稲本潤一と妻・田中美保はツイッターで交際暴露も現在は結婚し子供は

サッカー元日本代表MFの稲本潤一は1997年にG大阪ジュニアユースからJリーグデビュー。どの世代でも日本代表入りし、1995年のU-17W杯、1999年のU-20W杯し準優勝。2000年のシドニー五輪に出場し8強。2001年に英・アーセナルに移籍し、欧州7クラブを渡り歩いた。2010年にJ1川崎に加入し、2015年にコンサドーレ札幌入り。W杯は2002年の日韓、2006年のドイツ、2010年の南アフリカと3大会連続出場。

稲本潤一

Sponsored Links

ツイッターでホテルの従業員からお泊まりが暴露

2011年1月、ウェスティンホテル東京で稲本潤一と田中美保がお泊まりをしたと従業員が暴露して交際が発覚したふたり。稲本と田中は友人らとの食事会で知り合い、2010年から交際をスタート。その後、厳戒態勢だったようで、おしのびで海外旅行をしていという。暴露されてから約1年経ち交際は順調に続いていた。

「ミヨンドンのロッテ免税ホンテンで稲本さんと田中さんが買い物をしていました。特に変装はしてませんでしたが周囲が気になるようでした」(40代の女性)
2012年1月11日、韓国・ソウルで海外デート現場を目撃されていた。
「田中さんは9階のコスメフロアで商品を手にしていました。楽しそうに稲本さんに見せていました。ときおり周囲を見回したり落ち着かない様子でしたが」(同上) 

田中美保

翌2012年1月12日は田中の誕生日だった。彼女へのお祝いがソウル旅行だったよう。
このふたりの熱愛が発覚したのは、ホテル従業員によるツイッターからのつぶやきだった。
「このツイッター騒動が稲本のトラウマになって、もう勘弁してほしいと、2012年の誕生日を海外で過ごすことを決めたのかも?2011年頃は稲本も、相当まいってる様子でした。当初はそれが原因で些細なことでも喧嘩になって破局の危機でしたから。でも、皆にばれてしまってから、腹をくくったようです。いまではふたりは同棲をしてますよ」(サッカー関係者)
当時双方の事務所はふたりの交際についてはお答えすることができませんと言ってた。
2012年8月下旬には東京都内の宝石店をふたりで訪れる姿を写真週刊誌にスクープされたりもしたが、ツイッター騒動を乗り越えて、結婚を考えた真剣交際をしていた。

Sponsored Links

そして、2012年12月13日にふたりは約2年間の交際を経てついにゴールインに至った。妻となった田中美保は小4の時に遊園地でスカウトされ芸能界入り。「プチセブン」「セブンティーン」のモデルを経て、「non-no」の専属モデルを17歳から12年間を務めた。

2010年に川崎フロンターレでJリーグに復帰していた稲本は、2014年12月にコンサドーレ札幌入り。再スタートの地として選んだ北海道で、妻・美保夫人と札幌に居を構えた。美保夫人は子供は2人は欲しいそうで、1人目は男の子、2人目は女の子が理想のようですが、子供はまだできないようです。

2016年4月に行われたセレッソ大阪戦で札幌移籍2年目で初ゴールを挙げた。日本代表で35試合を共に戦った同年でチームメイトのMF小野伸二は「イナのすごいところは、ボール奪取してから前に出て行くときの強さと速さ。彼しかできないし、持って生まれたものだと思う」と評した。

しかし2016年6月に行われたジェフユナイテッド千葉戦に先発出場するも、右ひざ前十字じん帯断裂の大怪我を負い全治8カ月となった。

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ