梨花は流産を乗り越え長男出産!代官山の店は大繁盛に旦那は

モデルでタレントの梨花は父方の祖母がフランス人。高校時代にモデルとなり、1994年から日テレ「夜もヒッパレ一生けんめい」の司会などでタレント活動も。2010年1月に建築関係の会社員と結婚。2011年11月に3回の流産の末に、第1子となる男児を出産。2015年、息子と2人きりでの旦那にサポートしてもらいながらハワイで生活しているそうです。

梨花

Sponsored Links

梨花が仕事休止!ブログ休止の謎は産婦人科通いだった

2011年4月中旬にブログを更新し、5月13日に久しぶりのブログを更新したが、そこにはもう少し休ませてほしいとファンにメッセージを残した梨花。

梨花のブログより近況がわかってくる
「発売する予定だった本やオープン予定だったSHOPもやめた。そんなんじゃいけない!とは思ってもどうしても心がついていけなかった」
実際、レギュラー番組の世界!弾丸トラベルの収録にも姿をみせていないのだ。
「もう2回連続で休んでいるそうです。ここ最近具合が悪そうでしたが、体調不良で番組を休むなんて事はこれまでほとんどなかっただけに、みんな心配しています」(テレビ局関係者) 

2010年1月、3才年下の土木関係の一般男性と7年の交際の末に結婚。
週刊誌は梨花の姿を意外なとこでキャッチした!
場所は都内でも有数の産婦人科のあるセレブ病院。
ホテルのようなホスピタリティーで、通院する有名人はそうそうたる顔ぶれ。
2011年5月中旬の夕方に梨花が訪れていた。
「梨花ちゃんはすっぴんでしたが、ちょっとふっくらしたように見えました。幸せ太りなのかな?格好もオーバーオイルで足元はペタンコ靴でした」(目撃した人)

この病院は午後の診察時間は16時までだ。
しかし、ひと目を避けたい有名人は主治医に時間外診療をお願いすることも多いようで、梨花もそうだったみたいだ。
午後6時、病院から出てきた梨花は、帰宅する途中でフラワーショップに立ち寄った。
「ピンクとアカのカーネーションをメインに、ピンクやオレンジの花でアレンジしたブーケをオーダーしていました。誰かと携帯で話しをしてましたが主人だったのかも」(居合わせた客)
ピンクのカーネーションは花言葉で「感動」「感謝」。
そして赤は「母の愛」。
意味を知ってこの花を選んだのならおめでたではないだろうか?!

Sponsored Links

高齢出産を無事終えた梨花が意識不明の重体に陥り心臓マッサージ

2度の流産を経験し、3度目の正直で無事に出産成功した当時38歳の梨花ですが、自らの命を落としかねない危機だったようです。日本では晩婚化が進んでいますが、高齢出産は母親の体にもかなりの体力が必要のため、かなり危険のようです。命をかけて梨花の出産が2011年11月に報じられました。

2011年11月18日、元気な男の子を無事出産した梨花は、今までに経験したことのない幸せを噛みしめている。
週刊誌がセレブ産婦人科通いを目撃したのは5月。
翌6月には、妊娠5ヶ月であることをブログで報告するとともに、過去に2度の切迫流産で入院をしていたことも明かした。 

そんな苦労をしてきた彼女の初出産は、生死をさまようほど壮絶だった。
出産報告のブログでは、「赤ちゃんの国には二重にへその緒が巻き付き、梨花は意識不明で輸血や心臓マッサージが必要な状態に・・・」
赤ちゃんを抱けるようになったのは、出産翌日の19日だった。 

「梨花さんのケースは高齢出産の方に多いです。考えられるのは陣痛が弱い微弱陣痛で分娩が長引き、赤ちゃんが生まれた後に、子宮収縮不良になって出血になったんでしょう。その場合、大量出血するので、すぐに輸血しないといけません。命にかかわります」(産婦人科の医師)
苦痛を乗り越えてやっとママになった喜びをこのように綴っていた。
「命の大切さを・・・どこまでいっても神様は私に!伝えたいみたいです」
危うく死ぬとこだったようです・・・。

梨花

梨花が出産から4ヶ月で9キロ減量を成功させた神業ダイエットとは

無事に男児を出産しましたが、一時は意識不明になり生死をさまよった梨花。女性が出産後に一番気にしているのが体形ですね。梨花は4ヶ月で出産前のボディーに戻したという。

2011年11月、生死をさまよう難産を経験した梨花。
2011年6月に目撃した時よりほっそりしていた。
今日は、乳児の4ヶ月健診に訪れていたようだ。
ブログでは、妊娠で体重が59キロまで増えたことを告白している。
産後も体重が53キロで、ウエストは71.5㎝で本人が思う以上に体形が戻らなくて苦労をしていた。 

梨花はモデル体形に戻すべく決意をした。
「ファッション誌の撮影開始まで約1ヶ月を切ったころ、梨花さんはカーヴィーダンスで有名な樫木裕実さんのレッスンを週に2回受け始めました。その他にも、骨盤矯正ガードルをつけて体形を元に戻そうとしたり、知人の栄養士に頼んで徹底した食事管理を行うほど努力をしてましたよ」(ファッション関係者)
必死のダイエットの甲斐もあり、わずか4ヶ月で9キロ減、ウエスト7.5㎝という神業を達成した。 

「今では体重50キロ、ウエスト64㎝と妊娠の前と同じくらいになりました。産後は母乳がうまくでなかったり、育児ストレスで急性胃腸炎になるほど悩んでましたが、旦那やお母さんの支えもあり乗り越えたようです」(同上)
梨花は2012年4月に代官山で彼女がプロデュースするカフェ・MAISON DE REEFURをオープン予定で、そこに旦那も店舗に立ち、仕事を手伝うそうです。
旦那は土木関係者だったようですが、仕事はやめたのでしょうか?

梨花

梨花が開店したばかりの代官山セレクトショップが大行列

土木関係で働く旦那と結婚をした梨花。高齢出産なこともあり、一時は意識不明になりましたが無事に子供を出産。そして、念願だった自分の店を開店することになりました。店には、仕事を辞めたのでしょうか?旦那を立たせるようで、不安が予想されましたが、初日は行列ができるほど大盛況だったようです。

2012年4月14日、この日の東京は連日の天気とはかわって、朝から冷たい天が振っていた。
そんなことなどおかまいなしなスポットがあった。
代官山に梨花が2年かかりでプロデュースしたセレクトショップ、メゾン・ド・リーファーがオープンした。
初日の午前4時半に一番乗りの女性が並び始めた。
午前10時半には、1000人を超えていたのだ。 

その店は、梨花がコンセプトしているパリの一軒家そのもの。
サロン、ベッド&バス、子供用品、生花などのカテゴリーごとに6部屋に分かれている。
フロアの中心には階段があり、パリの定食屋というコンセプトでカフェレストランへと繋がっている。
店内にある衣類は、ルームウェアで2万円、スカートで4万年と少し高めの価格。

「そっちは買えないから、せめて・・・」と、あるママはつぶやいていた。
生活雑貨を手にしたようだが、他の女性も同様だった。
ノート1890円 クリアファイル472円 粘着ふせん945円 梨花人形945円・・・。
どれでも少し高めだったけど、おひとりさまひとつという制限ができるほど売れていたようだ。
「確かに高いですけど、梨花が作ったオリジナルですから、持ってることが重要なんです」(別の主婦)
初日と2日目で約2000人が来客したようです。
たくさん人が来た理由は、梨花が接客をしてたそうです。

梨花

救急車搬送で長男が病院をたらい回しにされたと梨花が激怒

救急搬送される患者が病院をたらいまわしにされ、治療が遅れ、時には命を落とす危険もあるたらいまわしは近年問題になっていますが、2012年に梨花の息子もその被害にあったという。たらいまわしにされたことで梨花が激怒したそうです。梨花が怒った理由は、過去に実妹をたらいまわしで亡くなっていたからだったようです。

「チビ君・・・またお熱をだしちゃった。でも、なんだか今回は様子がへん。夜、呼吸器困難におちいり、救急車を呼んでそのまま入院した」
2011年11月に生まれたばかりの長男が救急搬送されたのだ。

原因は、クループだった。
細菌やウイルスより、喉が腫れあがる病気で呼吸困難になる。
重症になると窒息の危険性もある。
救急車を呼んだまではよかったのだが、なかなか受け入れ先が見つからず、たらいまわしにあってしまった。

結局、梨花が事前に調べてあった救急対応をしてくれる小児科を隊員に伝え、その病院に搬送され大事には至らなかった。
しかし、梨花の受難はその後も続いた。
病院に救急患者を受け入れるキャパシティがないことをツイッターでつぶやいた。
「病院側の受け入れキャパのなさってどういう意味?こっちはギリギリの勤務態勢で夜勤業務こなしてるんですけど」といった批判の声も。
さらにこうした声に対して梨花が、「いちいちうるさい!」と反対したことに、さらに炎上してしまった。

実は、梨花がナーバスになるには理由があった。
彼女には12歳年下の妹がいることは知られているが、もうひとり妹がいたのだ。
梨花が小学生だった頃、その妹は1歳2ヶ月で救急車で運ばれた病院先で亡くなった。
「私の妹はこの状況で正しい処置にも恵まれず、病院について数分後息をひきとった」
梨花の叫びはたらいまわし問題に一石を投じることができるだろうか。

梨花

梨花のショップ売り上げがすごすぎる

長年交際をし一度は別れた旦那と復縁をしての結婚をした梨花。結婚当初は、相手が土木関係の仕事をしていたので、旦那はヒモだと叩かれたりもしましたね。悲しいことに3度も流産を経験しています。

2011年に待望の第一子の長男を出産しましたが、難産だったようで、出産の時に梨花は死にかけました。人は死を彷徨う経験をすると変わると言われていますが、2013年7月、梨花は実業家として大成功をしていると報じられています。

梨花は、代官山にセレクトショップをオープンさせました。当初は、値段が高すぎてこれでは失敗するだろうといった評判も多かったのですが、オープンから1年過ぎた現在は、セレクトョップからライフスタイルショップに路線を変更し、それが大当たりしているそうです。

「40歳での路線変更も大成功ですよ。あまりの快進撃に、同じアパレル業界から驚きの声があがっていますよ」(アパレル関係者)

オープンから1年が過ぎた2013年5月5日、ライフスタイルショップ 「Maison de Reefur」に路線変更を発表した梨花。
これまでのガーリー路線からシンプル路線へと大きく切り替えたが、早くも効果が現れているようだ。

「すでに月間の売り上げが1億円を売り上げているそうです!人通りの多い都内のターミナル駅に店舗を構えるブランドですから、月5000万円売り上げれば御の字ですからね。代官山とはいえ、1店舗でこの売り上げですから驚きですよ」(同上)

オープン1週間で約1万人、1年間で約35万人が来店した人気店。
そんな人気店をリニューアルするのだから、これまでの客が離れてしまうのでは?といった不安の声もあったようだ。
しかし、なぜここまで思い切ったことをしたのだろうか?

「2011年11月に長男を出産してから、心境の変化があったそうです。子育てをしているとスカートよりパンツの方が動きやすいですからね。梨花もそれを痛感したようで、大人かわいいよりも子育て優先という思いが路線変更へとつながったそうです。売り上げが好調なのは、彼女の生き方を支持するファンが多いということでしょう」(同上)

長男は1歳7ヶ月になり、すでに子供に英才教育をしているそうです。
「子育てが楽しいみたいでいろんな教育法を熱心に勉強しています。自宅では息子さんと一緒に右脳を活性化させる育脳クラシックのCDを聞いています。プリスクールにも通わせているそうです」(ファッション関係者)

ショップビジネスが絶好調で、収入もかなりあるそうですが、ほとんど使わずに貯金をしているそうです。

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ