吉高由里子の熱愛彼氏や天然な性格は!尼川元気や野田洋次郎と破局

天然、不思議ちゃんキャラの女優・吉高由里子は、2006年の映画「紀子の食卓」でデビュー。2008年の映画「蛇にピアス」で日本アカデミー賞新人俳優賞。ドラマは2009年のフジテレビ系「東京 DOGS」でヒロイン。2010年の日本テレビ系「美丘-君がいた日々-」に主演。2013年にフジテレビ系「ガリレオ」のヒロイン。2014年にNHK連続テレビ小説「花子とアン」でヒロイン。映画は2011年の「婚前特急」、2012年の「ロボジー」や「僕等がいた」などに出演しています。

吉高由里子

Sponsored Links

吉高由里子が玉木宏と破局!尼川元気とお泊まりデート

2009年6月に俳優の玉木宏と旅行デートが報じられてた吉高由里子でしたが、破局してしまったという。吉高は2008年9月の映画「蛇にピアス」で女優としてブレイク。そして、結婚をしたい玉木と女優業が楽しくなってきた吉高とスレ違いが生じ破局したようです。そして、新しい恋人の人気バンド・fiumpoolのベーシスト・尼川元気といきなりお泊まりデートしたようです。

2010年4月上旬のとある夜。東京目黒区桜並木で花見客などでいっぱいの大衆居酒屋で、人目を避ける様子もなく、その一組のカップルはいた。ホロ酔い加減の彼女は「あ~~ん」と囁きながら、小鉢の料理を箸でつまんで彼の口元まで運んだりとラブラブモード全開。この女性は、吉高由里子。一緒だったのは玉木宏ではなく、別の男性だった。 

玉木と吉高は2009年1月に放送されたドラマ・ラブ シャッフルで共演すると、焼肉デートや八戸へ旅行するところなどが報じられていた。そんなふたりに一体何があったのか?

「玉木さんは昔から、早く父親になって、一緒に子供と遊んであげたい。家族みんなでキャンプに行ったりできる温かい家庭を作りたいと公言しているように結婚願望が強い。一方の吉高さんも会見で23歳までには結婚をしたいと語ったことがありました。最近は月9のドラマのヒロインに抜擢されるなど、仕事が軌道に乗り始め楽しくなってきたようで、結婚には消極的になってしまったんです」(芸能関係者) 

結局、結婚への思いが交わらなくなったことで、ふたりは距離を置くようになったようだ。そんな吉高がお相手に選んだのが、尼川元気だ。尼川は人気ドラマ・ブラッディ マンデイの主題歌に曲が使われたことでブレイクした。

夜9時過ぎ、居酒屋をでたふたりは、肌寒い夜空の下で寒いねなんて話ながらピッタリと寄り添って歩く。大通りまで出るとタクシーに乗り込み、向かった先は尼川の住むマンションだった。結局、翌朝の9時過ぎまで尼川のマンションで吉高は過ごした。

ふたりの所属事務所に週刊誌が話しを聞くと、
「その日はテレビゲームで盛り上がり、徹夜をしてしまったそうです。恋愛感情はなく、ただのお友達というこです」
事務所は苦しい言い訳で交際を否定していましたが、かなり良い感じでラブラブだったようです。

吉高由里子

吉高由里子の新しい彼氏はミュージシャンの野田洋次郎

これまで熱愛が報じられてきた相手はミュージシャンばかりでしたが、2013年2月また音楽業界の人とのお泊まりデートが報じらた。

「4.5キロ太ったね」と映画の舞台挨拶で発言をした吉高由里子。普通の女性ならわざわざ言いたくもない事実を彼女は幸せそうに明かしていた。その理由を週刊誌が目撃。

2013年1月下旬、都内のタイ料理店でのこと。黒いキャップを目深く被りうつむくように顔を隠す吉高の向井には、ゆるくウエーブがかかった神が特徴的な長身の男性がいた。
「ふたりがこの店に来るようになったのは2012年の秋くらいかな。空心菜の炒め物が好きでよく頼んでいますよ。ときどき、すごく顔を近づけて話したりして、仲の良いカップルですよ」(常連客)

吉高はこれまで、玉木宏、尼川元気とミュージシャンと交際をしてきた。そして今度も、ミュージシャンだった。ロックバンド、RADWIMPSの野田洋次郎だ。

野田といえば、2011年6月に臼田あさ美との半同棲をスクープしているが、その後、破局。そして2012年秋に吉高との交際を始めていた。
「吉高さんはユーモアを交えて、言葉を転がして遊ぶような人が好きと公言しているんですが、ミュージシャンはそんな彼女に合うんでしょうね。彼女の友達には音楽関係の友達が多く、そのつながりで野田くんと知り合ったようです」(音楽関係者)

ふたりは食事を終えると、野田の自宅へと戻っていった。そして、なんと吉高は3日間、野田の自宅に連泊。外食することもなく、ファインダインデリバリーを利用していた。これは都内にある和洋中のいろいろな有名レストランのメニューがオーダーできるものだ。休日、こんな風に過ごしていればそりゃー太るはずだ。

Sponsored Links

ガリレオの打ち上げ現場!先輩・柴咲コウが帰ると吉高豹変

吉高由里子は、2013年のドラマ「ガリレオ」の打ち上げで先輩である柴咲コウが帰ると、緊張も解け、楽しそうに酔っぱらっていたという。大盛り上がりの打ち上げは、午前4時まで続いたそうです。

2013年6月25日、東京赤坂でガリレオの打ち上げが行われた。午後6時頃から出席者が集まってきた。1次会が終わったのは午後9時過ぎで2次会は渋谷のカラオケ店で行われた。

白いブラウスでミニスカートの柴咲コウの姿を発見した。スタッフ5人と車に同乗して吉高もカラオケ店に到着した。吉高はスタッフの腕に自分の腕を絡ませながらすでに上機嫌のようだ。
「2次会では、ビンゴ大会やカラオケの出し物もありました。100人ほどいが来ていて、円卓での着席スタイルでした。福山さんは吉高さんらメーンの出演者たちと一緒に、前のデーブルの方にいましたよ」(参加者)

「吉高さんは、ワインとかたくさん飲んで、はっちゃけまくっていましたよ。それとは対照的に福山さんは落ち着いた飲み方をしていました。kらおけコーナーでは福山さんは自分の持ち歌を歌って、会場全体が感動していましたね」(同上)

3ヶ月間、家族以上に一緒に時間を過ごしてきた仲間たちは、和気藹々だった。しかし、そんななかで、一人だけ雰囲気が違ったのが柴咲だった。
「柴咲は今回、スピンオフドラマに出演しましたが、本編では第一話に出てきただけで、後は吉高さんにバトンタッチ。はしゃぐ人達を冷静に見守っている感じでした」

朝の5時まで貸し切りだったという2次会のカラオケ店。午前0時半に柴咲だけが会場から出てきた。そんな彼女を追いかけるように、お見送りに出てきたのが吉高だった。吉高は、柴咲が乗った車に、名残り惜しそうに手を振って見送っていた。しかし!柴咲が帰ると吉高は豹変する!

「吉高さんは、いつも初代ヒロインの柴咲さんと比較されるのが嬉しいことではなかったようです。さらに一度は降板をした柴咲さんがスピンオフドラマに復帰したことも微妙だったと思います」(フジ関係者)
先輩が帰宅後、吉高のテンションはヒートアップした。共演者らと大笑いする場面もあった。酔いもかなり回っていたようで、天然な性格に不思議ちゃんキャラ炸裂。

福山が午前4時過ぎに会場を出てきた時に、福山に追随するようにハイテンションをキープしたまま吉高もでてきた。迎えに来た車に乗り込むと、「みんな、バイバ~イ」と大きな声を響かせて去っていった。貸し切り時間ギリギリまで打ち上げは盛り上がっていたようだ。柴咲だけは冷めていたようです。

吉高由里子

福山雅治と仲が良くなったのは映画・真夏の方程式の撮影から

ドラマ・ガリレオ(シーズン2)で共演した福山雅治と吉高由里子。週刊誌で何度もドラマの裏舞台や打ち上げなども報じられてきました。そのたびに、福山と吉高の仲の良さが目立っていましたが、ふたりは恋人関係に発展しそうだったという。ガリレオで息のあった福山と吉高ですが、実はこの真夏の方程式の撮影で意気投合したようです。

2013年7月4日、主演映画・真夏の方程式の台湾プレミアに登場した福山。日本、台湾、香港などでアジアを回るPR活動の締めくくりとして福山は台北を訪れた。

2013年6月終了したドラマ・ガリレオに先んじて行われた映画の撮影は、ドラマでタッグを組んだ、吉高と福山の初共演の現場となった。福山と吉高は、ガリレオの前に2013年6月の映画「真夏の方程式」で共演し撮影。真夏の方程式にの主演は福山で吉高も出演していた。

クランクインは、2012年9月下旬だったという。
「初日は大変でしたよ。吉高さんは所属事務所の大先輩でもある福山さんがいるので緊張したのでしょう。たったひと言のセリフがうまく言えなくて、25回もNG連発したんですよ・・・。それは福山さんとは絡むシーンではなかったのですが、吉高さんは涙目になっていました。それを聞いた福山さんが、気にしていた、キリがないと励ましていました。このおかげで吉高さんはリラックスし自然体で演じられるようになっていました」(製作スタッフ)

ドラマの終盤になると、吉高の演技も本領発揮していった。
「最終回の吉高さんが事件のトリックを福山さんに謎解きする長いセリフの場面でした。吉高さんが順調に話始めたところで、セリフをかんだんです。普通ならそこで謝って撮影を止めますが、吉高さんはそのまま演技を続け、肌を叩いて、湯川先生聞いているんですか!とアドリブを入れたんです。残念ながらそのシーンは撮り直しになりお蔵入りに・・・。福山さんはそのアドリブを高く評価していましたよ」

映画の撮影舞台では、ふたりはもうすっかり息のあった様子だったという。福山は湯川の役になりきるため映画の撮影に入る前から役作りを励んでいた。
「福山さんは海で泳ぐシーンがありました。シュノーケリングのシーンも難なくこなしていましたが、長崎出身の福山さんは、素潜りで泳ぎ、モリで魚を捕っていたそうです。湯川のイメージに合った体形を維持するために、卵白しか食べないストイックな生活を2週間も続けたそうです」(同上)

吉高由里子

吉高由里子が彼氏・野田洋次郎と路上で大喧嘩!振られて破局へ

吉高由里子は、2013年2月にとミュージシャン・野田洋次郎との熱愛が発覚。その後、2人の目撃情報はなかったが、2013年9月に動きがあったという。交際から1年が経過し、喧嘩が絶えなかったようです。

2013年8月の終わりの平日深夜1時過ぎ。「ギャハハハ」酔っているのだろう。東京渋谷区の路上で声が驚くほどのハイテンションの吉高由里子がいた。吉高の傍らには、全身真っ白のファッションのイケメンがいた。2013年2月に吉高との交際が報じられた、人気ロックバンド・RADWIMPSのボーカル・野田洋次郎。

吉高は時折、並んで歩く彼の顔を覗き込むようなしぐさをし、気分がいいようだ。ラブラブ状態で2人はバーに入っていった。
「店には30分くらいしかいませんでしたが、吉高さんはグラス片手に楽しそうに従業員と話しをしていました。でも、突然立ち上がって、両手を横に伸ばして全身をゆらゆら許すような仕草で踊りだしましたよ」(目撃客)

吉高を店を出ると、野田と手を繋ぎ歩き始める。数分もしないうちに、2人は大声で何か言い争いを始めた。むっとした表情で立ち止まる吉高。一歩の彼は後ろを振り向きもせずそのまま歩き続けている。次第に離れていく2人。吉高はその間も大きな声で呼び止めているが、野田は一向に立ち止まらない。諦めた吉高は、タクシーを止めて乗り込むと、彼の横を横切って去っていった。

野田は、ひたすら歩き続け、30分歩いた後にタクシーを拾い自宅へと帰っていった。野田が自宅前にタクシーを止めると、マンションのエントランスから吉高が飛び出してきて、すぐに運転席に駆け寄り、吉高が料金を支払っていた。野田はそんな吉高を待つこともなく、先に自宅へと入っていった。支払いを終えた吉高もマンションへと入っていった。

するとすぐに、マンションから男性と思われる怒鳴り声が聞こえてきたという。さらに、ドカーンと明らかに壁に物がぶつかった音も・・・。閑静な住宅街の深夜3時の出来事だ。大喧嘩をしているようだが、中の様子はわからない。

「2012年秋から付き合い始めていますが、喧嘩はしょっちゅうしているみたいですよ。吉高さんはその日はオフ。彼女が休みの期間は、半同棲状態になります。2012年11月から彼女は花子とアンの撮影が始まります」(大手芸能プロダクション幹部)

日常茶飯事の喧嘩だということでしたが、暴力や喧嘩に発展しなければいいですが。物を投げてあたるということは一歩手前だった。そして、2015年2月に吉高は野田から振られたらしく破局してしまった。

そして、2016年7月に吉高は関ジャニ∞の大倉忠義との自宅マンションに通っている姿を写真週刊誌にスクープされた。同年10月にはバリ島旅行に出掛けた姿をまた撮られ、熱愛は続いているようです。

吉高由里子

吉高由里子のワガママが原因で「花子とアン」の撮影が遅れる

2014年のNHKの朝ドラ「花子とアン」のヒロインに選ばれた吉高由里子でしたが、撮影日の前日の直前になってから、今日はこれ以上仕事ができないと撮影を翌日に回していたという。そして、このことが原因でスケジュールが大幅に遅れていたそうです。花子とアンは無事に撮影終了を迎えることができたのか。

「朝ドラは朝早くから夜中まで撮影することが当たり前ですが、夜の11時ぐらいに吉高が今日は無理と言い出すことがある。そんな時は撮影を次の日に回すんですが、そのせいで撮影のスケジュールがかなりギリギリなんです」(現場スタッフ)

吉高由里子が早くもピンチに立たされているという。2014年3月31日にスタートした「花子とアン」は、赤毛のアンの翻訳者の半生記。あまちゃん、ごちそうさんと好調に朝ドラが続いただけに期待も大きかった。

しかし、現場からは吉高由里子についてこんな不安な声があがっていた。
「ヒロインは山梨出身ですが、吉高は山梨弁に苦しんでいてNGを連発させています。後、協調性がない。普通は主役は自分の出演シーンでなくても、話の流れがあるので、他の出演者のシーンも見ているのですが、吉高は自分のシーンが終わるとさっさと控室に戻ります。そのため今回の現場はばらばらに仕事をこなしている感じになっています」(同上)

そんな吉高を尻目に株をあげているのが、吉高の妹役を演じる黒木華だ。黒木はベルリン国際映画祭で日本人最年少の最優秀女優賞を獲得し、今一番注目されている女優だ。
「小さいおうちで鍛えられてるだけあって、現場でのNGも少ない。受賞を受けてから彼女の出演シーンは当初よりかなり増えました。彼女の地味で古風な顔立ちは、朝ドラに向いている」(NHK関係者)

そして、1人心配な女優がいる。吉高の生涯の友という役どころの仲間由紀恵だ。黒木は仲間の演技を勉強し参考にしているのだが、実は崖っぷちにいる。

「仲間はTRICK、ごくせん以降は、あたりの役に恵まれていない。2014年夏にTBSの月曜8時枠で主演が決まっていた。でも、ここはもともと水戸黄門の枠で、メインの視聴者層は高齢者。結果の出ない若者向けドラマより、路線変更を図ろうとしているようです」(芸能事務所関係者)

吉高由里子のやる気の無さが心配されているようでしたが、結果的に黒木華効果と葉山蓮子役を演じた仲間由紀恵がうけたこともあって乗り切れたようです。

Sponsored Links

コメントを残す

このページの先頭へ