいる。

Sponsored Links

船越英一郎が妻・松居一代と別居!2億円のマンションを購入

2011年、船越英一郎と妻・松居一代は熟年離婚の危機だったという。
船越英一郎は、妻・松居一代が得意のお掃除を披露するために、テレビなどで何度も公開している地上2階地下1階の3億円豪邸の家で暮らしているはずだが・・・。
「2011年4月末に、船越さんは自分名義で約2億円のマンションを購入したそうです。妻とは現在別々に生活をしています」(船越と親しい芸能関係者)

驚いたのは、このマンションから徒歩1分のとこに、妻と一緒に住んでいた前の豪邸がある。(現在は妻が住んでいる)
なぜ、こんな近くにマンションまで購入したのだろうか?
近所で話を聞くと、こんな目撃談がある。
「普段は、松居さんや息子さんと一緒にやってくるんですが、最近はずっとひとりで来ています。深夜12時を回ったころにカウンターの隅っこの席に座って、何を話すわけでもなく、ひとりで飲んでいました」(常連客)
深夜のコンビニに酔っぱらった様子でひとりでやってきてお菓子や雑誌などを買う姿も目撃されているようです。
船越はお手伝いさんも雇っているのに珍しいと。 

2001年5月に5年の交際を実らせふたりは結婚したが、妻・松居がバツイチ子連れということもあり、船越の父と母はふたりの挙式には出席していない。
それほど大反対だった。
結婚後の松居のあげまん力は凄かった。
「夫の運気をあげることが妻の使命であり意地です」と語っているように、船越の出演番組のポストカードやビラを定期的に作って近所に配りPR作戦などをしてサポートし、船越は2時間ドラマの帝王とも呼ばれるまでに成長した。 
しかし、船越からしてみれば、妻のサポートは嬉しいことだが、いいことばかりではなかった。

船越英一郎

夫・船越英一郎ひとりの時間がほしい

松居の船越への干渉は年を追うごとに激しさを増していった。
「ボク、いま奥さんに管理されてるわけです。お金も3万しか持ってないから・・・」
バラエティー番組でお小遣いが3万円だったことを明かしたことがある。
しかも、3万円でやりくりしなければいけなくて、0円になってしまうこともあったそうだ。
妻の言い分は、「大金を持たせると悪いことをするかも・・・」という浮気防止がその理由だった。 

結婚前に船越は片平なぎさと何度も共演し、交際も噂されたことがあった。
それを耳にしたのか?松居はふたりが同じ所属事務所にもかかわらず、片平との共演をNGを出したともいわれている。
さらに携帯のメールのチェックは当たり前だという。
「船越さんは面倒見がよくて優しい。相談しやすいタイプなんです。だから地方ロケなどにいくと若い女優さんからお礼のメールとかが来るんですが、それを発見した松居さんは怒って、携帯電話を鍋で煮たこともあったみたいです」(松居の知人) 

他にも1日に最低5回電話は必須とかもあると書かれています。
前住んでいた豪邸には、当初はプライベートルームが一部屋あり、そこは鍵がかかっていたはずなのに、入居したらその鍵はなかったそうです。
俳優としてもひとりの時間がほしいのに、妻は嫉妬を含め、常に船越を監視をしていて、これにどうやら疲れてしまいストレスが貯まるようになったようです。 

2010年夏に、松居の逆鱗に触れてしまい、船越は1ヶ月の間、家を追い出されてホテル暮らしを余儀なくされたことがある。
さすがに何かあるたびにホテル暮らしをさせられるのはたまらないので、妻を説得し、ようやく家の近くのマンションを購入できた。
松居はこの別居について
「あのマンションは主人の支度部屋として買っただけ。撮影で朝4時とかに出て行く時もあって、主人も私に気を使い購入してくれたんですよ」とのこと。
妻がストレスだった船越は別居することで喜んでいる?
家政婦も雇っていたみたいですが、妻がクビにしていたとのこと。

船越英一郎

松居一代は超がつくほどの潔癖症!別居仲の船越宅へ粗大ゴミ

松居一代は表向きは、別居の理由は仕事部屋ということにしていますが、船越英一郎は疲れきって離婚したいのではないか?自分の家ででた粗大ゴミを、別居をした船越邸まで、運んでいるところが2011年10月に報じられました。嫌がらせと思いきや、かなりの潔癖が背景にあるようです。

「汚い家に幸せはこない!」掃除名人として人気がある松居一代は、こんなもっとーを掲げている。
松居一代は、おそうじ術などの本が80万部を超えるベストセラー。
さらに、マツイ棒などの掃除グッズも大ヒットしている。 

そんな、松居が2011年10月上旬のある週末の夕方、豪邸からフィリピン人の家政婦とともに、ゴミ袋を持って出てきた。
ふたりが向かった先は、自宅から徒歩1分のとこにある、別居した旦那・船越英一郎の高級マンションだ。
マンションに入ってから30秒ほどで松居達はでてきた。
持っていたゴミ袋は消えていた。
どうやら夫のマンションにまで来て、わざわざゴミを捨てているのだ。
「松居さんはアレルギーもあってか自宅にゴミひとつでもあるのが許せない人なんです。だからゴミ収集日以外は、船越さんのマンションに持って行って捨ててるみたいです。でも、あんな豪邸に住んでいるんだから、駐車場などにゴミを置くスペースなんていくらでもあるのに・・・」 

それにしてもこういう行為は許されるのだろうか?
松居本人に直撃をした。
「マンションの共益費を払っているのに、何か問題ですか?主人の衣装などが自宅にたくさん届きますので、それに伴う段ボールなどのゴミを管理人さんにお願いをして捨てさせていただいています。それにゴミ置き場も綺麗に片付けたりしてますしね」
住宅コンサルタントは次のように説明をしている。
「船越さんがマンションの住民ならゴミを捨てる権利はあります。でも、それはあくまでマンション内で出たゴミを想定していますから、外部からわざわざ持ってきて捨てるというのはモラルとして問題ですよ」 

もし、住民のひとりでもこの行為に嫌悪感を持っている人がいれば問題にもなってくるという。
「住民の中に納得されない方がいたら、行政を巻き込んでの話し合い、さらには裁判に発展する恐れもあります」(同上)
これまでに、長男のアトピー離婚、借金、自宅マンションの欠陥工事、船越家からの結婚反対と、様々な問題を乗り越えてきた松居。
トラブルメーカーになる要素をもっているのかも知れませんね。
記事では綺麗好きと紹介されていましたが、ここまでくると重度の潔癖症ではないでしょうか?

松居一代

松居一代が母と同居介護で円形脱毛症に

介護は経験した人にしかわからない苦労がありますが、松居も介護を2ヶ月しただけで体に異変が起きたそうです。介護を頑張りすぎて共倒れする家族もありますが、スーパー主婦でも介護は過酷だったようです。

車椅子の80歳の母を散歩させるのが彼女の日課だった。
自宅周辺は坂道も多く、しかも体重は母の方が重い・・・。
いつしか松居一代の手にはマメができていた。

滋賀の実家で暮らしていた母を呼び寄せ、2012年5月中旬から一緒に暮らしている松居一代が同紙に同居の理由をこう語っていた。
「母はリウマチと糖尿病なんです。最後にもう一度自分の足で歩けるようになりたいという夢が強く。それで東京で治療しようという話になったんです」

こうして84歳の父を滋賀に残したまま始まった松居の介護生活。
それは想像以上に過酷なものだった。
「松居さんは栄養も考え毎日3食ご飯を作ってあげているようです」(知人)
一方、夫の船越英一郎は、俳優としての仕事もあり、自宅から徒歩1分のマンションに帰ることが多く、介護への全面協力は望めなかった。

普段は強い松居も介護ではついに弱音をはいた。
ブログより、「正直疲れました。しかし・・・これで疲れた!なんていったら罰があたりますね」

そして、約2ヶ月後の7月に母は滋賀へと帰っていった。
父に話しを聞くと、東京はあくまで治療のためで一時的。
故郷である滋賀の方が住み慣れているためだと。

一方で松居は介護のストレスで体に異変が起きていた。
母を見送ったその日、松居はその足で行きつけの美容院に。
母と同居していた2ヶ月間、髪を切りにいく時間もなかったのだ。
「あれ?と美容師さんに言われて・・・鏡をみるとなんと10円玉くらいのハゲができていました。神経を使うということは実に恐ろしいですね」
以前は、前夫の借金問題が原因で顔面麻痺になったことのある松居。
介護はよっぽど大変のようだ。
今は高齢の父が母の介護をしているのだが、大丈夫なのだろうか・・・。

松居一代

松居一代が副業や株で大儲け!年収は船越の5倍以上

ママタレとしてブログで活動し、副業を成功させている紗栄子、神田うの、梨花などが有名ですが、そんな若いママタレなんて目じゃないほど稼いでいるのが、船越英一郎の妻・松居一代だそうです。

「毎年2月は人生の整理時期にしています。投資を見直したり、遺言書を公式証書にしたり、自分の人生プランを見つめなおす月にしているんです」とブログで綴っている松居一代。
遺言書という言葉から重い病気でも患っているとも噂になったが本人は健康で元気だ。

2012年、話題になった金子哲雄さんが亡くなるまでの日々を綴った僕の死に方は21万部も売れている。
多くの人に葬式の方法、遺産の行方、お墓のことなど自分の最後を自分で決めるという終活が定着し始めている。
松居は、そんなブームが起こる前から自分にもしものことが起こったことを想定して遺言書を作成しているそうだ。

「もう10年以上前から遺言書は書いています。しかも毎年分配など中身を書き換えてきたそうです。なぜなら、彼女は実業家として得た、想像を絶するほどの資産があるからなんです」(松居の知人)

松居は、松居一代の超おそうじ術などの家事本は80万部を超えるベストセラーになっている。
掃除グッズの松居棒も売れており、主婦向け商品のプロデュースもしている。
実はタレント業より、副業の方が稼いでいるのだ。

「これまで手掛けた商品は14種類ほど。マツイ鍋と呼ばれているマジッククッキング、マツイ洗剤と人気商品も出している。商品の売り上げ額は年間数百億円にものぼりますよ。松居さんの会社に振り込まれるロイヤリティーも驚くべき額だそうです」(松居の知人)

ちなみに通販大手のQVCジャパンでは、松居のプロデュースした商品が1日で2億8000万円の売り上げを記録したこともあるという。
さらに、松居は旦那・船越英一郎の5倍の年収があるそうです。
さらに、他にも収入源がある。

「投資ですよ。アベノミクスがもたらした株高のおかげで、かなりの利益をあげたそうですよ」
投資の成果も毎年右肩あがりで、これまで億単位の黒字が出ているとか。
さらに松居は生命保険に入っている合計額は10億円にもなるそうだ。
これだけでも、どれだけお金を持っているのかわかりますね。

「その保険のために毎月260万円ほどの掛け金を払っているそうです。その10億円の分配の仕方についても、遺言書には細かく記載されているそうです。具体的な中身については船越さんでも知らないそうです」(芸能関係者)

巨額の富を築いた松居に直撃をした。
「まぁ、いろいろありますけど、ご想像におまかせしますよ」と笑うばかりだが、商品プロデュースで儲けていることは認めた。
「おかげさまで私が命をかけて作り上げたプロデュース商品をたくさんの主婦の皆様にご購入いただいております。これからも妥協せずに、喜んでもらえる商品を作り上げていきます」
年収は1億円以上あるもようです!

松居一代

松居一代が不動産投資でも大儲け!そしてついに天狗に

2014年、松居一代が株でも儲けているようで、その儲けたお金で今度は不動産などを買い漁って大儲けしているそうです。これまでは、芸能人だから、芸能人の名前さえ出していれば商品は売れる傾向でしたが、投資家としての腕も一流のようです。ただ、心配されているのは、松居は儲ければ儲けるほど、態度が天狗になっていっているそうです。大金を掴むと、いきなり偉そうにする人がいますが・・・松居も?

「2013年は私の投資歴で最高益を出しました」と、テレビで自慢した松居一代。
掃除や節約のプロとして有名な松居だが、今ではスーパー投資家として売り出し中だ。

松居は不動産関連の金融商品を中心に億単位で投資し、2013年はアベノミクスや東京五輪開催決定を見込んで投資するなどして、かなりの利益を手にしたそうだ。
「2013年の儲けはマンション五戸分と話しており、夫の船越が3年前に自宅近くのマンションを購入した値段は約2億円なので、10億円近いと思われます」(スポーツ紙記者)

そして、自分への褒美として、ハリー・ウィンストンの6000万といわれているネックレスを購入している。

2014年3月10日放送の「有吉ゼミSP」で、松居は財テク術を話している。
変わっていたのは、「お財布も休ませることが必要と、財布を布団に寝かしつけている様子」は、司会の有吉も苦笑いするほどだった。

松居のことを昔から知る人はこう話す。
「元夫の借金を背負ってストレスで顔面マヒになるほど、浮き沈みの激しい人生を経験しただけあって、彼女はこう思ったら突き進むんですよ。仕事相手に対しても最初は腰が低いですが、自分の力を見せつけると、相手を完全に下として扱うようになるんです」

そんな松居は最近あるある場所でひんしゅくを買っているそうだ。
「お台場にある会員制ホテルの会員なんです。ここは猪瀬直樹や郷ひろみも会員としてお忍びできていますよ。会員権は700万円から4400万円までと超高級で、入り口では会員かどうかのセキュリティーチェックを受けるほど厳重です」(同上)

このホテルに訪れる松居に、ホテル関係者は苦労をさせられているそうだ。
「クローズするレストランに無理を言って料理を作らせたり、ルームサービスを行っていないレストランから料理を運ばせたりしてスタッフを困らせています。会員なので要求には応じていますが・・・」

この件について、松居に取材をすると、「そちらには意地悪なことばかり書かれているので、お話しはしません!」と断られてしまった。

主婦から支持されヒット商品を連発し、今度は投資関係で大儲けした松居は、天狗になっていっているそうです。大丈夫なのでしょうか?

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ