渡辺謙は白血病を克服し南果歩と再婚!娘・杏や息子との確執

俳優の渡辺謙は劇団「円」の研究所に入り1981年、舞台「下谷万年町物語」でデビュー。1987年NHK大河ドラマ「独眼竜政宗」の政宗役で人気に。1989年、映画「天と地と」の撮影中に、急性骨髄性白血病で倒れて降板。翌年復帰し、5年後再発も克服。2003年、米映画「ラストサムライ」でアカデミー賞の助演男優賞にノミネート。2005年に女優の南果歩と結婚。前夫人との長男・大は俳優、長女・杏はモデル、女優。

渡辺謙

Sponsored Links

渡辺謙がハリウッド移住から日本永住へと逆戻り

ハリウッドの映画俳優として、日本人では初といっても言いほど活躍をしている渡辺謙。仕事の拠点がハリウッドのため、ロサンゼルスに移住をしていましたが2009年、やっぱり日本で永住することを決めたそうです。その心境の変化とは一体何があったのでしょうか?

「お子さんの教育や環境や、南さんのお母さんのことを考え、南さんが謙さんに頼み込み、ロサンゼルスを捨てて日本への永住を決めたそうです。これを機に、彼女も仕事に本腰を入れて行くみたいですよ」(テレビ局関係者)
2005年12月にバツイチ同士の電撃再婚で話題になった南果歩と渡辺謙。
当初は渡辺の拠点であったロスに、南が長男を連れて移住し、日本を行き来していた。
しかし、この春から南が建てた実家での生活を決めたという。
「撮影で家を空けることの多い謙さんですし、どうしても子供のことが気がかりになります。その点では、やっぱり幼少期に慣れ親しんだ家で、おばあちゃんも一緒であれば安心ですよね。謙さんもこれでマスオさんになったワケですが(笑)」(芸能プロ関係者)

南果歩も2009年の4月からは、関西出身という縁もあり、所属事務所を吉本グループの関連会社に移しスタートを切った。
「結婚当初は謙さんも、子供のこともあるし、出来れば家にいてほしいと頼んだようですが、久しぶりに出演した彼女の芝居を見て、やっぱり女優をやっている方が輝いていると、今は全面的に協力しているそうです」(芸能プロ関係者)

そんな一家の拠点となっているのが、都内の閑静な住宅街にある75坪2億円の豪邸。
近所では、渡辺謙が買い物をする姿や、近所のお寿司屋に、南果歩のお母さんを連れて食べに行ったりしているそうだ。
一方で、仕事の面でも頑張っているようだ。
「謙さんが馬術を習うために通い始めた、群馬県にある乗馬クラブ。映画やドラマの撮影には欠かせない馬術の師匠がいるんです。謙さんは10年以上の常連。ここには謙さんの愛馬(持馬)も3頭いるんですけど、映画・ラストサムライの撮影の時に、ニュージーランドで購入した馬もいます」(映画配合会社関係者)
ちなみにここの乗馬クラブにはキムタクも練習に訪れたことがあるそうだ。

南の新所属事務所の話によると。
「アメリカだけでなく、海外での仕事が多い渡辺さんですから、出来るだけ家族で時間を作るために、日本に住むことにしたと、南本人から聞いています。弊社への移籍も、そういった経緯から仕事がしやすくなった状況が出来たからです」
ハリウッドでの仕事が無くなって帰国したのではなくて、家族と一緒に住む時間を大切にするために日本での永住を決めた渡辺謙でした。

Sponsored Links

渡辺謙が家庭崩壊!長男が断絶

渡辺謙が波乱万丈の人生を歩んでいた。妻が宗教にはまり、自宅が差し押さえられ、総額4億円の借金。さらに、長男とも離婚が原因で父と息子の間に亀裂が生じていて、ようやく和解したという。 

まだ寒い2012年3月のある夜、都内の和食店に渡辺謙の姿があった。
友人たちと酒を飲み交わし、仲間内の話で盛り上がっていた。
そして、彼は家族の話を始めた。
「いまだに大とはうまくいってないんだよ。ふたりきりだと、話をしても会話が続かなくて・・・俺は普通の親子になりたにんだけどな・・・」

大とは、渡辺謙の長男で俳優・渡辺大のことだ。
謙は1983年に、前妻A子さん(由美子夫人)と結婚し、大と杏のふたりの子供を授かった。
1989年に謙が白血病をした時は、A子さんが献身的に看病にあたった。
家族に支えられ、謙は見事に病気を克服し芸能界復帰を果たす。
1993年には大河ドラマに主演するなど俳優として階段を登っていった。
しかし、渡辺家の幸せは長くは続かなかった。

2001年末、約2億円ともいわれる豪邸が税金滞納で差し押さえられた。
A子さんは多くの知人に借金をしていたことが発覚したのだ。
当初、謙は借金の理由を「白血病の治療」「自宅のローン」と釈明していた。
しかし、実際は違っていた。
この借金問題が明るみにでたことによって、夫婦の不仲が発覚する。

2002年3月には夫婦の別居も発覚。
謙は雑誌のインタビューで別居について語っている。
「いったい、彼女は何のために、どこから、いくらのお金を借りたのか?それをいつになったら夫であるぼくに話してくれるのか、まったくわからない状況です」
そして同年夏に謙は離婚訴訟を起こした。
裁判によって、驚く事実が明らかになっていった。

「A子さんが、知人など約50人から計2億円もの借金をしていた」「A子さんは、その同時期に2億5000万円を宗教団体・釈尊会に振り込んだ」
A子さんは、この金額は謙の女性問題をもみ消すために必要だったといっている。
謙と関係があったと9人の女優の名前を挙げたのだ。
こうして渡辺家は完全に崩壊していった。
このことにより、一番のショックを受けたのが杏と大だったに違いない。

2003年12月、当時大学生だった大が週刊誌に宛てた手紙には、「出来るならば昔のような家族に戻りたいと思ってます」と綴っていた。
他にも、大の口座に振り込まれる毎月の生活費なども暴露をしていた。
これを機に、父子は断絶状態になってしまった。
この頃には、謙から大への連絡は全くなくなり、大が電話をかけても通じない状況になっていたと、当時、大は明かしている。
そして、1年後の2005年3月、離婚裁判は、謙の勝訴で決着をした。
A子さんが求めていた財産分与は認められなかった。

親権は、杏はA子さんが持ち、大は成人だったのでどちらにも帰属しなかった。
A子さんはその後、クリーニング店やクラブで働き、数億の借金をひとりで返済することを余儀なくされる。
大と杏はそんな母を見守るためか、母と一緒に暮らしていた。
それと同時に父への敵意も強くなっていった。
「大さんは、謙が病気の時に、母が献身的な看護をするのをみていたんです。そこまで尽くした母に苦しい生活をさせている。そういう勘定から父を憎んでいったそうです」(芸能関係者)

渡辺謙

南果歩と再婚したことがきっかけで和解

そんな父と兄の関係に病んでいたのが杏だった。
「杏さんは、家族の架け橋となって、仲をとりもとうとしました」(芸能関係者)
実際は、杏は母の借金返済のために、大学中退を考えていた大に代わり、高校を中退したほどだ。
「杏さんは大くんに、パパは冷たい人じゃないから。お兄ちゃんや私のことを本当に心配してくれているからと話していたようです」(芸能関係者)

大も最初は聞く耳を持たなかったが、何度も杏が説得するうちに、徐々に閉ざされた心を開いていった。
断絶からの8年間、大は父に対して、どんな思いだったのか?
断絶の原因となった週刊誌への告発記事については反省しているという。
「当時、未成年だったし、何もわからないままやってしまった。はっきりとぼくのフライングだったなと・・・。父には直接謝ってませんが、完全にぼくのミスだと思ってます」

謙と大が和解へと進み始めたのは2005年12月。
謙が南果歩と再婚したことがきっかけだったという。
「果歩さんと再婚するときに、明日、籍を入れるんだということで報告を受けたんです。それまで会う機会もほとんどなかったんで、入籍を知らなかったから、おお!籍入れるんだって驚きました」
断絶以来、初めて1対1で話をしたという。
それから父子の距離は縮まっていった。

そして、2008年に大も結婚をする。
その時に、父に結婚報告に行ったという。
焼肉店でビールを乾杯しふたりきりで門出を祝った。
しばらくして、大は謙と同じくふたりの子供に恵まれる。
自身が家庭を持ったことでさらに、父との交流が増えたようだ。
そして、現在の父子の関係については、良好ですと断言した。

大は父の妻・果歩とも親しくしてるという。
「妻とふたりで果歩さんの舞台を見に行ったりもしてます。それ以外にも、いろいろと子供のこととか相談にのってもらっています」
だが、謙が冒頭のように普通の親子関係になりたいといってるいたことを伝えると。
「なんですかね?寂しいのかな?3月に会ったばかりだし、子供の誕生祝いや幼稚園入園祝いを兼ねて、ご飯につれて行ってもらったんです。それこそ、ぼくがいま、父の撮影現場に遊びに行こうと思って、メールしたくらいですからね」
父が思ってるより、大の方はわだかまりはないようだ。
妻との離婚から8年、ようやく元の家庭に戻りつつあるようです。

渡辺謙 南果歩

渡辺謙と娘・杏の確執とは?借金が原因で杏は高校を中退し中卒だった

渡辺謙は白血病や離婚や宗教問題など多数の苦労をしてきた。特に妻が宗教にはまりすぎが原因で家族がばらばらになっていきます。借金問題で杏が高校を中退しています。長男・渡辺大とも確執がありましたが、2年ほど前に和解をしています。

杏は、今もなお、家族の元を去った父・渡辺謙との確執が続いていた。
1996年、杏は当時はまだ無名の俳優だった渡辺謙とモデルの妻・由美子さんとの間に生まれた。
2つ年上の兄は、俳優・渡辺大である。
「謙さんは杏ちゃんを特に可愛がっていました。杏ちゃんは幼稚園から青山学院に通っていたけど、地元の野球チームに所属する活発な女の子だったよ。家族全員で大型犬を連れて謙さんの車で出かけたりして、幸せそうな家庭でしたよ」(近隣住民)

1987年に渡辺はNHK大河ドラマ・独眼竜正宗の主演で大ブレイクした。
しかし、1989年に急性骨髄性白血病を患い、長く厳しい闘病生活に入る。
一度は復帰をするも、1994年に病が再発した。

「当時、渡辺の仕事は激減し、幼子2人を抱えた一家の生活は困窮しました。夫の献身的な看病をしながら、由美子さんは95年頃に、歌舞伎俳優・板東三津五郎の紹介で、釈尊会の会長の小野兼弘(故人)に出会う。由美子さんは夫の病養の相談にのってもらっていたところ、病が完治したため、次第に帰依していった。夫婦で宗教行事に参加、渡辺は小野からもらった護符を身につけ、法水などを飲んだりしていました」
妻だった由美子さんは、釈尊会に洗脳されたといいましょうか?
知人などから多額のお金を借りて、全部、お布施をする裁判トラブルを起こしています。
そして、会長の小野と再婚をしています。

2001年に渡辺家は自宅が税金滞納で差し押さえされる。
原因は由美子さんが作った巨額の借金だった。
「由美子さんは学校の保護者にまで金を無心し、借金を膨らませていったのです。渡辺さんは妻に借金の理由を問いただしたが、一切答えなかったそうです」(同上)

渡辺はこの件で会見を開き、「差し押さえは、闘病生活と家のローンだと釈明する。ところが翌3月に妻との別居が発覚し、7月には離婚。そして子供の親権を求めて由美子さんを東京地裁に提訴した。その結果、借金のほとんどを小野に送金していた事実が発覚」
この裁判は暴露合戦になりました。

「由美子さんの代理弁護士が、あなたは1998年頃に女優の岩村麻由美と付き合っていて結婚したいと思い、奥さんが邪魔になり暴力を振るいませんでしたか? 斉藤由美、池上李実子、荻野目慶子、高島礼子と交際しているとマスコミに書かれていますが本当ですか?」
不倫騒動までに発展をしたのだ。
この件で一番の被害を受けたのは子供2人だろう。

当時、長男の大は小説で、「息子から父・渡辺謙へ、せめて学費を払って」と題する手記を発表している。
その中で、こう打ち明けている。
「妹(杏)は、急に高校を中退しました。借金を返せない要因に学費がある、それなのにのうのうと学校に行っていたら失礼だというのが杏の意見でした。男は大学へ行って卒業すべきだ。僕には辞めるなといっました」

家族が崩壊して行く中で、杏は由美子さんに寄り添い続けた。
「渡辺は別居する際、杏を連れ戻しましたが、杏は自分の意志で母の元へと戻りました。母は3人で暮らすためにホステスとして働き始めました。モデルを志したのも母の影響でしょう」

杏がモデルデビューしたのは15歳の時だった。
「スカウトではなく、自分で履歴書を持って事務所に応募しています。渡辺謙の娘だとは一切伏せています。志望理由は成功して母を助けたいから。後に事務所に渡辺謙の娘とばれると、父に関することは出さないで下さいと言っていたそうです」(同上)

そして、両親の離婚裁判の最中に、杏は本名の渡辺杏から杏へと改名する。
「これは渡辺謙の娘だと思われたくないという意思表示だった」(芸能関係者)

この時にはすでに修復できないほどの確執が生まれてしまっていたようです。
そして、渡辺が女優の南果歩と再婚をする。
「離婚訴訟の結審から9ヶ月で入籍が発表されました。杏はこのことを聞かされておらず、さらに渡辺と由美子さんはまだ離婚が成立していない2003年にドラマの共演をきっかけに交際を始めていた。この事実に杏は重いショックを受け、無意識のうちに南に対して拒否感を抱いていたようです」(別の芸能関係者)

故郷・新潟に住む渡辺の母・道子さんが話す。
「息子には年に1~2度会いますが、杏に最後にあったのはもう何年前になるでしょうかね・・・」

杏

杏と確執があった渡辺謙が和解!東出昌大と渡辺謙には共通点が

渡辺謙と杏の確執となった発端は、渡辺謙と前妻・由実子さんの離婚や宗教問題や不倫などたくさんの要因がありました。確執の和解は無理だと思われていましたが、2013年辺りから親娘の関係が改善されつつあるそうです。一体、どんな変化が杏にあったのでしょうか?

杏と東出昌大のお泊まり報道後も、高視聴率をキープしていたNHK朝ドラ・ごちそうさん。
そんな中で、週刊誌が「杏は父・渡辺謙を許さない!」といった題名の記事が波紋を呼んでいた。

この記事の内容について、2人を知る芸能関係者はこう話す。
「たしかに、昔の杏さんは渡辺さんに学校まで送ってもらうほどパパっ子でしたが、離婚後は渡辺さんの元を訪れなくなりました。でも仲が悪かったわけでなく、実のお母さんに気を使っていたのだと思います。実際、お互いの誕生日には、父娘でプレゼントを贈り合っているという話しもありますし、最近でもメールをするなど連絡を取り合っています」

2013年10月には、渡辺がイベントに出席した際に杏とのメールのやり取りを明かしている。
ごちそうさん初日に、いよいよだねと送ったら、杏から頑張りますという返信がきたという。
さらに2013年11月に渡辺が宮城県気仙沼市にカフェをオープンし、妻の南と夫婦で朗読会を行った。
実は1週間前に行われたプレオープニングパーティで杏がお忍びで訪れていたそうだ。
「杏さんが来ていましたよ。すでにドラマの撮影が始まっており、スケジュールは多忙のはずです。しかし、わざわざ大阪から日帰りで来たようです」(同上)

父へとの確執が報じられた杏だが、確かに一昔前とは父娘の関係が改善されているように思える。
さらに、交際をしている東出との付き合いも父の影響があるようだ。
「東出さんと渡辺さんは共通点がとても多いんですよ。東出さんは慎重189㎝で、渡辺さんは184㎝と大きく、A型で料理好きも共通なんです。女性は父に似た男性を好きになるとよく言われますが、杏さんも父の面影をみてるのでそうかも知れませんね」(別の芸能関係者)

その後娘の杏は、ごちそうさんでの共演をきっかけに交際していた東出昌大と2015年1月1日に結婚しています。

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ