林葉直子の現在は肝硬変で長期療養!昔は中原誠と不倫騒動

Sponsored Links

元女流棋士でタレントの林葉直子は、1979年に11歳で女流アマ名人戦で優勝。1980年に12歳で女流2級にてプロ入り。14歳で初タイトルを取り女流王将に。その後女流王将戦10連覇。1994年に休養宣言し、1995年に将棋連盟を退会しています。

林葉直子

Sponsored Links

林葉直子が激やせをした原因は肝硬変だった

林葉直子は、美人女流棋士として有名だったのですが、林葉直子という名前を全国的に有名にしたのは、将棋棋士・中原誠との不倫騒動でした。

衝撃的だったのは、中原誠が林葉直子にかけた電話の内容でした。「今から突入しま~す」「もしもし?もしもし?私は林葉直子の愛人でしたっつうんで週刊誌に売ります。それではよろしく~今から突撃!」「お前みたいなのは早く死んじまえ!エイズにでも何でも早くかかっちゃえばいいんだよ!」

これが原因で、林葉直子は流棋士を引退することになりました。その後は、豊胸手術をしたり、写真集を出したりタレント活動をしていましたが、不倫以上の強烈なインパクトが残せずに、次第に芸能界から消えて行きました。

それから何十年ぶりでしょうか?テレビに復帰した林葉直子は、以前とはまるで別人の姿になっていました。これには、誰もが驚きましたが、実は末期の肝硬変になっていたそうです。

「もしもし、これから直子邸に突入しまーす!」と中原誠十六世名人が発した肉声を覚えているだろうか?
中原氏と林葉直子との不倫スキャンダルが発覚したのは1998年のことだった。

2014年3月、久しぶりにメディアに登場した林葉さんは自ら「ガイコツ」と語るほどやせ衰えていた・・・。
一体何があったのだろうか?

14歳で初タイトルの女流王将を獲得し、その後10連覇をした。
美貌からも棋界のアイドルともてはやされた林葉さん。
だが、30歳の時に発覚した中原氏との不倫をきっかけに人生の歯車が狂う。
棋界を追われ、写真集に豊胸手術。
36歳で六本木にインド料理店を出店するも失敗し自己破産。
そして、さらなる不幸が襲いかかっていた。

「末期の肝硬変です。もうここまで来たら治りません。医者からはいつ死んでもおかしくないと宣告されています。どうせ死ぬんだったら、病院で食事するよち、自宅でケーキやお寿司など好きな物を食べたいと思って、今は実家にある福岡で一人暮らしをしています」(林葉直子)

Sponsored Links

2014年2月21日に現状を報告したテレビで見せた姿が変わり果てていた。
痩せこけていたのだが、お腹だけは病が原因で水が腹にたまり、お腹だけが膨れあがっていた。
「お酒が原因です。酒浸りになったのは中原さんとの不倫がきっかけ。中原さんは私にとって悪手でしたね(笑)。でも、私から近づいたんです。彼は私たち女流棋士の憧れの尊大だった。棋界には難しい性格の男性が多いですが、、彼はいつもニコニコ笑っていました。しかし、付き合い出すと人が変わって・・・」

交際をしてから、中原氏のストーカー行為に林葉さんは苦しむ。
「将棋を止めろと迫ったり、妊娠したら産んでくれと言ってきたり、結局は子供は堕ろしました。私が会うのを拒否したら朝の5時に電話をしてきて、今からパソコンを外に投げるぞとか騒ぐんです」

中原氏のストーキング行為に怖くなり、自分自身を守るために世間に公表することを林葉さんは決心をする。
冒頭でお伝えしたテープの内容を1998年に週刊文春に提供し、連日ワイドショーで取り上げられる騒動に発展した。

「まぁ、もう済んだことです。中原さんとはあれっきり。会いたいとも思いません。将棋をしなければこんな人生にならなかったのでしょう。今頃、結婚して子供もいて普通の女性の幸せも得られていたのでは。でも一方で、将棋のおかげでこんな波乱万丈な人生を送れたんだとプラスに考える気持ちもあるんです」

最後に生まれ変わったら、大金持ちの男性になってラスベガスで勝負をしたいそうです。すでに、「遺言-最後の食卓」の著書を2014年2月24日に発売しています。

2015年9月、重度のアルコール性肝硬変のため福岡県内の自宅で長期療養を続けている林葉は、公式ブログで自宅で転倒して骨折し車椅子生活を送っていたことを告白。リハビリで立ち上がって歩行できるようになったという。その後も定期的にブログを更新しているようです。

Sponsored Links
Sponsored Links

10 Responses to “林葉直子の現在は肝硬変で長期療養!昔は中原誠と不倫騒動”

  1. 園山 景三 より:

    私は多分林葉直子さんと同じ昭和42年生まれだと思います。将棋世界で初めて拝見して何と美しい方だと驚きました。米長永世棋聖がテレビで詰将棋を女子で81手指せる人は見たことないとおしゃっていたことは強く印象に残ってっています。

    私は里見香奈より才能があると思います。体調を整えて頑張って欲しいです。

    • 園山 景三 より:

      私は米長さんの大ファンです。林葉さんは凄い方であまり詳しくは言えませんが、中原、米長時代を動かした立役者です。だから将棋連盟も気を利かして、林葉、里見香奈のガチ7番対局を組むといいなーと思います。林葉さんはこの二人の名人につかまらなければとうにプロ4段以上になってたはず。ここが人間の難しいところで、美人が必ず活躍するとは限りません。過去に女流名人2期、女流王将確か15期位獲ったと思います。美しさゆえに不幸になった林葉さん。でも将棋の腕は落ちているとは思えません。頑張ってください。米長さんが草葉の陰からお祈りしていますよ!

  2. 園山 景三 より:

    人間いつどうなるか分かりません。不運が続いても気にする事はありません。コツコツやっていけばすぐに結果があ出ることはありませんが、必ずその人の栄養になります。それらが身になればある日ポンと結果が出ます。その積み重ねで自分を高めることが出来ます。天才に生まれても努力しないと結果は同じ。努力は天才への近道。努力で出来なかったらそれは自分に向いていないという事でしょう。才能って言うのは結局努力が出来る人、苦にならない人だと思います。

  3. 園山 景三 より:

    藤井六段、大丈夫かな?

    飛ぶ鳥を落とす勢いの藤井さん。でも人間いつかは壁にぶち当たる時が来る。その時六段以上は伸びないかも知れない。でも例外なく中学生棋士はみんな名人になっています。だから名人は保証されています。

    藤井さんの登場で名人戦も影が薄くなりました。実力って何だろうと思います。

    将来、藤井さんが独走したら将棋界はどうなってしまうのか?棋士のモチベーションが落ちると思います。案外将棋熱が覚めてしまうかもしれません。

  4. 園山 景三 より:

    林葉さんは女流将棋界で空前絶後の美人である。勿論実力もナンバーワンです。波乱万丈の人生ですがそれは天才ならではの宿命です。弱者救済は師匠の米長邦雄永世棋聖譲りの物です。ファンサービス旺盛です。師弟関係を結んだ事により多くのことを学ぶは事が出来てよかったと思います。

  5. 園山 景三 より:

    最近、将棋会館へ行きますが女性の姿が目立ちます。土日はお子様の付き添いで来られます。なんだか将棋をやらせておけばいい子になると思っています。子供が対局に熱中していたらその間買い物に行っているようです。

  6. 園山 景三 より:

    藤井6段の実力が今一つつかめません。何が掴めないかと言うと、どこが凄いのか指摘している雑誌があまり無いようです。連勝しているのは凄いと誰でもわかるのですが・・・。

    プロなので詳しく分かりやすく教えてもらいたいです。

  7. 園山 景三 より:

    最近、加藤一二三さんの生き様に非常に感動しています。名人経験者で最後まで戦ったのが素晴らしいです。普通は腐って引退します。引き際が肝心と言いますが、私は最後まで全力投球した一二三さんの引き際が好きです。大体1000敗しても続けるところは正に求道者です。私だったら等に辞めています。

  8. 園山 景三 より:

    私は斎田晴子さんと将棋をしてみたいです。8枚落ちでぼろ負け確定ですが・・・。良いのです。女子プロと指すのは野郎の下心満点です。ミス四間飛車。あっという間に終わると思います。感想戦が楽しみです。

  9. 園山 景三 より:

    私は美人は周りが大変だと思います。知り合いのカップルの男性は話すたびに目が行っていました。それも一回じゃないのです。疲れます。斎田晴子さんが時には切れることのあると書いていましたが、それは天才の証です。女流で5段は野郎でも取れないです。

    将棋会館へ行くのですが、やっぱり小学生に負けると悔しいです。彼らは羽生の頭脳を全部覚えているのです。強い子は絶対外しません。

コメントを残す

Sponsored Links

このページの先頭へ