大林素子は彼と熱愛も身長と顔がコンプレックスで結婚できず

元バレーボール選手の大林素子は八王子実践高2年で日本代表に初選出。日立入社後、1988年ソウルから3大会連続でオリンピックに出場。1994年に日立を解雇され、イタリア・セリエAのアンコーナへ移籍。1995年に帰国し東洋紡とプロ契約。1997年に現役を引退。その後はスポーツキャスターなどで活躍しています。

大林素子

Sponsored Links

大林素子は14歳年下御曹司とと結婚するの?

結婚には向いていないと言われ続けていた大林素子に2012年、熱愛発覚。
お相手は30歳の淡路島のホテル御曹司とのことです。大林は熱愛を否定をしていましたが、ブログでは当時意味深な記事を更新していましが、真相はどうなのでしょうか?

「彼とは知り合ってから、まだ数ヶ月しかたってないんです。本当に飲み友達でゴルフ仲間の域を出ていません。撮られたのが早すぎるんですよ」
困惑しながら語った大林素子。
お相手は14歳年下の淡路島のホテル御曹司だが、会見では大林は結婚は否定をした。

「もしかすると、この報道でこの恋がだめになるかも知れないので、しばらくの間は温かく見守って下さい」
週刊誌の記事では、一緒にゴルフと食事をした後、ホテルに入ったと報じられていた。しかし、大林はシングルの部屋なので一緒には入れませんよと釈明した。

大林は出演するテレビや雑誌のインタビューで散々な男性遍歴を披露してきた。
「もう絶対やめようと思っても、ダメ男にはまってしまうの。若い頃は売れない役者やミュージシャン志望とか。お金は持ってないけど夢だけは持っている。そういう男に弱かった。男に貸したお金の金額が高くなると、私が別れを切り出すというパターン」

面倒見がいいから年下男には貢いでしまうことも多いという。
「面倒を見る若い子たちは、バレーの後輩だけでなく、お笑い芸人の男の子たちも大好きです。よく飲みに誘ってます。もちろん彼女のおごりです」(大林の知人)
大林も釈明会見でこうも語っていた。
「母が一度は結婚してみなさい。世界も変わるし、人間としての幅も大きくなるからと。本当にそうろそろちゃんと婚活していこうと思う」
交際が始まったばかりで結婚まではまだ遠いようです。
しかし大林は結婚をする気持ちは強いようです。

Sponsored Links

大林素子が小顔整体で2㎝も顔の縮小に成功!しかし彼と破局

大林素子といえば、淡路島ホテルの御曹司との熱愛が報じられました。女性は恋をすると美しくなることに努力をするようになりますが、大林素子も同じようです。大林素子は、公表の身長は182cmらしいのですが、実際は185cmくらいあるそうです。テレビでもその身長の高さは際だって目立ってますね。顔が大きいことも悩みだったようで2012年7月、小顔整体をしたと報じられました。

「最近、大林さんが小顔整体を受けて、2回の施術で2.1㎝も顔が小さくなったと大喜びしてました」(知人)
熱愛は否定したものの、婚活にいそしんでいるようだ。

大林素子のブログでも施術を受けたことを報告していた。
彼女が通院したのは元力士が営んでいる渋谷区にある整体院。
「この整体院は、小顔掌術が一番人気。モデルが撮影直前に目を大きくしてほしい。頬に影を作って欲しいなどと駆け込むそうです。ただ、小顔掌術を受ける条件は整形手術をしていないことになります。小顔の施術は2回1セットで15万7500円。かなりの高額なんですが、一度すれば半永久的に効果があるようで人気です」(美容ジャーナリスト)

大林は、淡路島ホテルの御曹司との交際を否定しましたが、彼のために少しでも綺麗になろうとしている努力がわかりました。しかし、大林は「自分の中の背のコンプレックスもあったりして、すべてに積極的になれなくなってしまった」と少女時代から消えない長身コンプレックスなどが理由でその彼と破局してしまいました。

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ