高瀬耕造アナがNHKおはよう日本司会に!妻は川野美咲アナで子供は

まゆ造こと高瀬耕造アナウンサーは、2017年4月より朝の報道・情報番組「NHKニュースおはよう日本」月曜~金曜6時台のメインキャスターを務めており、太い眉毛が特徴。2016年4月から夜の報道番組「NHKニュース7」土曜・日曜・祝日のメインキャスターを務めていたので、武田真一アナウンサーの後を継いで「NHKニュース7」平日のメインキャスターになると思っていましたが違っていました。

高瀬耕造

Sponsored Links

高瀬耕造のプロフィール

名前 高瀬 耕造(たかせ こうぞう)
生年月日 1975年12月26日
出身地 兵庫県加古川市
身長 非公表
血液型 非公表
出身高校 県立加古川東高等学校
最終学歴 早稲田大学商学部
入社 1999年
職歴 新潟→広島→東京アナウンス室
愛称 眉毛、まゆゆ、まゆ造

高瀬耕造

好きな食べ物

マンゴー、はっさく

趣味、特技

男声合唱、万年筆収集

もしアナウンサーになっていなかったら

彫刻家

同期

有田雅明、一橋忠之、今城和久、今道琢也、北野剛寛、古賀一、小松宏司、佐藤龍文、杉岡英樹、高山真樹、近田雄一、塚原泰介、塚本貴之、永松隆太朗、早瀬雄一、船岡久嗣、山田賢治、横林良純

担当番組

  • 「NHKニュースおはよう日本」月曜~金曜 午前6:00 ~ 午前7:45

高瀬耕造

2014年に最もテレビに出た男性アナウンサーに選ばれる

1999年に入局した高瀬耕造アナウンサーは、初任地は新潟放送局。2006年4月に広島放送局に異動。2008年4月から東京アナウンス室に勤務。「NHKニュースおはよう日本」の4時台・5時台のキャスター、政治番組ディレクター、ニュース7サブキャスターを経て、2012年4月から平日正午ニュースを担当。

2014年上半期にはテレビ番組出演本数ランキングが総本数が452本で、タレント・アナウンサーを合わせたランキングで男性アナウンサー1位に。高瀬アナは平日正午のニュースを読み、午前11時、午後1時、午後6時のニュースに出演し、当時高瀬アナを観ない日はなかったくらいだったという。

高瀬耕造

新潟局時代にテレビ新潟の川野美咲アナウンサーと結婚

初任地のNHK新潟放送局支局時代の2003年12月に日本テレビ系列局のテレビ新潟の川野美咲アナウンサーと知り合い結婚。妻となった川野アナは2004年2月に同局を退社しています。

妻の川野アナはNHK長野放送局の契約キャスターもしていた時期もあり、結婚後は2004年度の広島観光親善大使、きものの女王中国・四国地区代表に選ばれています。また、ふたりの間に子供がいるかどうかは非公表のようです。

Sponsored Links

ニュースシブ5時で松尾アナにイジられ寺門アナウケる

2015年5月から出演していた「ニュースシブ5時」では番組内のコーナーでニュースを担当。何時も真剣なニュースを読む前に、メインキャスターの松尾剛アナウンサーから後輩の高瀬アナに向けて、プライベートの事など答えにくい質問を聞くなど、イジられ高瀬アナは何時もタジタジに。

面白い答えが返ってくると、それにウケた後輩の女性メインキャスターのジモンちゃん・寺門亜衣子アナウンサーと松尾アナの笑っている顔がカメラで抜かれる。毎回面白いコーナーでしたが視聴者からの苦情でも有ったのか、いつの間にかニュース前の松尾剛アナからの質問は無くなってしまいました。

松尾剛 寺門亜衣子

NHKニュースおはよう日本のメインキャスターに抜擢

「NHKニュースおはよう日本」で朝の顔を長年担当してきた阿部渉アナウンサーに代わり、現在41歳の高瀬耕造アナウンサーは「おはよう日本」月曜~金曜 午前6:00 ~ 午前7:45に就任しました。コンビを組む女子アナは和久田麻由子アナウンサー。

和久田アナは、2015年から番組に出演している東京大学経済学部経済学科卒業の才女で、ニュース読みも上手く性格も良さそう。シブ5時の寺門亜衣子アナウンサーの時のようにイジられる事はなさそう。

高瀬耕造 和久田麻由子

太い眉毛がトレードマークの高瀬耕造アナウンサーは、コンビを組む和久田麻由子アナウンサーを「和久田まゆげじゃなくて、和久田まゆ子アナウンサーとまゆ造、まゆ子のまゆまゆコンビでお届けします」とコメントした。

阿部渉アナウンサーから番組を引き継ぐ高瀬耕造アナウンサーは「阿部渉アナウンサーから重いバトンを受け継ぐことになって身が引き締まる思いでいっぱい。朝の番組ですから爽やかに元気よくお伝えするというつもりはありません!?右から左に流されない、ちゃんと引っ掛かりのある番組にしたい」と高瀬アナらしいコメントをしています。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ